Archive for the ‘支出’ Category

ミスド福袋

なんか、今年もミスド福袋の季節になったので、とりあえず2,160円のを買っといた。2019はポケモンらしい。

2019中身

中身についてはWebに載ってるが。

ミスド福袋2019|グッズ&キャンペーン|ミスタードーナツ

カレンダー以外のグッズは2種類あるので、何が出たのか現物で確認する。まずは1種類のみのカレンダー

写真にはないが、今回も月曜始まりなんだけど誰得なんだろこれ。ググったら、ISOで月曜始まりとなってるからこっちが主流っぽい。

1週間の始まりは何曜日? 『日曜始まり』と『月曜始まり』の成り立ち

次はブランケット。まあ、こんなもんじゃね。

ミニトートは本当にミニっぽい。これだと肩に下げられなさげだが、どういった用途を想定してるのか、私気になります。

グッズの最後は小物入れ。最初はタッパーかと思ったけど、食品用じゃないんだよな。

後は、例によってドーナツ引き換えカード。2,160円だから、引き換え個数は20個。有効期限は2019/3/31までで、使用条件も対象ドーナツが税込み172円以下と相変わらずっぽい。

今回の感想

そんな訳で、安定のミスド福袋は今年も健在って気はするが。ここ数年、100円セールやってないからか、ドーナツのワクワク感が薄れたのか、なんとなく福袋の引き換え以外で食べるの激減した気がする。

ミスドも、コラボとかドーナツ以外の商品に力入れるのもいいけど、肝心のドーナツが疎かになってるような気がしないでもない。まあ、最近は健康志向のせいか、もはやドーナツはオワコンって風潮があるっぽいから仕方ないのか、私気になります。

以下余談

ヨーグルトクリーム

個人的には、ずっと前からミスドには甘くないポン・デ・リングシリーズを作って欲しいと思ってるんが。それはともかく、過去に販売してた中で復刻して欲しいメニューもあるんだが。

それはイーストドーナツのヨーグルトクリームなんだけど。これ、エンゼルクリームとかの中のクリームを変えるだけだから、実現難易度はそんなに高くないと思うんだけど。その割に、ヨーグルトだけじゃなくクリームのバリエーション違いって全然増えてない気がする。

まさか、ドーナツの区別が端から出てるクリームでしかつかないから種類は増やせないし、エンゼルクリームと同じ白いヨーグルトクリームだと、ひよこのオスメス鑑定レベルの仕事を要求されるって理由だったりするのか、私気になります。

ついでに、ヨーグルトクリームが気になってググってたら、アメリカンフルーツ キーウイを見て思い出した。これも結構好きだった気がする。

復活して欲しいミスドの好きだったおいしいドーナツ8選

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

なんか、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の1巻が発売になったんで買ったんだけど。電子書籍版は紙のコミック版と違うらしいって、集英社のような出版社がいるから電子書籍が良くならないんだみたいなものか、私気になります

一応、電子書籍の方は紙にはない、フルカラーイラストギャラリーがあるみたいだが。

なるほど、紙と違ってカラー印刷でもコストアップしない電子書籍ならフルカラーイラスト収録しても問題ないのか。だったら、印刷の都合でページ数に制約のない電子書籍なら設定資料の方もついでに入れても無問題なはずだけど。やっぱり、紙のコミックより優れた電子書籍など存在しない法則が発動したのか、私気になります。

まあ、控えめに言ってもクソ対応でファイナルアンサーじゃね。それでも買ったけどさ。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 1巻



ちなみに買ったのはeBookJapanだが。別に作者がロリコンだからって途中で販売停止されることは流石にないだろう、集英社もバックに付いてることだし。だったらどこで買ってもいい気がするが、ドラゴンボール超のついでだったんで。まあ、一般人ならAmazonでいい気はするけど。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

eBookJapanも、1ポイントでも使ったらポイント一切つかないクソ対応がなんとかなればなあ。

フッ素歯磨き粉

最近、フッ素入り歯磨き粉を買ったんだけど。例によって、チェックアップとかジェルコートでも買おうかと思ったら、なんか一般向けの歯磨き粉の、クリニカアドバンテージがおすすめだかで表示されてたんでクリックしたんだけど。何気に商品説明見て驚いたんだけど、これフッ素濃度1450ppmもあるんだな。

クリニカアドバンテージ ハミガキ クールミント 130g×2個パック (医薬部外品)

新品価格
¥491から
(2018/8/11 00:23時点)

日本だとフッ素濃度が950ppmぐらいが上限だった気がするけど、2017年3月に1500ppmまで引き上げられたっぽい。

フッ素を増量。高濃度フッ素配合(フッ素高濃度1450ppm配合)『クリニカアドバンテージ コートジェル』改良新発売|ニュースリリース|企業情報 | ライオン株式会社

昔はこの手の歯科向けじゃない商品って、フッ素入ってても濃度は不明だったんだけど。この、クリニカアドバンテージは新基準の上限近いフッ素濃度を全面に出してるな。

テレビCMでも下の方に、「フッ素濃度1450ppm配合」とかテロップ出るし。

クリニカアドバンテージ

で、これが2個セットで購入したうちの一つ。パッケージにも「高濃度フッ素1450ppm配合」とか書いてある。この画像じゃ判別できないけど。

フレーバーは3種類あるみたいだが、今回はクールミントにした。名前からすると一番低刺激そうなソフトミントにしたかったが、購入時にクールミントだけ他より安かったから。

で、使ってみた感想は、低刺激とか発泡剤不使用や低発泡を謳ってる歯科用歯磨き粉と比べて、味は許容範囲だが泡立ちは多い気がする。値段が半分ぐらいなのを考えれば、まあこんなもんかって妥協してもいい気はする。

今回の感想

そんな訳で、フッ素濃度が歯科用と変わらないなら安い一般向け歯磨き粉でも問題なさげな気がするので。今後は歯科用が特売とかでもなければ、フッ素歯磨き粉はクリニカアドバンテージ同等品ならそれでいい事にする

ただ、気になったのは製品自体はまあいいんだけど、これ普通に歯磨きしたらフッ素を有効に残せない気がする。ぶっちゃけ、チェックアップとかみたいにパッケージに、適量使ってすすぎは最低限とか書いとけばいいのにとは思った。ちなみに、Webの方ではちゃんと書いてあるけど。

セルフケアを実践しよう! フッ素編|実践しよう!予防歯科|ライオン

まあ、歯磨き粉の値段って、普通の人はなんとなく1本当たり100円前後ぐらいがターゲットだろうから。メーカー的には、これより高い価格帯でフッ素入りのを商品買うような人は、意識高い系だから当然フッ素歯磨きの磨き方ぐらい知ってるだろう、な?って感じなのか、私気になります。

iHerb

先日、iHerbで注文した商品が届いたんだけど。

暑くなる前に、熱に弱いフィッシュオイルとプロバイオティクスを買い込んでいたから、あまり買うものがなかったりする。なので、Dickinson Brandsの化粧水を多少安くなるようにまとめて買った。できればT.N.ディッキンソンズの青い方が安くてよかったんだけど、売り切れてたんで黄色のにしたら現時点だとこっちも品切れぽい。

Dickinson Brands, オリジナルウィッチヘーゼル, ポアパーフェクティング(毛穴を整える)トナー, 16 fl oz (473 ml)

ちなみに、黄色と青だとスキンケアとファーストエイドで、メーカー的には用途が違うっぽい。今まで全然気にしてなかったけど。

Dickinson Brands - Witch Hazel

あと、父の日だかで男性向け商品の一部が15%OFFになるクーポン「MENS18」の対象になってたアライブを買った。個人的にはビタミンAが多すぎる気がするので、できればアライブもTwo per dayみたいに1日2錠バージョン作って欲しいんだけど。まあ、1日3錠とかあることはあるんだけど、なんか割高な気がするんだよな。

Nature's Way, Alive! 毎日1粒, 男性のマルチビタミン, 60粒

Nature's Way, Alive!・男の活力を引き出すトリプルマックスデイリー・90粒

iHerb紹介プログラム

上のリンクは紹介コード仕込んでないので、初回割引の特典を受けたい人は紹介プログラムの説明読んで、私にも5%~入ってもいい場合は紹介コード仕込んだリンク経由するか、注文コードで手入力してください。

iHerb紹介プログラムについて

なお、現在はリピーターは紹介プログラムを入力しても割引されないけど、紹介者には入る仕様のままなので、初回注文時以外に紹介コードを入力するメリットはありません。

この改悪も痛いけど、通販サイト的にはパンケーキミックスやミューズリーとかオートミールといった、重いものが値上されてるのも厳しい気がする。

SL500 480G(MLC)買った

実は先日、COLORFULとかいうメーカーのSSDSL500 480G(MLC)を買ってメインPCのHDDと交換したんだが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COLORFUL SL500 480G(MLC) (SSD/2.5インチ/480GB/SATA)
価格:13478円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

 

この値段ならCOLORFULとか怪しそうなメーカーより、Sandiskとか名の通ったとこの買った方が良さげな気がするが。商品名から分かる通り、今どき珍しくMLC採用してるんだよな。多少心配なとこもあるが、いちおう日本の代理店もあるから、まあなんとかなるんじゃね。

SL500 480G(MLC) | コンピュータ関連製品の代理店事業 l 株式会社リンクスインターナショナル

ちなみに、買ったのは楽天ソフマップだが。ビックカメラの株主優待使うとかじゃなきゃ、普通にAmazonで買った方がいいかもしれんな。

Colorful SATA 6Gb/s(SATA3.0) 対応、Silicon Motion SM2258XT搭載2.5インチSSD SL500 480G(MLC)

新品価格
¥11,980から
(2018/5/23 22:38時点)

どうでもいいけどこのシリーズ、今はTLCバージョンまであるんだな。紛らわしい。

【SL500 480G】SATA 6Gb/s(SATA3.0) 対応、Silicon Motion SM2258XT搭載2.5インチSSD

新品価格
¥10,980から
(2018/5/23 22:38時点)

もっともTLCだからって、MLCと比べりゃそりゃちょっとは違うかも知れないけど、そんなに大差はないって店員が言ってるかは知らんが。TLCとMLCでそんなに変わったらアホくさくて誰もTLCなんて買わないって気もするし。そう考えると、単にMLC言いたいだけかもしれんな。

SL500 480G(MLC)現物

SL500 480G(MLC)の現物パッケージはこんな感じ。

開けてみると、SSD本体が裸のまま入ってる。他には紙の取説とかがあるだけのシンプルさ。

HDDクローン・SSD換装

で、以前に買った2.5インチのUSB3.0外付けHDDケースに取り付けて動作確認して。その後はこれまた以前にHDDのクローンに使ったAOMEI Backupperの無料版でSSDクローン作成。その後PCのHDDと交換したら無事起動。しばらく使ってみたけど、今のとこ問題ないかな。というか、今までHDDだったからOSとアプリの起動時間が体感で感じるほど短縮されてだいぶ快適になったな。

ただ、SSDを固定してないので今のとこPCに宙ぶらりんなのが、私気になります。なのでAmazonでマウンタ買ったから、届くまでの辛抱だな。

なお、過去の記事はこれ。

SSDとUSB3.0外付けケースを買ったよ -SanDisk SDSSDA-240G-J25とORICO 2599US3-

HDDに障害が起きたので交換したよ -AOMEI BackupperでDISK to DISKのコピー-

今回の感想

そんな訳で、今更感あるけどようやくSSD化した。PC買った時はまだSSDの価格が高かったので、同容量(500GB)のSSDがお値打ち価格まで落ちたら交換するかと考えていたけど、予想以上に時間かかった気がする。まあ、これでWindows 7のサポート終了するまでは戦えるんじゃね。多分。