三井住友FGとESRリートとついでにスターハブの配当キター -2020年06月-

配当

なんか、某億り人のブログで三井住友FG配当が入金されたっての見たんで楽天証券の口座確認したら、今日付けでESRリートの配当と一緒に入金されてた。それと、見なかったことにしてるスターハブの配当も2週間前ぐらいに入金されてたのを、思い出した。


どうでもいいけど、この3銘柄全部含み損だな。ヤバいですね。

ESRリートの配当キター -2019年6月-

ESRリート配当

なんか、ESRリート配当が振り込まれるぜってメールが来てたので確認したら入金済みだった。

金額的には、まあこんなもんだろだが、ESRリートは屈辱のシンガポール株投資で唯一の含み益だから贅沢は言うまい。

どうでもいいけど、これまで配当って書いてきたけど、ESRリートってREITだから配当じゃなく分配金な気がしてきた。まあ、気が向いたら直すか。

先週の投資関連の話 -2019年5月CXSE・スターハブ-

CXSE購入

なんか、先週の投資関連のネタを書いてなかったので事後報告する。例によってなんとなく下がってた気がするので、中国株ニューエコノミーファンド(CXSE)に注文入れたら通ってた。

経験的には、買値より終値が下がったり翌日下がる時は約定しやすい気がしないでもない。

スターハブ配当

続いてシンガポール株だが、スターハブの配当が入金されたっぽい。含み損を考えれば雀の涙だが。

確か、含み損が軽く30%を超えてるはずだが、投資金額が貧民レベルなんで金額的には致命傷には至ってないのが不幸中の幸いってことにしとこう。

スターハブ一部損切りしたお -そろそろ損益通算の季節-

シンガポール株

相変わらず、楽天証券のアセアン株のパフォーマンスがよろしくないんだが。12月になったので、今年の配当分ぐらいは損失出して利益と相殺しとこうと思って、スターハブの売り注文入れたら通ってた。1万6千弱の損失っぽい。

ちなみに、スターハブの現時点での成績はこんな感じ。一時期-30%超えてたのを考えるとだいぶマシになったが、その時買ってればねえ。まあ、翌日以降ナンピン買いすれば取得単価は下げられるが、どうしたものか。

今回の感想

やっぱ、シンガポール株売買手数料為替手数料コストが割高なだけじゃなく。米国株と違って売買手数料に上限ないから、5万円以上だといくら買っても手数料割安にならないってのもきついな。分かってたこととは言え。

そんな訳で、配当の確定益はまだ多少残ってるが、シンガポール株の割高な手数料を考えると今年はこれ以上損切りしなくていいかな。

スターハブとESRリートの配当金 -シンガポール株の配当2018年9月-

シンガポール株配当

最近、スターハブが最大-30%超えの地獄だった時期を乗り越え、なんかシンガポール株が多少はマシになってるように思えないこともないんだけど。それでも含み損ヤバいレベルなのは変わらないけど。そんなシンガポール株から今月、焼け石に水的な配当が振り込まれてるんだけど。やっぱ、配当利回りで株選ぶとろくな事にならないのか、私気になります

M1買収?

それはともかく、スターハブの株価に関するニュース見つけたんだが。

Hot stock: StarHub jumps 6.8% on M1 general offer

翻訳した記事読んでも、M1の買収とスターハブ株価上げってあんま関係なくねって気がしないでもない。

ついでにググったら日本語の記事もあった。

シンガポールのケッペル、携帯3位買収へTOB

スターハブもしかしたらヤバくねとしか思えないのになんで株価上がってるのか、私気になります。

ついでに、交渉決裂の可能性もあるらしいが。

Exclusive: Axiata likely to reject Keppel-led offer for Singapore mobile firm M1 - source

これが本当なのか、単なる株価引き上げのための駆け引きなのか、私気になります。