フッ素歯磨き粉

最近、フッ素入り歯磨き粉を買ったんだけど。例によって、チェックアップとかジェルコートでも買おうかと思ったら、なんか一般向けの歯磨き粉の、クリニカアドバンテージがおすすめだかで表示されてたんでクリックしたんだけど。何気に商品説明見て驚いたんだけど、これフッ素濃度1450ppmもあるんだな。

クリニカアドバンテージ ハミガキ クールミント 130g×2個パック (医薬部外品)

新品価格
¥491から
(2018/8/11 00:23時点)

日本だとフッ素濃度が950ppmぐらいが上限だった気がするけど、2017年3月に1500ppmまで引き上げられたっぽい。

フッ素を増量。高濃度フッ素配合(フッ素高濃度1450ppm配合)『クリニカアドバンテージ コートジェル』改良新発売|ニュースリリース|企業情報 | ライオン株式会社

昔はこの手の歯科向けじゃない商品って、フッ素入ってても濃度は不明だったんだけど。この、クリニカアドバンテージは新基準の上限近いフッ素濃度を全面に出してるな。

テレビCMでも下の方に、「フッ素濃度1450ppm配合」とかテロップ出るし。

クリニカアドバンテージ

で、これが2個セットで購入したうちの一つ。パッケージにも「高濃度フッ素1450ppm配合」とか書いてある。この画像じゃ判別できないけど。

フレーバーは3種類あるみたいだが、今回はクールミントにした。名前からすると一番低刺激そうなソフトミントにしたかったが、購入時にクールミントだけ他より安かったから。

で、使ってみた感想は、低刺激とか発泡剤不使用や低発泡を謳ってる歯科用歯磨き粉と比べて、味は許容範囲だが泡立ちは多い気がする。値段が半分ぐらいなのを考えれば、まあこんなもんかって妥協してもいい気はする。

今回の感想

そんな訳で、フッ素濃度が歯科用と変わらないなら安い一般向け歯磨き粉でも問題なさげな気がするので。今後は歯科用が特売とかでもなければ、フッ素歯磨き粉はクリニカアドバンテージ同等品ならそれでいい事にする

ただ、気になったのは製品自体はまあいいんだけど、これ普通に歯磨きしたらフッ素を有効に残せない気がする。ぶっちゃけ、チェックアップとかみたいにパッケージに、適量使ってすすぎは最低限とか書いとけばいいのにとは思った。ちなみに、Webの方ではちゃんと書いてあるけど。

セルフケアを実践しよう! フッ素編|実践しよう!予防歯科|ライオン

まあ、歯磨き粉の値段って、普通の人はなんとなく1本当たり100円前後ぐらいがターゲットだろうから。メーカー的には、これより高い価格帯でフッ素入りのを商品買うような人は、意識高い系だから当然フッ素歯磨きの磨き方ぐらい知ってるだろう、な?って感じなのか、私気になります。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply