かんたん、本格!スパイスカレー

水野仁輔著の「かんたん、本格!スパイスカレー―3つのスパイスからスタート。水野流「ゴールデンルール」で失敗知らずのカレークッキング」という本を読んだんだが。

かんたん、本格!スパイスカレー―3つのスパイスからスタート。水野流「ゴールデンルール」で失敗知らずのカレークッキング (MARBLE BOOKS―daily made)

新品価格
¥1,728から
(2014/7/13 20:27時点)

この本の内容は、とりあえず三つのスパイスからカレーを作って成功体験をする事で自信を持たせ。その後、材料を変えたりスパイスを増やしたりして、徐々に本格的なカレー作りに進もうという感じ。

かんたん、本格!スパイスカレーの基本のチキンカレー

最初に紹介されてる、基本のチキンカレーなら簡単に作れそうだったんで。なんとなく作ってみることにした。

材料

まずは材料。普通の家庭でも、スパイス三つ以外はありふれた材料だな。

  1. サラダ油 大さじ3
  2. クミンシード 小さじ2
  3. 玉ねぎ 小1個(200g)
  4. にんにくのすりおろし 小さじ2
  5. しょうがのすりおろし 小さじ2
  6. ターメリック 小さじ1
  7. カイエンヌペッパー 小さじ1
  8. 塩 小さじ1
  9. トマト 大1個(300g)
  10. 鶏もも肉(皮なし) 600g
  11. 湯 1カップ
  12. 香菜の粗みじん切り 1/2カップ

本書に書いてあるのは4人分だが。失敗するリスクを考えて2人分を作ることにしたので、だいたいこの半分を使った。また、カイエンヌペッパーと香菜は使用してない。香菜はともかく、カイエンヌペッパーなしはどうかと思うので、鷹の爪で代用するつもり。

にんにくとしょうがは、おろしてあるチューブ入りのを使用。トマトは缶詰にした。ターメリックは賞味期限切れてるのがあったのでそれで。新しく買ったのは結局クミンシードぐらいだな。

20140713a

カレーの素

まずは下準備。玉ねぎを粗めのみじん切りにするのだが、ちょっと粗すぎたか。手抜きです。トマトは缶詰だからいいとして。鶏もも切るのも後でいいよね。

20140713b

その後の「カレーの素」を作る作業は下記の通り。

  1. クミンシードを油で炒めて香りを作る
  2. 玉ねぎを黄金色になるまで炒める
  3. にんにくとしょうがを加えて炒める
  4. ターメリック・カイエンヌペッパー・塩を混ぜる
  5. トマトを加えて炒める

本書では、火加減と加熱時間や具体的な指示が書かれているので、途中経過を撮る余裕はなかったが。出来上がったのはこんな感じ。あんまりうまそうに見えないね。この段階で味見をしてみたが、以外に悪くない気がしたよ。

20140713c

この段階まで作ったら、冷凍保存しておけば。カレーを作る時に、次の仕上げから入れるので便利らしい。

カレーの仕上げ

続いてカレーの仕上げに。ここで、メイン食材の鶏もも登場。急遽カレーを作ろうと思い立ったので、近所のスーパーで買ってきた奴。レシピだと皮なしなんだけど、そんな贅沢は貧民には許されない。

20140713d

これをひと口大に切って、カレーの素に投入して炒めて。お湯を加えてしばらく煮込む。本書だと仕上げに、香菜を加えて混ぜてふたして30分ほどおくらしいが。香菜ないので、ふたしてご飯が炊けるまで20分ぐらい待っただけ。そしたらなんか油が分離してたんで混ぜなおした。とり皮まで使ったせいかな。

20140713e

それで完成したのが上の画像。やっぱり見た目はいまいちだな。

試食

20140713f

皿に盛り付けて食べてみたけど。多少の苦味を感じるが、適当に作った割には食える。というか予想よりもいけた。スパイスが少ないだけに、クミンの存在感が半端ない。実際に使ってる調味料は、クミンと塩におろししょうが・にんにくしかないが。玉ねぎとトマトの影響が大きいんだろうな。それだけに、玉ねぎの炒めかたとトマトの煮詰めかたは、重要なポイントになると思われる。

ちなみに、唐辛子系は結局使いませんでした。カレーって辛くなくても、別に問題ないんだな。とり皮にかんしては、できれば取り除いた方がいいかも。

ただ、このカレーがインド料理の店で出すカレーと同じかと聞かれると、ちょっと別物って気がする。かといって、日本の店や家庭で作るカレーともまた違う。今回のは水分少なめになったけど。もう少しお湯とかの量を増やして、スパイスの種類を増やしたりすれば、インドカレーに近づくのかな。

今回のまとめ

初めてスパイスからカレーを作ってみたが。この本のやり方だと、意外に簡単に作れるな。市販のルーを、箱の説明どおりに作るよりは手間はかかるけど。玉ねぎを飴色になるまで炒めるとかしてる人なら、大差ないんじゃね。

スパイスカレー対カレールー

貧民には気になる、コスト的な問題はどうかと言えば。肉とかの材料はルーで作ってもかかるので、純粋にルーとスパイスの比較になるけど。基本のチキンカレーみたいにスパイスが少なければ、それほどの差は出ないかな。けど、何種類もスパイスをそろえるとなると話は別。毎日のように、スパイス使った料理をしてる人ならともかく。たまにしか使わないとか、カレーぐらいしか使い道がない人は、スパイスの賞味期限切れる前に使いきれなくなりそう。

カレールーで作ると味に満足できないけど、スパイスカレーは割高になる人だと。市販のカレー粉使った方がいいかも。出来合いのカレー粉じゃ満足できない、山岡士郎みたいな人なら自作しかないだろうが。

スパイスカレー対レトルトカレー

レトルトカレーとのコスト比較だと、これはもう無条件でレトルトカレーの勝ちだと思う。ルーなら最悪、具なしで作っても食えないことはないだろうが。スパイスカレーだと、スパイスよりトマト・玉ねぎ・具材なしでは成り立たないので。

けど、本書レシピの、4人で鶏もも 600gはちょっと多くね。個人的には半分でもいいかな。vs.レトルトだったら、100gでも勝負になりそう。そうすれば価格的にも差が縮むが。レトルト相手だと、スパイスの価格も影響してくるからな。かといって、コストを下げる為に100g入りとかを買っても、無駄になりそうだし。

よほどカレーにこだわりがある人じゃなきゃ、58円から100円の間で売ってるレトルトカレーでいいんじゃね。この値段で料理の手間、洗う手間、食材廃棄リスクを負わなくて。安くて賞味期限も長いんだから。

そんな訳で、貧乏人の日々の食事としてのカレーなら、レトルトが一番。趣味の料理とかで週一・月一とかで作るなら、スパイスカレーも悪くないんじゃね。でも、スパイスの賞味期限と使い道が心配な人は、カレー粉にした方が無難かな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply