Posts tagged ‘リート’

ワリート分配金

ワールド・リート・オープンの7月の決算日が来たんだけど。例によって今月も全額特別分配だったぞ。これで1月以外6ヶ月連続って、今年の勝ち越しなくなったのかよ。なんとなく、気分的には足4本のタコになった気分だな。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

今月の国際リート投資信託パフォーマンス対決結果についても。ワリートの方は約+11.97%と今月は持ち直したか。

一方、EXE-iグローバルREITの方は約+23.07%と、現時点で今年の最高記録か。

EXE-iの比較対象は、ワリートみたいなアクティブより、先進国REITのインデックス投信あたりが適切なのかもしれんな。

ワリート分配金

今月も、ワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。毎度のこととなった全額特別分配が絶賛継続中だったよ。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

そんでもって、国際リート投資信託パフォーマンス対決の方だが。ワリートが+10.33%と先月比若干マイナス、EXE-iグローバルREITもまた+20.68%とちょい下げてるな。トータルリターンが下がってるのは両者とも同じだが、パフォーマンス差についてはまたしてもEXE-iとワリートの差が広がってる(9.47%→10.34%)な。

ワリート

EXE-i

ここまでいくと、ワリートとEXE-iならもう勝負は見えた気もする。EXE-iのグローバルREITも純資産額27億ぐらいになってるし。出来ればもうちょっと多いといいんだけど、まあワリートの方もいつまでも今の純資産額を維持できるとも思えんからな。そろそろなんらかの手を打つ準備はしとくべきか。

ワリート分配金

最近、特別分配続きであまりチェックする気にもなれない、ワールド・リート・OPの分配金が確定したんだが。今回もまあ、特別分配だったんだが。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

で、国際REIT投信のワリートEXE-iグロバールREITのパフォーマンス対決だが。ワリートは+11.91%と前月比若干のアップ。対して、EXE-iの方は+21.39%と前月比だと+2.5%以上になってるな。これでパフォーマンス差は9.47%と、過去最高レベルで広がった。

EXE-iとのコスト差はあるとはいえ、ここまで違いがでるとはほんと予想外だな。まあ、EXE-iは分類的にはインデックス投信ではなく、ETFに投資する低コスト投信という奇行種ではあるが。まあ、なんちゃってでも実質インデックス投信と思っといて良さそうな気がする。

100円投信

どうでもいいけど、楽天証券って投資信託が対象銘柄なら100円以上1円単位で買えるようになったんだな。

業界最低水準!投資信託の買付が100円から可能になります! | 楽天証券

半端な少額で買ったり保有するのが、手数料の計算的に割高にならないなら、選択肢が増えるのはいい事じゃね。それに、自分でリバランスするなら細かく調整出来る方がいいだろうし。もっとも、最低単位が1万円だと困る人は、投資より先に給与所得を増やすこと考えるべきだとは思うが。

ワリート分配金

今月もワールド・リート・OP分配金が確定したんだが。大方の予想通り、3ヶ月連続で特別分配だったよ。今年はこのまま特別分配地獄が続くんだろうか。

とはいえ、分配金込みのトータルリターン的にはプラスだからな。まだ、追加購入するタイミングではないって事なんだろう。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

続いて、ワリートEXE-iグローバルREITとのパフォーマンス対決だが。今回ワリートは+11.28%と若干アップ。EXE-iも+18.83%と微増してた。で、ワリートとの差は7.55%とちょっと縮まったかな。この数字だと大差ない気もするが。

今回の感想

そんな訳で、海外リートに関しては今のところは様子見でいいかな。ただ、投資信託だとリアルタイムじゃ買えないから、タイミングを計るのが難しいな。出来れば、国内ETFあたりでいいのがあれば乗り換えたい気もするが、いいのがないんだよな。かといって、海外ETFは貧民には為替コストと手数料がきついしな。

ワリート分配金

それじゃあ、今月もワールド・リート・オープン分配金が確定したから定例報告してみるよ。分配金は先月に引き続き5,000円と変わらないって事は、全額特別分配かよ。

現在のドル円状況でこのざまって、円高に振れたらどうなんだろこれ。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

今度は、ワリートEXE-iグローバルREITの比較もいってみるよ。まずワリートの方は+11.05%と先月より若干の下げ。

EXE-iも下げて+18.68%と振るわない。で、ワリートと差は7.63%と、またEXE-iが広げたか。

今回の感想

そんな訳で、今月もワリートは棺桶に片足突っ込んだ人向けの商品って定説を裏付けるどころか、年取ってもEXE-iみたいな低コスト投信の方がいいんじゃねって宗旨変えしたくなりそうな結果になったな。

現時点だと、金持ってるのは年寄りが多いってイメージだから、毎月分配型投信のシェアが高いけど。今後、NISAとかiDeCoとかのCMに吊られた人や、ネットのインデックスブロガーの影響受けて投資を始める人が増えると、この手の低コスト投信が逆転する可能性もあるな。そう考えるなら高コストファンドのワリートは、適当なとこで乗り換えた方がいいかもしれんな。まあ、EXE-iの資産残高が増えて、唯一の懸念の運用終了リスクが減ればの話だが。

お便りコーナー

web拍手からの転載です。メッセージありがとうございます。

ワリート・ラリートの減配は痛いですよね
リートと毎月分配の相性は良いはずだから、トランプが消えるのを待つしかないのか
より投資先が見つかったら晒してください

再投資の複利効果を無視すれば、システム的には毎月分配型のインデックスファンドが該当すると思いますが。私の知る限り、その類はゆうちょ銀行専売DIAM世界リートインデックスファンドですが。これは販売手数料かかる上に信託報酬1%弱の、ゆうちょ銀行リアル店舗にホイホイやってくるカモへのはめ込み商品ですし。

例えば、SMTグローバルREITインデックス・オープンあたりに、毎月分配型を追加してスイッチング出来るようにすればいい気がしますが。多分、これ買ってるような客層は「毎月分配型」と聞くだけで拒絶反応起こしそうだから、やっぱり無理っぽい気もします。