Posts tagged ‘Fire タブレット 8GB’

20151205c

TOSHIBA(東芝)(32GB 48MB/s) UHS-I対応 Class10

前回の記事で書いた通り、Fireタブレット用に買った東芝海外パッケージのmicroSDカードの動作確認してみた。とりあえずは現物の写真から。梱包は上海問屋のロゴ入りクラフト封筒で送られてきた。商品はプチプチ袋入り。

20151206a 20151206b

パッケージは紙製で、中身を取り出すにはハサミとかで切って開ける必要あり。原産国は「Made in Taiwan」だった。

20151205a 20151206c

ちょっとピンぽけて判別しにくいが、パッケージ裏には日本語で「特定の海外/地域向け製品のため、日本国内でのサポートは受けられません」と書いてある。東芝製とはいえ、並行輸入品なのでサポートは期待できないので注意。

20151206d

パッケージを開けた中には、英語と中国語らしき文字で保証内容とかが書いてある。取説はWebで見ろというエコ仕様。microSDカードは紙とプラスチックのパッケージで密閉されてる。中にはmicroSDカードのみで、変換アダプタやケースは付属してない。

20151206e 20151206f 20151206g

上海問屋で購入した経緯は↓
「【送料無料】マイクロSDカード SDHCカード 32GB TOSHIBA(東芝)(32GB 48MB/s) UHS-I対応 Class10」を買ったんだが -発送メールから4日かかった-

Fireタブレットで使ってみる

20151206h

続いて、Fireタブレットでの動作確認。スロットカバーを開けて挿入すると、デフォルトでビデオ・写真・アプリがSDカードに保存されるというメッセージが出た。未使用状態での空き容量は28.97GB。

20151206i 20151206j

ベンチマーク

今回購入したmicroSDカードはUHS-IのClass 10だから、スペック的には「最低保証速度10MB/秒」出るはずだが。

参考
SDメモリカードの違い|東芝:パーソナルストレージ

海外パッケージだから、下手すると偽物とか偽造品かもしれないのでベンチマークを取って確認してみた。使用したソフトはA1 SD Bench。Amazonのアプリストアにはないので、Google PlayからAPKを入手してインストした。

A1 SD Bench – Google Play の Android アプリ

結果は、Read 33.72MB/s・Write 11.88MB/sだった。ベンチ取る前に音楽やビデオをダウンロードしたのは失敗だったか。ちなみに内蔵ストレージの方は、Read 119.78MB/s・Write 20.69MB/sだった。

20151206k

パッケージにはRead 48MB/s出るみたいなことが書いてあるが、おそらくUHS-I対応デバイスでの最大値と思われる。一応、FireタブレットはUHSに対応してるんだな。

Amazon.co.jp ヘルプ: SDカードを挿入、管理する

Fireタブレットは、すべてのクラスのUltra High Speed(UHS)microSDカードに対応しています。

アプリのSDカードインストール

続いて、内蔵ストレージの容量を圧迫してるアプリをSDカードに移動してみる。まず、1.39GBと無駄に容量くってる千メモからと思ったら、SDカードに移動不可だった。アカツキ使えねえ。

20151206l

今度は276MBのパズドラを試してみる。SDカードに移動できたが、一番容量くってる端末のデータ223MBが移動できないんじゃ意味なし。ガンホーも使えねえ。

20151206m 20151206n

そんな訳で、SDカードにアプリをインストールできるとはいえ。対応してないアプリや、対応してても内蔵ストレージから移動できないデータがある事を考えると。実質6GB弱の空き容量しかないFire タブレット 8GBだと、かなり運用が制限されるな。

Amazonコンテンツはどうよ

最後にAmazonのコンテンツについて。結論だけ言うとPrime Musicプライム・ビデオの音楽・動画はSDカードにダウンロード可だが、Kindle本は本体にしか保存出来ないようだ。

個人的には、容量の大きいマンガや雑誌はローレゾ7インチの画面で読む気はしないとはいえ。ラノベとかならKindle Fire HD 8.9よりは、Fireタブレットで読みたいのでちょっと残念な仕様。

今回の感想

今のところ、microSDカード自体の評価としては問題なし。Fireタブレットの動作もとりあえずOK。後は耐久性だが、こればっかりは使ってみないと分からないからな。まあ、信用できる店から買うなら、国内ノーサポートが気にならなければ、東芝の海外仕様のパッケージも悪くはないかな。値段差考えると、Amazonのトランセンドの国内正規品の方が無難な気はするが。4980円のタブレットになら、数百円でもケチりたくなるわな。

けど、楽天の期間限定ポイントがなければ数百円高くても、当日お急ぎ便でこっち買ってたけどな。

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400× (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1PE (FFP)

新品価格
¥1,400から
(2015/12/6 16:37時点)

Fireタブレットで使うなら、「Made for Amazon認証取得」で「Fireタブレット(Fire、Fire HD 8、Fire HD 10)とAmazon Fire TVで動作確認済みのmicroSDカードです」のSanSiskの買うのが一番面倒がないかもしれんけど。4980円のタブレットの半額以上のmicroSDカードは流石に手出しにくい。

SanDisk 32GB microSDHCカード (スピードクラス Class10, UHS-I, 最大転送速度: 48MB/s)

新品価格
¥2,690から
(2015/12/6 16:37時点)

まあ、海外パッケージとはいえ一応東芝だし。1年持てば勝利、2年持ってくれれば大勝利って事にしとこう。

Fire タブレット 8GB到着

昨日注文したFire タブレット 8GBが届いたんだけど。今回はAmazonいつものダンボールだったな。それはともかく、パッケージはFire TV STickみたいに、ビニール袋に紙の箱が入ってた。箱自体はKindle Fire HD 8.9と比べるとチープだな。

firetablet8GB002 firetablet8GB003

中身は本体と、取説・ACアダプタ・USBケーブル。USBケーブルは60cmぐらいと、短めで使いにくいか。個体差かもしれんが、ケーブルコネクタがきつめなのか、着脱にかなりの抵抗があるのが気になる。

firetablet8GB004 firetablet8GB005

ACアダプタはFire TV Stickのよりスリムだな。これなら横に2つ並べられそう。Fire TV Stickのもこれにして欲しかったか。

firetablet8GB006

向かって右がFireタブレット、左がFire TV Stickのアダプタ。Fireタブレットの表面がテカってるのは、保護フィルムみたいのを外してないから。

取説はイラストのみで異常に簡素。もう一つは保証内容が多国語で書いてある。

firetablet8GB007 firetablet8GB008 firetablet8GB009

詳細についてはWebで見ろってスタンスかな。

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire (第5世代)ヘルプ

本体は軽量でも薄型でもないと思うけど。普段、重量級のKindle Fire HD 8.9使ってるから、かなり軽く感じる。ただ、背面ラバーコーティングみたいなKindle Fire HD 8.9と違って、プラスチックっぽい素材のFireタブレットはかなり滑りやすいと思う。一応、多少ざらついた加工はしてあるが、外での使用がメインなら滑りにくいカバーがあった方が安心だな。

firetablet8GB010 firetablet8GB011

ボタンはプラスチックで、いかにも安物って感じ。microSDのスロットカバーが耐久性なさそうなのは仕方ないか。できるだけ大容量のメディアを用意して、抜き差しを最低限に抑えたほうがいいだろう。まあ、この値段でカバーあるだけマシって考えたほうがいいかな。

電源入れてみた

そんな訳で、充電しながら電源入れてセットアップ。言語設定して、モバイルルータのパスワードとか無線LANの設定すれば、Amazonのアカウントとひも付けされてたみたいですぐ完了した。この時点での内部ストレージの空き容量は4.51GB。ちなみに、8GBのうち使えるのは5.63GBみたい。

firetablet8GB012

プライム・ビデオ

とりあえずプライム・ビデオで、ストリーミングじゃなくダウンロードして動画を見ることにした。今回試したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 」の吹き替え版。1時間48分のSD画質でファイルサイズは593MB。

firetablet8GB013

例によって動画中のキャプチャは画面真っ黒になるので画像は出せないが、ローレゾ液晶にもかかわらず画質の劣化はあまり感じられなかった。SD画質なら解像度は720×480でアスペクト変更してるんだと思うけど、だとすれば液晶に合わせて引き伸ばしてるから通常ならぼやぼやになるはずだが。7インチ液晶という小ささが幸いして、気にならないんだろうな。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (吹替版)

新品価格
¥300から
(2015/11/26 20:44時点)

Prime Music

続いてPrime Music。これも普通に使えた。一旦音楽再生した後に電源ボタン押せば、画面が消えたまま再生したり、他のタスクに切り替えてバックグランドで流せたり出来るので、音楽プレイヤーとしての最低限の機能はあるな。ゲームとかアプリで音楽流す奴と一緒でも再生されるから、パズドラやりながらPrime Music聞くこともできるぞ。需要があるかはともかく。

音質も、思ってたほど悪くはない。ドルビーもないモノラルスピーカーだけどまあまあ聞けた。それにしても、楽天レンタルでまだ借りてない堀江由衣の「ワールドエンドの庭」がPrime Music対象になってるとは。あっちだと準新作扱いなんだぜ。これでレンタルしなくて済んだな。

ワールドエンドの庭

新品価格
¥2,500から
(2015/11/26 20:44時点)

microSD入れてみた

今回microSDカードは注文してなかったけど、動作確認のため手持ちの2GBのをとりあえず入れてみたが。低速だから「性能に支障をきたす可能性があります」とか警告されたよ。

firetablet8GB014

流石に、本体内蔵メモリ未満のmicroSDカードを使うつもりはないんだが。それなんで、外部ストレージ追加するのは内部が足りなくなってからでいいかな。Amazonプライム会員なら、トランセンドとかのメディアなら当日お急ぎ便対応だしな。

動作的には、FireタブレットからはES ファイルエクスプローラーでアクセスできるし。USBケーブルで繋げば、PCから内部ストレージ同様、microSDカードの中身も読み書きできる。特別なソフト必要なしで、PCとファイルのやり取り出来るのはAndroid系のメリットだよな。というか、iTunes必須のiOS系がうざいだけか。

Fire タブレット 8GB現時点での感想

とりあえずファーストインプレッションは、意外にサクサク動いてローレゾだけど画面はきれい。液晶は流石にIPSだけあって、この値段とは思えない。個人的にはノングレアの方が好みだけど。ただ、画面の明るさ、最低にしても結構明るい。省電力的にはこの辺はマイナスかな。

バッテリーの持ちに関しては、まだ使い始めだからなんとも言えんが。600MB弱のファイルをダウンロードして、1時間50分の動画視聴の後で100%→80%だから、この程度の負荷なら公称7時間は余裕で持つんじゃね。

現時点だと、8980円ならどうかは分からないが、4980円ならよほど致命的な欠点でもなければ良い買い物じゃね。まあ、スマホやタブレットを1台も持ってなくて、これが初めてとかならお勧めはしないが。2台目以降のサブ機としてなら、アマゾンのサービスに魅力感じるならお勧めできる。当然、プライム会員登録は必須だけどね。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/11/26 20:45時点)

Fire タブレット在庫あり

なんか、在庫状況が12月入荷だったFire タブレット在庫ありになってた。プライム会員クーポンコード4000円引き(プライム無料体験中だとAmazonギフト券4000円)もまだ健在だな。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/11/26 00:16時点)

実は去年、確か発売前にプライム会員だと3000円引きで買えた、Fire HD 6タブレットを買おうか迷ってたんだけど。待たされるの嫌だから、発売後在庫ありで当日お急ぎ便使える状態になってからにしようと思ったら発売日前に3000円引きなくなったんだよね。それでなんとなく買えなかったんだけど、今回のは発売後でもまだ4000円引きやってるのはありがたい。そういう訳で買ってみたよ。ちなみに延長保証は付けなかった

20151125a

Fire タブレットについては、発表があった時に色々検討して、延長保証必要だろと思ってたんだけど。やっぱ4980円で買うなら、1480円とか1880円の延長保証とか付けたくないよな。4980円なら初期不良のみの中華タブ並の価格なんだから、こうなったら3ヶ月過ぎてぶっ壊れたら寿命だと諦める。半年でトントン、一年なら御の字、二年持てば儲け物ぐらいのつもりでいいんじゃね。

検討した時の記事は↓
Amazonの新型タブレットがプライム会員だと4980円で買えるけど90日間限定保証なら延長保証は必須か

まあ、延長保証には期間内1回のみのバッテリー交換が含まれるから。これなら最低2~3年は使えると思うけど。現時点でも低スペのローレゾ機なんだから、Android端末的な使い方はどのみちそんなに長くは持つまい。まあ、Amazonのサービスについてはそれなりにサポートされるとは思うけどね。

Fire タブレット 8GB ブラック

なんかAmazonで、5000円でタブレットが買えるってんで調べてみたんだが。新型の「Fire タブレット 8GB ブラック」の通常価格は8980円だけど、プライム会員限定4980円になるんだと。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/9/18 22:40時点)

私みたいにすでにプライム会員になってる人にとっては悪くないけど、これ目当てにプライム会員になるのはどうかな。まあ、30日間の無料体験したことないなら、無料体験中の購入4000円のAmazonギフト券がもらえるが。これプライム会員登録しないともらえないんだよな。しかも、登録してプレゼントされたAmazonギフト券を使ったけど、1年以内に登録をキャンセル(出来るのか?)した場合、クレジットカードからAmazonギフト券使用分の金額を請求するとのこと。

【プライム会員限定】 最新「Fire」タブレットがクーポンで4,000円OFF

なので、プライム会員の特典が欲しければ、素直にAmazonの軍門に下らないと無理だね。

4980円なら買い?

ざっとAmazonの商品ページを見て、カタログスペックを中心に検討してみたんだけど。個人的には4980円ならありだが、8980円ならないかもって感じかな。

ディスプレイ

画面は7インチだけど、解像度が6インチのFire HD 6の1280×800より低い、1024×600なんだよね。液晶はIPSだから安物ではないだろうが、微妙にケチってる。

このサイズだと漫画読むには、スマホ向けに最適されたような奴じゃないと厳しいかな。見開きはまず無理だろう。さらに、動画は当然SD画像になるだろうな。9月下旬スタート予定のプライム・ビデオ対応とはいえ、家での視聴がメインの人には物足りないんじゃね。出先での視聴がメインなら問題ないかもしれんが。

プロセッサ・メモリ

プロセッサクアッドコアで最大1.3GHzだが、製品名は公表してない。その時点でお察しなんだが、Amazonの場合はそんなにヒドイものは載せてないはず。

家のHD 8.9に搭載されてるOMAP 4470だと、当時でも遅いと言われたけど。確かにベンチは振るわなかったみたいだが、1920×1200のHD動画の再生には問題ないんだよね。遅いけど低消費電力でマルチメディア性能は優れてることを考えると、Amazonコンテンツの再生を重視してるとは言えてる。

Kindle Fire HDの登場で加速するモバイルSoCの発展

そんな訳だから少なくとも、動画再生に使えないってことはないと思う。もっとも、画面が1024×600しかないからHD動画再生に比べたら負荷は少ないだろうが。

なお、メモリは1GBなので最近の重いアプリだときついかもしれんな。そこまで処理速度要求するアプリの利用がメインなら、普通はハイエンドタブレット買うだろうけど。

ストレージ

内蔵8GB利用可能領域が5GBは少なすぎる。だが、microSDカードに対応できるから致命的な弱点にはならない。ただ、アプリによっては内蔵メモリにしかインストール出来ないのとかあるんだよね。最悪でも、Amazonで購入したコンテンツならmicroSDカードに保存可能だと思うが、9月末開始予定のプライム・ビデオに関する記述しかないんだよね。

Coming soon― プライム・ビデオはダウンロードできるので、オフラインでもFireシリーズですぐに視聴できます。つまり、車や飛行機の中、休暇時など、Wi-Fi環境が得られない場所でも、いつでもエンターテインメントを楽しめます。microSDカード (別売)を使用すれば、ストレージを128GBまで拡張でき、さらに多くのコンテンツをダウンロードできます。

これが気になるなら、microSDに保存可能なコンテンツが明らかになるまでは買えないかな。

サイズ

大きさは191×115×10.6mmということだけど。これより小さいHD 6の実物(161×103×10.7mm)触ったことあるけど、かなり分厚く重く感じたな。Fire タブレットはこれより大きいから、相対的に薄くは感じるだろうが、それでも厚めなことは変わりないと思う。それなんでごついことは予想されるが、それだけに強度は他タブレットより自信があるんだろう。

落下テストで最新のiPad Air2の2倍の耐久性が証明されています。壊れにくく、安心して毎日お使いいただけます。注)ランダム落下試験により、耐久性において2倍持続との結果

けど、HD 6と違ってゴリラガラスと明記してないってことは、違うんだろうな。


信頼の耐久性

厳しい耐久性テストを実施し、頑丈なGorillaガラスを採用したFire HDタブレットは、耐久性にもすぐれた安心して使えるタブレットです。

その他

廉価版らしく、Wi-Fiはシングルバンド802.11b/g/nのみ。スピーカーもDolbyオーディオなしでモノラルだな。バッテリーも7時間と、HD6の8時間より少ない。プロセッサが分からないからなんとも言えないが、HD 6(クアッドコア最大1.5GHz)よりクロックが低く、画面解像度も狭いのに使用時間が短いってことは、おそらくバッテリー容量も少ないと思われる。それでも、5000円タブレットで7時間持つ機種なんてそうそうないとは思うけど。

保証期間

最後にFire HDタブレット最大の弱点について。現在過去のFireタブレットラインナップの中で、私の知る限りこの機種だけが保証期間が90日しかないんだよね。他は1年なのに。この辺は、並行輸入で初期不良のみの中華タブレットに毛が生えた程度か。

まあ、オプションで延長保証付けられるけど。当然有償ですが。

延長保証

商品説明でも「オプションで別売の延長保証をご利用いただけます」と書いてあってリンクが貼ってあるが。内容は、1・2・3年で1480・1880・2480円だからな。1年延長するならHD 6が割引の時買ったほうがいいかもしれん。それ考えるとと、つけるなら2年か3年かな。保証期間1年あれば、壊れたら4980円で買い換えたほうがいいと思うけど90日だからな。

そう言えば、プライム会員限定の4980円って期間限定なんだろうか。そうじゃないなら延長保証のほうがいいか。

この延長保証って、Amazonじゃなくテックマークジャパンて別会社がやってるんだな。けどこの保証、一律料金じゃなく機種によって値段が変わるので、廉価なFire タブレットと比べて、Fire HD 8とか10の方が高くなってる。

保証内容的には、落下とかのメーカー保証対象外の他に、バッテリーの消耗に関しても保障してるのは魅力かな。どっちも保証期間内に一度しか使えないけどね。まあ、2~3年で2回以上タブレット破損させてるドジっ子さん以外なら加入するメリットありそうだな。

4980円のタブレットに、製品価格の4割近い1880円とか2480円の保証付けるのは心理的な負担が大きいけどね。

今回の感想

Androidベースとはいえ、Amazon独自OSというのがメリットにもデメリットにもなるけど。それを差し引いてもプライム会員なら、もうこの価格帯の中華タブレット買う意味ないかな。実際に使ってみないと分からないこともあるが、カタログスペック見て判断する限りでは保証期間以外に弱点はないかな。まあ、スペックが低いってのはあるけど、そりゃ価格なりだし。

そのことを理解して割りきって買うなら、おそらく買って後悔する可能性はmicroSDカードにAmazonのコンテンツが保存できない場合ぐらいだが。もっともそれが出来ないようなら、「an・an」じゃないけど、間違いなく返金もののクレーム付きまくるだろうが。

実際は現物触ってみないとなんとも言えんけど、プライム会員限定のこの値段なら細かいことは気にすんなの一言で済ませてもいいかもと思えるんだけど。けど、やっぱり保証期間だけは気になるな。