Posts tagged ‘GMOとくとくBB’

くまポンイーモバ難民に助け舟

くまポン経由で契約したGMOとくとくBBのイー・モバイル3Gなんだけど。先月までで2年間の縛りが解けたんだ。今月からは3470円かかるので、他の乗り換え先に移るかこのまま継続するかを選ばないといけない。

本当はGMOとくとくBB WiMAX + 新型 Nexus 7 セットで0円みたいなキャンペーンで、Nexus 7の2013年モデルを無料で貰って契約しようかと思っていたが。既存のGMOとくとくBB会員だとキャンペーン適用されないんだよね。で、悩んでいたんだけど、先月にGMOからメールで「イー・モバイル3G 限定SIM接続サービス」の案内が来た。

http://gmobb.jp/lp/emobile/sim/

どうやら、くまポンで半額契約したユーザー専用の継続プランのようだ。内容は今までの割引価格と同じ月2120円で、くまポンでも2980円かかるアドバンスドプランと同等と思われるプロトコル制限のないサービスを利用できるというもの。

これだけなら既契約者にとってメリットのみの優遇サービスなんだが、当然デメリットも存在する。以前とは異なり、契約が2年単位となった。今さら先のない3Gサービスで2年縛りとは。1ヶ月単位で解約自由とまでは言わないけど、せめて1年単位だったらねえ。

そう思ったんだけど、結局契約してしまった。こうなったら、3G停波するまで使い続ける覚悟だよ。

20131115a

イー・モバイル3G 限定SIM接続サービス契約方法

ただ、今回のプランの契約方法は結構面倒な事になっている。オンライン上でサービス変更するだけじゃダメなんだよな。今回の限定SIM接続サービスを新規契約して、SIMカードを交換する必要がある。くまポン契約だと制限のあるプランからアドバンスドプランへの変更は、Webだけで完結するのに。あえてSIMカードを替えるって事は、見えないところでのサービス改悪とかがあるのではないかと勘ぐってしまう。

さらに、現在契約してるプランを解約しないと、来月移行も通常料金が請求されてしまう。その為、端末同梱の解約申請書に現在使ってるSIMを貼り付けて、GMOに送らないといけない。仮に、2年後に限定サービスの解約をする場合は、また同様の解約方法で二度手間になってしまう。なんで、こんなGMOとユーザー双方に負担をかける手段を選んだのかは理解に苦しむ。やっぱ裏があるのかね。

まあ、悪い事ばかり書いたけど、いい事もあったりする。まずは限定サービスの月額料金。契約最初の月は月額料金を請求されない。既存のサービスが縛り期間に申し込んでも、違約金を払わなくてもよくなる月まで新SIMの発送がされない。これにより、既存ユーザーはイーモバの回線を使えなくなる期間がなくなる上に、月額料金が新旧プランで二重請求される事も無い。

こういった、くまポンで契約した会員が移行する時の懸念を解消してる点は、GMOの今回の継続プランを評価してもいいと思う。実際に契約しちゃったわけだし。

改悪したらどうする?

とはいえ将来的な懸念までは解消されないのだが。まずは、現在のサービス内容がこのまま維持されるかどうか。GMO的にどうあれ、イー・モバイルの事情で品質の低下や通信規制の強化がされないとは限らない。事実、今年の夏には通信速度が42Mから21Mに変更されてるし。

続いて、GMO株主優待の改悪リスク。現在は年間1万円相当のサービス利用権がついてくるので、これを加味すると実質月額料金は約1287円になる。だが、優待が廃止されたり、GMOとくとくBBに利用できなくなるなどの変更が加えられたら、価格的なメリットが薄れてくる。こっちも、当初は、年1万円の利用権の他に、年4000円相当びGMOとくとくポイントもあったのだけど。ポイントは同額のくまポンクーポンに変わって、GMOとくとくBBの支払いには使えなくなったんだよな。

株優はともかく、通信のサービス内容が変更されたら何らかの補償対応はあるとは思いたい。前述した42M→21Mへのダウン時には、月額料金の引き下げ(くまポン組みは据え置きだったが)があったし。まあ、実用に耐えられなくなるぐらい改悪されたら、他に乗り換えるだけだが。解約月まで使い続けるのと、違約金の9975円を払っても解約するのを秤にかけてどちらかを選んで。家回線はADSL-Directあたりと契約するかな。結局、オレは食うだけ。

20130925a

GMOの中間配当が入金された。例によって270円。それと、本命の株主優待もキター。優待内容は変更なしか。実質割引券の「GMOくまポンギフト券2000円相当分」と、口座持ってないので関係ない「GMOクリック証券でのキャッシュバック」と、なんでWiMAXじゃないんだよな「GMOとくとくBB株主限定LTEプラン」は、個人的にはないと同じなんだよね。実質「GMOグループサービス利用料の5000円割引」のみ。まあ、それだけでも年間1万円相当なんだから、十分GMOの株を買ってよかったと思えるけどさ。もっとも、GMOの株が含み益だから言えるのかも。

なお、GMOの株主優待目的で株を買おうと思ってる人は、以前書いた記事も参考にしてください。ちなみに、本日のGMOインターネット証券株式会社の株価は1243円でした。

GMOの配当もあったな -投資の世界に「たられば」はないのだよ-

GMO株主優待の不満

とはいえGMOの株優も、ここは何とかして欲しいと思わない事もない。その一つが、以前は2000pのGMOとくとくポイントだったのが、くまポンの2000円相当のギフト券に変わった事。これが500円券4枚で一度に1枚しか使えない。しかも、買物金額2000円以上からじゃないと使えないという。前述したとおり、これなら割引券だろ。と思っていたんだが、いつのまにか変わっていた。GMOの株主優待サイトのよくある質問にこう書いてあった。

GMOインターネット株式会社 株主優待専用ホームページ

くまポン割引ギフト券の使用条件を教えてください

500円以上のお買い物につき、500円割引券を1枚ご利用いただけます。
一度のお買い物につき1枚のみとなります。

これなら多少マシにはなったかな。でも、500円以内でも使えないのは不便だな。もっとも、くまポン最大の問題点、クーポン買いたくなるような商品がほとんどないって点は、改善されてないんだよね。

もう一つは、GMOとくとくBBの株主限定プランが、LTEのみな点。どうして株主優待プランはLTEのみなんだろう。個人的にはLTEは通信規制が厳しいので、スマフォのみでちびちび通信する人とか。動画は見ないか低画質で長時間見ないようにするなど、契約者に不便を強いるサービスだと思ってる。なので、固定の代替も想定してるWiMAXの方が、そういった制限がないので同じ料金払うとしたら、LTE契約するなんてありえないと思う。

LTEとWiMAXのサービス比較については、以前にも書いたので良かったらそちらも参照してください。なお、下で例にしたキャンペーンは執筆時の物です。現在は、Amazon.comで新型Kindle Fireシリーズの発表があったので、無料とはいえ旧型Kindle Fire HDに手を出すべきではないです。日本での発表を待つか、2013年モデルの新型Nexus 7のキャンペーンを検討する事をお勧めします。WiMAXはWiMAX 2+という後継サービスが控えているので、2年縛りで契約を考えてる方は注意です。

LTEとWiMAXの比較は↓
GMOとくとくBB株主様限定LTEプランとキャンペーンで加入するのどっちがお得なんだ?

WiMAX+タブレットキャンペーンの注意点は↓
GMOとくとくBBで2013年発売の新型Nexus 7が無料だと -今回は発売直後に0円かよっ-

最新のキャンペーンは↓で確認してください。

ちなみに、GMOとくとくBBのキャンペーンでは、WiMAX契約すれば新型のNexus 7(2013)が0円購入なのに、イーモバLTEのだと17800円かかる。他にも、WiMAXキャンペーンなら、LTEだと3150円かかる初期費用も0円になるし。ここまでLTEよりWiMAXを優遇してるのは、LTEよりWiMAXの方を売りたいからだよね。だったら、優待にもWiMAXプラン用意すればいいのに。

他にも、GMOとくとくBBの既存契約者への乗り換えをまったく考慮してないのもマイナス。前述したページのよくある質問によるとこうなってる。

既にとくとくBBの移動端末サービスを利用しています。今後株主限定LTEプランに乗り換えた場合、違約金は発生しますか?

大変申し訳ございませんが、違約金につきましてはご利用いただく際の契約条項となっております。
違約金免除の特例は変更ございませんので何卒ご了承下さいませ。

そんな訳で、GMOとくとくBBの株主限定LTEプランは、既存の契約者や通信料が多い人には向いてない。前者も何とかして欲しいが。株主なら5000円のサービス割引が年2回あるからな。これがあるので、多少の不満は目をつぶってしまう。だが、後者は絶対に改善の余地ありだと思う。特に、WiMAXは後継サービスのWiMAX 2+が控えてるんだから。だったら株主優待プランで2年縛りさせるには、絶好の機会だと思って期待してたのに。がっかりだよ。

Web拍手へのコメントからの転載と返事です

>クーポン買いたくなるような商品がほとんどない  激しく同意しますw

下記ブログに2013年の株主総会レポートの記事がありますが。質疑応答で次のようなやり取りがあったようです。

GMOインターネット2013年株主総会レポート2

(14-6)くまポンで食事クーポンを買ったが、現金で払った方が安かった。クーポンの方が高いのはおかしいのではないか?返金などの対応をしてもらえるのか?電話でキャンセルできないか聞いたが、取り合ってもらえなかった。
→あってはならないことであり、ショックを受けている^_^; (と、本当に驚いているようでした)
何かの手違いだと思うので、確認して報告する。そのような場合は返金する。

また、レポート1の方では、関連会社のGMOクリック証券での質疑応答時に、「→(熊谷会長)改善しないと他社に負けてしまう。他社より劣っているのは我慢できない。No1を目指さないと意味がないので、社内では日々改善を強く求めている」という発言もあります。この言葉どおりに実行してくれる事を期待するとしましょう。ほんと、まじでよろしくお願いしますよ

いつのまにか、新型Nexus 7(2013)が発表されたよ。今回はGoogle本家だけでなく、Amazonとかでもオンラインで買えるよ。2012のは家電量販店でも売ってたけど、ネット販売対応はしてなかったと思ったけど。

ASUS Nexus7 (2013) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G

新品価格
¥27,800から
(2013/8/27 22:50時点)

Amazonと言えば、2013年8月23日(金)から2013年9月1日まで、Kindle Fireシリーズを3000円引きキャンペーンやってるんだよね。7月にも同じような値段で売ってたけど、クーポンコード入力しないといけなかった。今回のは販売価格がすでに3000円引きされてるので、Kindle Fire HD /32GBが12800円だよ。

前回の時でも、Kindle新機種の影がちらほら見えてたからな。今回こそ新機種販売前の在庫処分じゃね、って思ってたけど。Nexus7 2013を取り扱うんなら当然事前に情報入ってるよな。新型Kindleだけでなく、Nexus7の発表の後だと、売れ行きに影響あるとの判断からの値下げキャンペーンなのか。ちなみに、Nexus7の発売は8/28から。

新型Nexus7って買いなのか

今回のNexus7なんだけど、個人的には購入はしないと思う。確かに、スペックは上がってるのに、サイズダウン・軽量化がはかられてるのは魅力。カメラも前後についてるし。それでも、16GBで27800円という値段だと手が出しづらい。これだと、iPad miniと競合する価格帯だよ。

正直、2年以上使ってバッテリーがへたってきたiPod touch 4Gの後継に、片手でなんとか持てる7インチタブレットを探してはいたんだけどね。今回の価格はちょっと残念かな。ちなみにGoogle本家では$229で売ってるな。日本価格は1$=121.40円と、かなり割高なレートになってる。

ちなみにKindle Fire HD 16GBは、通常価格$199。期間限定で$159になった。これを日本の通常と3000円引きでの基準にすれば、レートは通常1$=79.40円、キャンペーン1$=80.50円。発売当時はかなり円高だったとはいえ、ほぼ市況レートと同じぐらいかな。ちなみに、Nexus7 2012の16GBモデルは、発売当初は$249。日本発売の後に$199に値下げ。日本ではずっと19800円のまま。当初1$=79.52円と、Kindle同様実際の為替レートとの剥離ない値付け。値下げ後は1$=99.50円だけどね。

それを考えると、今のKindleの日本価格はかなり割安な設定。現時点では1ドルだいたい97円ぐらいだから。仮に、新型Kindleが発売されるとしたら、どのぐらいのレートになるのか。旧モデル並に80円近くはないだろうが、100円割るぐらいはあるかもしれん。もしくは、Googleみたいに、今後の円安を想定してるのか、割高な設定になったりして。

それゆえ、今回の新型Nexus7の価格と、現行Kindle Fire HDの値下げ。おそらく次に来るであろう次世代Kindleを考慮すると、いったい何を選べばいいんだよ。一番いいのは、Kindleの新機種発表を待つことだろうが、絶対値下げキャンペーンの後にやるだろうし。

Nexus4も日本で発売されるぜ

今回の件で色々調べたら、個人的に待望していたNexus4が、ようやく日本でも8/30から発売されるという記事を見つけた。下記のプレスリリースでは価格はオープンとしか書いてないが、ニュースサイト系では店頭価格は49800円ぐらいとの記載。って、49800円だと。去年の11月に発売してる機種でか。

Google? から誕生した新しいスマートフォン「Nexus 4」、日本市場に向け8月30日より発売開始。

これはオレに第4世代のiPod touchを使い続けろって事かよ。

WiMAX+新型Nexus 7セット

例によってGMOとくとくBBがWiMAX+タブレットキャンペーンやってるんだけど。


今回はWiMAX契約すると、新型Nexus7が0円で購入可能になる。って、なんで発売直後の新型がキャンペーン0円なんだよ。WiMAX契約が24ヶ月縛りとはいえ、27800円の最新機種だぞ。去年、Nexus7 (2012)の16GBモデルが19800円で発売されると発表があった後のタブレットキャンペーンなんか、日本未発売の8GBモデルだったじゃないか。16GBモデルになったのは、発売半年ぐらいたってからだろ。もう訳が分からないよ。

とはいえ、GMOも慈善事業で商売やってるわけじゃないからな。何らかのトラップは仕込まれてると考えなければ。まずは、Nexus 7の発送について。

■Nexus 7 の発送について
・新型 Nexus 7 端末機器はWiMAX端末機器と同梱して発送いたします。なお、新型 Nexus 7 の在庫状況によりWiMAX端末機器を先に発送する場合がございます。

そうなると問題は、どのぐらいNexus 7の在庫を持っているかだな。2012年モデルは量販店とかでも販売されたけど、初回出荷分が少なかったのか軒並み在庫なしでなかなか買えなかったからな。

他に気になるのは、WiMAXの次世代サービス、WiMAX 2+について。2013年10月からサービス開始予定なんだけど、これが現行のWiMAXの利用者にどう影響するか。イーモバイルみたいに、LTEの利用者が増えたからって、3Gのサービスを下り最大42Mbpsから21Mbpsに下げるなどの、改悪があるかもしれない。

ちなみに、この件に関して、GMOとくとくBBがとった対応は、サービス名称を「イー・モバイル42M~」から「イー・モバイル3G」に変更して、料金を4,240円から3,470円に値下げするというもの。

イー・モバイル3G接続サービスの停波にともなう対象サービス名称変更と値下げのお知らせ

まあ、実際にWiMAXとWiMAX2の関係がどうなるかは、今の時点では分からない。一般的には、新サービスの当初の価格設定は旧サービスより安くなることはまずない。サービスが浸透するまでは、時間がかかる。ただ、今回のキャンペーンは月額料金については、値下げはない。24ヶ月の契約期間は決して短くはない。それを考えると、中々判断に迷うな。

事務手数料も無料だから、初期費用なし・月額料金のみでNexus 7の新型モデルが付いてくる。単純に考えても、27800円の割引だから損はない。2012モデルの時だと、19800円の端末代金+1万円のキャッシュバックが最高だったと思う。まあ、この条件になるまでに、発売開始から半年以上はかかってるからな。

タブレットがいつ届くかが不安ではあるが、WiMAX契約するつもりで、新型Nexus 7買おうと思ってたけど高くてげんなり、って人には魅力的ではなかろうか。私は、多分来月にはGMO株主優待の案内が来るはずだから。株主限定のLTEプランに変更があるかを確認してから動くとするよ。イーモバ3Gの縛りもまだあるしね。

AmazonでKindle Fireシリーズの3000円オフセールをやってるよ。これ使えばKindle Fire HD 16GB タブレットが12800円無印にいたっては9800円で買えるじゃん。この値段なら、Webとメール中心で、Amazon Android アプリストアが提供するアプリで十分な人には、かなり魅力的な端末になった。

ぶっちゃけ、1万ぐらいの中華タブレット買うぐらいなら、無印のKindle Fireでいいじゃんって気になるよ。まあ、個人的には無印はHDと比べるとコストパフォーマンスが悪いと思うので、3000円追加してHDにした方がいいと思う。とはいえ1万切ってるともう、いきおいで買ってしまいそうな価格帯ではあるけどね。

Andoroid端末買うなら、やっぱGoogle謹製のNexusだろうとは今でも思っているのも事実。それでも、今までなら19800円のNexus 7 16GBとの価格差が4000円だったけど、12800円なら7000円差にまで開く。どっち買えばいいのか、かなり迷う悩ましい金額になったな。

Kindle Fire HD 16GB タブレット

新品価格
¥15,800から
(2013/7/5 11:09時点)

なお、商品ページだと通常の15800円になってます。12800円で買うには、3000円オフのクーポンコードを入力する必要があるので注意。詳細は下記の通り。

【ご好評につき7/7まで延長!】下記クーポンでKindle Fire、Kindle Fire HD、Kindle Fire HD 8.9 がどれでも3,000円OFF! 2013年7月7日(日) 23時59分(日本時間)まで。

クーポンコード: FIRE3000

ご利用方法

1. Kindle Fire、Kindle Fire HD、Kindle Fire HD 8.9のいずれかをカートに入れ、レジに進みます
2. 注文確定画面でクーポンコードを入力して、「適用」をクリックします
3. 3,000円が割り引かれていることを確認のうえ、注文を確定します

・このキャンペーンは2013年6月28日(金)0時から2013年7月7日(日) 23時59分(日本時間)までです
・上記クーポンは一度のご注文にのみご利用いただけます
・Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。
・クーポンの使用方法、細則について詳しくはこちらをご確認ください

Amazon.co.jp: Kindle サマーセール

うまい話には罠がある!?

今回のクーポンは確かにお買い得ではあるけれど、だいたい値下げされるって時は何かあるんだよね。例えば、新機種発表前の在庫処分とかさ。

今思えばくまぽんで契約したGMOとくとくBBの時がそうだった。3Gプランが基本料金半額になるクーポンで解約したら、その後にLTEプランとLTE対応した新型無線ルーターの発表があったからな。個人的には、LTEの料金考えると、3Gでも安い方が良かったからいいけど。

そんな訳だから、発売後しばらくたった後の値下げには、購入してから新機種が発表されても泣かない覚悟をして挑む必要があろう。

12800円は安いけど、WiMAX契約するなら0円なんだよね

WiMAX契約するんならGMOとくとくBBのWiMAX + タブレットキャンペーンなら、Kindle Fire HD 16GBモデルが0円で、さらに1万円のキャッシュバックがあるんだけどね。相変わらず7月になってもキャンペーン延長してると思ったら、いつの間にかNexus 7のタブレットセットキャンペーンが無くなってるよ。がっくし。本当に在庫限りだったんだな。

GMOとくとくBBのキャンペーンについては何度か記事に書いてるけど、キャンペーン期間が設定されてるが過ぎても延長される事が多い。内容は変らない時もあれば、良くなる(キャッシュバック追加・増額等)事もあるし、悪くなる・なくなる事もあるので注意。なので、最新のキャンペーン内容は↓で確認してください。


GMOインターネット株式会社第23期第1四半期の配当が、マネックスの口座に入金されてた。税引き後270円。私みたいにインカム重視で株やってる人間からすれば、現時点での予想配当利回1.31%ってのはそんなにおいしい銘柄ではないのだが。ここの株主優待は、GMOとくとくBBユーザーの私には、うまみがありすぎるからな。

・GMOの株主優待についての記事は↓
GMOの第22期株主優待キター! -ついでに配当も-
・GMOとくとくBBと株主優待のコンボについての検証は↓
GMOとくとくBBのWiMAX+タブレットキャンペーンが本当にお得なのか計算してみた

上記の記事は2013年3月14日と4月3日に最初に書いた物です。どちらもGMOの株主優待には魅力を感じている反面、当時の株価で手をだすには値下がりリスクを懸念していた。ちなみに、GMOの株主優待の権利月は6・12月。6月の権利確定日は25日だから、昨日か。もしも、この記事の後にGMOの株を買っていたらどうなっていたのか、ちょっと検証してみることにする。

もしもあの時GMOの株を買っていたなら

実際の権利確定日の株価は961円。なので、これより下で買えた日をピックアップしてみる。株価は終値のみで判断してます。実際の売買には手数料・税金があるので、961円未満で購入したとしても損失が発生する場合があります。

というわけで、2013年3月14日以降の株価を見てみると、最安値は3/18の790円。株主優待の記事の後に買っていればタイミング的には悪くなかったか。4/5までは900円ちょいぐらいで買えたから、GMOとくとくBBのキャンペーンの記事の後でも、まだ安値圏かな。4/8に一気に961円にあがってからは、4/10 943円・6/6 912円・6/7 867円・6/10 951円・6/13 942円・6/14 941円しか買い場がない。

逆に最高値は4/24の1362円。この時に買った人は、ご愁傷様としか言いようがない。

結果だけ見てみると「今は買うな時期が悪い」みたいな記事を書いてたけど、その時に買っておけば権利日にはプラ転してたな。権利日にはね

ちなみに株主優待や配当を貰うには、株をずっと保有している必要はない。たった1日だけだとしても、権利日にさえ保有していればよい。なので、翌日には売っても株主優待・配当の権利がある。で、その1日違いで権利がない日の事を権利落ち日という。通常、権利落ち日には株価が大幅に下落する。特に、配当利回りの高いところや株主優待が豪華なところだと、その傾向が顕著になる。

GMOの6月権利落ち日の株価はいくらだったのかというと、908円。ここまで落ちると、含み益になる買い場はさらに少なくなる。しかも、明日以降も株価が下がらないとも限らない。そんな訳だから、GMOの株を買って良かったかどうかなんて、その時になってみないと分からないものだよ。まあ時系列の株価を見た後なら、高値圏で買うと含み損を抱える確立が高く安値圏なら含み益でニヤニヤ出来る確立が上がるって事だけは分かってもらえたと思う。

最後に、今現在のGMOの年初来高値と年初来安値を書いときます。株価800円前後でも株高とか記事に書いたのも納得できるよな、と自己弁護。

年初来高値:1,375(2013年4月24日) 年初来安値:553(2013年1月7日)

もっとも、2012年なら300円切ってた時もあったんだけどね。

今回の株価データは、Yahoo!ファイナンスの株価時系列より
http://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=9449.T&sy=2013&sm=3&sd=14&ey=2013&em=6&ed=26&tm=d&p=2