Posts tagged ‘EXE-iグローバルREIT’

ワリート分配金

今月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。とうとう、ワリートも分配金70円から50円に引き下げられたか。さらに、トランプリスク発動のせいか基準価額下がって、全額特別分配転落したよ。

まあ、ワールドREIT関連の毎月分配型投資信託が軒並み引き下げしてたから、ある程度予想してはいたけど。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

気を取り直して、マネックスと楽天証券で買ってるワールドリート投信のパフォーマンス比較。ワリートの方は約+12.29%と若干の下げ。

一方、EXE-iグローバルREITファンドも19.70%と下がってるが、ワリートよりはマシなのでパフォーマンス差は7.41%とまた広がってる。

今回の感想

そんな訳で、トータルリターン的にはプラスだから、まだあわてるような時間じゃないけど。再び買い場が訪れた時は、毎月分配型投信からは手引いた方がいいかもしれんな。

それにしても、理屈では税金と信託報酬の差額の分だけ低コスト投信の方がパフォーマンスがいいのは分かってはいたが。複利の効果もあるといっても、1年程度でここまで数字が違うなんて、なんか計算方法とかミスったのかなあ。それとも、まじでここまで違うのか。

ワリート分配金

今年最初のワールド・リート・オープンの分配金報告なんだが。先月に引き続き全額普通分配で、所得税と地方税1072円・350円抜かれた手取りは5578円だったよ。

最近は、ワールドREIT投資信託で分配金引き下げが続いてるのに、ワリートは70円維持したか。ワリートより資産総額が多いラリート(ラサール・グローバルREITファンド)も60円から40円に引き下げてるけど、いつまで続けられるんだろ。

海外REIT型投信、アセマネOneなど分配金引き下げ

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)|日興アセットマネジメント

ワリート対EXE-iグローバルREIT

次は、世界リート投信のパフォーマンス比較をしてみる。まずはワリートから。分配金出したから口座上の損益はいまいちだが、トータルリターンだと約+14.82%とまずまず。

一方、EXE-iグローバルREITファンドの方もこれまた好調で、約+21.63%と購入以来最高水準か。その点はワリートも同じなんだが、それでもパフォーマンス差が6.81%とこれまた過去最高に広がったか。

次に全世界リートに投資する時は、ワリートは外してもいいかもしれんな。

いつものマネックス

以下余談。ワリートを買ってるのはマネックス証券なんだけど。年明けからシステムがリニューアルされてまた使いにくくなったんだけど。まあ、この辺は慣れもあるからしたないと思うけど。ログインしないと見えないけど、現在「買付可能額が正しく表示されない不具合」が治ってないらしい。年末年始を潰されたエンジニアの呪いか、単なるやっつけ仕事か手抜き作業だったのかは知らんが。まあ、マネックスの場合なんか新しいことすると毎回のようにトラブル起こしてる気がするから、いつものことだろ。

どうでもいいんだけど、マネックスってザラ場中にログインすると毎回のように「コールセンター電話が繋がりにくい状態」みたいなメッセージ出るんだけど、よっぽど人足りてないんだろうな。どうせ外注の派遣だろうけど、ネット証券に電話しなきゃならない状況になるより、出来る限りWeb経由のやり取りで済ませられるよなシステムにすべきだよな。まあ、苦情関連はマネックス社員じゃない非正規の外部丸投げだろうと、直接電話で言いたいってのも分かるけど。

ワリート分配金

そんな訳で、今年の最後のワールドリート・OP分配金が確定したんだけど。今回は全額普通分配で、所得税と地方税が1072円・350円引かれて、手元に残ったのは5578円。まさか、年内に普通分配復帰できるとは、トランプ様様だな。

ちなみに現在の口座上の損益は、+9000円と含み益になってる。一見するとショボいが、受取分配金6万弱含んでないからな。全部普通分配じゃないとはいえ、分配金出る度税金取られるの考えるとやっぱ痛いか。特別分配は税金なしとはいえ、タコ足配当だからこっちはこっちで痛いが。

それはともかく、結局今年のワリートは紆余曲折あったけど、分配金引き下げ無しだった。まあ、毎月分配ファンドでそれやると分配金絶対もらうマンの資金流出するおそれがあるからな。運用会社も一種のチキンレース感覚なんだろう。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

続いて、ワリートEXE-iグローバルREITファンドのパフォーマンス比較だが。ワリートの方は約+13.3%と4月につぐ好成績だったが、EXE-iは約+19.24%と今年最高の成績を出してパフォーマンス差を5.94%とこれまたかつてないほど広げてる。

いくらなんでも広がり過ぎじゃねえかと思うので調べたら、両者の基準価額のチャートの動きがだいぶ違うのに気づいた。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型) | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

SBIアセットマネジメント [ ファンド情報 ]

EXE-iのチャートは激しく動いてるけど、それに比べればワリートの方はあまり変化がない。まあ、毎月分配してるから分配なしのファンドより上昇が抑えられるのは当然だが。さらに、EXE-iの現時点の基準価額は今年買って以降の最高値圏に近い。こういった上昇相場だと、分配金受取で一部がキャッシュになってるより、全額フルインベストメントの分配してない方が有利ってことなんじゃね。

余談だが、ワリートの方の「基準価額(分配金再投資)」のチャートは信用してはいけない。分配金再投資で毎月分配型投信を買ってる場合、分配金(特別分配除く)があるたびに引かれる税金が考慮されてない、WiMAXとかLTEでいう広告宣伝用の理論値なので。

基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。

こういうコスい事してるから、毎月分配型投信は詐欺とか情弱が引っかかるとか言われるんだよな。もっとも、1年弱パフォーマンス差を比較してみたところ、理論的にも実際にもまったくその通りかもしれんな。

今回の感想

そんな訳で投資の定石通り、毎月分配型投信は現在の税制的には分配なし投信よりも不利なことは確かだな。ワリートに関して言えば、アクティブファンドだからインデックスの低コストREITファンドを上回るパフォーマンスを叩き出せるなら、高い信託報酬の払いがいがあるとも言えるが。現状だと、インデックスに対する優位性があるとは思えないからな。投資信託は、客が買っても負けても一定の信託報酬が入る楽なお仕事ってのは、確かにその通りかも。

とはいえ、ワリートも税引き後で13%以上のプラスになってるからな。そう考えると、どうしてEXE-iとここまで差が開いたのかはホント謎。ついでに書くと、EXE-iはインデックスファンドじゃなく、ETF(現在は2銘柄)に投資する変態ファンドなんだよな。今後の展開はどうなるかは不明だが、日本に上場してない低コストETFに投資したいけど、米国株の口座開いたり手数料払うのは財布に厳しい貧乏人にはこういうファンドはありかもしれんな。あとは純資産残高がもうちょっと増えてくれれば。

a0002_010334

ワリート対EXE-iグローバルREIT

ちょっと遅くなったけど、世界リート投資信託のパフォーマンスを比較するよ。別に、基準価額が下がりまくったんで現実逃避してたわけじゃないよ。

まずはワリートから。口座上は-24500円の含み損だが、受取済みの分配金含めると一応+2.05%ぐらい。円安に救われてるのか。というか、この為替水準でこのざまかよ

20161113a

続いてEXE-iの方は+18204円。こっちも含み益が削られて、現在+6.01%ほど。両ファンドのパフォーマンス差は3.95%と、またしても差が開いたな。ここまで信託報酬以上の差が開くと、比較対象間違えた気もしてきた。

20160113b

両ファンドの今後については、まあ様子見でいいか。

マイナンバー

話は変わるが、楽天証券マイナンバー提出方法スマホのアプリコピーの郵送しかないクソ対応なのが気になるんだけど。

マイナンバー登録方法 | 楽天証券

最近の若者はスマホしか持ってない人もいるって話だから、そっちに合わせてるのかもしれんが。むしろ、スマホで写真取るだけで済むから、PC持ってる客もありがたいと思ってる人もいるんだろうか。それでも、Webブラウザ版でもマイナンバー入力させてから書面を郵送して、紙のコピーの提出を要求する外為どっとコムに比べればまだマシか。こっちはスマホでも同様だから、クソさは楽天証券の比じゃないか

マイナンバー(個人番号)登録方法

ちなみに、前にフィデリティのグロハイ買ってたスルガ銀行で投信買わなくなったのは、特定口座だとマイナンバー要求されるのを見越して何だが、その判断は正解ぽい。ここは、具体的な方法は不明だが、マイマンバーの他に身分証明書まで要求してるからな。

マイナンバー制度に関するお知らせ|スルガ銀行

マネックスもまだ未定だが、ここはWebアップロードと郵送両方出来るようにするが、身分証明書も必要。

マイナンバー/マネックス証券

金融機関なら口座開設する時に免許証とかで本人確認してるんだから、マイナンバーだけで登録できるようにすべきだろ。今のとこ一番マシなのが、Webアップロード可能でマイナンバー記入されてる書類だけで済むセントラル短資FXの対応か。

マイナンバーの登録方法 2015年12月以前に口座開設したお客さまの場合|FXなら安心と信頼のFX セントラル短資FX

この調子で、マイナンバーが普通の銀行口座にも紐づけされるようになるなら、スルガ銀行とか利用頻度の低い口座は整理しないと面倒くさくてしょうがない。金融機関とかがマイナンバーと一緒に、本人確認のため身分証明書を要求するのは政府の意向みたいだが。

マイナンバー社会保障・税番号制度

そんなのに力入れるより、白紙領収書の方が問題だろ。それ以前に、マイナンバー導入するなら個人より先に、政治家を人柱にして政治資金で効果を確認しとくべきだったろ。今からでも遅くないぞ。

なんか、ワールドリートとまったく関係のない話になってしまった。

yuka20160818555614-thumb-autox1600-25834

ワリート対EXE-iグローバルREIT

そんな訳で、10月になったので恒例のグローバルリート投信のパフォーマンスを比較してみる。まずマネックスで買ってるワリートの方だが。分配金考慮しないとマイナス転落だな。まあ、受け取り済み分配金含めた実質的な損益は+6.63%だがって、いつの間にか過去最低の落ち込みぶりだな。

20161002a

対してEXE-iの方は、約+10.22%とこちらも過去最低記録更新。両ファンドの差は、先月とたいした変わらず約3.59%。どっちも仲良く下がったってことか。

20161002b

今回の感想

年末にかけてまだまだ波乱が起きそうだけど。とりあえず、投資信託の分配金と株式の配当で確定益のストックはあるから。12月になったら、含み損がひどい株は損切りして買い直すかな。ワリートは今年はほっとくか。すでに一回、損失確定の損切りして買い直してるからな。