Posts tagged ‘英雄クロニクル’

英雄クロニクルがサービス2周年記念でイラストコンテストを開催してるんだけど、これって賞品ショボすぎじゃね。「参加賞」が次のシーズンで使える「機能拡張パック」ってのは妥当かな。ゲームでは500円相当の課金サービスでも、使わない人はまったく使わないけどね。それと、ユーザーの投票上位10位までに送られる、「ユーザーランキング賞」だとゲームで使える「黄金の雫100個」が送られる。これは1000円相当で、一部の有料課金アイテムに使える。使えないアイテムの方が多いから、無課金でプレイしてる人だと現金としての価値はない。

まあ、ここまでのは納得できる賞品だと思う。問題なのは次の「採用賞」

採用賞とは、各コンテストで採用された作品に送られる。この場合、TOP絵コンテストで選ばれた作品はゲーム開始時のTOP絵に表示されたり、新NPCコンテストなら実際のゲーム中に、受賞作のキャラが登場する事になる。それほどの名誉が与えられる採用賞の賞品は「黄金の雫50個」と、ユーザーランキング賞の半分に過ぎない。ちなみに、どっちも受賞すれば両方の賞の雫が貰えるけど、同じ賞で複数作品が採用されても、重複ではもらえない。

これだけなら、「採用されても500円程度なのかよ」程度の感想なんだけど。500円の報酬では割に合うとは思えない「注意事項」があるんだよね。

・投稿作品の著作権は、投稿者に帰属するものとします。
但し当社(株式会社サクセス)に採用された投稿作品の著作権は、
当社(株式会社サクセス)に帰属するものとします。
・採用者は当社(株式会社サクセス)および当社(株式会社サクセス)が指定する第三者に対して、
著作者人格権を行使しないものとします。

最初のは俗に言う著作権買取。例えば、採用された作品のキャラクターをコミックやアニメに登場させるなど、メディア展開したりも出来るわけだ。関連作品がいくら売れようが、元作品を書いた人には1銭も入らない

次の「著作人格権を行使しない」というのは、例えば採用されたキャラクターの言動が、投稿者の意図に反した時に「ボクの作った○○はそんなんじゃないもん」とか言って、改変や公開取り止めを要求するなって事。これは仕方ないと思うよ。ゲームで使うのに個別に許可取ったり確認する手間なんてかけられるわけないし。時間と制作費かけて作ってるのに、横槍入れられるリスクなんて取れるわけない。

とはいえ、著作権を譲渡することになる対価が、ゲーム内でしか使えない500円相当のアイテムってのは、いくらなんでもケチりすぎなんじゃね。ちなみに、1周年記念の時のコンテストでも条件はほぼ同じ。賞品は、参加賞が今と課金額が変わってるけど、大体同じサービスで。ユーザーランキング賞と採用された場合は雫100。この時は、著作権を1000円相当で買い取ってたんだ。って、さらに値切ってるのかよ。

2012年9月~11月にゲーム内で行われたイラコン
1周年記念イラストコンテスト開催!!

今回のイラコン
2周年記念イラストコンテスト開催!!

昔はそれなりに金かけてたんだけどね

別に、この条件でも応募したい人だけがするんだから、横から口出す道理はないんだけど。ゲーム開始直後にpixivでイラストコンテストが開催した時の条件とあまりにも違うので。

その時は、参加賞でも「黄金の雫50個」 貰えたんだよ。今回の採用されて著作権譲渡するのと同じだけの。各部門に入賞した場合は、「機能拡張パック1ヶ月分」と今の参加賞程度だけど。「入賞者の方には公式イラストレーターとしてお仕事をお願いする場合がございます」とも書いてある。ゲーム内コンテストだと仕事の「し」の字も書いてないからな。同じイラコンでも運営の意識が大分違ってるな。

その上、最優秀賞の合計10名の賞品は、入賞の賞品に加えて「受賞イラストオリジナルWebMoneyカード(500POINT分)100枚」がもらえた。WebMoneyって事は、他のゲームにも使えるし、あんまり数はなさそうだが対応してるサイトならショッピングにも使える。しかも金額は5万円相当。今回の、つぶしの利かない500円相当の100倍だよ。こっちのコンテストには賞品だけで、最低50万円以上金かけてたんだな。

なお、リンク先の応募要項には、入賞・最優秀賞の投稿作品の著作権譲渡と、著作人格権を行使しないと、ゲーム内コンテストと同じ条件になってる。最優秀賞なら5万相当だから、投稿者もある程度納得はいくんじゃないかな。ただ、入賞者も著作権買取なのに、ゲームでしか利用できない500円相当のアイテムと、ゲーム内の課金サービスのみってのはどうかと。その上、「受賞者数未定」で実際に入賞したのは、オリジナルキャラクター部門178名。NPC部門23名

このうち、オリジナルキャラクター部門の最優秀賞6名と入賞者178名が書いた作品は、実際にゲームで公式アイコンとして利用可能な状態になってる。単純に現金相当の賞金合計50万円をキャラ数の184で割ると、1キャラあたりの単価は2717円ぐらい。会社的には、安価でゲーム用のCGを集められたのではないか。

2011年10月~11月にpixivで行われたイラストコンテスト
[pixiv] お知らせ – 「英雄クロニクル」イラストコンテスト開催

採用されたらせめて黄金の雫500ぐらい出してもいいんじゃね

とはいえ、イラコンに参加してる人は「500円ぽっち」とか「時給○円相当」とか「ゲームで金落としてるのにイラスト買い叩かれてる」とかは思ってないのだろうか。前回・今回コンテストでは、私の知る限りゲーム内で賞品についての不満は目にしていない。口に出してないだけで、金銭的には割に合わないと思ってるのかもしれんが。ただ、実際に応募した・してる人みると、なんかボランティア精神でやってるんじゃないかって気はする。運営さん、いいゲーム作ってありがとう。だからオレらも応援するぜみたいな。

まあ、この条件でも応募したい人は応募するだろうから。個人の判断なので、どうこう言うつもりはないけど。せめて、著作権譲渡するんだから、採用賞についてはもう少し賞金出してもいいと思う。黄金の雫50を500ぐらいにしたっていいんじゃね。どうせゲーム内でしか使えないんだから、

前置

基本的に、ゲームはお勧めできないと思ってます。それに関係した記事はこちら
少なくとも、長時間のプレイ過度な費用をかけるのは、やめといた方がいいですよ。

英雄クロニクル

英雄クロニクルの参加者が、ゴールデンウィーク中、急に増えたよ。キャンペーンの影響なのか、4Gamer.netに新しい記事が載ったからかは分からんが。

なんだかんだ言って、まだプレイを続けているので、また思い立った事を書いてみる。一応、英雄クロニクルのチュートリアル終わってプレイしてる人あたりが対象。けど、すでに遊んでいるなら、ゲーム情報はネットで検索するよりも、ゲーム内の掲示板で聞く方がいいと思うよ。

期の途中から入った人は諦めが必要

このゲームは、3ヶ月を1単位としたシーズン制になってる。それゆえ、期の途中から入ると既存プレイヤーよりも不利。それよりもっと大きい長期プレイヤーとの格差もあるけど、それは今のところ無視しとく。

途中から入った新規プレイヤーは、今シーズンは訓練だと思って、システムや能力の把握に努めた方がいい。周りがばんばん功績稼いだり、どんどんレベルアップしてるのを横目で見るのは辛いだろうが。どうせ来期になれば、同じ事をするようになりますから。NPCと一緒に苦楽を共にして、NPC拠点を攻められるのも今のうちだけ。遅かれ早かれ、いずれは接待三昧か高功績拠点を狩りまくる、作業プレイに落ち着いてくよ。

サブキャラには愛などいらぬ

キャラクターの作成については、最初はあまり考えなくていいと思う。当面は、色々なキャラを作っては作り直した方がいい。特殊能力・スキルの効果は実際に使ってみないと分からないし、向き不向きもあるから。かといって、初期特典のリビルドは1回のみだし、期中のスキル・ステータスを維持するキャラ再構築は有料。それなので、サブキャラはいつ作り直してもいいように、愛情をかけるな。少なくとも、1人は能力確認用キャラ枠としてリザーブして、興味持ったビルドを実際に作成して試してみよう。

繰り返すが、あくまで今期は練習。来期からが本番だと思っとけ。

それでもメインキャラ作成のポイントはある

コスト編

メインキャラの作成には、注意したい事がある。まずはコスト。どんだけ「俺強ェ」したくても、高コストキャラはやめとけ。なんせ、メインキャラは、遠征・防衛・ダンジョン・イベント・週末戦・中盤/英雄戦といった、全てのメンバー選出から外すことが出来ない。上限のコスト800で作ったりすると、無課金なら最高でも残り4人(しかも全員コスト50)としかパーティが組めない。よほどのベテランか重課金者でもなければ、コスト800近いメインを抱えると茨の道を強いられるぞ。

とにかく、コストは100前後で抑えてさえいれば、後は好きにしていいから。どうせ開始直後は、自分のキャラはほとんど活躍できないんだよ。小さいことは気にするな。それでも、高コストキャラ作りたければ、悪いことは言わないから、サブで我慢しとけ

スキル編

スキルには重要な注意事項がある。初期スキルの2つは、作り直さない限り後で変更することが出来ないので、よく考えて決めよう。リビルドするならどうでもいいが、最終形態なら装備で付けられそうなスキルは選ばないように。新規プレイなら今期は問題ないが、下手打つと来期の足かせになる。

特殊能力編

続いて、特殊能力の弱点について。弱点には禁忌の組み合わせがある。例えば、自分で攻撃するアタッカーの場合、「知覚低下」「味方依存」「不幸」を入れると使い物にならない。知覚低下は命中が-50。味方依存は味方キャラと隣接していないと、HP・MP以外のステータスが半減。不幸は3割の確立で攻撃失敗する。アタッカーでも、「必中」が100%のキャラだとまた別。知覚低下は付けてもなんとかなるが、味方依存と不幸のデメリットは変わらず。この場合、「発動低下」があると必中が50%になるので、絶対に避けなければならない

これはあくまで一例。実際にキャラ作成する時は、ゲーム内で「○○なキャラにしたいんですけど、お勧めの特殊能力・スキルは? とってはいけない弱点ありますか?」とか、聞いてみるといい。ゲーム内(サクセス・ハンゲ鯖、mixiは未プレイなので不明)は比較的フレンドリーな人が多いから、多分答えてくれると思う。

なお、先ほどの弱点の説明は、例として挙げたのと関係ない事は、はしょっているので、詳細は公式ページの説明で確認してください。

ぶっちゃけ今期は何すればいい?

まずは階級と転生回数

来期になれば今いるキャラクターのレベルはリセットされて、レベル1からやり直すことになる。転生回数は持ち越せるので、それに応じたステータスとスキル枠は手に入る。持ち越せる転生回数には上限があって、階級が高くなればなるほど回数も多くなる。それゆえ期の途中から始めたなら、出来るだけ高い最終階級と、引継ぎ上限まで転生回数を稼ぐことを目指すといい。

注意するのは、最終階級が確定するのは、期末よりも2週間前な点。その前の1週間で稼いだ功績で判断されるので、それ以降いくら稼いでも階級には反映されない。さらに、階級は1つずつしか上下しない。上位の階級が欲しいなら、シーズンの中盤あたりから始めてないと無理。

ちなみに第7期だと、5/16のメンテ前までの功績で決まるので、これから始める人はすでに階級なしが決まってる。スケジュールは公式ページのお知らせに書いてあるので、該当シーズンのが知りたければ確認してください。残り1ヶ月未満で始めたなら、転生は3回ぐらい。階級は小隊長でもいいんじゃないかな。

最初の課金への誘惑 アイテムストック引継ぎ

それとアイテムの整理が必要になる。次のシーズンには、自分のキャラが装備してるアイテム以外は(合成剤とかは別)、持ち込めないので、アイテムの取捨選択をする。期の途中からなら持ちきれないことはないと思うが、処分できないのが12個を超えてて、諦めきれないなら、有料の「アイテムストック引継ぎ」を使うしかない。

来期にキャラをリビルドしたい時は要注意。無課金でも、「シーズン継承手続き」時に「キャラ再作成」すれば、リビルドしながら転生回数を引き継ぐことは可能。なんだけど、これやると装備してるアイテムが引き継げなくなるんだよね。かといって、「キャラ引き継ぎ」だと、特殊能力とスキルが変更不可になる。前期と同じでいいなら問題ないんだが。無課金でいく覚悟があるなら、今のうちに来期に向けてのビルドを確定して、キャラ引継ぎで済むようにしとくこと。

これに関しても、アイテムストック引継ぎ(1000円)を使えば解決するんだが。装備してないアイテムも引き継げるから、キャラ再作成しても問題がなくなる。無課金を貫くか、月換算で333円ぐらい払うか。ここが判断の分かれ目だね。

来期はどうすればいいの

来期が開始されて最初にログインすると、さっきも触れた「シーズン継承手続き」がある。詳しい内容については、公式ページで確認してください。それを一通りは目を通したとして、話を進める。多少話が前後・重複するところもあるが、ご勘弁を。

ここで重要なのは、課金しないでリビルド(キャラ再作成)すると、装備していたアイテムが持ち越せない事。それなので、転生回数を引き継ぎたいキャラなら、前もってリビルドしとくように。新規プレイヤーなら、開始後14日間有効な、キャラ再作成が一度だけメインのみに使えたと思う。他にも、後述するクエスト報酬なら、無料でキャラ再作成できるので、有効に使いたい。

未転生にしてもよければ、継承後に作り直せばいいんだけどさ。

メインキャラをあえて弱くするのもアリかも

手続きの最後の方に、今期のメインキャラを誰にするかの選択がある。ここは結構なポイント。一般的には、転生回数の多いのをメインキャラにするだろう。でも、転生1,2回ぐらいなら、思い切って未転生キャラをメインにするという選択肢もある。なぜかと言うと、メインが未転生だと優遇措置があるからだ。

まず、メイン・サブ問わず、未転生キャラはLv10になるまで、経験値が2倍になる。新規でプレイすると、チュートリアルでLv4になってるが、既プレイ者にはそれがない。期初めは他プレイヤーもレベルが低いので、得られる経験値が少なく、なかなかレベルが上がらない。転生回数引き継ぐと、最初とは比べ物にならないぐらい序盤のレベル上げがきつい

次に、メインキャラが未転生のうちは、傭兵を半額で雇える。これが優位なのは最初の1週間だけだけど。それさえ乗り切れば、ギルドが作れるからメンバーの半額雇用が可能になる。個人的には、交流も兼ねて雇用の為にギルド加入するのを勧めるが。

なんといってもメイン未転生の最大のメリットは、現時点では未転生のメインキャラが転生すると、「転生おめでとう」というクエストが発生して、無料で有料のキャラ再構築が使えるようになる事。1,2回の転生回数を持ち越して、このメリットを享受できなくなるよりは、未転生でスタートした方が、無課金者には良くねえ?

シーズン通してプレイするなら目標は?

とりあえず無課金でいくなら、転生5回と累計功績30万を目指せばいいんじゃないかな。余裕あれば、累計功績50位以内で、最終階級が大隊長。転生10回、累計10位以内、最終階級 団長になると、無課金では限界に近いプレイになると思う。ちなみに、階級は団長より上もあるけど、功績1.5倍とか使わないと、まず無理だと思う。それと、「週末戦」はやっとけ。通常より功績が多く入る他、勝ち負け関係なく5回・10回参加で、クエスト報酬あるから。

他には、「黄金の雫」を貯める。無駄使いしない。その為にも、貴重なアイテムを手に入れない限り、アイテム耐久回復は使わない。店売り武器とかCLV1程度なら、直さず使い捨てとけ。UC武器・補助や上級騎乗物あたりを複数使って、再生石では修理が追いつかないなら、仕方ないけど。

最後に、雫を合成安定剤に変えて合成しようとしてる人は要注意。無課金だと、合成の成功率が100%になるほどの安定剤は、1シーズンでせいぜい2,3回分ぐらいしか手に入らない。それなので、合成する時は目先の強さにとらわれず、将来のキャラ育成計画に沿って計画的に行うことを勧めたい。

具体的にどうすればいいのかは、その人のプレイスタイル・キャラの能力などによって違うので、一概には言えない。なので、ゲーム内でアドバイスを求めるべき。絶対に、自分だけの考えでやらない方がいいよ。

娯楽費用は月いくらまでなら許される?

パッケージのゲームを買ったとして、どのぐらいの期間遊べるだろうか。物によって一年だったり一ヶ月だったり、下手したら一週間かそれ未満かもしれない。そう考えると英雄クロニクルもある程度の課金なら許容範囲かもしれない。などと思うようになってしまった。

しかし、貧乏人が課金してまでプレイする価値があるのか? それじゃあ奴らの思う壺だぜ。と言うわけで課金アイテムへの個人的な感想を書き出してみた。

本文での略語は以下の通り

ガッツ: ゲーム内通貨。
AUC: 英雄コイン。リアルマネーで購入する課金アイテム用の通貨。1AUC = 1円
雫: 黄金の雫。ゲーム中貯められるポイントみたいなもの。一部の課金アイテムと交換可能。

ゲームについては公式ページなどを参照してある程度把握してる前提で話を進めてます。

英雄クロニクル 公式サイト
ブラウザゲームレビュー「英雄クロニクル」 – GAME Watch
プレイ前にどんな感じかつかみたい時に
英雄クロニクルwiki
プレイ後の取説代わりに

NPC援軍・NPC上位援軍

戦力が足りない時に有用。シーズン開始時とか。第5期開始直後に雫でNPC援軍雇ったが、ガッツを貯めて強い傭兵を雇った方が得策。それまでの繋ぎかな。NPC上位援軍なら別かもしれんが。

行動P追加・行動Pストック拡張

行動P追加は、2時間に1個復活する行動ポイントの購入。雫でも買える。あんまり割がいいとは思えんが、時間がある時にまとめてプレイしたい人とかにはいいのかもしれん。

行動Pストック拡張は通常だと最大6個しかストックできない行動ポイントを12個に増やすオプション。一日一回しかプレイ出来ない人には有用。

装備耐久回復

このゲームで強さを決める最重要事項であるアイテムには耐久というパラメーターがある。これが0になると一部を除いて無くなってしまう。万単位の課金をして合成したアイテムだろうと。それゆえ耐久の回復は、特に貴重なアイテムを手に入れた後は、最重点事項といっても過言ではない。

耐久を回復する方法は三つ。一つは再生石というアイテムの使用。これが無ければ次の二つのどちらかを選ばなければならない。

一つが行動ポイントを使ってアイテム整備をすること。だが、一回に設定された耐久上限の10%しか回復しないので使えない。こんなのに行動ポイント使うぐらいなら次の方法、装備耐久回復を使った方がいい。AUCだけでなく雫も使えるし。行動ポイントと同じ雫10個を使って実行すれば、装備してるアイテムの耐久が全回復する。

キャラ作り直し

キャラクターを作り直そうと思ったら、通常の方法だとまた一からやり直さないといけない。だが課金してキャラ作り直しをすれば、初期ポイントに加えてレベルアップ分のポイントと転生回数を引き継いだまま再作成可能。

ランキング上位のプレイヤーでも一回転生するのに一週間ぐらいかかる。無課金ならさらにかかるだろう。それゆえ一回以上転生してるキャラを削除してやり直す手間を考えたら、時間で金を買うと思えば費用対効果は高いと言えよう。

シーズン途中での再作成には有効だが、期末まで待てるなら後述するアイテムストック引継ぎを使った方がいい。そうすれば3人再作成するのに1000円で済み、さらにアイテムストックの全アイテムが来期に引き継げる(2012.12.3追記)

装備Lv.解除

強力なアイテムを獲得すれば確かに強くなる。だが一つ問題がある。強い効果が付与されているアイテムを装備(実際は装備できるが使用できない)するには必要レベルに達してなければいけない。特に最高級のアイテムになると装備レベルが上限の30だったりする。そんな時に装備Lv.解除を買えば、レベルに関係なくどんなアイテムでも装備可能になる。それぐらいのアイテムを入手したなら検討の余地あり。

経験値アップ・功績Pアップ・ガッツアップ

戦闘で得られる経験値・功績・ガッツが1.5倍になる。週末とかしかまとめて時間が取れない人が効率的にプレイするには有用。

続いてシーズン継承時のみ購入できる課金アイテムについて。

転生回数引き継ぎ上限+3

本来はレベル30になって転生した上で、功績に応じた階級によって持ち越せる上限のある転生回数を金で買えるオプション。前述したように課金ありでも一週間ぐらいかかる転生3回分の手間暇を考えれば、コストパフォーマンスは高いと言えよう。

ちょっと勘違いしてた。買えるのは上限だけ。自分が経験値加稼いで貯めた転生回数以上は持ち越せない。例えば10回転生したけど団長どまりの人だと通常6しか持ち越せない。課金して引き継げば1000円で6+3=9回、2000円で6+4=10回(MAX10の為)となる。転生5回で団長なら6回までは無料で引き継げるが自力で5回しかしてないので5回まで。この場合課金しても5回以上引き継げない、というかオプション購入自体不可になる。

実際、無課金者が自力で転生するのは通常5~6回ぐらいだと思う。かなりやりこんでも7~8ぐらいじゃないかと。転生回数引継ぎ上限は大隊長で5、団長で6。無課金なら最終で団長が限界だろうから、購入する必要はなかろう。まあ、6転生で大隊長という微妙なポジションなら多少悩むが、1000円で引継ぎ+1は割高すぎる。

とはいえ自力で10転生した人なら購入する価値はあるかも。仮に気合入れて7~10転生できたとする。全部引き継ぐには引継ぎ上限8回の将軍か10回の英雄になる必要がある。だが、そこまで功績稼ぐには、課金して功績Pアップとか使わないとまず無理。最低、功績Pアップ一週間分だから100円×7で700円の出費が必要。行動P溢れて無駄にしそうな人は加えて行動Pストック拡張300円必要。すでに1000円。その上、階級決定の前週に団長になるぐらいの遠征と、本番の1週間は自陣営の上位10人以内に入るために熾烈な功績争いをしなければならない。

それだけの手間をかけるなら団長6+課金1000円で+3して9回引き継いだ方がましだろう。将軍になれば黄金の鍵が団長より1個多い3個手に入るメリットもあるけどね。ちなみに英雄は将軍10名の中で絆(他プレイヤーに雇用されてる数)の上位4名。これはもっとハードルが高い。大勢の人に雇われる魅力のあるキャラクターであるということは、それだけの性能が求められる。加えてコスト制限の都合からコストが低いほど有利になる。その二つを兼ねそろえるにはただの課金ではなく、廃課金が必要になる。

とゆーわけで微課金の場合、自力で9回以上転生できる人で引継ぎ上限が足りない人なら検討の余地あるんじゃない。(2012.12.3追記)

アイテムストック引継ぎ

通常だと自分のキャラクター(無課金だと最大3体)が装備してるアイテムしか次シーズンに引き継げないが、このオプションを購入するとアイテムストック(未課金時50)にある物も持ち越せる。

合成用の素材が装備しきれないほどあるけど雫がない場合、無課金だと店で売って雫に替えるぐらいしか有用な手は無い。それぐらいアンコモン・レア付きアイテムを手に入れたら検討の価値あり。

また、ガッツは課金アイテムでも持ち越せない為、通常プレイだとシーズン開幕には資金難に悩むことになる。だが、店での買取価格が高い騎乗物というアイテムを買えるだけ購入してアイテムストックを有料で引き継げばかなりのガッツを持ち越せる。クレジットカードのショッピング枠の現金化みたいなものだ。修羅クラスの傭兵をフルメンバー(7~9人)雇えればまったく苦労することなくシーズンをスタートできるだろう。

結論

個人的には「キャラ作り直し」「転生回数引き継ぎ上限+3」「アイテムストック引継ぎ」には金を払ってしまうかもしれない。「キャラ作り直し」「転生回数引き継ぎ上限+3」はレベル上げの手間を考えると金で時間を買えると思えば安い買い物かもしれん。「アイテムストック引継ぎ」は無課金で持ち越せないほどのアイテムを手に入れた場合と序盤を楽するために。

まあシーズン終盤での状況しだいだけど。

無課金プレイ継続中

英雄クロニクル第5期開始から2週間経過。前期に引き続き無課金で遊んでいるが、普通にプレイする限り課金なしでも行き詰ることはない。なんせ自分のキャラクターが弱くても、雇う金を貯めるのに時間がかかるけど、他プレイヤーが作った強いキャラを雇えばいいだけ。しかし、自分でそこまで強いキャラを育成しようとすれば無課金では限界があると思う。

課金の有無での差が少ないパラメータ・特殊能力・スキル

キャラクターのパラメータは初期40ポイント+レベルアップ分の90ポイント。最大レベルの30に達してからレベル1からやり直す転生をすれば全ステータス+1ポイント加算。課金すれば転生10回ぐらいはいけそうだが、無課金だと5~6回ぐらい? カジュアルプレイヤーだともっと少ないから、結構な差はある。だが、これは無課金でも努力で多少は埋められるレベル。

キャラクターには職業とかはない。そのため特殊能力とスキルの取得組み合わせによってタイプが決まる。これも上限が共に10個と制限されているため、課金者との差はない。

課金の有無で天と地ほどの差があるアイテム

問題はアイテム。アイテムに特殊能力やスキルが付与されている物(アンコンモン・レア要素)がある。これを入手するのが一苦労。無課金者でも黄金の雫というアイテムで買えるアイテムくじ・探索・ダンジョンから入手する可能性はあるが、課金者専用のアイテム上位くじはできない。功績に応じてもらえる黄金の鍵というアイテムで強化装備くじ・伝説装備くじを引けるが、新規での今期取得は絶望的に思える。

さらにアイテムを強化する手段として合成というのがある。アイテム同士を合成して複数の能力あるいは同じ能力の強化を計れる。最高で主要素・副要素1・副要素2の三種類で5段階まで強化できる。合成できるアイテムは武器・副武器・防具の三箇所。合計で45相当の特殊能力・スキルが付加できる*。武器以外で獲得可能な要素は合わせて20しかない。

* 実際にはスキルは一部を除いて10段階まで有効。特殊能力は重複取得が不可。それゆえ特殊能力だけ付与するなら9、重複可能なスキルなら45相当が最高になる。

しかし、アイテム合成には合成安定剤というアイテムが必要不可欠。なくてもできるが失敗すると片方のアイテムを消失(成功しても消えるけど)する。例えば主要素にアンコモンLv1が付与された装備を合成してLv2にする時の成功率は10%。合成剤は1つ使用で元の成功率+100%上がる。元が10%だから10%+(10%*100%)=20%。100%成功するには合成安定剤が9個必要になる。

なお、合成してレベルを上げるには同じカテゴリ(武器・補助武器・防具)のアンコモン装備が必要になる。Lv3にするにはLv1のアンコモン装備が4つ。合成安定剤が9+9+12。27個じゃないのはLvが上がると合成する時の成功率が下がるから。合成安定剤は無課金ユーザでも集められる黄金の雫でも買える。レートは雫20個で合成剤1個。有料の英雄コイン(AUC)だと200円。

結局課金した方がいいのか

プレイしてランキング上位に入ることや英雄になることが目的なら、課金なくしては達成は不可能に見える。なんせ、ランキング上位にいるキャラクターの装備アイテムを見ると結構高レベルのアンコモン装備をしてる人がいる。そこまでの強さを得るためにいったいいくら使ったのか… 考えただけでも恐ろしい。

というわけで課金するかを決めるのは、自分がスーパーサイヤ人レベルの活躍したいのか、ヤムチャ程度でいいのか。どっちの道を選ぶかによる。私は後者。

・思った以上にプレイに時間とられてレビューを書く暇がないので今回で最後

これから英雄クロニクルを始めようと思っている人、またはプレイを検討している人へ。今から始めるなら8/30朝までに最低でもレベル30に上げて転生する。できれば2回。もっとできれば小隊長になるまで気合入れて転生3回。それぐらいしないとシーズン継承するメリットが生かせないと思います。それには結構やりこまないと厳しいとも思います。

このゲーム、行動ポイントというのがあって遠征(戦闘)とかにはポイント消費が必要になります。行動ポイントは2時間に1回復して、最大で6まで貯められます。MAXの状態で2時間経過した場合は自動的に訓練にまわされ若干の経験値がつきます。なので廃プレイで一気に進めることは出来ません。おかげで一日のプレイ時間が制限されるから、日常生活に支障をきたすこともないでしょうが。

それなのでレベル上げに励む覚悟のない人は、今期は見送って来期から始めたほうがいいかもしれません。初心者優遇措置(LV10以下経験値2倍・傭兵半額など)もありますし。もっとも、ここまでは無課金の話。金で解決すれば別ですが。

・気軽にプレイするならおすすめ

具体的なゲーム内容には触れられませんでしたが、課金しなくてもそれなりに遊べる内容になってます。自分のキャラにスーパーサイヤ人なみの活躍させたい人だと、地獄の沙汰もなんとやらになりますが。

とゆーわけで、来期も(無課金)プレイ続行は決定してますが、記事を書くかは未定。
検索すればゲームサイト系のレビューとかまとめサイトも見つかるでしょう。個人的には下記サイトが参考になりました。

ブラウザゲームレビュー「英雄クロニクル」 – GAME Watch
プレイ前にどんな感じかつかみたい時に
英雄クロニクルwiki
プレイ後の取説代わりに

公式サイトとか批評とか見ててもあんまり面白そうには見えないけど、実際やってみると結構楽しいよ。まだ初心者の私でも今期の英雄戦(イメージ的にはオリンピックとかワールドカップみたいな感じ)のリプレイは胸熱ものだったし。

英雄クロニクル 公式サイト