Posts tagged ‘スタードメイン’

.net

なんか、ここのドメイン管理任せてるスタードメインの運営ネットオウルから、.netドメイン値上げするぞってメールが来たんだけど。まあ、家は.comだから関係ないとは言え、これだとスタードメインでドメイン取るならもう.com一択って気がしないでもない。

ただ、スタードメインの場合.comってほとんど値引きキャンペーンとかやってないけど、.netはまれにやることあったんだよな。まあ、99円とかで釣って更新時クソ割高になるまではいかないにしろ。.net取得者からすると、梯子を外された感は拭えないかもしれんな。

今回の感想

そう言えば、以前にもドメイン料金が大幅値上げしたことがあったけど。

スタードメインがまた値上げ -eNom・KeySystems超絶値上げでオレ涙目-

スタードメイン値上げ前に5年間契約で更新したよ

その時は、値上げ前に手続きすれば料金据え置きで最高10年分前払いできたけど。今回もその手は使えるんなら、既契約者は複数年分先に払っといてもいいかもしれんな。

スタードメイン更新

先日の記事で書いた、スタードメインの値上げを受けて。5月に自動更新予定のこのドメインを手動で更新したよ。結局レジストラはeNomのまま。期間は5年間にしてみた。

20150124a

これで2020年までドメイン料金を気にしなくてすむが。そこまでブログ続けてるんだろうか。まあ、東京オリンピックぐらいまでは、後に引けなくなったか。

a0002_007163

スタードメイン値上げ

なんかメールでお知らせが来たんだけど、スタードメインのドメイン料金が値上げされるらしい。

2015/01/21 『スタードメイン』ドメイン価格改定のお知らせ

ドメイン改定価格一覧(PDFファイル)

20150122a

com/net/orgドメイン価格抜粋

今使ってるhatarakitakunee.comドメインだと、レジストラがeNom(現在契約中)かKeySystemsの場合、税込1188円から一気に1922円にまで上がる。対して、netowlだと993円から1274円とeNomよりはマシ。そうなると、この金額なら流石にeNomへのこだわりを捨ててnetowlに切り替えた方がいいかな。

スタードメインも、昔はドメイン取得すれば無料で使えるWordPress使用可能なレンタルサーバが使えたけど。今は、PHPやMySQLが使えなくなってるからな。まあ、現在レンタルサーバはミニバードで契約してるからこの点は問題ないんで。条件が良ければ他社へ乗り換えてもいいんだけど。その辺は他の会社の状況次第かな。

ミニバードについての記事は↓
Posts tagged ‘ミニバード’

そう思って調べたところ、お名前.comとかムームードメイン値上げするみたいだな。

2015.01.16 【お知らせ】 【重要】一部ご利用料金の変更について

2015/01/19 価格改定のお知らせ

ドメイン更新どうする?

ここまで値上げされると、レジストラをeNomにしたままなのはちょっときついかな。他社へ移行してもほとんど料金は変わらないので。引き続きスタードメインで契約はするけど。netowlなら一応、6円程度だけど上記2社よりは安いし。

スタードメインのお知らせによれば、2/19以降に申し込むと改定後の値上げ価格が適用されると書いてるが。それまでに申し込めば旧価格でいいのか。更新については、自動更新だと請求書が2/15に発行されるまでは旧価格、3/15から新価格なんだけど。システム的には事前に手動でも更新できるんだよね。これだと10年までの複数年契約も可能なんだが。これも旧価格で契約できるんだろうか。

ネットオウルに問い合わせたところ、2/18までなら値上げ前の価格で更新可能複数年契約も同様との回答だった。それなら事前に、eNomで何年分かまとめて更新して。netowlに変更するかは次の更新まで判断持ち越すかな。複数年契約でも料金は、「ドメイン料金×契約年数」で一切の割引がないのは損した気分だが。

そんな訳で、ドメインの新規取得・移行を検討してる人は、価格改定する前に契約しといた方がいいな。スタードメインに限らず、同業他社も値上げするみたいだし。

スタードメイン更新

スタードメインの運営会社、ネットオウルから「【ネットオウル】当月契約更新サービスに対する請求書発行予定について」というメールが来た。題名のとおり、ここのドメイン(hatarakitakunee.com)の契約更新案内のお知らせ。前にも書いたけど、スタードメインの場合、ドメイン期限日のの2ヶ月前の月の15日に更新料を払わないといけない。

去年の更新の様子は↓
スタードメインのドメイン更新料を払ったよ

ドメイン更新手続

実際の更新手続きは、必要な額のネットオウルプリペイドを事前に購入しとけば、手続き不要で自動更新されるんだけど。この方式はあまり好きじゃない。なぜなら、購入金額を間違えるリスクがあるから。特に、支払にネットオウルポイントを併用できるサービスの場合、差額も自分で計算しないといけないし。

と思ったら、手動での更新手続きも可能だった。ログイン後、「利用中のサービス」から「料金支払」を選べばいいのか。案内メールにはこの方法が書いてないんだよな。こっちの方が間違いないんだから、デフォルトの説明にすればいいのに。まあ、ミニバードの更新の時はこっちからやるとしよう。

20140504a

WordPress移行ってどうよ

前に書いた通り、このサイトはスタードメインの無料Webサーバ機能、スターサーバープラス(現在新規受付終了)から、有料のミニバードに移行してる。WordPressなら移行も楽だろうと思っていたが、予想より面倒な作業だったよ。ログのエクスポート・インポートと画像のダウンロード・アップロードだけで済ませるのならまだマシだったんだが。今回は、プラグインやカスタマイズしてる、環境まるごと移行したかったので。手順調べて、ちょっと躊躇したけど。このブログでは、独自ドメイン+WordPressなら他社への乗り換えも出来るぜ、なんて散々書いた手前。やらない訳にはいかないよな。

それで具体的な移行方法を探したが、ネットオウルの情報だけでは足りなかった。それでググったら、親会社のエックスサーバーのマニュアルに書いてあったので、参考にしてみた。

WordPressの移転について

WordPress移行事前準備

まずは、移転元のWordPressサイト(今回はスターサーバープラス)でやることから。

データのバックアップ

アップロードした画像・インストールしたプラグインや、カスタマイズした設定情報などを復元する為、移転元でWordPressをインストールしたフォルダまるごと、FTPを使ってダウンロードした。容量はそれほど多くないけど、ファイル数が数千ぐらいあるから結構時間かかったな。

データベースのバックアップ

20140413b

phpMyAdminのエクスポート機能を使ってバックアップを取る。それには、phpMyAdminのログインに使うIDとパスワードが必要だが分からない。というのも、簡単インストールでWordPressの設置をしたから、データーベース名とパスワードも自動で設定されるんだよな。ちなみにDBのパスワードは設定ファイルに書いてあるので、直接見て解決した。

wordpress 初期設定のMySQLのパスワード

これで事前の準備はOK。

WordPress移転先での作業

続いて移転先のミニバードでの作業。

ドメインの追加設定

20140413c

ミニバードのオリジナルドメインを使うなら不要だが。今回は独自ドメインで運用するので、ドメインの追加設定をする。これだとURLが変わらないし、その為に独自ドメイン取ってるのだし。管理ツールからドメイン設定を選んで。私の場合は、hatarakitakunee.comを追加。

なお、ミニバードでは独自ドメインとオリジナルドメインのディレクトリが別々になっているので。先にドメインを追加してから、ファイルをアップロードする必要があるので注意。というのも、minibird.jpとかにアップしたファイルを、独自ドメイン用のディレクトリに移動したくても出来ない。おかげで2度もアップロードをする事になりました。

データベースの作成・wp-confingファイルの書き換え・データベースのインポート

ここは、エックスサーバーのマニュアル通りでいいと思うので、簡単に。

・ミニバードでMySQLのデータベースとユーザーを作成して。設定した情報を控える。「MySQL追加」で追加するが、文字コード「UTF-8」になってなければ変更。

20140413f

・ダウンロードした元WordPressフォルダの中のwp-confingファイルの、MySQLデータベース名・MySQLユーザーID・パスワードを、MySQLで新規作成した情報に書き換える。MySQLホスト名は、ミニバードのMySQLホスト名に書き換える。

Windows上で書き換えるときは、 UTF-8 の BOM なし (UTF-8N)で保存する必要がある。個人的には、FTPでファイルをアップロードした後に、ファイルマネジャーから書き換えた方がいいと思うけど。

20140413d 20140413e

・スターサーバープラスでバックアップしたデータベースファイルを、ミニバードのphpMyAdminからインポートする。

サイトデータのアップロード

FTPでダウンロードしたWordPressフォルダを、ミニバードにアップロード。それだけなんだけど、結構時間かかった。これは、サーバ間でファイルのコピーが出来たり、無料のスターサーバープラスからの移行プランとかがあれば捗ったんだけど。

ネームサーバーの変更

ミニバードだけなら、お手軽設定でネームサーバーを変更すればいいんだけど。私の場合、スターサーバープラスとミニバードを併用したかったので。ミニバード用にDNSレコードを追加することにした。

ネームサーバーの設定について(ミニバード)

実際には、ネームサーバーはお手軽設定でスタードメイン専用を選び。DNSレコード編集でAレコードを追加して、ミニバードのIPアドレスを入力した。

20140413g 20140413h

サイトの動作確認

DNSレコード設定が反映されたら、ミニバードのサイトにアクセスして、無事にWordPressが移行できたかを確認する。

移行完了

そんなこんなで、数時間(ほとんどファイルの転送待ち)ほどかかったけど、なんとかスターサーバープラスからミニバードへの移行が完了したよ。

終わった後の感想は、ミニバード(ネットオウル共通か)のファイルマネージャー使いにくい。ファイル・フォルダのコピーや移動すらできねえし。zipファイルとかのリモート圧縮・解凍も無理なので。今回みたいに、WordPress入ったフォルダ丸ごとをアップロードするのに、一つ一つのファイルを処理していくから時間かかりすぎる

これがさくらインターネットなら。移行元の場合は、リモートでファイル圧縮してからダウンロードすれば済む。移行先なら、圧縮したファイルをアップロードした後、リモートで解凍するだけ。どっちもファイルが一つになるので、転送する時間が大幅に削減される

ちなみに今回コピーしたフォルダはファイル数4555、フォルダ数276で80MBぐらい。これをzipで圧縮すると、60MB弱になる。画像が多いから、圧縮率は低いけど。ファイル数が何千分の一になるので、実際の転送時間はものすごく変わる。多分、さくらみたいなリモート圧縮・解凍使えるところ同士で移行するなら、ダウンロード・アップロードの時間含めても、慣れた人なら10分もあれば終わるんじゃね。まあ、WordPressの移行なんて滅多にやるもんじゃないからな。読みかけの本でも用意して、気長に終わるの待てる人ならいいのかもしれんが。もしかしたら、イーモバイル 3Gという、貧弱な回線の方が問題だったのか。ブロードバンドならこれぐらいのファイルのやり取りでも、そんな時間かからなかったのかもね。

今回のまとめ

WordPressの移行は、記事のエクスポート・インポートと、アップロードしたファイルをコピーするだけなら簡単だけど。プラグインの追加やカスタマイズをしてる人なら、データベースをエクスポート・インポートとフォルダ丸ごとコピーと設定ファイルの編集をした方が、手間はかかんないと思う。

手順は結構面倒だけど、一度やったら次からはスムーズに行くんじゃないかな。もっとも、WordPressの移行なんて、そう頻繁にやるものじゃないから。次の機会には忘れてるかもしれんが。