クラウドファンディング会社倒産

なんか、CROSSクラウドファンディングの運営元の株式会社そらゆめが倒産したらしいんだけど。ここのサービスは良く知らないが、そこそこ流行ってたように思えるんだけど。どうでもいいが、クラウドファンディングってぶっちゃけ、中抜きするだけの簡単なお仕事だろ。どんだけ下手売ったのか、私気になります。

クラウドファンディングで資金集めていた「そらゆめ」が破産

余談だが、個人的にクラウドファンディングの会社というと、元ロリポで都知事選にも出馬した家入一真氏のCAMPFIREが思い浮かぶが。

特定商取引法に基づく表記 – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

他には、これまで運営会社は意識してなかったが、「スマホゲームの大地」FUNDIYとか。ちなみに、運営元の株式会社ビーグリーって、今年の3月にマザーズ上場してるんだな。これなら、上場後に粉飾決算とか役員の横領が発覚したりするかもしれないけど、いきなり倒産するリスクは少なそうだな。

特定商取引に基づく表記 | クラウドファンディング – FUNDIY(ファンディー)

(株)ビーグリー【3981】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

あと、Kickstarterの名前は良く聞くが、日本には上陸してないのか。まあ、ネットで完結しそうなサービスだから、為替とかトラブった時の問題を無視すれば、日本企業である必要性はないのかもしれんが。

Kickstarter

そらゆめ負債総額約2億4100万円

で、倒産したそらゆめに話を戻すと、今回の件はかなりマジっぽいんだけど。下の情報によると、「負債総額は債権者3270名(うち、一般顧客が約3000名)に対して約2億4100万円」だと。

(株)そらゆめ : 東京商工リサーチ

クラウドファンディングの中抜き業者がつぶれる場合、出資される企業より金出す個人の方が被害は大きいのかな。多分、何らかの見返りをちらつかせて金集めてるだろうし。とはいえ、資本金1億で以前の特定商取引法に基づく表示からすると、実態のない場所じゃなく結構良さげなオフィスビルにオフィス構えてたんだよな。

特定商取引法に基づく表示 | CROSSクラウドファンディング

販売事業者名
株式会社そらゆめ

販売事業者所在地
〒108-0023
東京都港区芝浦4-16-36 住友芝浦ビル12階

住友芝浦ビル|賃貸オフィス・賃貸事務所なら住友不動産

こういうとこ借りれても、倒産する時は倒産するんだな。自社ビルでも、会社傾くことはあるんだから当たり前だが。それ考えると、低コストのレンタルオフィスで個室借りたりシェアオフィスで利用するとかした方が、維持費が安くて資金難になりにくいかもしれんな。

まあ、オフィスの賃料なんてよほどの一等地にでも借りなきゃ、素人考えでは経営に支障きたすとも思えないから、それ以前の問題なんだろうけど。

今回の感想

そんな訳で今回のそらゆめの倒産は。資金提供を受ける企業的にはたいした影響ないのかな。資金がどういったタイミングで供給されるかは不明だが、この金当てにしてすでに具体的な事業計画立ててるとこは、実害出るのかもしれんが。

問題は、金払ってワクテカして対価を待ってた支援者の個人だけど。少額なら、「不運と踊っちまった」とか「狂犬にかまれたようなもの」として忘れた方がいいかもしれんが。そうでなければ裁判に持ち込まざるを得ないかな。被害総額がそこそこ大きいみたいだから、過払い金請求みたいにテレビCM流しまくれはしないだろうが、そらゆめの集団訴訟「弁護士に任せなさい」みたいな原告募集かける法律事務所とか出てくるだろうし。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply