Posts tagged ‘GMOインターネット’

GMOインターネット株式会社第23期第1四半期の配当が、マネックスの口座に入金されてた。税引き後270円。私みたいにインカム重視で株やってる人間からすれば、現時点での予想配当利回1.31%ってのはそんなにおいしい銘柄ではないのだが。ここの株主優待は、GMOとくとくBBユーザーの私には、うまみがありすぎるからな。

・GMOの株主優待についての記事は↓
GMOの第22期株主優待キター! -ついでに配当も-
・GMOとくとくBBと株主優待のコンボについての検証は↓
GMOとくとくBBのWiMAX+タブレットキャンペーンが本当にお得なのか計算してみた

上記の記事は2013年3月14日と4月3日に最初に書いた物です。どちらもGMOの株主優待には魅力を感じている反面、当時の株価で手をだすには値下がりリスクを懸念していた。ちなみに、GMOの株主優待の権利月は6・12月。6月の権利確定日は25日だから、昨日か。もしも、この記事の後にGMOの株を買っていたらどうなっていたのか、ちょっと検証してみることにする。

もしもあの時GMOの株を買っていたなら

実際の権利確定日の株価は961円。なので、これより下で買えた日をピックアップしてみる。株価は終値のみで判断してます。実際の売買には手数料・税金があるので、961円未満で購入したとしても損失が発生する場合があります。

というわけで、2013年3月14日以降の株価を見てみると、最安値は3/18の790円。株主優待の記事の後に買っていればタイミング的には悪くなかったか。4/5までは900円ちょいぐらいで買えたから、GMOとくとくBBのキャンペーンの記事の後でも、まだ安値圏かな。4/8に一気に961円にあがってからは、4/10 943円・6/6 912円・6/7 867円・6/10 951円・6/13 942円・6/14 941円しか買い場がない。

逆に最高値は4/24の1362円。この時に買った人は、ご愁傷様としか言いようがない。

結果だけ見てみると「今は買うな時期が悪い」みたいな記事を書いてたけど、その時に買っておけば権利日にはプラ転してたな。権利日にはね

ちなみに株主優待や配当を貰うには、株をずっと保有している必要はない。たった1日だけだとしても、権利日にさえ保有していればよい。なので、翌日には売っても株主優待・配当の権利がある。で、その1日違いで権利がない日の事を権利落ち日という。通常、権利落ち日には株価が大幅に下落する。特に、配当利回りの高いところや株主優待が豪華なところだと、その傾向が顕著になる。

GMOの6月権利落ち日の株価はいくらだったのかというと、908円。ここまで落ちると、含み益になる買い場はさらに少なくなる。しかも、明日以降も株価が下がらないとも限らない。そんな訳だから、GMOの株を買って良かったかどうかなんて、その時になってみないと分からないものだよ。まあ時系列の株価を見た後なら、高値圏で買うと含み損を抱える確立が高く安値圏なら含み益でニヤニヤ出来る確立が上がるって事だけは分かってもらえたと思う。

最後に、今現在のGMOの年初来高値と年初来安値を書いときます。株価800円前後でも株高とか記事に書いたのも納得できるよな、と自己弁護。

年初来高値:1,375(2013年4月24日) 年初来安値:553(2013年1月7日)

もっとも、2012年なら300円切ってた時もあったんだけどね。

今回の株価データは、Yahoo!ファイナンスの株価時系列より
http://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=9449.T&sy=2013&sm=3&sd=14&ey=2013&em=6&ed=26&tm=d&p=2

何度か記事に書いたが一応GMOの株主だったりする。優待目当てで100株しか保有してないが。それでも配当は税引き前で1400円ぐらいの予定。それはいいんだけど、ここの配当って年4回なんだよね。こんな小額の配当に四半期配って手間と経費がかかるだけだと思うんだけど。そりゃ世の中優待目当ての乞食ばかりじゃないだろうけどさ。

以前に保有してた高配当株が筆頭株主が個人だったんだけど、高配当の理由って私腹肥やすためなんじゃねって思った事あった。気になってGMOの上位株主を調べてみたら第2位がGMOの代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏だったよ。持ち株数が18033000株。1株14円なら年間で252462000円って、2億5千2百万円越え! 1ヶ月あたりでも2千万以上だよ。

しかも税金は、今は10%しか取られないから、2千5百万ちょいしかとられないのか。それだけあれば私なら一生働かないですむぐらいだから「しか」ではないのだが、2億5千万に対してだからな。などと思っていたが調べたら違っていた。オレら貧乏人と違って大口株主となると総合課税になるみたい。

配当所得の課税方法|確定申告に関する手引き等|国税庁
No.1330 配当金を受け取ったとき(配当所得)|所得税|国税庁

先ほどGMOの持株数第2位の話をしたが、では第1位はどこなのか。実は(有)熊谷正寿事務所という会社だったりする。どう見ても社長と関わりがある会社です。おそらく大口株主だから配当も総合課税で税率高いんで対策してんじゃね? 会社なら経費とかで個人より節税出来るって言うし。芸能人とかでも売れてくると自分の会社作るじゃん。まあ、あえて自分の名前を前面に出した会社名でやってるんだから潔いよな。会社の代表取締役会長兼社長が持ち株を自分が全株式を保有するオランダの資産管理会社に売ったところみたいに、日本に金落とさない訳でもないし。

大株主の弊社株式譲渡のお知らせ | FAST RETAILING CO., LTD.

個人的にはGMOが潰れず、株主優待とついでに配当を出し続けてくれさえいればどうでもいいけど。例えば従業員には囚人服みたいな作業着着せて、センサー設置して歩く速度が遅いと警報鳴らしたり、椅子がなければ効率が上がるとかいって撤去して自分だけのうのうとしてるような経営者だったらともかく。

椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!

新品価格
¥1,470から
(2013/3/18 22:09時点)

意外だけど、GMOって福利厚生に力入れてるんだよね。24時間無料でドリンク・パン・お菓子・ビュッフェ・軽食など提供してるコミュニケーションスペースや社内託児所とか。福利厚生といえばサイバーエージェントの会社の近くに住んでる正社員(のみ)への家賃補助は面白い制度だと思う。ちなみにファーストリテイリングは…401K(確定拠出型年金)ですか。ユニクロまじパネェっス。GMOは厚生年金基金って3階建てかよ。

GMOインターネットグループ 福利厚生大幅拡充プロジェクト – GMOインターネット株式会社
福利厚生 | 株式会社サイバーエージェント
採用情報|新卒採用|採用情報|グローバル総合職|福利厚生 – UNIQLO ユニクロ

福利厚生に力入れてるからって実際の労働条件がいいかは内部の人でないと分からんが。YahooファイナンスによるとGMOインターネットの平均年収は446万。福利厚生より給料上げてくれと思ってるかもしれん。ちなみにファーストリテイリングは675万。まあ業種が違うから単純には比較出来ないけど、選べるならGMOの福利厚生よりユニクロの給料って人もいるだろう。その方が多いかも。まあ実際の労働条件はどうだか知らんがね。

なんか取り留めのない話になったけど、結論としてはGMOには優待維持できるぐらいの業績上げてもらえれば社長が配当何億貰ってもどうでもいいです。どうせ100株しか持ってないミジンコ株主ですから。

私家でもイーモバ3GのみだけどLTEだけは絶対無理

前にも書いたがネット環境はイーモバ3Gのみしか契約してない。これの24ヶ月縛りが今年中に切れる。その後はいつ解約しても違約金とかはかからないが、キャンペーンで半額だった料金が倍の4000円台になる。それだけに新設されたGMOとくとくBB優待限定プランには期待してたんだけど、LTEとは使えねえ。WiMAXプランも用意してほしかったな。

個人的にLTEが使えない最大の理由、それは帯域制限。3GにもあるんだけどLTEの場合は2014年5月からは、1ヶ月で10GB超えると月末まで制限が続く。家はインターネット回線をイーモバ一つに依存してるので月10GBなど軽く超える。2年縛りだからLTE契約しちゃうと1年近くの期間が該当する。

家では受信データだけで1日約1.6GB(すいません、これは勘違い。24時間のデータ量ですが経過時間でなく通信時間でした。実際は普段は400MB~700MBぐらい。動画見たりアプリ落としたりすれば1GB超えることもあります)使ってる。P2Pとか動画見まくらなくても普通にPC使ってるだけでこの数字。1週間あれば余裕で10GB超えるのでLTEだと月の2/3は帯域制限の影響受けてしまう(少なめに見積もって400MBとしても、月5日ぐらいは帯域制限に引っかかる。当然、それ以上通信してればその分制限される日数が増える)。どう考えてもLTE契約だけはあり得ねー(この結論は変わりません)

*事実誤認があったので()内の文章を追加して訂正しました。 2013/9/25

参考までにイー・モバイルの帯域制御。

24時間ごとのご利用通信料が300万パケット(366MB)以上のお客さまに対して、ネットワークが混雑する時間帯 (当日21時~翌2時)に通信速度制御を行います。300万パケットとは、4分間の楽曲(約4MB)を90曲ダウンロードした場合のデータ通信量に相当します。

なお、「EMOBILE LTE」では、2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。

ちなみに366MBというのは今時のスマフォでも動画見たりアプリ落としたりすればすぐ超えるような量だろう。家では固定回線使ってモバイルは外出中のみとか動画をあまり見ない人でもないと、イー・モバイルでは21時~翌2時までは通信制限がかかると思っておいた方がいい。

それはさておき月使用量10GB未満ならGMOとくとくBB株主様限定LTEプランってお得なの?

世の中家でもモバイル通信してる奴ばかりではあるまい。普通に外でしか使わない人にとってこのプランはお得なのか検討してみる。

通常だと月額3860円かかるのが、優待プランだと月2980円。値段だけ考えればかなりお得。GMOとくとくBBでは、2013年3月31日までだがNexus7の8GBが5980円で買えるか、15800円のKindle Fire HDの16GBモデルが0円でもらえるキャンペーンをやってる。3末までとなってるが、この手のプランは結構前からやってるので4月以降も続くだろう。本当に終了するかもしれないが。

優待プランとキャンペーンの月額料金の差は880円。2年間だと21120円だからKindle付きでも5320円は優待の方がお得だね。GMO株優の当社グループ各種商材・サービス割引優待と併用可能だから実質月額2147円。それを考えると他社でLTEプランの契約を検討してるGMO株主にはかなりお得なプランではないか。GMOとくとくBBのメリットである、縛り期間過ぎればいつでも解約自由で違約金なしも引き継いでるし。

とはいえデメリットもある。私のように現在GMOとくとくBBのモバイルサービス契約してる人への乗り換えプランがない。他社も含めて最近イーモバイルのLTE契約した、特にGMO株主にとってはお気の毒としかいいようがない。新規での契約を考えている人には関係ないけどね。

結論

月の通信料が10GBを超えない21時~翌2時まで帯域制限かかっても泣かない2年間使い続ける利用するのはイーモバイルのサービスエリア内、の条件すべてを満たしLTEの契約を考えている人にはお得なプランだと思う。株主限定ってことは当然GMOグループのサービス割引が年10000円分あるから2年間の支払い総額は下記の通り。

イー・モバイル契約事務手数料3150円+月額2980円×24ヶ月-優待5000円×4(年2回)=54670円
月に換算すると約2278円

というわけで、GMOとくとくBB優待限定LTEプランに興味のある人はGMOインターネット株式会社 株主優待専用ホームページのよくある質問に書いてます。GMOの株は買う気ないとか、タブレットもらえるキャンペーンの方が興味ある方はGMOとくとくBBのページで現在のキャンペーンを確認してください。

おまけ

LTEよりWiMAXの方がいいよねって人は



同じく3/31までのキャンペーンだけど、WiMAX+タブレットキャンペーンってのもあるよ。相変わらず8GBモデルだけどNexus7かKindle Fire HD 16GBが0円で付いてくる。どうでもいいがWiMAXのNexus7 8GB 0円キャンペーン、去年の9月下旬ぐらいに知ったけどまだやってたんだな。
nexus7無料ゲットのチャンスキター -WiMAX契約+トラップ付でよければ-

月額は3770円だからイーモバLTEより安い。私なら株主でなければ絶対こっち選ぶ。次は株主優待のWiMAXプランも入れてくれ。いやマジよろしく。

ちなみにGMOとくとくBBではWiMAXだとイーモバLTEと比べてメリットが二つある。まずWiMAX事務手数3150円が0円。そしておまけのタブレット端末の配送方法の違い。イーモバだと後から送ってくるが、WiMAXはWiMAXのモバイルルータと同根される。

・イー・モバイル端末機器のお受取りを弊社にて確認次第、順次発送手配いたします。

・Kindle Fire HD 端末機器はWiMAX端末機器と同梱して発送いたします。

WiMAXもいい事ばかりじゃないけどね

もっともサービス的にはWiMAXにもデメリットはあるけど。なんといってもサービスエリアが狭い。電波が安定してるところだと速いんだけどね。それと建物の中や地下などでは電波が弱い・届かなくなる。LTEは不明だがイーモバ3Gもそうなんだけど、昔Try WiMAXで試した時は若干イーモバの方が入りが良かった。まあどっちも繋がらない時は繋がらないんだけどね。

というわけで帯域制限のないサービス希望2年間使い続ける利用するのはWiMAXのサービスエリアの条件すべて満たしてモバイルサービス検討してる人はWiMAXそこそこおすすめ。イーモバと違って固定回線の代わりに使う事も考えられてるので家でも外でもこれ一つで事足りる。

WiMAXの注意点

固定回線の置き換え検討してるならモバイルルータ持ち出すと家ではネットつなげられなくなるので注意。通常の契約だとルーター2台あっても同時に両方は使えない。同時使用には、GMOとくとくBBで対応してるかは不明だが、WiMAXファミ得パックというオプションの複数回線割引サービスの利用が必要。ちなみに月額2480円する。

そして最大の注意点。WiMAX契約する前に絶対Try WiMAXに申し込んで生活圏で実際にWiMAXで通信して電波状況を確認しとくこと。屋外はまだいいんだけど、サービスエリアでも建物の中や地下だとかなり電波の入りが悪い。特に自宅での確認は念入りにやっておくように。室内でも方角や窓際以外だと電波届かなかったり、届いても安定しない場所とかあるかもしれない。実際私はそうだった。

まあ電波さえ届けばWiMAXは速くて余計な通信制御とかもないので快適だったよ。電波さえ届けばね。

GMOインターネット株式会社の優待と配当が来た。ついでに株主総会召集通知も。ちなみに配当は税引き後360円。株優は今回がリニューアルという名の改悪後初めてになる。内容は下記の通り。

くまぽんギフト券2000円分相当

クーポンサイトのくまポンで使えるギフト券となってるが、下の利用条件見て分かるとおり実質割引券。

500円ギフト券が4枚で2,000円分相当の割引となります。
お買物金額の合計が2,000円以上の場合にご利用いただけます。
一度のお買物に、1枚のギフト券がご利用いただけます。
ギフト券の有効期限は、平成25年4月1日から平成25年9月30日までです。

くまポンは登録して2年ぐらい経つけど購入したことあるのは1回のみ。それ以外で買おうか検討したのが数回。買いたい物がある人にはいいんだけど、個人的にはいまいち使えない。現時点ではくまポン先生の次回サービスにご期待くださいって感じ。

GMOインターネット株式の買付手数料をキャッシュバック

これは結構面白い。自分とこの株を買う人にはキャッシュバックする。けど、売る時はしないという分かりやすい優遇措置。

GMOクリック証券におけるGMOインターネット株式会社の株式について、対象期間中に生じた買付手数料相当額をキャッシュバックいたします。(GMOとくとくポイントもしくはキャッシュバックのいずれか)
対象取引:現物買付取引、信用新規買取引、信用返済買取引
※現物売却取引、信用新規売取引、信用返済売取引は対象となりません。

GMOクリック証券での売買手数料をキャッシュバック

こっちが本命。上限あるけど売買手数料が実質無料。GMOクリック証券使ってる人にはいいサービスだよね。私は口座持ってないし、頻繁に取引するわけでもないので口座開設はしないけど。

GMOクリック証券における売買手数料について、5,000円を上限に対象期間中に生じた取引手数料相当額をキャッシュバックいたします。(GMOとくとくポイントもしくはキャッシュバックのいずれか)
対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、くりっく365取引
※信用取引の金利・諸費用(貸株料・逆日歩・信用管理費・名義書換料)は対象となりません。

当社グループ各種商材・サービス割引

GMO系列で適用サービス対象の支払いに使える5000円分の割引。私はGMOとくとくBBの支払いに充填してる。年2回の優待だと支払いが月々833円安くなるのでありがたい。

GMOインターネット及びGMOインターネットグループで提供しているサービス(*2)利用料5,000円分をご提供します。

GMOとくとくBB株主様限定LTEプラン

通常月額3860円のLTE契約が2980円だから悪くはない。ただし2年縛りあり。ということは契約時に株主でさえあれば後は売ってもOK。

GMOとくとくBBの移動端末(イー・モバイルLTE接続サービス)を、株主様に限り特別価格でご提供いたします。
対象期間:平成25年4月1日~平成25年9月30日
月額利用料金:2,980円/月
※ 2年間の利用が前提となり、途中解約には違約金が発生しますのでご注意ください。

ここには書いてないけど別途事務手数料3150円が必要。機種は現時点だとGL06P予定。前述した当社グループ各種商材・サービス割引との併用も可能なのでそこそこ良心的。

GMOの優待ってどうよ?

12000円相当と言ってるけど、私の場合は実質5000円分の優待なんだよね。まあ100株保有してるだけなので贅沢は言うまい。十分満足してるよ。というわけでGMOの優待が使えるサービスの利用者か契約を検討してる人ならGMO株主になるのは悪くない選択に思える。

けど今は株高だからな。株価が下落すれば優待の利益など一気に消し飛んでしまう。また、会社の業績が悪くなれば優待改悪・廃止する可能性だってある。財務悪いから不況になったら一気に傾きそうだし。成長産業だからこの後も業績が上がってさらに株価上昇するかもしれないけど。

私はすでに買ったんで優待続く限りはホールドし続けるけどね。

GMOインターネット株式会社の優待と配当が来た。優待は最高12000円相当だが、GMOクリック証券の口座持ってないので7000円相当。配当は税込み300円。

それと次回の優待内容リニューアルのお知らせも入ってた。それによると「GMOインターネットグループ商材割引(5000円)」と「GMOクリック証券(5000円キャッシュバック)」は変更なし。

GMOとくとくポイント(2000ポイント)の代わりに新設された「くまぽんギフト券(合計2000円分)」は完全な改悪。くまポンに登録して一年ぐらいで購入したクーポンが一件、検討したのが一件しかない私にとっては使い道がなさげ。しかも、ギフト券は「500円券×4枚(2500円以上で利用可能)」との事。2500円以上で1枚しか使えないのならよほどお得なクーポンでないかぎりは死にギフト券になると予想。

もう一つ新設された「GMOとくとくBB(優待限定LTEプラン)」は詳細まだ不明。けどこれで見る限りLTEのみか。イーモバイルの4Gだと思うけど、これは家でも使うとなるとすぐに帯域制限に引っかかるからな。WiMAXプランも用意してくれないか。