ナンノさん、あんたの時代は良かった -アイドルがピカピカのアイドルでいられた?-

へんなの?

なんか、南野陽子氏がアイドルの握手会についていかがなものかみたいなことを言ってたらしいが。これ見て、「カサブランカダンディ」を思い出した。

南野陽子氏の時代はテレビ全盛期で、歌番組やドラマにバラエティとアイドルの活躍の場が今より全然あったからな。しかも、一人で歌うアイドル絶滅危惧種の今と違って、おニャン子前にデビューして人気者になれたアイドルは一人でできるもんだったからな。

AKB48とかなら大御所だから、技術的にはこのぐらいかこれ以上のパフォーマンス可能なメンバーもいるんだろうが、これぐらいの見せ場を用意してもらうことは無理ゲーなんだろうな。それでも、YouTubeとかの動画配信サイトやTwitterとかのSNSで一発バズる可能性があるのを考えれば、クラスで3番目に可愛い子ぐらいでもデビュー出来る今のアイドル界の方が夢があっていい、そんな風に考えていた時期が私にもありました。

それと同時に「オーディションで普通は歌唱力とかビジュアルとか点数をつけて上から何位って決めるんですけど、僕は誰かが絶対入れたいっていう子を入れるんです。みんながえーって言うような子もいれるんです」と自分なりの選考方法を明かした。

AKB48についてようやく納得出来た気がする。

今回の感想

そんな訳で、アイドルの握手会というと、戦時中に兵士が行列したレクリエーション施設を思い出す気がしないでもない。

まあ、今時のアイドルやってる人は接触商法上等で自分の意思でやってるんだろうけど、その中にはアイドルになるとかじゃなく最後は金目でしょみたいな現実の為にアイドルになった人もいるかもしれんな。

そう考えると、生活のために劣悪な労働条件で働いたり、推しメンと接触できるその日のために不本意な会社員勤めをするみたいに、ゲロ吐くほど嫌いな握手会に参加してるアイドルもいるのかもしれんな。

知らんけど。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

作成者: 綾川澄生

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください