Posts tagged ‘電子書籍’

Prime Reading

なんか、昨日からAmazonプライム会員向けの新サービス「Prime Reading」が始まったんだけど。内容は、Kindle Unlimitedの超劣化バージョンだから、さしずめKindle超Limitedってとこか。

プライム会員なら数百冊の電子書籍が読み放題、Amazonが「Prime Reading」を日本で開始

ちなみに、米国では1年前にサービス開始してるんだな。

日本のKindle Unlimited騒動をヨソに、米国ではAmazonがプライム会員向けPrime Readingを開始

今のところPrime Reading対象は896冊と少ないが、まあプライム会員なら無料だからな。ちなみに、Amazon.comでも現時点で856冊みたいだから、よく頑張ったほうじゃね。それに、対象書籍なら同時に10冊まで読めるし。Kindle端末縛りじゃなく、ブラウザやアプリでも利用できると太っ腹だからな。

Prime Reading対象本

とりあえずPrime Reading対象本をざっと見たところ、コミックはしょぼいだけでなく、アンリミで全巻無料でも最初の何巻かまでってのが多い。あと、写真集やアダルトで対象になってるのはなさ気。雑誌は何種類かあるけど、かなり偏りがある印象。おそらく、Kindle Unlimited開始時の騒動を踏まえて、ラインナップや出版社との調整をかなり慎重に行った結果がこれなんじゃね。

「5カ月分の予算が最初の1週間で消えた」―― 出版社社員が明かす「Kindle Unlimited」大混乱の理由

それなんで、アンリミみたいな大盤振る舞いは出来ないだろうが、その分提供する出版社側にメリットあるのかどうか、私気になります。

それはともかく、個人的にPrime Reading対象で気になるのと、読んだやつについてちょっと紹介してみる。

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

元が同人で出したオフセット本だったらしいが、そのせいか割高な価格設定のままKindleでも売ってる。タダで読めるなら試してみていいんじゃね。実用性については読む人次第だけど、この芸風は嫌いではない。

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

ひさしApp氏の本は、オーナーライブラリー対象のは全部読んだが。ちなみに、前は対象外のハッキング本があったんだけど、その本についてはPrime Readingは対象外だけど自作ゲーライフ3の方で触れてたと記憶してる。

Z~ゼット~

次はコミック。前述した通り、マンガだと大半がタケノコ商法で一部のみ無料だから、続巻も買うかどうかの判断材料のつもりじゃないとおすすめしないが。これは珍しく全3巻Prime Readingで読める

Z~ゼット~ 1

内容は、私は好きだけど。「ムジナ」読んで最近の少年マンガでは修正入りそうな表現に、不快感感じた人はやめたほうが無難かも。それにしてもこの作品、なんで映画化されたのか謎。

映画 Z 完全版 DVD-BOX

新品価格
¥19,800から
(2017/10/6 19:43時点)

マスゴミ

鈴木みそ氏の短編集なので、1巻完結なのがよい。

マスゴミ

古い作品集めたみたいだが、今でも通用しそうな気がする。

参考
宮迫不倫、豊田真由子ハゲ音声、週刊誌がテレビ局に売った動画総まとめ!

途中まで無料

基本、シリーズ物は途中でハシゴ外されるのでおすすめしないが。これは、個人的に嫌いではないので。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件: 1 (REXコミックス)

どうでもいいけど、この表紙の帯アイデア賞ものだよな。

それと「幕張」なんだけど。

幕張 1 (highstone comic)

内容については、以前の記事で書いたのでそっちを参考にしてください。まあ、幕張なら3巻まで読めば十分だろ。

「幕張」が楽天Koboで1冊11円なんで全巻買ったよ -おっさんホイホイ-

今回の感想

そんな訳で、すでにプライム会員ならPrime Reading対象で気になったのあったら、とりあえず読んどけばいいんじゃね。タダだし。注意点があるとすれば、一度に読めるのは10冊までだから、小説とか文字数多い本ばっか選んでると、枠開けるのに時間かかるとこぐらい。

なお、これ目当てでプライム会員になろうという人はやめとけとしかいいようがないのは言うまでもないけど。

anan 2017/09/20美乳強化塾

なんか、「anan」の表紙を田中みな実氏が飾ったのを見て衝撃を受けて色々ググってたんだが。現時点だとAmazonでは品切れで、一時期中古品にプレミマム価格つけて売り出す人もいたんだけど。Amazonの在庫が「2017年9月25日に入荷予定です」になってからは多少落ち着いたのかな。

anan (アンアン)2017/09/20[美乳強化塾]

新品価格
¥530から
(2017/9/14 19:49時点)

こういう時は売り切れのない電子書籍のありがたみを感じるはずなんだが。ananだと、佐々木希事件の悪夢があったから警戒しちゃうな。

「an・an」Kindle版が販売停止に Amazonは全額返金 佐々木希さんのグラビアなどカット

どうでもいいけど、毎年この時期は美乳特集なんだろうか。

anan (アンアン) 2015/09/16 [雑誌]

新品価格
¥1,180から
(2017/9/14 19:50時点)

anan (アンアン) 2016/09/14[ふんわり美乳]

新品価格
¥1,280から
(2017/9/14 19:50時点)

田中みな実には勝てなかったよ

そんな訳で買おうかどうか迷ってたんだが、結局電書で買ってしまった。ちなみに、KindleじゃなくeBookJapan

もちろん、事前に電書版でもグラビアがジャニってないことを確認してからの購入。こういう時は、臆病なぐらいがちょうどいいのよね。まあ、確認したのはeBookJapanのじゃなくKindleだけど。

ちなみに、eBookJapanだとこんな感じ。紙は見てないから比較できないけど、多分ノーカットじゃね。なお、著作権保護のため修正してあります。田中みな実関係はモザイク、それ以外は黒塗り。

個人的な感想は、上のは省いたけど表紙が一番な気がする。あと、最後のページのもっと大きい写真が見たくなる奴があるけど。こういう時も、電書だとズームできるから便利だな。

今回の感想

そんな訳で、店頭でananを買う勇気のない人電書おすすめ。ただ、eBookJapanだと注意書きに「※本作品は2017年12月12日で販売を終了いたします」って書いてあるんだけど。

anan (アンアン) 2017年 9月20日号 No.2069 [美乳強化塾]




Kindleだと書いてないんだけど。現時点で売ってる一番古いananの電書が2017年6月28日号ってことは、おそらく3ヶ月で販売停止にする戦略なんじゃね。だとしたら、電書の意味ねぇ。

そう考えると、転売ヤーは来週入荷予定の在庫がはけて、さらに電書版の販売終了する12月中旬ぐらいまで待ったほうがいいんだろうか。もっとも、3ヶ月もたてばほとぼりが冷めて逆に値下がりするかもしれんが。

To L○VEる―とらぶる―ダークネス

なんかこないだ、BookLiveから有効期限が日曜までの50%OFFクーポンが来たんだけど。で、ようやく「To L○VEる―とらぶる―ダークネス カラー版」の最終巻が買えたんだけど。

To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

これ発売4月だから、5ヶ月送れか。

内容は、このまま寸止めで延々と続いていきそうな予感って感じかな。まじで、シリーズ累計100巻ぐらいいきそうな気がするが。

どうでもいいけど、無印の方は文庫版が出てるのか。やっぱるろ剣と同じ曲芸売りみたいだな。こっちもこっちで売り方があざとすぎて草。

まあ、盛りのついた頃にリアルタイムで無印読んでたような人は、このぐらいの出費は問題ないはずの年齢だろうし。

今回の感想

これで半額クーポンが来ても、BookLiveで買うものなくなったかな。まあ、すでに何社かにバラけた男坂とかハイスコアガールあたりなら、安ければいいからここで買うのも有りかもしれんが。せめて、カドカワ系列ならBOOK WALKERと連携できるからまだマシなんだけど。

BookLiveは早くからブラウザ読み対応して使い勝手は悪くないし、バックに大手が付いてるから潰れるリスクも低そうなんだけど。なんか決定力に欠けるんだよな。

ガクエン情報部H.I.P.

なんか、「ガクエン情報部H.I.P.」の1巻がAmazon Kindleで無料になってたんだが。

ガクエン情報部H.I.P. 1

タイトル見て思い出したが、昔ジャンプで連載されてたな。で、今回の1巻無料で読んで思い出したが、今見返すとそこそこサービスシーンがちりばめられてたんだが。まあ、コマ的に小さいからイメージ的には、ワンダーモモとか妖怪道中記のエロ程度だろうが。

それはともかく、H.I.P.が連載してた頃のジャンプを紹介するページがあったんだが。ドラゴンボールやジョジョより早い時期だったのか。あまりヒロインの微エロの印象がなかったのは、ウイングマンと気まぐれオレンジロードに、シェイプアップ乱まであったからかな。

【ジャンプ黄金期】1984年『第50号』11月26日号

どうでもいいけど、この時代にまだスーパーカセットビジョンが絶滅してなかったのは驚き。

富沢順

作者の富沢順先生については意識したことなかったが、今でも活躍されてるようだし、「企業戦士YAMAZAKI」とか「あまくちナイト」みたいに、実写化された作品もあるから結構人気なんだな。

企業戦士YAMAZAKI 1

あまくちナイト [DVD]

新品価格
¥3,660から
(2017/8/3 20:16時点)

今回の感想

そんな訳で、ジャンプコミックなのに使えない期間限定無料じゃなく普通に無料っぽいのでありがたくいただいといたが。多分、出版が集英社じゃなくコアミックスだからなんだろうな。とりあえず、無料のうちにもらっとけ。

それにしてもこのマンガのヒロイン、ニーソとかガーターベルトっぽいストッキングとか、当時の少年マンガだと珍しいファッションな気がする。加えて、なんか足癖が悪いのか、あらためて見ると一部の男子の劣情を煽りそうな気がするな。

そう考えると、後の作風についても理解できるかな。

以下余談。

森高千里

ちなみに、ガクエン情報部H.I.P.にも実写版があったのを最近知ったんだが。どう見ても、これ絶対ミスキャストだろうと思う。

森高千里氏もこういった下積み時代があったからこそ、今の地位があるんだと思うと感慨深くなります。

男坂

なんか、30年ぶりに連載再開してから、ネットで途切れ途切れで更新してる「男坂」だが。いつのまにか週プレからジャンプ+に移籍してるんだな。とりあえず、動物ネタはやめてくれえ。これじゃあ、男坂じゃなくムツゴロウ坂じゃんって気がしないでもない。

[第1話/鯨海乙女編]男坂 – 車田正美 | 少年ジャンプ+

年のせいもあるかもしれんが、もうこれギャグマンガにしか見えなくなってきた。まあ、民明書房刊信じてるようなキッズでなければ、当時からギャグマンガだったのかもしれんがね。

今回の感想

ちなみに、eBookJapanだと「※2017年7月30日までの期間限定無料お試し版です」で、3巻まで全ページ立ち読みできる。4巻以降はアレなんで、未読の人は3巻まででいいかもね。まあ、いい大人が今時これ読んでも、思い出補正なしじゃきついかもしれんが。

男坂【期間限定無料】 (1)



余談だが、「男坂」は全巻電子書籍で買ってるけど。4巻以降はクーポンとかないと買う気になれなかったので、3社にばらけてしまった。

楽天Kobo

BookLivie

eBookJapan

そんな訳で、400円のジャンプでコミックこんな面倒な事になりたくなければ、普通の人はKindleとかで揃えた方がいいかもね。

男坂 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)