帯広アパート大家700万以上請求

なんか、帯広市のアパート自殺した男性の父親が、連帯保証人だから落とし前付けろって事で、約724万円を要求されたらしいが。

自殺した息子の保証人になっていた父親に対して大家が724万円請求 お祓い費用まで…

このニュース上記ブログで知ったんだが、早い段階でリンク先が読めなくなってたんだよな。元ネタの北海道新聞のWebでの掲載期間は原則1年らしいから、なにか問題があったって事だろうな。

自殺者遺族に高額請求 帯広のアパート、父親に700万円

心理的瑕疵物件

今回の心理的瑕疵物件とは違うが、今売りの「シックスサマナ」「殺人現場へ行こう!:村田らむ」特集ではかなりグレードの高い事故物件の取材があるな。

シックスサマナ 第28号 聖地巡礼 不思議パワーを求めて

こういう人とか、大島てるみたいなサイトがあるから、大家側の気持ちも心情的には理解できるし、実際に金銭的な損失も生じてるんだろうが。それに、帯広のアパートはどうだったか知らないが、発見が遅れるとかなり大変な事になるからな。

以下、食事中注意

玄関を開けると蛆の大群が…不動産管理業者や特殊清掃業者が語る「孤独死」が起きた部屋の悲惨な状況

そうなると、ぼっちに部屋貸すなら若くても独居老人見張りサービスみたいなのの加入を必須にしといた方がいいかもしれんな。それでも事故物件になったら、いっそ高齢者専用物件とかにしたらいいんじゃね。

高齢者の入居、「拒否感」7割 家主、滞納や死亡事故懸念 :日本経済新聞

これなら事故物件も埋まるし、賃貸借りれない高齢者も助かるでウィンウィンだな。

今回の感想

そんな訳で、貧民が孤独な老後を迎えて孤独死する時のことを考えると、後始末する親戚とかに舌打ちされない程度の準備はしといた方が良さそうだな。これ、火災保険個人賠償責任特約とかでも大丈夫なんだろうか。契約してるのが対応してればいいけど、無理なら孤独死の原状回復でも保険金が下りるのを探すか。という訳でググってみたら、賃貸住宅入居者向けの保険なんてのもあるんだな。

商品について – 賃貸マンション・アパートの家財保険は日本共済株式会社

なお、入居者が入居物件内で孤独死したため、修復費用、清掃費用、遺品整理費用が発生した場合、保険金をお支払いします。

子供に一人暮らしさせる親も、この手の保険に入っといた方がいいかもね。まあ、オーナーの方で事故物件対策保険入ってるなら別だけど。もしくは、連帯保証人不要なとこを借りるのが一番かもしれんが、これは厳しいかな。連帯保証人なんてクソ制度、とっとと廃止したらいいのにね。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

2 Comments

  1. masa says:

    >孤独死
    これは他人事じゃないですね~;身内に定期連絡なんてしないし、貰っても嫌だしw
    介護保険が使えるなら、訪問してもらうことも可能でしょうけど。
    特定の家電を使うと子供にスマホで分かる仕組みなんてあったような…
    事件に巻き込まれ、○害されて火をつけられるなんて事も100%ないとも言えないし。
    あと懸念しているのは海外の預金。自分以外、扱えないんじゃないかと。いよいよという前には日本に戻しますけどね。

  2. 綾川澄生 says:

    masaさんコメントありがとうございます。

    その手の家電だと、象印の電気ポットのCMを見たことあります。この手の商品を、孤独死対策に大家や自治体が導入してもいいかもしれません。

    みまもりほっとライン | 象印マホービン株式会社

    海外預金というと、死後はスイス銀行のユダヤ人口座みたいな扱いですかね。前に読んだ本だと、対策には夫婦二人の名義でジョイント口座を作るのがいいと書いてありましたが、独り身だとそれも厳しいですね。

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.