ヤフーがYahoo!ショッピングの出店料を無料にするらしい。さらに売り上げのロイヤルティも無料になるとのこと。いわゆるショバ代とミカジメ料なしで、店舗の出店が可能になる。それじゃあどうやって利益上げるんだろ。どうやら、広告収入の拡大を目指すとのこと。かなり思い切った戦略だな。この辺は流石にソフトバンク。

「ヤフーは間違っていた」と孫社長 EC出店料の無料化という「革命」に打って出る狙いは (ITmedia ニュース) – Yahoo!ニュース

これは結構、Amazonや楽天といったネット通販大手にはきついかもね。このニュースを受けてか、本日の楽天の株価は1196円で、前日比-158円(-11.67%)だし。実際に、Amazonマーケットプレイスや楽天市場に出店するより低コストに抑えられるなら、複数に出店してる業者がYahoo!に一本化するかもしれん。そうなっても、Amazonはまだ直販中心っぽいからいいだろうが。楽天の方はかなりやばくね。楽天24では自社で直接販売してるみたいだけど、これをAmazon並にするのは簡単にはいかないだろう。これで楽天市場から撤退する店舗が出るようなら、楽天も楽天税を下げるなりの措置をとらないとなるまい。そうすると収益は悪化するよな。

ちなみに、楽天に出店してる店で自社通販も行ってるとこだと、自社と楽天での販売価格に差をつけてるところがあったりする。そういうところは、できればミカジメ料を徴収される楽天への出店なんかしたくないんだろうな。単に宣伝の為と割り切って、できれば自社サイトへの購入へとシフトしたい。Yahoo!ショッピングの知名度が上がれば、そういうところは楽天に店を出すメリットがなくなる訳だし。

ただ、出店料とかが無料にはなるけど、「販売店は、「Tポイント」の原資負担(売り上げの1%~15%)や決済手数料など一部の費用を支払うだけで出店・販売できるようになる」とのことで、完全に無料になるわけではない。

ヤフオク

さらに、ヤフオクでもヤフー税が一部撤廃される。

Yahoo! JAPAN、「ショッピング」「ヤフオク!」の利用料を一部無料に (マイナビニュース) – Yahoo!ニュース

といっても、出品システム利用料が0円になるぐらいで、落札システム利用料の5.25%は相変わらずかかる。正直システム出品料がなくなっても、どうでもよかったりする。月10回は無料だし。出品料無料になる日を狙ったり、iPhone用とかの専用アプリから出品するだけで無料になるんで。「ヤフオク0円宣言」なんてたいそうな宣言するぐらいなら、こっちも0円にしやがれですよ。

それに出品するには、有料のプレミアム会員にならないとダメな点は変更無し。せめてこのプレミアム会員のサービスが使えるなら。例えば、Yahoo!ブックストアで「人気作品タダ読み!」できるらしいが、月~水曜限定で、今読めるのは7作品の1巻だけ。月額399円払うぐらいなら、Amazonプライム会員にでも登録した方がましだろ。Kindle端末買えば、Kindleオーナーライブラリで、対象書籍(数千冊)の中から月に1冊は電子書籍が読めるし。通常会員だと有料な日時指定・対象地域なら当日配送も無料になって、年会費3900円だから月額換算だと325円だし。

まあ今回改善された点もなくなはいけど。新設された「入札者認証制限」を設定すれば、モバイル確認とか本人確認してない入札者を弾けるのは評価できる。これで、捨て垢取った奴にいたずらで入札されるのは防げるだろう。とはいえ、これでプレミアム会費値上げ以来、退会してたプレミアム会員に復帰する気にはなれない。ヤフオクでは、厳しいミカジメ料があることには変わらないからな。せめてプレミアム会員登録無しでも出品できればねえ。というか、ネットオークションでヤフオクの対抗馬になるとこがないのが問題か。やはり、競争がないとサービスは良くならないねえ。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply