シンクレアZXシリーズが日本では発売されなかったことにする想像力には、もはや感心しました?

ZX81

なんか、シンクレアZXシリーズの開発者のクライブ・シンクレア氏が亡くなられたと聞いて、ZX81か何もかもみな懐かしい、それでファイナルアンサーのはずだったんだが。

1980年代に大ヒットした8bitコンピューターの名機「ZX Spectrum」開発者クライブ・シンクレア氏死去

日本では発売されなかったシンクレアZXシリーズですが、英国ではZX80、ZX81、ZX Spectrumといった機種を発売し、累計500万台以上を売り上げる大ヒット作となりました。

少なくともZX81「こんにちはマイコン」の紙書籍だったと思うけど、日本で買えるマイコンとして紹介されてたような。確か、キーボードが普通のと違ってたり、流通が特殊で本屋でも買えたような。当時、値段が安くて購入候補だったけどスペック低すぎと思ってたが、それ以前に現物は見たことなかった記憶。

【1982年】【1983年】【11月・8月】こんにちはマイコン・2

イギリス生まれの手のひらに乗るコンピュータが日本上陸! シンクレア「ZX81」

日本国内では三井物産が総代理店となり販売していましたが、マイコン・パソコン売り場だけでなく大型書店でも売っていたのが特徴でしょう。

こんにちはマイコンは電子書籍版持ってるけど、マイコン紹介とかがカットされてるクソ改悪なんだよな。

今のプログラミング教育ってトンカチエディタでファミコンのゲームを改造するのと一緒かよ

それはともかく、TechCrunch Japanってあまり信頼性ないのかと思ったが、今回の記事は外部ソースの転載っぽいから、The Guadianの元ネタに日本ネタぶっこんだら蛇足っぽくなったEngadget日本版の問題なのかもしれんな。

(Source:The Guardian。Engadget日本版より転載)

知らんけど。

今回の感想

そんな訳で、ググればすぐ分かるようなことも確認できてないネットニュースは、うそはうそであると見抜ける人でないと難しいのか、私気になります。

ちなみにこのネタ、Twitterでは結構つっこんでる人がいたのに後で気づいた。

あの記事を見てじっとしてられる奴は男じゃない、そんなふうに思った人が少なくないのかもしれんな。
知らんけど。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

作成者: 綾川澄生

年120万の不労所得と、支出を120万に抑えることに残りの人生を費やす低所得・ゴミ投資家でダメ人間

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください