Posts tagged ‘Kindle’

Kindle Unlimited迷惑?

Kindleで無料本を漁ってると、「¥0」で無料だと思ったら後ろに「Kindle Unlimited」と付いてるなんちゃって無料本のお陰で分かりづらいんだけど。そんな、アンリミ契約者以外にはうざいことこの上無いシステムなんだけど、どうやらこれがKindle無料本の供給源になってる事を知ったんだが。

Kindle無料本

以前にも紹介したリンクだけど、Kindle Unlimited立ち上げ時に荒稼ぎした人についてなんだけど。

“Amazon読み放題”で個人作家はこれだけ稼いだ 1カ月の収益、鈴木みそさんが公開

無料キャンペーンでランキング順位を上げ、勢いがあるうちに作品を追加投入する――などの戦略が奏功したという。

そう言えばKindle本のハウツーで、宣伝代わりに一時期無料にしてランキング上位に入ってから元の値段に戻して売る戦略があるらしいが。どうも、Kindle Unlimitedで成功体験した人の情報から、さらに拍車がかかってるみたいだな。それなんで、アンリミ契約者以外は、ランキング目当ての本が無料になった時が狙い目だな。新規発売時の他に、売上が落ちるとテコ入れで無料にする場合もあるみたいだな。

ちなみに、無料キャンペーンは最長5日間らしいが、「最長」ってことは設定で短くも出来るみたいだから、こまめにチェックしたほうが良さげだな。

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

今回の感想

そんな訳で、Kindle Unlimitedのせいで無料本が分かりにくくはなったが。アンリミ参加してる人の中には、売れなくても読まれれば金が入ると割り切ってるおかげか、無料キャンペーンに積極的な人が多くなるから悪いことばかりでもないな。

ただ、アンリミも出版社の今売りの雑誌や新刊といった目玉タイトル以外は玉石混淆だからなあ。個人的には、容量数百キロバイトでページ数も少ない本はほとんど読まないので不明だが。Amazonのレビュー見る限り、個人が適当に書いた駄文ならまだましで、中にはネットのコピペ改変程度のゴミまで混ざってそうだからな。それに月7桁稼いだ人でも、CCC系列の古本屋で売れ残った在庫処分品をTSUTAYA図書館に売りつけるような錬金術だし。

武雄市図書館の選書でCCCが異例の「反省」 愛知県小牧市「TSUTAYA図書館」計画は住民投票へ

そう考えると、Kindle Unlimited対象本を購入する時は内容を吟味して本当に購入する価値があるか良く考えたほうがいいな。金額が高いほうがお得に見えるからか、かなり強気な価格設定も目立つし。まあ、アンリミ契約してれば、読んで確かめれば済む話だが。

私の場合、アンリミ未体験でこれの劣化サービスと言われるKindleオーナーライブラリーしか使ったことないが。正直、これまで読んだ本の中で買うべきか迷ったのは、今のところ「シックスサマナ」ぐらいだな。

シックスサマナ 第26号 ニッポン異国めぐり

ぶっちゃけ、Amazonにはオワコンタイトルやチラシの裏レベルで水増しした100万冊もいらんから。紙の本出せる出版社レベルか厳選したタイトルだけでいいから、低価格なKindle Limitedサービスも検討してもらいたいところ。もっとも、980円も払えない奴は少数派ですよと言われるかもしれんがな。

gak_arupakapunpun_tp_v

Kindleソフトウェアアップデート5.8.5

先日発表された、Kindle Paperwhite 32GBマンガモデルだが。内蔵ストレージ増量以外にも、「快速ページターン」「連続ページターン」「ピンチ&ズームで拡大も簡単」なのが売りらしいんだが。実はこれらの機能、ハードウェア依存じゃなくソフトウェアで対応してるらしく、既発売モデルでもソフトウェアアップデートすれば使えるみたい。しかも、こないだ買った無印Kindleの第8世代もいけるんだと。

Kindle(第8世代)のソフトウェアアップデート

それなんで、いずれは自動アップデートされるはずだが、Amazonのサイトではすでに「Kindleソフトウェアアップデート5.8.5」が公開されてるから、ダウンロードして手動アップデートしてみたよ。

20161019a

Kindle第8世代 バージョン5.8.5

実際に、アップデート後に電子書籍を読んでみたが。確かに、ページめくりスピードが体感的に上がったと感じる。ピンチ&ズームも、前は使う気しなくなるほどもっさりしてたが、今はルビとか小さい文字を拡大して確認しようかと思える程度にはなった。まだ、ワンテンポ遅れるイメージだし、操作開始と終了時に暗転するとか課題はあるが。

しかし、画面押しっぱなしで飛ばし読みする「連続ページターン」は使えなかった。動画のように画面を押しっぱなしにしても無反応なんだよな。まさか、無印Kindleでは使えないのか調べようとググろうと思ったが、その必要はなかった。Kindleの端末情報の「バージョン5.8.5の新機能」に、ちゃんと書いてあった。

20161019b

この新しいマンガの機能にはすでに数千冊の本が対応済みで、さらに続々と新しく追加されています。

連続ページターンって対象書籍だけかよ。

今回の感想

そんな訳で、マンガモデルの新機能と機能強化は既存のユーザーでもソフトウェアアップデートで利用できるようになるのはいいんじゃね。

ただ、連続ページターンの評価は、今後どのぐらいの作品で使えるようになるか次第かな。これ、もうちょっと商品ページでもはっきり説明しとかないと、連続ページターンで飛ばし読み可能っていうから買ったのに、全然出来ねえじゃんってクレームとかくるんじゃね。

まあ、お前の買うようなセール対象品は対応してないけど。定価でしか売らないような、連載中の人気作品は優先的に対応していくから問題ねえってオチかもしれんな。

e-reader-1213214

Kindle Paperwhite 32GBマンガモデル

なんか、Kindle Paperwhiteに内蔵ストレージ32GBまで増やした「マンガモデル」が出るらしいんだが。価格は16280円と、4GBのPaperwhiteと2000円しかちがわないのか。これなら、Paperwhite購入予定者は、マンガモデルにしといた方がよさそうだな。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

新品価格
¥16,280から
(2016/10/18 22:03時点)

どうせAmazonだから、セールとかで○円引きとかするだろうし。買うにしても、少なくともクリスマスまでは様子見でいいんじゃね。

電子書籍気リーダー

Amazonは結構、e-ink使った電子書籍リーダーに力入れてるけど。この分野、ライバルはあんまいないような気がする。Sonyは撤退したから、メジャーなので残ってるのは楽天Koboぐらいか。

電子書籍リーダーラインアップ: 楽天Kobo電子書籍ストア

けど、今の楽天Koboって廉価版はラインナップにないな。個人的には、昔Kobo miniは買おうか悩んだけど。Koboの唯一と言っていいメリットであるmicroSDカードスロット搭載してなかったのがネックでやめたっけ。ちなみに、現行Kobo3機種のうち、microSD使えるのってKobo Aura H2Oだけなんだな。

今回の感想

個人的には、電子書籍リーダーでマンガを読むハード的な問題は2点あると思う。まず、画面切替時の暗転表示。以前の液晶と比べると徐々に改善されてるらしいが、商品ページの動画を見る限りはまだ気になりそう。特に、マンガの場合はページめくりが早いからな。

もう1点は、いくら上位モデル買っても見開き表示を常用できないとこ。いっそ、無印Kinele程度の液晶でいいから2つ使って見開き表示できる折りたたみ端末作ればいいと思うんだが。コンセプト自体は昔から有るけど、未だに商品化されないのは致命的な問題があるのか、単に需要が見込めないからなんだろうか。

単三電池2本で3ヶ月使える!携帯型電子ブックリーダー「ΣBook」 (1/2)

そんな訳で、キャンペーンで1万超える程度を買っても、後の人生に影響及ぼすことはないって人なら勢いで買ってもいいけど。懐が痛い人は、廉価で実用的な端末が普及するまで待ったほうがいいんじゃね。見開きこだわらず、1ページずつ読む人ならともかく。

Kindle (Newモデル)

20160925a

なんか、電子書籍リーダーKindleの一番安いやつが、プライム会員向けのクーポン3980円になるんで買ってみた。クーポンは9月25日(日) 23:59までだから、あと4時間弱ぐらいだな。

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

新品価格
¥8,980から
(2016/9/25 19:47時点)

クリスマス前だし急いで買う必要はないと思うけど。その割に買ってるけどね。まあ、なんとなく。

kids-894787

Kindle Unlimited特需

なんか、サービス開始してすぐ人気作とかがラインナップから外されて、読める読める詐欺じゃねとか批判もされたKindle Unlimitedだが。文句言う人はどうせ、無料体験期間中にやめるだろうが。それはさておき、参加した作家の中には1ヶ月で荒稼ぎして、Amazon様様で笑いが止まらない状況になってるらしいが。

“Amazon読み放題”で個人作家はこれだけ稼いだ 1カ月の収益、鈴木みそさんが公開

もっとも、これはAmazonが日米の電子書籍の需要を読み違えた事と、サービス開始時に人気タイトル集めるため、出版側に有利な条件を出したことによる一時的な特需だから。今後、サービス内容や収益分配方針次第では濡れ手に粟的な稼ぎ方はできなくなるかもしれんが。まあ、開始時にこれだけ作者に金が流れたら、そりゃサービス改悪でも対象作品減らすわけだな。

Kindle読み放題”急変”、裏にあった「想定外」

11円特需

Amazonの大盤振る舞いについてはこういう話もあったな。

電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」

これ最初、11円も積もれば3億円の利益かと驚いたんだけど。実際は、客が払うのは11円だけど、電書バトがもらうのは定価ベースの金額って説もあるんだよな。それが本当だとしたら、その分の差額払ってるAmazonすげー。だとすれば、Amazonが監視対象にしてる商売敵で採算度外視のセールを始めれば、それにつられてAmazonがKindle本を自腹で値下げすれば儲けもんでウマーって戦略の確信犯かもしれんな。

「電書バト」電子コミック11円セールで売上総額3億円超の衝撃とAmazonのエブリデーロープライス戦略

金の話は置いといて、上記リンクの印税ランキングでちょっと気になったのは、取り扱いタイトルの違いだろうが、トップの佐藤秀峰氏のロイヤリティ1億3388万円に対して、2位の佐藤智美氏が1896万円とかなりの差があるとこかな。実力主義の業界だから、結果出せる人は儲かるが、そうでない人はそれなりなのは仕方ないにしても。

個人的には、佐藤氏みたいに完結した著作が多ければ、ブックオフとかの中古本の需要を取り入れられるからデメリットは少なそうだが。新人とかでタイトルが少なく、完結してない作品でセールに参加する人にとってはどうなんだろ。

セールで買った人が、新刊出たら定価で買ってくれるようになればいいけど。スーパーの値引き品ハンターみたいに、セールにならなきゃ買わないかもしれん。一番厄介なのが、今まで定価で買ってきた固定客が今回のセールで値引きされたのを見て、二度と普通の値段で買わなくなることかな。そうなると、若手の新人が「安売り作家」のレッテル貼られて長期的にはイメージダウンになるんじゃね。もっとも、漫画家みたいに安定性のない商売だと、先の見えない将来より今すぐ入る金の方が最優先事項かもしれんが。

ちなみに、電書バトのランキングには名前を伏せてる作家がいるが、その中の作家Aじゃないかと噂されてたピョコタン氏がその件についてコメントしてたな。そこまで儲かってないけど、かなり儲かってることは事実らしい。

Kindle Uhlimitedについてもコメントしてる。

この人の本は、確か11円になった時にクーポン使って楽天Koboで買った気はするが。ページ数の割に価格が高いので、定価600円だと誰が買うんだと思ってたが。Amazonなら11円でも600円分のロイヤルティが入るなら、ほんとAmazon様様だな。

ぼくは任天堂信者

今回の感想

そんな訳で、Amazonが血反吐吐きながら損失補てんしてまで電子書籍を投げ売りしてくれてるおかげで、漫画家は儲かり読者は安く買えてウィンウィンだな。まあ、同業他社はいい迷惑かもしれんが。けど、Amazonでセール品の売上が増えれば増えるほど、それだけAmazonの損失がかさむんだからライバルも歓迎してんのかな。

AmazonはこれからもKindle本の安売りを続けるだろう。市場を独占するまでは。そう考えると、楽天KoboとかeBookJapanやBookLive・BOOK☆WALKERあたりには、Amazonが敵視する程度には生き残ってくれないと困るな。

まあ、Kindle Unlimitedに関しては、月額料金払ってまで契約したいぐらいのタイトルが10冊揃うまではスルーでいいんじゃね。揃ったら揃ったで、速攻契約して速攻10冊ダウンロードしないと、またいつ読み放題対象から外れるか分からんな。まったく、電子書籍は地獄だな。