上坂すみれ表紙の月刊アームズマガジン電書版を読んで、昔テレフォンボックスに貼ってあったチラシを思い出した

表紙詐欺?

なんか、AmazonログインしてもKindle Unlimitedが今だけ3ヶ月99円みたいなバナーが出てたんで、久々にアンリミ復活したんだけど。とりあえず、Prime Readingで最近数カ月分しか読めなくてぐぬってた、月刊アームズマガジン2018年12月号を読んだんだが、なんか違和感感じた。

月刊アームズマガジン2018年12月号 [雑誌]


これ、表紙の上坂すみれ氏がいつになっても出てこないと思ったら、本編は目次もなく24ページ目から始まってるって、グラビアとか完全あぼーんしてるのかよ。白抜きジャニーズよりえげつない、紙より優れた電子書籍なぞ存在しねえだな、おい。

https://lineblog.me/uesaka_sumire/archives/9353182.html

そういえば携帯が普及する前は、公衆電話の前の壁とかテレフォンボックスの中に芸能人とかアニメ・漫画のイラスト使ったチラシがよく貼ってあったなあ。

https://book.asahi.com/article/12071990

今回の感想

そんな訳で、ホント電子書籍は地獄だぜをまた味わった。これ、アンリミだからまだしも、ガチで購入した人ってホビージャパン絶許になるんじゃないかと、私気になります。

関連記事

ブログランキング にほんブログ村

拍手ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください