Posts tagged ‘WiMAX’

いつのまにか、新型Nexus 7(2013)が発表されたよ。今回はGoogle本家だけでなく、Amazonとかでもオンラインで買えるよ。2012のは家電量販店でも売ってたけど、ネット販売対応はしてなかったと思ったけど。

ASUS Nexus7 (2013) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G

新品価格
¥27,800から
(2013/8/27 22:50時点)

Amazonと言えば、2013年8月23日(金)から2013年9月1日まで、Kindle Fireシリーズを3000円引きキャンペーンやってるんだよね。7月にも同じような値段で売ってたけど、クーポンコード入力しないといけなかった。今回のは販売価格がすでに3000円引きされてるので、Kindle Fire HD /32GBが12800円だよ。

前回の時でも、Kindle新機種の影がちらほら見えてたからな。今回こそ新機種販売前の在庫処分じゃね、って思ってたけど。Nexus7 2013を取り扱うんなら当然事前に情報入ってるよな。新型Kindleだけでなく、Nexus7の発表の後だと、売れ行きに影響あるとの判断からの値下げキャンペーンなのか。ちなみに、Nexus7の発売は8/28から。

新型Nexus7って買いなのか

今回のNexus7なんだけど、個人的には購入はしないと思う。確かに、スペックは上がってるのに、サイズダウン・軽量化がはかられてるのは魅力。カメラも前後についてるし。それでも、16GBで27800円という値段だと手が出しづらい。これだと、iPad miniと競合する価格帯だよ。

正直、2年以上使ってバッテリーがへたってきたiPod touch 4Gの後継に、片手でなんとか持てる7インチタブレットを探してはいたんだけどね。今回の価格はちょっと残念かな。ちなみにGoogle本家では$229で売ってるな。日本価格は1$=121.40円と、かなり割高なレートになってる。

ちなみにKindle Fire HD 16GBは、通常価格$199。期間限定で$159になった。これを日本の通常と3000円引きでの基準にすれば、レートは通常1$=79.40円、キャンペーン1$=80.50円。発売当時はかなり円高だったとはいえ、ほぼ市況レートと同じぐらいかな。ちなみに、Nexus7 2012の16GBモデルは、発売当初は$249。日本発売の後に$199に値下げ。日本ではずっと19800円のまま。当初1$=79.52円と、Kindle同様実際の為替レートとの剥離ない値付け。値下げ後は1$=99.50円だけどね。

それを考えると、今のKindleの日本価格はかなり割安な設定。現時点では1ドルだいたい97円ぐらいだから。仮に、新型Kindleが発売されるとしたら、どのぐらいのレートになるのか。旧モデル並に80円近くはないだろうが、100円割るぐらいはあるかもしれん。もしくは、Googleみたいに、今後の円安を想定してるのか、割高な設定になったりして。

それゆえ、今回の新型Nexus7の価格と、現行Kindle Fire HDの値下げ。おそらく次に来るであろう次世代Kindleを考慮すると、いったい何を選べばいいんだよ。一番いいのは、Kindleの新機種発表を待つことだろうが、絶対値下げキャンペーンの後にやるだろうし。

Nexus4も日本で発売されるぜ

今回の件で色々調べたら、個人的に待望していたNexus4が、ようやく日本でも8/30から発売されるという記事を見つけた。下記のプレスリリースでは価格はオープンとしか書いてないが、ニュースサイト系では店頭価格は49800円ぐらいとの記載。って、49800円だと。去年の11月に発売してる機種でか。

Google? から誕生した新しいスマートフォン「Nexus 4」、日本市場に向け8月30日より発売開始。

これはオレに第4世代のiPod touchを使い続けろって事かよ。

WiMAX+新型Nexus 7セット

例によってGMOとくとくBBがWiMAX+タブレットキャンペーンやってるんだけど。


今回はWiMAX契約すると、新型Nexus7が0円で購入可能になる。って、なんで発売直後の新型がキャンペーン0円なんだよ。WiMAX契約が24ヶ月縛りとはいえ、27800円の最新機種だぞ。去年、Nexus7 (2012)の16GBモデルが19800円で発売されると発表があった後のタブレットキャンペーンなんか、日本未発売の8GBモデルだったじゃないか。16GBモデルになったのは、発売半年ぐらいたってからだろ。もう訳が分からないよ。

とはいえ、GMOも慈善事業で商売やってるわけじゃないからな。何らかのトラップは仕込まれてると考えなければ。まずは、Nexus 7の発送について。

■Nexus 7 の発送について
・新型 Nexus 7 端末機器はWiMAX端末機器と同梱して発送いたします。なお、新型 Nexus 7 の在庫状況によりWiMAX端末機器を先に発送する場合がございます。

そうなると問題は、どのぐらいNexus 7の在庫を持っているかだな。2012年モデルは量販店とかでも販売されたけど、初回出荷分が少なかったのか軒並み在庫なしでなかなか買えなかったからな。

他に気になるのは、WiMAXの次世代サービス、WiMAX 2+について。2013年10月からサービス開始予定なんだけど、これが現行のWiMAXの利用者にどう影響するか。イーモバイルみたいに、LTEの利用者が増えたからって、3Gのサービスを下り最大42Mbpsから21Mbpsに下げるなどの、改悪があるかもしれない。

ちなみに、この件に関して、GMOとくとくBBがとった対応は、サービス名称を「イー・モバイル42M~」から「イー・モバイル3G」に変更して、料金を4,240円から3,470円に値下げするというもの。

イー・モバイル3G接続サービスの停波にともなう対象サービス名称変更と値下げのお知らせ

まあ、実際にWiMAXとWiMAX2の関係がどうなるかは、今の時点では分からない。一般的には、新サービスの当初の価格設定は旧サービスより安くなることはまずない。サービスが浸透するまでは、時間がかかる。ただ、今回のキャンペーンは月額料金については、値下げはない。24ヶ月の契約期間は決して短くはない。それを考えると、中々判断に迷うな。

事務手数料も無料だから、初期費用なし・月額料金のみでNexus 7の新型モデルが付いてくる。単純に考えても、27800円の割引だから損はない。2012モデルの時だと、19800円の端末代金+1万円のキャッシュバックが最高だったと思う。まあ、この条件になるまでに、発売開始から半年以上はかかってるからな。

タブレットがいつ届くかが不安ではあるが、WiMAX契約するつもりで、新型Nexus 7買おうと思ってたけど高くてげんなり、って人には魅力的ではなかろうか。私は、多分来月にはGMO株主優待の案内が来るはずだから。株主限定のLTEプランに変更があるかを確認してから動くとするよ。イーモバ3Gの縛りもまだあるしね。

前回の記事で書いたとおり、第5世代iPod touchが値上げされた。大手の小売店も値上げに追随した以上、値上げ前の値段で買うのは困難な状況になった。価格.comの掲載サイトでも値上げしてるし。残る手段は、グーグル先生に頼るか、地道に足で探すぐらい。

だが、そこまでして買う価値があるのだろうか。あればあるで便利だし、楽しいんだけどね。個人的には、第4世代のiPod touchを使っていて、製品自体にはかなり満足している。でも、iPod touchじゃなければ実現できない事だろうか? そもそも私がiPod touchを買ったのは、これが欲しかったからではなく、これ以外に欲しいと思える機種がなかっただけだったりする。正直、アップルの製品なんか買いたくねえ。その理由は以下の通り。

サポートが最悪

昔、iBookのACアダプタが保障期間内に故障した時があったんだけど、その時の対応が最悪だった。サポートに電話したんだけど、なかなか繋がらない。ようやく繋がって状況を説明したら、色々解決策とか話して「それ試してみろ。結構時間かかる。ダメならまた電話しろ」みたいな事を言って切ろうとする。一番困ったのは、PC本体かACアダプタのどちらが故障してるかをこちらに調べさせようとした点。正直そんなの出来るわけないだろって反論したら、「購入店に行ってACアダプタでも借りて来い」みたいな事まで言ってきた。

こちらがACアダプタが故障してる事を立証しなければ対応できないなんて、他の名の通ったPCメーカーならありえねーよ。本体ならともかく、でACアダプタの故障と思われる症状なら、すぐ代替のを送ってくるぜ。もしくはセンドバック。

結局どうやって解決したかって? 用事があったついでに、クイックガレージに持ち込んで交換してもらったよ。クイックガレージはApple正規サービスプロバイダーで、不良PCを対面修理してくれるサービス。しかも、保障期間内の無償修理にも対応。時間・交換パーツが無い場合は、その場での修理は無理な時もあるらしいけど。

というわけで、アップル製品買おうと思ってるなら、クイックガレージやジーニアスバーなどが持ち込み可能な場所になければ、少し考え直したほうがいい。もしくは、近くにある販売店で面倒見てくれそうな場合。

Apple関連のソフトを入れたくない

iPod touchを買う前にiTunesを使って見たことがあったんだけど。しばらく使ってアンインストールした。ユーザーインターフェイスが、なんというかウザったく使いにくかったんで。この辺は好みがあるだろうが、致命的だったのは動作の重さ。まあ、ローエンドPC使ってるとはいえ、音楽聴きたいだけなのに、何でこんな糞重いアプリ使わなきゃいけないんだと思ったよ。それと、QuickTimeのインストールが必須ってのも鬱陶しい。正直このコンビは、Windowsユーザーに対する嫌がらせじゃないかと思ってる。

それなので、iPod touchは欲しかったけど、第4世代になるまで手を出せなかったんだよね。買っちゃってからは無ければ使えないので、泣く泣くインストールしたけどさ。

iPod touch買ってから、さらなるアップルのソフトウェア政策に絶望することにもなった。この機種、出荷時の状態に戻す場合ネットに繋ぐ必要があるんだよね。これだけなら鬱陶しいだけなんだけど。その他に、OSを最新版にアップデートしなきゃいけなかったりする。これが非常に困る。なんせマイナーアップデートでなく、メジャーアップデートの最新バージョンにしないといけないんだから。

iPod touch 4GSを例にとると、出荷時はiOSのバージョンは4.Xだったけど、その後5.Xになって今だと6.X。一般的に新しいOSになるほど、要求スペックが上がって古い端末だと処理が重くなるのが常。加えて、iOS6.Xだと、デフォルトの地図ソフトがGoogleマップから変更されたし。この顛末はテレビのニュースでも取り上げられたぐらいひどかったので、覚えている人もいあるだろう。地図ソフトはその後、iOS版のGoogleマップが出たけど。この件が、どれぐらい重大な失態だったかは、社長が謝罪までした事からも明らかであろう。

アップル – マップについてのTim Cookからのメッセージ

iPod touch難民の受け入れ先はあるか?

ぶっちゃけスマートフォンから電話機能を無くしたAndroid端末とかさえあれば、iPod touch買わなくてもすんだんだけどさ。小さいNexsus7みたいな機種があればなー。なんて思ってたらそれに近い機種はあった。それもかなり前から。その名もNexus4という、Google謹製のSIMフリーなスマートフォンが。

けど日本からは買えないんだよな。Googleのページで今すぐ購入ボタンを押しても、「Nexus 4(8GB) はお住まいの地域ではご購入いただけません」だと。16GBも同じ。一応、日本でも発売予定らしいから、今はまだ準備中なだけかもしれん。けど、他の国では、8GB版が$299、16GBが$349と結構な価格で売っている。3G対応のSIMフリー端末だからか。だったら、WiFiのみのも作ってくれよ。

ちなみに、Nexus7にもSIMフリーの3G対応版があるんだけど、32GB版が29800円。WiFiのみだと24800円で、5000円しか違わない。それを考えると、為替レートを1ドル100円とするなら、WiFiのみでも24800円ぐらいはするのか? 価格的にはiPod touchの廉価版と通常版との間ぐらい?

もし、Nexus4がNexus7同様日本でも発売されるなら、個人的には値上げしたiPod touchの対抗馬にはなり得る。というか、日本のキャリアのヒモ付きスマフォに不満抱えてるユーザーへの訴求度の方が高いか。まあ、日本で売ってない以上、絵に描いた餅でしかないんだけど。

Nexus7とiPod touchのどっち買えば迷ってる人へ

なお、Nexus7みたいな7インチタブレットと、片手で操作できる4インチぐらいのは全然別物だと思う。その辺に関する見解は以前の記事に書いたので、参考に。

nexus7・iPod touch 5Gの実機を触ってきたよ

また、WiMAX契約Nexus7(またはKindle Fire HD)の購入を検討している人なら、GMOとくとくBBのキャンペーンで契約すれば無料で端末が貰えます。今ならキャッシュバックも1万円ある。

WiMAX契約でNexus7 16GBが無料だと! -さらにキャッシュバックもついてくるのかよ!-
GMOとくとくBBのWiMAX+タブレットキャンペーンが本当にお得なのか計算してみた

↑の記事は執筆時の情報を元にしています。ここのキャンペーンは○月×日までとなってるけど、結構延長されたり、なくなったり、変わったりするので注意。なので、最新の情報は↓からご確認ください。



前回の記事で書いた、GMOとくとくBBのWiMAX+タブレットキャンペーン。いったいどれぐらいお得なのか? 最初の2年間の実質月額を計算して、具体的な数字を出してみた。

タブレットを購入するつもりの場合

kindle fire HD 16GB
月額3770円×24ヶ月-Kindle価格15800円-キャッシュバック10000円 = 64680円 月換算約2695円

Nexus7 16GB
月額3770円×24ヶ月-Nexus7価格19800円-キャッシュバック10000円 = 60680円 月換算約2528円

通常だと支払い総額は2年間で90480円になるけど、キャンペーン適用なら25800円・29800円相当の割引がある。月額料金が実質1000円以上安くなるから、かなり大きい。

続いてGMOインターネットの株主のシミュレーション。株主優待があるのでさらにお得になる。現行の優待制度が続くという前提だが、該当する人なら月額料金が1695円・1862円になっている。

タブレット購入するつもりのGMO株主の場合

kindle(GMO株主)
月額3770円×24ヶ月-Kindle価格15800円-キャッシュバック10000円-優待5000円×4(年2回) = 44680円 月換算約1862円

Nexus7(GMO株主)
月額3770円×24ヶ月-Nexus7価格19800円-キャッシュバック10000円-優待5000円×4(年2回) = 40680円 月換算約1695円

このキャンペーンの詳細は↓
GMOとくとくBB WiMAX + Nexus7 セットで0円

WiMAX契約はしたいけど、タブレッはトいらない・すでに持ってる人もいるだろう。そのケースでも計算してみる。今回はキャッシュバック金額が最大になる、AtermWM3600R+クレードル契約の例を見てみる。通常契約とGMOの株主優待適用の2パターンで計算。

キャッシュバックキャンペーンのみ場合

キャンペーンのみ
月額3770円×24ヶ月-キャッシュバック30000円+クレードル2625円 = 63105円 月換算約2629円

GMO株主の場合
月額3770円×24ヶ月-キャッシュバック30000円+クレードル2625円-優待5000円×4(年2回) = 43105円 月換算約1796円

↓キャッシュバック最大3万円の詳細

2年目以降の料金は?

なお、2年目以降の月額料金は通常料金なので月3770円。しかし、株主なら優待があるので3000円未満になる。

2年目以降(株主)
月額3770円-優待5000円÷6= 約2937円

結論

実際に数字を出してみると分かるが、今回のキャンペーンはかなりお得になっている。さらに、GMOインターネットの株主なら株主優待があるから、対応してるGMO関連会社の支払いに使える5000円分の割引で、1ヶ月あたりの実質料金が1695円からになる。やっぱ、GMOとくとくBBに加入するなら、GMO株主優待はおいしいよな。

というわけでWiMAX契約検討してる人は、GMOとくとくBBを加入候補に検討して損はないと思う。GMOの株を買うかどうかは、今の株価だと判断に迷うな。株主優待は業績次第で改悪・廃止される可能性があるし。株価が急落すれば優待数年分の含み損かかえる事になるかもしれないし。

以前の記事で書いた、3末までのGMOとくとくBBのキャンペーンが延長された。いつものとおり来月も続くんだろうと思っていたが、予想を裏切った変更点がある。

WiMAX+タブレットキャンペーンで無料で買える端末が、日本未発売のNexus7 8GBモデルから19800円の16GBモデルにバージョンアップ。これは想定の範囲外だよ。WiMAXの事務手数料0円や、Nexus7をWiMAX端末に同梱して発送するところも変わりなし。その上、10000円のキャッシュバックまでついてるとは。

■特典
・Nexus 7 端末機器代金 ⇒ 0円!
・WiMAX端末機器代金:19,950円 ⇒ 0円!
・WiMAX事務手数料:3,150円 ⇒ 0円!
・10,000円キャッシュバック

■初期費用
・WiMAX端末機器代金:19,950円 ⇒ 0円
・WiMAX事務手数料:3,150円 ⇒ 0円
・端末送料:0円
・GMOとくとくBB入会費:0円
※クレードルご購入の場合は、2,625円(税込)を別途申し受けます。

上記特典と初期費用から分かるとおり、契約時にかかる諸費用が0円。Nexu7とWiMAXのモバイルルーター(Aterm WM3800R・MobileSlim・URoad Aeroの三種類)も0円。支払いは、オプションのクレードルを購入しない限り、月額利用料の負担のみですむ。なお、kindle fire HDの16GBモデルも条件据え置きで、10000円キャッシュバックが追加されている。

これじゃ3月に申し込んだ人の立場ないじゃん、って言いたくなるほどの改善だよ。Nexus7 8GBはトラップ付きだから相応の覚悟があっただろうけど、kindle fire HDキャンペーンの方は普通にお得だったじゃん。

というわけで、これからWiMAXの契約をしようと思っている人には朗報。Nexus7が8GBモデルだったならkindle一択だったけど、Nexus7が16GBになった以上、制約のあるkindleを選ぶ理由はないと思う。



タブレット持ってる・いらないって人には、キャッシュバック増額キャンペーンもあるよ

前は気づかなかったけど、タブレットいらねーよって人向けの、キャッシュバックのみのキャンペーンもあるんだな。

▼キャッシュバック特典
WiMAX AtermWM3600R接続サービスの場合(専用クレードルセット)
⇒ 30,000円キャッシュバック ※在庫がなくなり次第、終了
WiMAX AtermWM3600R接続サービスの場合
⇒ 25,000円キャッシュバック ※在庫がなくなり次第、終了
WiMAX AtermWM3800R接続サービスの場合 ⇒ 20,000円キャッシュバック
WiMAX MobileCube接続サービスの場合
⇒ 30,000円キャッシュバック ※在庫がなくなり次第、終了
WiMAX MobileSlim接続サービスの場合 ⇒ 20,000円キャッシュバック
WiMAX URoad Aero接続サービスの場合 ⇒ 20,000円キャッシュバック

WiMAXのモバイルルータが旧機種なら、キャッシュバック30000円のもあるよ。これならNexus7 16GB 19800円+キャッシュバック10000円より200円お得。タブレットキャンペーンと同じ、最新のAtermWM3800Rだとキャッシュバック20000円だから、Nexus7やkindle買うつもりならタブレットキャンペーンで0円購入した方が安上がり。タブレットの時と同じでクレードルだけは2625円なので注意。

なお、AtermWM3600Rを選ぶなら、必要なくてもクレードルも買った方がいい。クレードルなしだとキャッシュバックが25000円だけど、ありなら30000円なので。差し引き2375円のお得になる。


たまにはLTEの事も思い出してあげてください

あと、もはやどうでもよくなったLTE+タブレットキャンペーンだが、こっちは変更なしだった。相変わらずNexus7の8GBモデルを5980円で買えるだけ。キャッシュバックもなし。一つだけ変わったところもあったか。kindle 0円の方は無くなりました。LTE契約検討してる人は、他のとこで契約した方がいいんじゃないかな。GMOの株主なら別だけど。

GMOの株主限定プランと通常のLTE契約の比較、及び個人的にLTEよりWiMAXの方がいい理由は↓
GMOとくとくBB株主様限定LTEプランとキャンペーンで加入するのどっちがお得なんだ?

もうちょっとだけ続くといいな

ちなみに私はイー・モバイル3G契約の縛りが、まだ半年近く残っているので申し込みは断念。いくらGMOの株主優待があるとはいえ、イーモバとWiMAXの月額料金二重払いは、お財布に厳しい。この先も何らかのキャンペーンはあるだろうが、今回の条件を上回るのは厳しいかもしれないと思ってる。このキャンペーンがあと半年、せめて三ヶ月は続いてくれると個人的にはありがたいのだが。もしくは、GMOの株主優待プランにWiMAXが追加されるとか。なんとかなりませんかね。

今回のキャンペーンと株主優待利用時のお得度を数字で検証したのは↓
GMOとくとくBBのWiMAX+タブレットキャンペーンが本当にお得なのか計算してみた

私家でもイーモバ3GのみだけどLTEだけは絶対無理

前にも書いたがネット環境はイーモバ3Gのみしか契約してない。これの24ヶ月縛りが今年中に切れる。その後はいつ解約しても違約金とかはかからないが、キャンペーンで半額だった料金が倍の4000円台になる。それだけに新設されたGMOとくとくBB優待限定プランには期待してたんだけど、LTEとは使えねえ。WiMAXプランも用意してほしかったな。

個人的にLTEが使えない最大の理由、それは帯域制限。3GにもあるんだけどLTEの場合は2014年5月からは、1ヶ月で10GB超えると月末まで制限が続く。家はインターネット回線をイーモバ一つに依存してるので月10GBなど軽く超える。2年縛りだからLTE契約しちゃうと1年近くの期間が該当する。

家では受信データだけで1日約1.6GB(すいません、これは勘違い。24時間のデータ量ですが経過時間でなく通信時間でした。実際は普段は400MB~700MBぐらい。動画見たりアプリ落としたりすれば1GB超えることもあります)使ってる。P2Pとか動画見まくらなくても普通にPC使ってるだけでこの数字。1週間あれば余裕で10GB超えるのでLTEだと月の2/3は帯域制限の影響受けてしまう(少なめに見積もって400MBとしても、月5日ぐらいは帯域制限に引っかかる。当然、それ以上通信してればその分制限される日数が増える)。どう考えてもLTE契約だけはあり得ねー(この結論は変わりません)

*事実誤認があったので()内の文章を追加して訂正しました。 2013/9/25

参考までにイー・モバイルの帯域制御。

24時間ごとのご利用通信料が300万パケット(366MB)以上のお客さまに対して、ネットワークが混雑する時間帯 (当日21時~翌2時)に通信速度制御を行います。300万パケットとは、4分間の楽曲(約4MB)を90曲ダウンロードした場合のデータ通信量に相当します。

なお、「EMOBILE LTE」では、2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。

ちなみに366MBというのは今時のスマフォでも動画見たりアプリ落としたりすればすぐ超えるような量だろう。家では固定回線使ってモバイルは外出中のみとか動画をあまり見ない人でもないと、イー・モバイルでは21時~翌2時までは通信制限がかかると思っておいた方がいい。

それはさておき月使用量10GB未満ならGMOとくとくBB株主様限定LTEプランってお得なの?

世の中家でもモバイル通信してる奴ばかりではあるまい。普通に外でしか使わない人にとってこのプランはお得なのか検討してみる。

通常だと月額3860円かかるのが、優待プランだと月2980円。値段だけ考えればかなりお得。GMOとくとくBBでは、2013年3月31日までだがNexus7の8GBが5980円で買えるか、15800円のKindle Fire HDの16GBモデルが0円でもらえるキャンペーンをやってる。3末までとなってるが、この手のプランは結構前からやってるので4月以降も続くだろう。本当に終了するかもしれないが。

優待プランとキャンペーンの月額料金の差は880円。2年間だと21120円だからKindle付きでも5320円は優待の方がお得だね。GMO株優の当社グループ各種商材・サービス割引優待と併用可能だから実質月額2147円。それを考えると他社でLTEプランの契約を検討してるGMO株主にはかなりお得なプランではないか。GMOとくとくBBのメリットである、縛り期間過ぎればいつでも解約自由で違約金なしも引き継いでるし。

とはいえデメリットもある。私のように現在GMOとくとくBBのモバイルサービス契約してる人への乗り換えプランがない。他社も含めて最近イーモバイルのLTE契約した、特にGMO株主にとってはお気の毒としかいいようがない。新規での契約を考えている人には関係ないけどね。

結論

月の通信料が10GBを超えない21時~翌2時まで帯域制限かかっても泣かない2年間使い続ける利用するのはイーモバイルのサービスエリア内、の条件すべてを満たしLTEの契約を考えている人にはお得なプランだと思う。株主限定ってことは当然GMOグループのサービス割引が年10000円分あるから2年間の支払い総額は下記の通り。

イー・モバイル契約事務手数料3150円+月額2980円×24ヶ月-優待5000円×4(年2回)=54670円
月に換算すると約2278円

というわけで、GMOとくとくBB優待限定LTEプランに興味のある人はGMOインターネット株式会社 株主優待専用ホームページのよくある質問に書いてます。GMOの株は買う気ないとか、タブレットもらえるキャンペーンの方が興味ある方はGMOとくとくBBのページで現在のキャンペーンを確認してください。

おまけ

LTEよりWiMAXの方がいいよねって人は



同じく3/31までのキャンペーンだけど、WiMAX+タブレットキャンペーンってのもあるよ。相変わらず8GBモデルだけどNexus7かKindle Fire HD 16GBが0円で付いてくる。どうでもいいがWiMAXのNexus7 8GB 0円キャンペーン、去年の9月下旬ぐらいに知ったけどまだやってたんだな。
nexus7無料ゲットのチャンスキター -WiMAX契約+トラップ付でよければ-

月額は3770円だからイーモバLTEより安い。私なら株主でなければ絶対こっち選ぶ。次は株主優待のWiMAXプランも入れてくれ。いやマジよろしく。

ちなみにGMOとくとくBBではWiMAXだとイーモバLTEと比べてメリットが二つある。まずWiMAX事務手数3150円が0円。そしておまけのタブレット端末の配送方法の違い。イーモバだと後から送ってくるが、WiMAXはWiMAXのモバイルルータと同根される。

・イー・モバイル端末機器のお受取りを弊社にて確認次第、順次発送手配いたします。

・Kindle Fire HD 端末機器はWiMAX端末機器と同梱して発送いたします。

WiMAXもいい事ばかりじゃないけどね

もっともサービス的にはWiMAXにもデメリットはあるけど。なんといってもサービスエリアが狭い。電波が安定してるところだと速いんだけどね。それと建物の中や地下などでは電波が弱い・届かなくなる。LTEは不明だがイーモバ3Gもそうなんだけど、昔Try WiMAXで試した時は若干イーモバの方が入りが良かった。まあどっちも繋がらない時は繋がらないんだけどね。

というわけで帯域制限のないサービス希望2年間使い続ける利用するのはWiMAXのサービスエリアの条件すべて満たしてモバイルサービス検討してる人はWiMAXそこそこおすすめ。イーモバと違って固定回線の代わりに使う事も考えられてるので家でも外でもこれ一つで事足りる。

WiMAXの注意点

固定回線の置き換え検討してるならモバイルルータ持ち出すと家ではネットつなげられなくなるので注意。通常の契約だとルーター2台あっても同時に両方は使えない。同時使用には、GMOとくとくBBで対応してるかは不明だが、WiMAXファミ得パックというオプションの複数回線割引サービスの利用が必要。ちなみに月額2480円する。

そして最大の注意点。WiMAX契約する前に絶対Try WiMAXに申し込んで生活圏で実際にWiMAXで通信して電波状況を確認しとくこと。屋外はまだいいんだけど、サービスエリアでも建物の中や地下だとかなり電波の入りが悪い。特に自宅での確認は念入りにやっておくように。室内でも方角や窓際以外だと電波届かなかったり、届いても安定しない場所とかあるかもしれない。実際私はそうだった。

まあ電波さえ届けばWiMAXは速くて余計な通信制御とかもないので快適だったよ。電波さえ届けばね。