先週のニュースだったかで、米五輪選手団の制服は中国製というニュースを見た。

キャスターが言ってたが「五輪の制服や記念品が米国で作られていたら―10億ドルが海外に流出するのを防げた」らしい。雇用の創出にもつながるしなんで中国に依頼したのか理解に苦しむ。そんなことが分からないほど阿呆ではあるまいに。
しかし、これを依頼したのが米国の政府筋でなくオリンピック委員会とかだとしたら納得できないこともない。おそらく米国企業と中国企業での見積もり額に相当の差があったのだろう。たとえ国賊と呼ばれることになっても。

ちなみに日本はどうなってるんだろう。流石に他国に外注なんてことはしてないと思うけど。ここら辺は国民性の違いだよね。やっぱり日本ならではの談合とか癒着とかあるから海外企業の入る余地ないよね。
実際どうかは知らないけど。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

Leave a Reply