【閲覧注意】ハエはすごいよお金になるよウジ虫・さなぎに生ゴミ処理?

閲覧注意

この記事はタイトルの通り、人によっては不快と感じられる内容かもしれません。続きは自己責任で読んでください。


ハエ

なんか、ハエを活用したビジネスが資金調達したって記事を読んだんだけど。

ハエはお金になる、ハエを鶏のエサに変え生ゴミも同時に処理するBetter Originがシード3.2億円を調達

Better Originの製品は、「自律昆虫ミニファーム」である。同社のX1昆虫ミニファームは、現場に設置される。農場主は、近くの工場や農場から集めた生ゴミをホッパーに入れて、ブラック・ソルジャー(black soldier fly)と呼ばれるハエの幼虫に餌を与える。

2週間後には、通常の大豆飼料の代わりに、この昆虫を飼料として直接鶏に与える。さらに使いやすさを高めるために、コンテナ内のすべてが自動化され、ケンブリッジにいるBetter Originのエンジニアによって遠隔制御されているという。

記事によると鶏に与えるのは「昆虫」って書いてあるから、多分幼虫から成虫になったのを与えるんだよな。ちなみに、日本でも似たようなことをしてる企業があるけど、こっちは幼虫さなぎになったら乾燥粉末にして成虫にはさせないっぽいな。

日本の「ウジ虫」が世界の食料危機を救う

正確に言えば、救世主は「ウジ虫」だ。酪農家が排出する牛や豚、鶏などの畜糞に、ムスカが独自に品種改良したイエバエの卵をまく。8時間後には卵が孵化し、幼虫(ウジ虫)が糞を食べて分解、6日後には堆肥に変わる。幼虫はさなぎになろうとして自ら堆肥から出てくるため、回収して乾燥する。それを粉末にすれば魚粉を代替できる栄養価の高い飼料になる。

なるほど、ウジ虫さなぎだと加工食品でも抵抗ある人がいるかもしれんが、人間じゃなく家畜のエサとしてなら大丈夫だ問題ないというか、誰も気にしないのかもしれんな。知らんけど。

今回の感想

ハエをエサとか見て最初に思い浮かんだのは、昔読んだノストラダムスの大予言本で、恐怖の大王が降った後のヒャッハーな世界で生きのこるにはウジ虫を食料にしろとか書いてあったことなんだが。

元ネタはこれっぽい。

実説大予言?地球は冷え、乾き、人々の飢えは近い (ノン・ブック)

参考
封印作品の謎 テレビアニメ・特撮編

そうなると、世界の食料不足環境問題ウジ虫が解消してくれるのか、私気になります。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

投稿日:
カテゴリー: 日記

作成者: 綾川澄生

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください