某掲示板に、外為どっとコムのログイン画面で外貨ネクストから外貨ネクストネオへのサービス移行に同意しないとログイン出来なくなった、という書き込みがあった。ログインして確認したら本当だった。かいつまんで話すと

  1. 外為ネクストは外為ネクストネオに統合される予定である
  2. 移行するには客が申請期間内にポジション・資金移動を完了する必要がある
  3. ネクストとネオではロスカットルールが違うので移行後ロスカットされる可能性がある
  4. 申請期間に申請しない時は外為どっとコムが指定日時にネクスト→ネオに移行する

という事について同意を求めてる。しかも、4の申請期間は「具体的な期間は現時点では未定ですが、決定し次第お知らせいたします。 」で、指定日時は「『外貨ネクスト』サービスの廃止の日までのいずれかの時点を指定いたします。」で、どちらも現時点で決まっていない。

というわけで、前回の記事で危惧した通り、外貨ネクストは将来的に外貨ネクストネオに移行するようだ。

FXに業者リスクはつきものだけど、サービス改悪リスクも考慮せねばならぬな。外為どっとコムはFX業者の中ではマシな方だとは思っていたが、あくまでFX業者の中だけだったな。と言うわけで外為どっとコムからの資金移動を真剣に検討する。候補はすでに口座のあるサクソバンクFX証券(KakakuFXからの移行)とセントラル短資FX。

個人的なFXのスタイルは、クロス円のみでメジャー通貨とエキゾチック通貨のトルコリラ・南アフリカランドしかやってない。メジャー通貨は1000通貨単位ずつちびちび取引してる。トルコリラが5000で南アフリカランドは今はほぼ10000。トルコリラは元々外為どっとコムにはなかったので問題ない。Saxoはミニコースでも最低取引量が5000(南アフリカランドは50000)だけど、セン短は1000からなのでこっちもノープロ。

業者リスクだがSaxoは本家は国内業者とは比べ物にならないほど低いだろう。問題は日本撤退リスクだけ。セン短の信用は数多あるFX業者とは雲泥の差。口座開設したのも、スワップが毎日反映されるのもあったが、最大の理由は前身となった会社を含めると100年の歴史があるここの信頼感。

FX業界最大手の外為どっとコムがこのていたらくでは、他の業者もいつこうなってもおかしくないよな。そうなるとバクチ目的の短期スキャルとかならまだしも、長期で保有し続けることを考えると成り上がり系の業者はやめといた方が無難。セントラル短資FX以外だと、バックに大手がついてるところにした方がいいだろう。サクソバンクFXは… お願いですから日本から撤退しないでください。

株と違ってFXは会社潰れたりサービス撤退する時は、資金は返ってきても保有ポジは決済を強いられる。KakakuFX→Saxoは例外中の例外だよ。それゆえFX業者の選択は、どれだけ慎重に慎重を期しても足りないぐらいだよ。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply