「ピンポン」原作単行本表紙の5人は全員見せ場を作ってやるだった気がする


OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

卓球

なんか、卓球の平野美宇選手を破った韓国のチョン・ジヒ選手の記事を読んだんだけど。

孔文革みたいなものでファイナルアンサーなのか、私気になります

ピンポン

上の記事とはまったく関係ないんだけど、これ書く時ググってたら引っかかった記事に気になる記述があったんだけど。

原作を越えられないどころか、原作をより読みたくさせた、最高ランクのアニメ化成功だと思います。

この記事読むと、筆者は「ピンポン」の原作が好きだけど実写の映画版はいまいちってとこは私と同じだが。アニメ版については、アニメってそういうネタ仕込んでたのかと、思い出したじゃなく覚えてすらいなかったぐらいどうでもよかった点は違うっぽい気がする。それでも、原作をリアルタイムで読んで単行本もほぼ発売日に買ってた身からすると、どの原作をいつどういう経緯で読んだのかが、私気になります。

まあ、単行本売っちゃったレベルの好きな私にこんなこと言う資格はないかもしれんな。知らんけど。

ついでにググったらこういう記事も見つかったが、この見解はなるほどと思った。

アニメ版『ピンポン』は湯浅が描くことでより大衆受けする良質なアニメーション作品になったと思う。

それにしても、アニメのピンポン全話見たと思ったけど、もしかして途中で切ったんじゃないかと思うぐらい覚えてないのは一種の老化現象なのか、私気になります。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください