Archive for the ‘収入’ Category

ワリート分配金

それじゃあ、今月もワールド・リート・オープン分配金が確定したから定例報告してみるよ。分配金は先月に引き続き5,000円と変わらないって事は、全額特別分配かよ。

現在のドル円状況でこのざまって、円高に振れたらどうなんだろこれ。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

今度は、ワリートEXE-iグローバルREITの比較もいってみるよ。まずワリートの方は+11.05%と先月より若干の下げ。

EXE-iも下げて+18.68%と振るわない。で、ワリートと差は7.63%と、またEXE-iが広げたか。

今回の感想

そんな訳で、今月もワリートは棺桶に片足突っ込んだ人向けの商品って定説を裏付けるどころか、年取ってもEXE-iみたいな低コスト投信の方がいいんじゃねって宗旨変えしたくなりそうな結果になったな。

現時点だと、金持ってるのは年寄りが多いってイメージだから、毎月分配型投信のシェアが高いけど。今後、NISAとかiDeCoとかのCMに吊られた人や、ネットのインデックスブロガーの影響受けて投資を始める人が増えると、この手の低コスト投信が逆転する可能性もあるな。そう考えるなら高コストファンドのワリートは、適当なとこで乗り換えた方がいいかもしれんな。まあ、EXE-iの資産残高が増えて、唯一の懸念の運用終了リスクが減ればの話だが。

お便りコーナー

web拍手からの転載です。メッセージありがとうございます。

ワリート・ラリートの減配は痛いですよね
リートと毎月分配の相性は良いはずだから、トランプが消えるのを待つしかないのか
より投資先が見つかったら晒してください

再投資の複利効果を無視すれば、システム的には毎月分配型のインデックスファンドが該当すると思いますが。私の知る限り、その類はゆうちょ銀行専売DIAM世界リートインデックスファンドですが。これは販売手数料かかる上に信託報酬1%弱の、ゆうちょ銀行リアル店舗にホイホイやってくるカモへのはめ込み商品ですし。

例えば、SMTグローバルREITインデックス・オープンあたりに、毎月分配型を追加してスイッチング出来るようにすればいい気がしますが。多分、これ買ってるような客層は「毎月分配型」と聞くだけで拒絶反応起こしそうだから、やっぱり無理っぽい気もします。

スワップ

そんな訳で、2月分のスワップ合計額を確認するため、セントラル短資FXの口座にログインしたんだが。先月の受け取り分も6,074円と振るわなかったな。AUDJPY 2枚・ZARJPY11枚とポジが少ないから仕方ないけど、豪ドル円のスワップの低さには泣けるよ。

まあ、ポジが少ないってのは買い場がきてないって事で、含み益継続中って事でもあるから悪いことばかりではないって事にしとこう。

モリト株主優待

なんか、東証一部上場したら上場基準満たすための撒き餌に使ってた株主優待制度を速攻廃止した、モリトの株主優待配当金計算書が届いてたよ。優待乞食の間に瞬く間に悪名轟く事になった、モリト最後の株主優待クオカード1000円分が。

配当の方はマネックスの口座を確認したら、24日には入金されてた模様。

今回の感想

そんな訳で、モリトにはヘイト感じないこともないが、今のところ含み益だし増配や記念配とミジンコ株主以外にメリットのある株主還元もしてるからな。当面は様子見でホールドしといていいんじゃね。

結ばない靴紐?

余談だが、今回の報告書の中で自社商品を紹介してたんだけど。なんか、靴紐代わりに使えて結ばなくてもいいみたいな「Vines」とかいう商品があるらしいんだが。結構よさそうだと思ってググってみたが、なんかいまいち使い方が分からないんだけど。

Vines結ばないシューレース

MORITO(モリト) 靴紐 バインズ 結ばないシューレース ブラック 50cm H100-9200

新品価格
¥753から
(2017/2/25 21:52時点)

ちなみに、似たような機能を持つ商品だと、Amazonの商品ページだけでもなんとなく使い方が分かるんだが。こっちの方が高いなと思ったが、「5足分セット」なら全然安いな。

EasyJoy ほどけない 靴ひも 5足分セット/ 靴の着脱を簡単に! 伸縮するワンタッチ靴ひも NO-TIE SHOELACES (c. ブラック3足分 ホワイト2足分)

新品価格
¥1,299から
(2017/2/25 21:54時点)

とりあえずモリトは、ステマでもいいからもう少し情報出した方がいいんじゃね。

郵便局の怠慢

なんか、ゆうパックで荷物が届いたと思ったら、アヲハタの株主優待だったよ。

毎度の事ながら、ゆうパックの伝票はきれいにはがせないのがクソ過ぎる。しかも、客用の宛名部分の裏は普通にシールなのに、配達担当者用の控えは簡単にはがせるのがさらにむかつくんですけど。そこまで出来るんなら全部そうしとけよ。

アヲハタ優待と配当

それはともかくとして、アヲハタの話に戻すと。配当の方も配当金計算書が届いてた。マネックスの口座確認したら、税引き後の599円が入金されてた。しょっぺえ。

で、株主優待の方はこんな感じ。

挨拶の封筒の中には、「かぐやパンダ」とやらのふせんが入ってた。ふせんは実用性があるからいいとしても、障害者支援のマスコットキャラクターかぐやぱんだは何だろうと思ったが、アヲハタの地元つながりらしい。

つづいて自社製品。

きなこ&沖縄県産黒糖

まずはディスペンパックシリーズというらしい、パン用のスプレッド。使い切りサイズの容器で4食分入ってるっぽい。賞味期限は17.09.12。

販売はアヲハタだけど、加工所は神奈川の株式会社ディスペンパックジャパンなんだな。

3種のチーズクリーム 濃厚クリーム仕立て

続いて、キユーピーあえるパスタソース3種のチーズクリーム濃厚クリーム仕立て。加熱不要で、ゆでたパスタにそのままあえるだけのお手軽パスタソースらしい。これってキユーピーブランドだけど製造は山形の東北アヲハタなんだ。賞味期限は2018.1.6。

前にも似たようなの貰ったけど、その時は1袋で1人前だったが、これは1人前2袋だから1食あたりの単価は下がってるはず。その時の株優だったパスタカフェシリーズは、2015年秋で販売終了してるみたい。おそらく、デフレ脱却したとか勘違いして1袋1食で高級路線に走ったが、この手のパスタソースの購買層はまだまだ不景気で、売り上げ伸びなかったとかじゃね。

販売終了商品のご案内|キユーピー

パスタカフェ 濃厚チーズのクリームパスタ ベーコンチップ・チーズクルトンがけ

そういえば、「パスタカフェ 濃厚チーズのクリームパスタ ベーコンチップ・チーズクルトンがけ」は食べたけど記事にしてなかったかな。で、探したら当時の写真が残ってたんで、2年ぐらい前の事を思い出しながら感想を書いてみる。

まず内容物。1人前だが袋が2種類あって。ソースの他にベーコンとかクルトンの入ってるトッピング用のもついてる。

で、ソースをあえてトッピングを乗せるとこんな感じ。見た目がアレなのは写真の腕と、iPod touch4世代のiPhoneと差別化はかるためのクソ性能カメラのせいなので気にするな。

肝心の味だけど、濃厚チーズという割にチーズ感が薄かったと感じた。まあ、原材料見るとチーズ(加工品)より先に植物油脂が来てるから、チーズ薄めた感ありありなのは仕方あるまい。とはいえ、今回の3種のチーズクリーム濃厚クリーム仕立てについても、植物油脂の次が乳等を主要原料とする食品だからあまり変わるまい。ただ、その後にまたチーズがあってそこには「ゴーダ40%、パルミジャーノ・レッジャーノ20%」とか書いてあって本格的っぽく見えるが。原材料の順番的には、デキストリンより少ない4番目だからあまり期待できそうにないな。コンセプトは多分、チーズが濃厚なんじゃなく食品添加物とかで「濃厚クリーム仕立て」にしたんじゃないかと推測してる。

2015年(2014年11月権利)のアヲハタ優待については↓
アオハタの株主優待が届いたよ -高級ジャムとパスタソース-

アヲハタジャム

最後はアオハタのジャム3種類。まずはイチジク。消費期限2018.1.13。

続いてオレンジマーマレード。消費期限2018.1.8。この二つは55ジャムで、150g入り。

3本目は砂糖未使用の、まるごと果実ブルーベリー250g。消費期限2018.1.20。ジャムに関しては全部、アヲハタ本丸の広島県竹原市のジャム工場産だな。

アヲハタ株主優待の本命だけに、ジャムに関しては外れはないだろう。

今回の感想

そんな訳で、アヲハタの株は去年すでに売ってるけど、株主優待はありがたく受け取っておこう。2年前より妙に品数増えてるし、何より高級ジャム高級パスタソース高級スプレッドだからな。

今年の含み損今年のうちに -2016年株・FX損益調整-

流石の私でも、アヲハタのジャム株主優待じゃなく株で儲けて買うべきだとは思う。それでも株主優待をゲットしてしまうのは、やはり優待バカは樹海に行くまで直らないと言うことかもしれんな。

ワリート分配金

今月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。とうとう、ワリートも分配金70円から50円に引き下げられたか。さらに、トランプリスク発動のせいか基準価額下がって、全額特別分配転落したよ。

まあ、ワールドREIT関連の毎月分配型投資信託が軒並み引き下げしてたから、ある程度予想してはいたけど。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

気を取り直して、マネックスと楽天証券で買ってるワールドリート投信のパフォーマンス比較。ワリートの方は約+12.29%と若干の下げ。

一方、EXE-iグローバルREITファンドも19.70%と下がってるが、ワリートよりはマシなのでパフォーマンス差は7.41%とまた広がってる。

今回の感想

そんな訳で、トータルリターン的にはプラスだから、まだあわてるような時間じゃないけど。再び買い場が訪れた時は、毎月分配型投信からは手引いた方がいいかもしれんな。

それにしても、理屈では税金と信託報酬の差額の分だけ低コスト投信の方がパフォーマンスがいいのは分かってはいたが。複利の効果もあるといっても、1年程度でここまで数字が違うなんて、なんか計算方法とかミスったのかなあ。それとも、まじでここまで違うのか。