日本で販売が開始されたNexus4だけど、欧米では現地時間の8/28に$100値下げしてた。

Google、欧米でスマートフォン「Nexus 4」を大幅値下げ – 199ドルから

Google Playの直販で見てみたけど、確かに8GBモデルが$199。16GBは$249で売ってたよ。ちなみに日本から買おうとしても、相変わらず「Nexus 4(8GB) はお住まいの国ではご利用いただけません」のままで泣ける。

国内販売のNexus 4 16GBが49800円ってのはいったい

以前の記事で書いたように、8/30から日本でもNexus 4の16GBモデルが発売されたんだけど。今回の値下げ発表の後でも値段変わらない。にしても、日本発売直後になって、値下げ発表っていったいどゆこと。

どうも、Nexus 4の日本販売は、LGと小売の間に国内代理店が入ってて、Googleは一切関与してないように見える。だからこんなにぼったくり価格になってるのか。いくらSIMフリーのスマートフォンとはいえ、そりゃないよ。発売から10ヶ月近く経って新機種とはいえない上に、今発売するのにこの値段でLTEとFOMAプラスに対応してないんだぜ。

もうドル建てでいいから、Google直で買えるようにしてよ。もしくは、新型Nexus 7と同じレートの1$=120円の円建てでもいいからさ。

この価格差なら個人輸入か並行輸入品の購入もありか

ちなみに平行輸入品なら、AmazonマケプレのOneShopMobileで、「Google Nexus 4 16GB (LG E960) SIM Free – 並行輸入品」送料込み38250円で売ってる。8GBモデルなら32300円。ただ、店の保証が初期不良10日間のみで、メーカー保証が受けられないかもしれなかったり。修理が香港での修理対応で、香港までの送料をこちらで負担しないといけなかったりする。

LGジャパンでも、並行輸入品の保障期間内対応含めた修理を受け付けてくれればいいんだけど。この状況からすると、国内代理店のみしか受け付けなさそう。かといって、輸入した国のLGに依頼しても、「日本の代理店に連絡しろ」とか言われたりして。

その点、Nexus 7(2012)はASUSが国内で修理対応してくれるから良かったよな。2013はどうなんだろ。今回みたいに日米で価格差が大きいと個人輸入したり、国内で並行輸入品に手を出す人もいるかもしれん。となると、やっぱり、Nexus 4もぼったくり価格の国内代理店通すより、Googleから妥当な値段で買えて、日本でサポート受けられるようにして欲しかったな。

ちなみに日本の販売状況は

Amazonでチェックしてみたけど、現時点ではブラック・ホワイトモデル両方とも、「在庫あり」ですぐ手に入る。

【日本正規流通品】LG Electronics Japan Nexus 4/Black (Android 4.3/4.7inch/16GB/SIM フリー) LGE960.AJPNBK

新品価格
¥49,800から
(2013/9/1 00:03時点)

まあ、考えてみたら当たり前だよね。日本以外で発売されてた、去年の11月ならともかく。今更、LTE・FOMAプラスエリア非対応な上に、1$=200円という「いったいいつの時代だよ」って突っ込みいれたくなるようなぼったくり価格で売ってるんだから。日本の消費者を馬鹿にしすぎだろ、流石に。

ついでに、秋ぐらいにNexus 5が発売されるって話もあるし。今回の、日本以外で大幅値下げがされたって事は、新機種の噂もがぜん真実味を帯びてきたな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.