a1380_000605

サプリメント

以前の記事で、海外から個人輸入してまでマルチビタミン&ミネラルのサプリメントを買ったことを書いたけど。これって、貧民が金払ってまで飲む価値あるんだろうかと、疑問に思ってる人もいるだろう。そこで、個人的なサプリを飲んでる理由を書いてみる。

サプリの費用

その前にサプリの費用に関して。今飲んでるマルチビタミン&ミネラルのTwo-Per-Dayの120カプセルの場合、送料込でだいたい2500円。本来は1日2錠だが、1日1錠週5ペースぐらいで飲んでるから約168日分になるので、1日当たりの金額は14.89円。

こうしてみると、目標としてる1日当たりの食費300~500円と比べても、金額的には問題にはならないかな。

サプリ購入の理由

サプリの効果については正直、実感としてはほとんど感じてないんだが。それなんで、こないだ買うまで数ヶ月ブランクあったんだけど。再開してまた飲み始めたのにはきっかけがある。それは去年放送されていた「グリザイアの果実」というアニメなんだけど。このアニメの10~12話の、「エンジェリック・ハウル」というサブタイトルの回を見て。昔読んだサバイバルの本に、マルチビタミン&ミネラルといったサプリが緊急時の非常食として役に立つ、と書いてあったのを思い出したから。

非常食といっても、サプリじゃほとんどカロリーないからあくまで栄養補給って観点からだけど。前述したアニメは、学生グループが山で遭難する話なんだけど、作中ではビタミン欠乏症になる学生が出てた。現実問題としては、大地震とかで補給が断たれたとしても、よほどの山奥とかじゃなきゃ、そこまでクリティカルな状況にはならないだろうが。それでも、非難時に配られた食事が菓子パンやおにぎりのみってことも考えられるから、いざという時はそれなりに役に立つだろう。

サバイバル

ここからは余談になるが、前述したサバイバル本はかなり危機的な状況を想定してるケースが見られて。例えば、飛行機が墜落して簡単に救助がこないような場合とか。山だけじゃなく、砂漠や海上での遭難とか。こういった助けがいつくるか分からない状況だから、サプリが有用ってことなんだろうが。他にも、遭難しても半日から24時間は水分をとってはいけないとか。ちなみにすぐ飲まない理由は、その時点だとまだ体内に水分が残ってるので、飲んでも尿として出ていくだけだから。

またアニメの話に戻るが、遭難して救助のヘリが来たけど学生たちに気づかない場面があった。大声を出したり、事故ったバスのクラクションを鳴らしてヘリの注意を引こうとしたんだけど。サバイバル本だと発炎筒の使い方や、のろしの上げ方もかいてあったが。前者はバスに用意されてたら使えたと思うが、後者はあらかじめ準備してないと無理だな。本には他に、鏡を使って光を反射して注意を引く方法が書いてあった。もし学生がこの方法を知ってたら、その後すぐ救助が来たかもね。それじゃ話が続かないけど。

さらに余談になるが、アニメの11話を見終わった後、昔読んだDilbertという漫画のセリフが思い浮かんだ。ちなみに3コマ目の「」(アニメのネタばれにつながるのでコメントアウト)

私が読んだのは雑誌の日本語訳だけど、その画像が見つからなかったので本家オリジナル
Dilbert Comic Strip on 1995-06-06 | Dilbert by Scott Adams

日本語訳だと「」みたいな感じだった(アニメのネタばれにつながるのでコメントアウト)

今回のまとめ

まあ、食費に金がかけられて、サプリとかの栄養補助食品から栄養を取る必要のない富裕層には関係ない話だが。食事だけでは栄養が十分に取れない貧民なら、サプリを買うってのも選択肢の一つだと思う。もしかしたら、非常事態には役に立つかもしれんし。

マルチビタミン&ミネラル(Two-Per-Day)を買った時の記事は↓
iHerbでマルチビタミン&ミネラルを個人輸入したよ -Life Extension, Two-Per-Day Capsules, 120-

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply