HIDISCのBlue LEDワイヤレスマウスHDMW-7091BK買った -磁気研究所で通じるのはおっさん?-

ワイヤレスマウス

諸般の事情で、Bluetoothじゃないワイヤレスマウスが必要な気がするので買おうと思ったんだが。マウスに関してはマイクロソフト買っとけばいいんだよでファイナルアンサーなのは分かりきってるが、なんとなく「買い物ってのはなあ、外れた時痛い目見るから面白いんだよ」的な気分になったので、あえて非マイクロソフトのマウスにしてみた。

とはいえ、いくら安くてもただの赤外線ワイヤレスマウスには興味ありませんなので、今使ってるのと同じBlue LEDあたりで探したら、1,000円以下で2製品見つかったんだけど。

エレコム マウス ワイヤレス (レシーバー付属) Sサイズ 小型 3ボタン BlueLED ふわっと軽い 小型軽量 50g シルバー M-BL20DBSV


HIDISC ブルーLED 2.4GHz ワイヤレスマウス ブラック Mサイズ 3ボタン 省電力設計 収納可能な小型レシーバー 単3電池付き HDMW-7091BK


エレコムとHIDISCだと、知名度的にはエレコム一択な気がするが、HIDISCって磁気研究所のブランドっぽいんだよね。おっさん世代的には磁気研究所と言えば、秋葉原にリアル店舗があってメディアが安いので有名で、昔はここでMOとか買った記憶がある。

記録メディアに人生をかけた男 ? 秋葉原で世界に挑む磁気研究所の挑戦


磁気メディアが廃れた後、再び磁気研究所の名前を聞いたのは、KINGMAXのUSBメモリを買った時だった気がする。確か、楽天市場の店で買ったんだけど、後日磁気研究所だと気づいたような。

磁気研究所は今でも楽天に出店してるけど、メール便じゃないと送料無料ラインが1万ってのは厳しい気がする。

こんな感じで、磁気研究所は昔から商売やってるから、玉石混交のAmazonだけどヤバいですねな商品ではないというか、Amazon.co.jp発送じゃなくAmazon.co.jp販売だからな。

HDMW-7091BK

それなんで、せっかくだから磁気研究所のHIDISCブランドを選ぶぜして届いたのがこれなんだけど。パッケージは昔ながらの四方が接着されてるプラスチックのケースで、非常に開けにくい。その点、紙と組み合わせてる最近のマイクロソフトのマウスと比べると雲泥だが、企業規模を考えるとまあこんなもんだろ。

で、端をはさみで切って取り出したマウス本体がこれだが、ぱっと見目をひくのが表面のピントが合わないぐらいのてかてか具合。このせいなのか材質なのか、持った感じがかなり安っぽい。

裏返してみると、QCシールっぽいのがはってあるが。おそらくこれ、手作業で一つ一つ検品とかして人間がはってるんだろうなって感じで好感が持てます。けど、底面のプラスチックも安っぽいし、電池交換用のフタが開けづらい。それにしても写真暗いな。

レシーバーは小型で本体収納も可能。ノートパソコン用だと神経質な人だと出っ張り具合が気になるかもしれんが、デスクトップならよほどのことがない限りどうでもよさげ。

テスト用の単三電池は聞いた事ない「XZ Energy」のMADE IN CHINAだけど、超一流メーカーでも液漏れに定評のある○URACELLだかのMADE IN CHINAなのを考えると、○URACELLじゃないだけマシかもしれんな。

余談だが、○URACELLの液漏れであばばばした経験から、アルカリ電池(特に高価・希少な機器に使う場合)はメーカー製なだけでなく、原産国液漏れ対策にまでこだわるようになった。まあ、毎日のように使って電池切れたらすぐ分かる奴なら、そこまでナーバスにならなくてもいいのかもしれんが。

閑話休題。電池セットして使ってみたが、Windows 10でもLinux(Lubuntu 18.04)でもプラグアンドプレイでドライバ・設定なしでそのまま使える。まあ、ただの3ボタンのホイールマウスならどれも同じだろうけど。

使ってて気になったのは、今まで使ってたマウスの中でも高さが少し低いとこ。感じ方には個人差あるだろうが、何日か使ってると慣れますよだったけど。カーソルの動きに関してはBlue LEDの効果なのか、マイクロソフトのとも遜色ない気がする。ただ、底がざらついた素材なせいか摩擦が強いらしく、マウスの動きがちょっと重く感じる。マウスパッドとの相性次第かもしれんが。

ボタンはクリック感反発若干強め音もちょっと響く気がする。ボタンは消耗品だから、使ってるうちに変わるかもしれんが。ホイールは若干重めだが、ほどよい抵抗がある。スクロールがページ単位ならちょうどいいけど、数行とかだと大量にスクロールするには不向きかも。

残念なのは、マウスのオン・オフスイッチが付いてるんだけど、これの感触が悪い。オフにする時はいいんだけど、オンにする時はカチっとしない。また、スイッチの場所と重さのせいか片手でオンにできない。それなんで、マイクロソフトのほど頻繁にオン・オフするとなると面倒だと思う。

ただ、HIDISCのマウスには三段階のスリープモードがあって、最終段階だとボタンクリックしないとスリープ解除されないから、外出とか寝る前とかじゃなければ電源オフじゃなくスリープでもいいのかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、HIDISCのBlue LEDワイヤレスマウスだけど、基本的な機能はマイクロソフトマウスと比べても遜色ない気がする。ただ、細かい作りとか1年と3年の保証期間とかを比較すると、HIDISCとの価格差をどうとらえるか次第なのか、私気になります。

ちなみに、今使ってるマイクロソフトのマウスはWireless Mobile Mouse 3500シリーズなんだけど、これの後継モデルが現時点で1,900円だからな。

マイクロソフト マウス ワイヤレス/小型 グレーWireless Mobile Mouse 3500 GMF-00423


個人的には、これのシアンが在庫なしの時に1,500円ぐらいで売ってたけど、いつ届くか分からないからスルーしてたのが悔やまれるって感じ。でも、1,900円の価格でも、マウスを1個しか買えないならマイクロソフト選ぶかな。HIDISCは、一家四人でマウス買うとかでまとめ買いするとか、子ども用で乱暴に扱われる前提とかならいいやって感じかな。

Amazonなのにお買い得な単4電池? -パナソニック EVOLTA LR03EJ/8SW-

Amazonデリバリープロバイダ

先日、Amazonに注文したのが分割配送されたのの後から発送されたのが届いたんだけど。乾電池のみだったからか、めずらしく手渡しじゃなく日本郵便のゆうパケットだった。

ちなみに、先に届いた方ははじめて配達業者がAmazonでいわゆるデリバリープロバイダだったよ。とうとうこんな地方にまでADPが進出するようになったのか、私気になります。

LR03EJ/8SW

それはともかく、今回買った電池なんだが、パナソニックEVOLTA10年の長期保存を謳った単4電池なんだが

パナソニック エボルタ 単4形アルカリ乾電池 8本パック LR03EJ/8SW


普段なら充電池じゃない電池はヨドバシとか楽天でついで買いか、送料無料ラインクリアするために買うことが多いんだけど。今回は、なぜかAmazonの8本パックだけやけに安いんで買ってしまった。まあ、あわせ買い対象商品で2,000円縛りあるけど。

で、現物はこんな感じ。使用推奨期限が2029年10月だから、不良在庫押しつけられた訳でもなさげだな。


気になるのは、パッケージからどこ国産か判別できないんだけど。まさか、EVOLTAで中国はないよなと思ったが念のため開けてみたが、中はさらに4本ずつシュリンクされてるっぽい。

この状態で、ようやく電池本体側面に「日本製」と書いてあるのを確認できたので一安心。

今回の感想

そんな訳で、電池なら通常なら100円ショップか同じぐらいの値段の中国産とかにするか、エネループが使えるならそうするんだけど。今回のは数万円の機器に入れるから、数百円をケチって液漏れとかのトラブルにみまわれたくないんで少し奢った。

値段については、本数多ければ1本当たりの単価がもっと安いのもあったけど。使用機器が限られてるので、正直8本でも多いからこの辺で良しとした。

第9世代Fire HD 10 タブレット買ったお

Fire HD 10 (第9世代)

なんか、クロネコからFire HD 10のNewモデルが届いたんだけど。そういえば、20%OFFクーポンだったかで1万ちょっとになるんでせっかくだから発売日着で予約入れたんだった。

ちなみに、買ったのは安い方の32GBモデル。

【Newモデル】Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 10内容

で、パッケージはこれ。10インチの割に小さめな気がするが、Amazonの質素なパッケージならまあこんなもんじゃね。


開けるとはこんな感じで、ビニールに包まれた本体と底の箱スペースに付属品がまとめられてる。


付属品はACアダプタ・USBケーブル・取説で、一応日本語も書いてあるが最低限の説明のみ。Fire HD 10はUSB Type-Cだけど2.0って話だからか、ACアダプタはType-AでケーブルはA-C変換と残念な感じ。


本体は軽くてプラスチックの安っぽいボディで、Fireタブレット 8GB(第5世代)を大きくしたといっても違和感なさげと思ったが、むしろFireタブレットのほうが小さい分ずっしりと重さを感じる気がする。しかし、10インチってもっとでかいかと思ったが意外に小さくて、そして細長い。


インターフェイス関係は、フロントカメラを上にして縦持ちした場合、右手側に取り外し不可のカバー付きのMicroSDスロット。左手側の上下はスピーカーなので、基本的に横向き使用する前提ぽい。下には何もなく、上には右から電源スイッチ・USB Type-C、真ん中にマイクで、イヤホン端子とボリュームボタン2つが左にある。



裏側は滑り止め目的かざらついた加工だが、まあ気休め程度だと思う。矢印みたいなロゴとかあるがあまり主張してない。リアカメラは右上隅にあるけど、ロゴもそうだけどカメラが出っ張ってないで凹んでいるので平面に置いてもじゃまにならないのはいい。というか、カメラ出っ張ってるメーカーって何考えてるのか謎。

Fire HD 10ファーストインプレッション

その後電源入れてみたんだが、言語とかWifiの設定してAmazonのアカウントでログインして設定完了。


とりあえず、Prime Readingで雑誌見たり、Prime Videoの動画やPrime Musicの音楽とかで試してみたけど、Amazon関係は問題なく使えたんだが。これ、横向きで使う時ってどっちを上にしたらいいのか、私気になります。Kindle Fire HD 8.9だと、フロントカメラを上にするか後ろの横書きのロゴで判断するとスピーカーが下が正位置っぽいんだけど。Fire HD 10の場合、商品紹介だとカメラが向かって左だからこれもスピーカーが下であってると思うんだけど、ケース取り付けた写真みるとなぜかカメラが右なんだよな。スマホスタンドにセットして音聞いた限りでは、スピーカーを下にしたほうが下と反射して音が大きくなってなんとなくよく聞こえたんだけど。まあ、個人の好みでファイナルアンサーでいいのかもしれんな。知らんけど。

あと、Kindle本のダウンロードが何回かリトライ繰り返した時があったが、これは他の機種でもあったからサーバ側の問題かもしれんな。知らんけど。

ただ、Silkブラウザはちょっと常用する気にならないぐらい挙動不審なとこがあった。なんか、ホームページに「トレンド」とかいって「Microsoftニュース」を表示しようとするんだけど、これをオフにしたり変更する設定が見つからないんだが。それだけならまだしも、機内モードとかネットに繋いでない時にSilkの設定とかいじってる時に黒画面になって、ナビゲーションバーのホームか切り替えで一旦Silk以外にしないと操作不可になるんだけど。


まあ、オフラインでブラウザ起動する人は少数派ですよって人は気にしないのかもしれんが。個人的には許容できないんで、ブラウザは別のを入れることにする。

今回の感想

そんな訳で、どうせプライムデーとか大型のセールですぐに1万ぐらいになるだろうと思ってたけど、いくらなんでも1万切るのは新機種発売間近か1年後ぐらいだろうとも思ったので、発売日にクーポン割引で12,784円ならいいやで妥協した。まあ、Kindle Fire HD 8.9買ったの2013年なんだから、流石に新機種買っても罰は当たらんだろう。

4000円引きされたKindle Fire HD 8.9買っちまったよ

私の場合、タブレットは固定レイアウトの電子書籍読むのが主な目的だから、今回のFire HD 10は画面が大きくなっただけでも十分なんだが、あれから6年の月日が流れ去りCPUもクアッドからオクタに変わるとストアでの処理速度が体感ではっきり分かるぐらい変わったな。まあ、Fireタブレットでもこういうのでいいんだよと思ってたけど。

スペック的には満足はしてるが、問題は使い勝手かな。スマホでも微妙と思うけど、10インチタブレットで縦長端末ってクソじゃね。縦持ちにするとバランス悪いし、横持ちだとバランスは改善するけど操作しづらい。縦なら重心を下にすればいい気がするけど、それだと横で支障きたしそうだし。そう考えると、HD 8.9はクソ重かったけどバランス的には悪くなかったな。アスペクトが比較的4:3に近いからだろうか。HD 8.9の現物持ってきて比較してみたら驚いた。

ちなみに、画面サイズがだいぶ違うのに本体の大きさがそんなに変わらないのはHD 8.9のベゼルが広いから。画面サイズだけ見るとインチ差が出るぐらいは違ってる。

まあ、HD 10も動画見るには都合がいいんだろうけど、電子書籍だと縦持ちだと上下の無駄スペースがもったいないとしか思えん。これはHD 8.9も同じか。横持ちで見開き表示ならいいのかもしれんが、それだと雑誌は読むのきつくなる。というか、A4ぐらいの雑誌だと10インチで縦で片面1ページ表示でもまだ、字が小さすぎて読めねえ気がする。もしかして、タブレットとかで電子書籍を読むなら端末を大きくするよりハズキルーペとか買ったほうがコスパいいのか、私気になります。

現時点でのなんじゃこりゃ(2019/11/05追加)

数日使って気づいたこととか不具合についてメモ書き。

強制アップデート

そういえば、初日にセットアップしただけでWi-Fiデータ 1.46GB使用してた。そのうち1.23GBが「com.amazon.device.software.ota:10041」だった。翌日電源入れたら、なかなか起動しない・ログイン画面が壁紙なし黒画面で、ようやく起動したと思ったら「端末がFire OS 7.3.1.1にアップデートされました」でシステムアップデート終了してた。

まあ、Amazonのタブレットの平常運転と言えばそうなんだけど。

電子書籍が消える

なんか、ダウンロードした電子書籍が全部消えた。5chとかAmazonのレビューでも同様の現象が発生してるらしい。ダウンロード後しばらくなんともなかったけど、充電完了後に消えたのに気づいたので、この書き込みが正解な気がする。ただ、家では今のとこPCにUSB接続した時は消えなかった。

https://egg.5ch.net/test/read.cgi/android/1572611542/190

まあ、アプリかシステムアップデートされないと改善しないだろうな。
知らんけど。

消費税増税前にスターサーバー3年契約したお -ついでにDMMいろいろレンタルのWiMAXも-


wal_172619によるPixabayからの画像

消費税増税

なんか、ニュースで消費税増税前の駆け込み需要がーとか軽減税率がーとかやってるので、なんとなく増税前に買っとくかと思ったけど買うもん思いつかなかったんだけど。ただ、有料のネットサービスとかは増税の影響しか受けなさげな気がして、ネット回線に使ってるDMMいろいろレンタルのWiMAXと、このサイトのレンサバ代は延長しといたんだが。

イー・モバイル3G 限定SIM接続サービスからDMMいろいろレンタルのWiMAXに移行したよ

DMMの方は延長した後で気づいたんだけど、なんか「レンタル」は増税後も「商品価格に変更はありません」とか書いてあるんだが。

消費税率改正に関する弊社対応のお知らせ

これって、いろいろレンタルも該当してるのか、私気になります。

スターサーバー

ちなみに、スターサーバーの方は増税後はその分税込価格が反映されるはずだから、自動更新だと次の支払いは増税後になるんだけど。

消費税法の改正に伴うご請求金額の変更について

まあ、手動更新でも手続き可能で、これだと9月末の増税前に決済すれば8%のままなので一応更新しといた。期間はどうしようかと思ったけど、6月に今まで全くメリットのなかった24ヶ月以上の契約とかを改定した新料金体系になってたので、最安になる36ヶ月で更新してみた。

『スターサーバー』「24ヶ月契約」「36ヶ月契約」への対応およびプラン料金改定のお知らせ

記憶によると、旧料金は3ヶ月は割高だけど6ヶ月以上は月額料金が同じになるから、更新の手間が減る以外に長期契約する意味なかったんだけど。この時の改定で6ヶ月以下が割高、12ヶ月が従来の最安、24ヶ月・36ヶ月と長くなるほどさらに安くなると、値上げ・値下げ入り交じる長期優遇措置になったような。

と言っても、いきなり新規契約で36ヶ月とかは地雷業者だったらヤバイですねな気がするけど。まあ、スターサーバーのネットオウルとはミニバードというか、その前のスタードメインの先代おまけ無料サーバからの付き合いだからな。3年で税込み7,776円なら、まあこんなもんだろってことでファイナルアンサーかな。


今回の感想

そんな訳で、2%の増税だと1万円で200円の節約だから、普通の商品だと値下げとか増税後のキャンペーンがあればひっくり返りかねない数字な気がするので、普通の買い物を増税前にまとめ買いする必要はなさげだな。まあ、100万ぐらい買うなら2%でも2万だからNintendo Switch Liteが買えるぐらいになるけど、貧乏人は関係なさげじゃね。

2,980円で買ったSpeed Wi-Fi HOME L01が2,480円まで下がったー -Shock! Shock! Shock! Huawei Shock?-

Speed Wi-Fi HOME L01

以前に書いたけど、DMMいろいろレンタルWiMAXのモバイルルーターを半年レンタルしてから延長して使い続けているんだが。

https://hatarakitakunee.com/wp/?p=9257

ほとんど、自宅で固定回線代わりに使ってるので、出来ればモバイルルーターじゃなバッテリー劣化のないホームルーターにしたいんだが、Speed Wi-Fi HOME L01だとレンタル料金が高いんだよな。まあ、現時点だと半年で1,590円だから1ヶ月あたり132.5円だから、新規でレンタルするんならそっちにするんだけど。レンタル中だと日程調整して新規の予約入れて、今使ってるのを返却しないとならないのが面倒で。それなんで、ポイントつかない塩対応なのに延長してるぐらいだからな。

そんなふうに考えていた時期が私にもありましたが、たまたま中古Speed Wi-Fi HOME L01が2,980円で売られていたのを見た時せっかくだから買ってしまった。これにレンタルのSIM入れ替えて使ってるけど、もうバッテリー妊娠させる心配もなく繋ぎっぱなしだから蝶サイコーみたいな。

中古

まあ、中古ってのが気にならないとは言わないが。白ロム未使用だと7,000円ぐらいするけど、ルーターなら動きさえすればコンディションとか気にしなくていいし。この値段ならレンタル延長2回でだいたいトントンだから、まあこんなもんじゃねって思ってたが。買った後でこれHuaweiだったことと、SIMサイズ違いのマイナーチェンジ版Speed Wi-Fi HOME L01sの他に、Speed Wi-Fi HOME L02なんて新機種がいつのまにか出てたことに気づいた。

そうなると、Huaweiがハブられればハブられるほど実害でなくても風評被害で捨て値で投げ売りされたりするかもしれんから、待てばもっと下がるかとも思ったが。まあ、2,980円ならそれでいいかと思ったが、それでも2,480円に下がってるを見るとちょっとショックかな。しかも、私が買った中古Cよりコンディションのいい中古Bで。

なお、イオシス通販では中古Aでも2,980円なんだが、こっちは送料かかるんだよな。だったら、楽天だと送料かからないから本家で買う意味なくねって感じなんだが、楽天の値段ってどうも本家と同じか本家より2,000円高いっぽいんだよな。

Speed Wi-Fi HOME L01 HWS31SWU 商品一覧


ちなみに、Speed Wi-Fi HOME L01の場合、中古Bは同じ値段だけど中古Aは2,000円高の方っぽい。

なお、上記情報は執筆時点のものです。一点物が多い中古は新品以上に在庫の動きが激しいので、その点ご了承ください。

今回の感想

そんな訳で、DMMいろいろレンタルWiMAXレンタルして家回線にしてるような人は、モバイルルータじゃなくホームルーターおすすめ。ただ、DMM的にはこういうスタンスだから、あくまで自己責任だけどね。

※ご注意ください※
本機のSIMを別の端末での使用は推奨しておりません。
そのため別の端末での使用に関する質問は一切受け付けておりません。

それなんで、すでにモバイルルーターでレンタルしてる人以外なら、レンタル料金が高くなっても安心料だと思って、素直にホームルータタイプ借りたほうがいいと思う。

なお、SIM入れ替えする場合、必ずSIMサイズの確認はしとくように。ホームルーターの場合、Speed Wi-Fi HOME L01はMicro SIMだけど、Speed Wi-Fi HOME L01sとSpeed Wi-Fi HOME L02がNano SIMなので、レンタル以外にも最近WiMAX契約してる人とかで新型のモバイルルータ契約してる人がSIM流用するなら、Nano SIM対応機種じゃないとヤバイですね。