外為どっとコムが外為ネクストネオへの口座統合スケジュールを発表した。詳細は下記ページのリンクから。

【ネクスト会員様へ】口座統合に伴う「自動ポジション・資金移動」実施決定のお知らせ[13/04/25]

当社では、お客様のご申請に基づき『外貨ネクスト』口座全体を『外貨ネクストネオ』へ移動する従来の「ポジション・資金移動」に加え、新たに当社がお客様に代わって口座移動処理を行なう「自動ポジション・資金移動」を本年8月より開始することとなりましたので、お知らせいたします。
なお『外貨ネクスト』にて一定条件のお取引のあるお客様につきましては、本年6月以降に順次実施予定の『外貨ネクストネオ』への新機能・サービス導入が完了した後に「自動ポジション・資金移動」を実施させていただく予定です。
本件の詳細につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
【『外貨ネクストネオ』への口座統合に伴う「自動ポジション・資金移動」実施のお知らせ】
【『外貨ネクストネオ』にて導入予定の新機能・サービスについて】

リンク先の【『外貨ネクストネオ』への口座統合に伴う「自動ポジション・資金移動」実施のお知らせ】によると、顧客をAグループとBグループに分けて、時期を変えて移動するようだ。

Aグループは下記三つの条件すべて満たしてるユーザー。2013/8/17~2013/9/28に口座移動処理を行う予定。

・過去半年間、一度も外貨ネクストにログインしてない
・口座の資産合計が1000円未満で外貨がない
保有ポジがない

BグループはA以外。移行期間は、2013/10~2013/12。下記四つのサービスを導入した後、移動処理を実施。

スワップポイント振替
スピード注文
スマートフォンアプリの前面刷新
Webブラウザ版取引画面

どちらも初回実施の1ヶ月前ぐらいに詳細を知らせる。また、移動実施前なら、客が申請すれば移動日を早めることも可能。

提示された条件を見ると、外貨ネクスト廃止のお知らせとは打って変わって、ユーザーフレンドリーな対応になってるよ。よほど、あの悪夢のような外貨ネクストネオへの強制移行発表への反発が強かったんだろうな。

外為どっとコムへの遺恨はあるが、スワップ振替はやはり魅力。他社だと、ローラのCMでおなじみのDMM.com証券の、DMM FXもスワップポイントのみを出金可能らしい。これは後で調べるとして、当面はすでに口座があるから。スワップ振替の為だけに外為どっとコムを使い続けるよ。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.