イオンオーナーズカード

なんか、昨日一日中三国志読んでたから気づかなかったが、イオンから株主優待イオンオーナーズカードが来てたらしい。ゴールデンウィーク前に届くなんて、これで連休中にイオンラウンジデビュー出来るぜ。もっとも、ラウンジがある規模のイオンだとタダでさえ混むのに、さらに混雑が予想される時期に好んでいくこともないだろうが。さらに、そこまでの道のりは結構大変だったりするんだよな。まあ、それが今の今までイオンの優待取りを避けてきた理由なんだが。

画面に映ってるココスのストックホルダーカードは個人情報を隠すためで、イオン優待とは関係ありません。

閑話休題。カードはクレジットカードサイズの磁気カードみたいだな。券面にはオーナーズカード番号とカタカナの名前。

なお、ココスのストックホルダーカードで個人情報を隠してるが。こんなの後で画像処理すればいいのにチキン過ぎやしねえかって気もするが。住所・氏名・電話番号まで書いてある、レターパックライトではないにしても。万が一のことを考えると、ここは司馬懿仲達の如く慎重さを持つべきだろう。

それはともかく、イオンの優待で気になったのはカードに有効期限が書いてないとこ。どうやら、ココスのと違って株主番号が変わらない限り同じカードが使えるみたい。キャッシュバックは金払う前に確認できるけど、割引の方はそうはいかないのを考えると。おそらく、レジでカードナンバーが有効か判断してるんだろうな。ココスみたいに毎回カード送ってくるのと、イオンみたいなシステム構築するのとどっちがコストかかるんだろう。

以下余談。

元貧BP(wow360)

そんな訳で、これでオレもイオンラウンジプチ贅沢気分を味わえるぜ。とはいえ、イオン株主のイオンラウンジ利用が蛍の光なら、楽天プレミアムカードで内外の空港のラウンジを満喫してる元貧BP(wow360)氏は月の光で、比べるよしもないな。

それにしても、元貧BP氏もAmazonアフィリエイトLenovoアフィサイトでも始めたんだから、クレジットカードのアフィもやればいいのに。ただ、年会費1万ぐらいの楽天プレミアムカードなら料率高いだろうと思ったら、会費無料のノーマルと同じっぽい。ThinkPad  X1 Yoga 1台売れば5,000円ぐらい手に入る事を考えれば、cub氏みたいにちまちまアフィ商材増やすのはバカらしいと考えるのか。否、それならAmazonアフィに手を出すのはおかしい。

そうなると、これもブランディングの問題か。颯爽と世界の空港ラウンジでノマドってるなんて、きっとクレジットカードはアメックスやダイナーズってイメージを醸し出してるのに。実は楽天プレミアムカードでしたとなると、貧BP時代の外こもりブログならともかく、Lenovoの高いパソコン買ってくれそうな人にはイメージダウンでしかないか。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply