さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

さくらのレンタルサーバライトでWordPress

さくらインターネットの、年額税込み1543円(1月当たり129円)の有料レンタルサーバサービス、さくらのレンタルサーバ ライトWordPressをインストールした時のメモです。ソフトのバージョンなどは執筆時点のものです。

はじめに

今回使用したファイル(入手先は下記リンク参照)

  • WordPress 4.1.1
    現時点の最新版
  • SQLite Integration 1.8.1
    動作にMySQLが必要なWordPressを、さくらのレンタルサーバ ライトでも対応してるSQLiteで動くようにするプラグイン

WordPress > 日本語
SQLite Integration(ja) | ユニマージュ

インストールの手順は基本的には、SQLite Integration(ja)のドキュメントに従っているが。さくらのレンタルサーバ ライトでやりやすいように多少変えている。また、説明で使用されているバージョンは、WordPress 3.9、SQLite Integration 1.6.1だが。両方とも、現時点の最新版を使用した。

SQLite + SQLite IntegrationでWordPress

実際に行った手順は以下のとおり。

WordPressSQLite Integrationファイルをダウンロードして、さくらのレンタルサーバにftpでアップロード。今回はwww直下にした。説明ではローカルに落として解凍してファイル編集、その後フォルダごとアップロードとなっているが。zipファイルをリモートで解凍できて、ファイルもWebから直接編集できるさくらのレンタルサーバでは、アーカイブのままアップロードしたほうが楽だと思う。

480001

アップロード終了後、今度はさくらインターネットのサーバコントルパネルでの作業に入る。まずは、wordpress-4.1.1-jaとsqlite-integration.1.8.1をリモートで解凍。デフォルトだとworfpreddとsqlite-integrationフォルダが作成される。今回はこのまま変更してないが、wordpressフォルダは必要があれば変更・移動する。

480002

解凍が終わったら、ドキュメントどおりsqlite-integrationをドラッグしてwordpress/wp-content/plugins/に移動。sqlite-integration/下のdb.phpwp-content/にコピー。さくらだと、該当ファイルを右クリックして、「指定の場所に複製」を選んで場所指定。

480003
480007
続いて、wordpress/wp-config-sample.phpwp-config.phpにリネームしたら、そのファイルをWeb上で編集する。

480004

ドキュメントだと「コメント部分にあるように、https://api.wordpress/secret-key/1.1/salt にブラウザでアクセス」と書いてあるが、おそらくミスタイプなのでリネームしたwp-config.phpのコメントのとおり、「https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/」にアクセスする。そうすると秘密鍵が表示されるので、これを指定された場所にコピペして、保存して終了。

480005
480006

ここまで終わったら、ブラウザからwordpressをインストールした場所にアクセスする。例えば、さくらのアカウントがhogehogeなら、「http://hogehoge.sakura.ne.jp/wordpress/」になる。問題がなければ、WordPresssの設定画面になるので、必要事項を入力すればインストール完了。

480008 480009
480010
480011

2 Comments

  1. WordPressのインストール作業終了 | A learning a day | 一日一学 says:

    […] さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration- […]

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.