Posts tagged ‘Kindleオーナーライブラリー’

pirates-1693519

ファミコン芸人フジタ

そんな訳で、10月のKindleオーナーライブラリーで選んだ「懐かしファミコン パーフェクトガイド」を読んだんだが。事前に見たレビューとかでは、ファミコン芸人フジタ氏絡みの点を嫌ってる人もいたが。フジタ氏は前にテレビで見たぐらいの知識しかないが、マンションの一室に鬼のようにゲームを積んで、リアル足の踏み場もない衝撃的映像だったのは覚えてる

この件に関して「愛」がどうだという人もいるが。

本のプロフィールによると、この部屋の他に「5個の倉庫」があるらしいから、そっちではちゃんと整理してるんじゃね。

懐かしファミコン パーフェクトガイド

で、「懐かしファミコン パーフェクトガイド」の内容については、まあこんなもんじゃねって感じかな。前に同じくオーナーライブラリーで読んだ「PLANETS vol.7」と比べると、ゲームに関する記述はゲーマー的には納得できる気がする。ページ数と値段も、まあ妥当なとこじゃない。ちょっと、取り上げられてるゲームに偏りが見られるが、おかげで個人的には面白く読めたかな。けど、一回読めば満足だな。オーナーライブラリーやKindle Unlimitedにはうってつけだけど。

「PLANETS vol.7」については↓
「PLANETS vol.7 Repackage」をKindleオーナーライブラリで読んだよ

ただ、電子書籍の出来としてはかなり不満がある。Kindle Fire HD 8.9の縦画面で1ページずつ読んでも字が小さいのはまあ仕方ないとしても、拡大しても小さい文字だとぼやけてるんだよな。紙面のゲーム画面とか紙の資料のスキャンみたいなのは、大きさによっては判別できないぐらい不鮮明なのもあった。ファイルサイズ 61839KBってのは、カラー・白黒半々で128ページだとちょっと容量ケチり過ぎかもね。それとも、単に元の紙ムックの画質が悪いだけなんだろうか。

懐かしファミコン パーフェクトガイド: いまもあそべる せいしゅんの8ビットゲーム

今回の感想

この本を見た時は最初、「ニンテンドークラシックミニ」の便乗本かと思ったけど、出版日から判断するとそれはないのかな。中身はミーハーぽいかと思ったが、流石はファミコン全ソフトを所持してると豪語するフジタ氏の協力だけあって、思ったよりは読み応えがあったな。

ただ、親に好きなだけファミコンソフトを買ってもらえたフジタ氏だと、当時の一般国民の子供が踏み込んだアウトローな世界については知る由もなかったかな。

ディスクシステムの闇

以下余談。

P90の「想い出のディスクシステム」で、オプションのディスクシステムに触れてたのを見て思い出したんだが。本書ではディスクシステムの仕組みや歴史的経緯について説明してたが、ちょっと補足しとく。まあ、Wikipedia読んだ方が手っ取り早いかもしれんが。

ファミリーコンピュータ ディスクシステム – Wikipedia

ディスクシステム

ファミコンのディスクは同じぐらいのサイズの3.5インチフロッピーディスクと比べると、容量が圧倒的に少なくアクセス速度が遅い上にランダムアクセスが出来ない。とはいえ、両面で1Mビットぐらいの容量はファミコンのメモリには十分大きすぎるので、ディスクシステムには別途RAMを搭載してアクセス頻度を抑えようとしてたらしい。

さらに余談になるが、ディスクシステムのゲームの改造プログラム「トンカチエディター」は、ディスクのトラックが一定以上超えると正常に読み込めないバグがあったらしい。トンカチ作者は「こんな事書くとトラック数多いゲームが作られるかな」とか書いてたが、そこまでメジャーな存在じゃなかったから杞憂だったな。作者は他にも、「トラックが多いとディスクアクセスが多いからクソゲーになるからいいか」みたいな事も書いてた。つまり、ディスクシステムのゲームだとロード待ちはかなりストレスになるぐらい遅かった訳だ。

トンカチエディターについては↓
今のプログラミング教育ってトンカチエディターでファミコンのゲームを改造するのと一緒かよ

ちなみに、最初のアクセスだけで全データをRAMに読み込めば、その後のプレイはアクセス不要(通称オンメモリ)になるんだが、ファミコンでオンメモリのゲームはあったかな。もしかしたら、ザナックがそうだったかもしれないがちょっと確かじゃない。ファミコンのディスクじゃなくてプレステのCDだと、リッジレーサーはオンメモリで感心したな。

暗黒ゲームショップ

ROMカートリッジより安く、両面500円・片面400円で書き換えも出来るディスクシステムが廃れたのは、ROMカートリッジの進化により存在意義がなくなったのと、メーカーが儲からないのが原因となっていたが。個人的にはそれに拍車をかけた存在もあった気がする。

ディスクシステムのゲームは、システム的には書き換え可能だったが、実際には書き換え出来ないゲームも存在した。さらに、カートリッジ並の値段で売ってる、ディスクシステムのメリットすらスポイルするようなの(消えたプリンセスとか)もあった。

ファミコンブームだった当時は、町にゲームショップが結構あったんだが。そういった店の中には任天堂のディスクライターではなく、なんらかのコピーマシンを使ってゲームを書き換えてる店があったんだが。そこでは、在庫があればどんなゲームでもコピーしてくれたらしい。

書き換え料金はだいたい任天堂と同じ値段だったから、正規のラインナップで書き換え可能なタイトルをコピーするメリットはなく、主に利用されるのは当然書き換え不可なセルオンリーのゲームなのは言うまでもない。これだと消えプリみたいな販売専用のゲームは、売上がコピーに食われるは、書き換えられても一銭も入らないからたまったもんじゃなかったろう。

子供からしたら大人の事情なんて知らないし、金払ってるから罪悪感とかも同然なかったが。正規のディスクライターには違法コピーしたディスクをチェックする仕組みがあって、その時初めてアンダーグラウンドな世界に手を出したことに気づいたけど。その後店員に事情聴取とかされそうになったら、電車で痴漢がバレて線路に飛び込むぐらいの心境になるよな。

goethe-1064701_

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション

なんか、江口寿史著の「ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション」の電子書籍版が、Kindleオーナーライブラリーの対象になってるんだけど。これ、だいぶ前に紙の本が出た時欲しかったけど、@1500円ぐらいしたんで断念したが。@540円なら読むべきか買うべきか悩むな。

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

江口寿史

貧民なのに@540の電書を買うのか迷うのは、この件で江口寿史氏について調べて知った、去年出た「KING OF POP 江口寿史 全イラストレーション集」をポチるぐらいは興味があるから。

20160715002 20160715003 20160715004

プライム会員だから、PrimeDayにAmazonで買ってたら10%のポイント付いたんけど、気づいたのその翌日だからな。ちなみに、PrimeDayに買ったのは、500ポイント目当てのAmazonギフト券のみ。

20160715001

結局、楽天ブックスで買ったけど。新品定価5400円で。まあ、楽天ブックスだとポイントとキャンペーンの合わせ技で、一部期間限定ポイントになるが10%以上は付くはずなので。このぐらい高い本だとポイントの差はバカに出来ないからな。

KING OF POP [ 江口寿史 ]
価格:5400円(税込、送料無料)

 

この価格でも、2冊分冊で総ページ数400超えだからボッタクってるってわけじゃないとは思うが。なお、発売後1年経たずに5版まで進んでるからかなり売れてると思われるので、欲しい人は慌てずポイント倍増やキャンペーン待ちでいいかも。中古で良ければ、今はまだ割高だけど将来的には売れてるだけに値崩れ期待できそうだし。それに、大きめの本は場所とるから古本屋も早く処分したがるんじゃね。

20160715005

今回の感想

そんな訳で、自分にもまだ定価5400円の紙の書籍を購入するほどの物欲が残っているとは思わなかった。貧民的には、あまり望ましいことではないなあ。

iron-chef-629825

Kindleオーナーライブラリー対象本

なんか、今月この時期になっても、Kindleオーナーライブラリーで読む無料本が決まらなかったんだが。シックスサマナの新刊は出ないけど、このままじゃ1月も終わっちまう。かといって、対象本を検索しようとしても、オーナーライブラリー対象本のみの検索ができねえ。などと思っていた時期が私にもあったんだけど、下記ブログ記事に画期的な解決法が書いてあった。

kindleオーナーライブラリ対象本を効率的に探す方法

これで、Fireタブレットからkindleオーナーライブラリーの本探そうとして、「自己啓発本ばっかじゃねえか」とか「仕事は楽しくねえよ」とか「便所掃除したって夢はかなわないゾウ」といった突っ込みを入れなくても良くなったよ。

鉄人社

そんな訳で効率的に検索してたら、鉄人社という出版社の電子書籍が見つかったんだけど。ちなみに鉄人社は、三才ブックス「裏モノの本」を担当していた人たちが追い出されて作った会社らしい。

裏モノJAPAN

ただ、鉄人社の電子書籍には定期刊行の雑誌もあるんだけど、そっちは対象になってない。プライム会員が無料で月一冊読めるのは、バックナンバーから抜粋した総集編みたいなのが何冊かだけだな。

Kindleストア : Kindle本 : Amazonプライム対象商品 : “鉄人社”

まあ、少なくともこれで2月分までの時間は稼げたかな。

今回の感想

今回読んでる本は、諸般の事情により具体的なタイトルは伏せとくが。個人的な感想を述べると、シックスサマナのクーロン黒沢氏が昔執筆してたような雑誌が好きな人なら楽しめるんじゃね。

シックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ!

電子書籍の出来としては、どうも昔の雑誌をそのままスキャンしたみたいで、紙面のコンディションが悪かったのかファイルサイズが無駄にでかい。当然、固定レイアウトなので、文章の検索は出来ないし、フォントもサイズもいじれない。しかも縦書き4段組なんで、Kindle Fire HD 8.9の8インチ画面でも見開きではストレスなく読めないぐらい字が小さい。縦持ちして1ページ表示ならなんとかなるが、それでもラノベじゃない文庫本より文字が小さい。

まあ、解像度は充分だから、容量ケチって細かい文字が潰れる漫画みたいな事にはならないのが救いだが。7インチ以下のサイズで読もうと思ってる人は内容ともども、必ず無料サンプルで確認した方がいい。ちなみに、元のボリュームがあるからか、サンプルでも結構長く読めるので、プライム会員以外でも興味があるならサンプルだけ読んどいても損はないかも。内容については、知らないほうが良かったと思う人もいるかもしれないので、読む前にどういう本なのかの確認はしとくべきだが。

今月のKindleオーナーライブラリ

森田さんは無口 1 (バンブーコミックス 4コマセレクション)

今月のKindleオーナーライブラリで無料で読む本は、「森田さんは無口」を選んだ。せっかく1日から読めるのに、なんで20日まで放置してたのかと言うと。先月の「PLANETS vol.7 Repackage」がなかなか読み応えがあったから。それなので、今回は残り10日で読み終われそうなコミックから選んでみた。

PLANETS vol.7 Repackageについては↓
「PLANETS vol.7 Repackage」をKindleオーナーライブラリで読んだよ

Kindleオーナーライブラリのシステム

ここで簡単にKindleオーナーライブラリのシステムについて書いてみる。まず、対象となるのはKindle端末のオーナーかつ、Amazonプライム会員という二つの条件を満たしてる人。

サービスの内容は、Kindleオーナーライブラリ対象の電子書籍の中から、毎月1冊読むことが出来る。上記条件を満たしてる限りは、電子書籍を無期限で読めるが、別の本を読むには読んでる本を削除しないといけない。

20140120a

イメージ的には、月1冊しか借りられない、図書館かレンタルサービスみたいなもんだな。ちなみに、1ヶ月というのは1日から月末までの期間であって、プライム会員登録やKindle購入から30日とかではないので注意。それに気づかず、月の途中からプライム会員になった私は、翌月にオーナーライブラリを利用し始めたので1冊損してしまったよ。

Kindleオーナーライブラリの評価

これまでに3冊ほど利用してるけど、読みたい本が対象になっているなら非常に良いサービスだと思う。ただ、これだけの為にAmazonプライム会員になるのはコスパが悪いかも。Kindle端末買った人で、Amazonプライムの当日お急ぎ便無料とかに、3900円の年会費を払う価値があると思う人が、おまけで本が読めてラッキーぐらいの感覚かな。

対象書籍が限られてるのは仕方ないけど。シリーズ物で全巻対象になってない奴は、何とかして欲しいな。1巻無料で釣ってる電子書籍サイトじゃないんだから。ちなみに、「森田さんは無口」は既刊7巻中対象になってるのは4巻まで。これって出版社の意向なのかな。

どうせ、読めるだけで買えないんだから。こういうやり方はあまり効果ないと思うんだけど。売る側としては、4巻まで無料で読めば、続きが気になって5巻以降も買うだろう。そうすると無料で読んだ分も欲しくなるから、Kindleオーナーライブラリーの分配金と購入時のロイヤリティで二度ウマーとか考えてるのかね。

まあ、それ以前に対象タイトルの検索性が低いのを、何とかするのが先だと思うけど。

Kindleオーナー ライブラリー

Kindleオーナーライブラリー

KindleユーザーでAmazonプライム会員の私には、Kindleオーナー ライブラリーが利用できる。月に一冊、対象書籍を無料で読めるサービスなんだけど、なかなか使いづらい。読めるけど所有できないので、読んで欲しくなったら買わないといけない。次の月になって新しい本を読むには、前のを削除しないと読めないから、読みっぱなしにもできない。なので、一回は読みたいけど、二度と読み返さなくてもいい本を利用するのがベスト。

さらに、システムより厄介なのが対象タイトルの探し方。これが嫌がらせのように使いづらい。単に、オーナーライブラリー対象タイトルの検索や、対象をジャンルで絞れたり出来ないんだよね。PCでは対象タイトルの一部しか見れないし。Kindle端末ではたくさんありすぎて探せないし。

余談だが、どうせ読むなら高い本がいいよな、と思ってKindleで値段の高い順で検索したら、数百ドルする洋書がぞろぞろ引っかかったよ。多分、オーナーライブラリーで選ばれると、出版元の懐にいくらか入るんだろうな。それで売れなくてもいいから、お買い得感のある価格にしたオーナーライブラリー狙いの本とか出版してんじゃね、と勘ぐりたくなるよ。ちなみに洋書を除外して絞り込むのもできなかったりする。

Kindleオーナーライブラリーのお勧め

そんな苦行のような環境からなんとか探したのが、今回紹介する「PLANETS vol.7 Repackage

紙の雑誌の再編集らしいが、なかなかお得。1200円と言う価格もさることながら。目次の長さを見れば分かるととおり、紙の本の長さで543ページというボリュームも読み応えがある。

ただ、「ゲームハードの生態系」でゲーム機やゲームの内容を説明してるんだけど。適当にネットでググって調べたのをコピペでもしたんじゃね、と思えるぐらい薄い。紙面の都合で文字数に限りがあったのかもしれないが、これじゃあ出来の悪いカタログにしかならねえ。

しかも、使われてる画像の中には、アーケードゲームなのにファミコンのカートリッジの箱もあったりする。現実的には実物は厳しいが、せめてプレイ画面のキャプチャぐらい用意して欲しかったかな。ゲーム画面は権利関係もあるかもしれないが。ゲームセンターCXとかを見てると、誌面に写真載せるのがそんなに大変とも思えないんだよね。素人考えだけど。

その後に続く「ゲームクリエイターインタビュー」は、この本の最大の売りだと思う。クリエイターのメンバーは、堀井雄二・松野泰己・柏木准一・芝村裕吏・田中剛・内田明理・特別対談/ZUN×竜騎士07。正直、初めて見る名前もあるが、関わったゲームはどれも覚えがあるものばかり。堀井雄二あたりは、有名すぎて耳タコな話もあるけど。

それ以降の、「Column」やドラクエとFFの全レビューとか「特集総括座談会」は、あまり興味のない記事だったけどね。

PLANETS vol.7 Repackageって買い?

なんだかんだ書いたけど、ゲームに興味があるならそこそこお勧め。Kindle価格1200円だから気分的にお得感があるし。ボリュームがあるから読むのに時間がかかるので、次の月までの時間も稼げる。

ただ、個人的には、堀井雄二の記事でどうでもいいことがちょっと気になったりして。インタビュアがWizardryではマニアックなモンスターだったスライムが、ドラクエでは最弱キャラになった理由を聞いたんだけど。その経緯を知った後に、「「最弱」の代名詞になりましたからね(笑)」と言ってるんだけど。これ見て思わず、アーケードゲームなら「ドルアーガの塔」、PCゲームなら「ハイドライド」があっただろって、突っ込み入れてしまったよ。

参考
・ ハイドライド モンスター
・ ドルアーガの塔 キャラクターガイド

そういった意味では、ゲームに興味はあるけど、レトロゲームをプレイした事がない人向けかな。

PLANETS vol.7 Repackage