富士通もPC事業がLenovoに屈服してなければ親指シフトと心中できたのか、私気になります

親指シフト

なんか、富士通親指シフトの関連商品の販売・サポートを終了するみたいだが。

今まで、キーボード以外にもワープロと日本語入力ソフトも販売し続けてたのは驚きを隠し得ない気がしないでもない。

ポメラ

親指シフトといえば、ポメラって実用性はどうか知らんけど、親指シフト対応してたから生産中止で投げ売りされてるDM30でも親指シフト専用機にすればいい、そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

ご利用できません。

キングジム デジタルメモポメラ シルバー DM30シル


親指シフト対応してるのはDM200とかストレート系だけっぽいな。

「キー割付設定」、「キーロック設定」に加え、
素早い日本語入力を実現する「親指シフト」にも対応。同時打鍵の判定時間も選択可能です。

キングジム デジタルメモ ポメラ ブラック


まあ、マジモンの親指信者的には、オアシスポケットと比べるとキングジムさんのポメラはカスやでファイナルアンサーだろうからオアポケの代わりなどいないでファイナルアンサーなんだろうな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、親指教徒にとってはご本尊崩壊みたいなものかもしれんが、今使ってるキーボードやアプリがすぐ使えなくなるわけじゃないだろうから、当面は大丈夫だ問題ないなんじゃね。まあ、親指ユーザーも昨日今日親指シフト使い始めた人は少数派ですよというか絶滅危惧種レベルじゃねぐらいだろうから、大半は終にゆく道と覚悟は決めてたんじゃね。そんな風に考えていた時期が私にもありました。

実際に親指シフト使ってる人からすると、富士通製品の販売・サポート終了は心の底からどうでもいいよだったのか、私気になります。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください