Posts tagged ‘楽天’

goethe-1064701_

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション

なんか、江口寿史著の「ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション」の電子書籍版が、Kindleオーナーライブラリーの対象になってるんだけど。これ、だいぶ前に紙の本が出た時欲しかったけど、@1500円ぐらいしたんで断念したが。@540円なら読むべきか買うべきか悩むな。

ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 第1巻

江口寿史

貧民なのに@540の電書を買うのか迷うのは、この件で江口寿史氏について調べて知った、去年出た「KING OF POP 江口寿史 全イラストレーション集」をポチるぐらいは興味があるから。

20160715002 20160715003 20160715004

プライム会員だから、PrimeDayにAmazonで買ってたら10%のポイント付いたんけど、気づいたのその翌日だからな。ちなみに、PrimeDayに買ったのは、500ポイント目当てのAmazonギフト券のみ。

20160715001

結局、楽天ブックスで買ったけど。新品定価5400円で。まあ、楽天ブックスだとポイントとキャンペーンの合わせ技で、一部期間限定ポイントになるが10%以上は付くはずなので。このぐらい高い本だとポイントの差はバカに出来ないからな。

KING OF POP [ 江口寿史 ]
価格:5400円(税込、送料無料)

 

この価格でも、2冊分冊で総ページ数400超えだからボッタクってるってわけじゃないとは思うが。なお、発売後1年経たずに5版まで進んでるからかなり売れてると思われるので、欲しい人は慌てずポイント倍増やキャンペーン待ちでいいかも。中古で良ければ、今はまだ割高だけど将来的には売れてるだけに値崩れ期待できそうだし。それに、大きめの本は場所とるから古本屋も早く処分したがるんじゃね。

20160715005

今回の感想

そんな訳で、自分にもまだ定価5400円の紙の書籍を購入するほどの物欲が残っているとは思わなかった。貧民的には、あまり望ましいことではないなあ。

funmatsucha006

べにふうき

ちょっと前の話だが、季節の変わり目で暖かくなった頃、なんかくしゃみとかが出て花粉症を疑ったんだけど。それで、とりあえず花粉症に効くという噂のべにふうきを使った粉末茶を買ったんだが。

funmatsucha001 funmatsucha004

駒井園 鹿児島産 べにふうき 粉末茶 80g 【花粉 対策】

新品価格
¥864から
(2016/7/9 16:59時点)

効果があったかどうかは、花粉症ではなかったみたいなのでなんとも言えないが。しばらく粉末茶を飲んで気づいたんだけど、お茶っ葉でいれるのと違ってゴミが出ないし、急須とかも必要無いからものすごく楽。それなんで、こないだまた別の粉末茶を買ってみた

funmatsucha005 funmatsucha006 funmatsucha007

ちなみに、ダイソーでも同じメーカーの同一商品と思われるののサイズ違い(20g)が売ってるのを見かけたので。とりあえず粉末茶を試したい人は、そっちで様子見してもいいかも。ただ、ダイソーのだと40gのと違って袋がチャックなしだからちょっと不便だが。

 

なお、花粉症の疑いがある場合は民間療法に頼るより、ひどくなる前に素直に病院行ったほうがいいみたい。

間違った花粉症対策|花粉症ナビ

粉末茶

ちなみに粉末茶は、お茶の葉をそのまま細かくしたものだから、インスタントコーヒーみたいにお湯には溶けない。やろうと思えば葉っぱをフードプロセッサーとかで粉砕しても作れるだろうが、まあ面倒くさそうだな。

手動だけど、今はこんなもの売ってるんだな。

京セラ 【緑茶のカテキン・ビタミンをまるごと摂取! 】 セラミックお茶ミル緑茶(煎茶)専用 CM-50GT

新品価格
¥3,800から
(2016/7/9 16:59時点)

一般的な粉末茶の使われ方だと、なか卯で出してるお茶粉末茶だったと思う。あと、回転寿司にも置いてある店が多いらしい。ほとんど回転寿司は行かないが、かなり前にがってん寿司に行った時はテーブルに粉末茶の容器が置いてあって自分で入れた記憶があるな。ちなみに、がってん寿司公式通販では「がってん寿司店舗で使用!」と謳ってる粉末茶を売ってたりする。

 

どうでもいいが、楽天コンサルタントの言われたままに作ったようなページだな。

2017.03.09これも買いました
がってん寿司の粉末玄米茶を飲んでるんだが -今更ながら口内フローラ対策の緑茶うがいネタ-

粉末茶の感想

そんな訳で粉末茶だが、結論から言うと味は茶葉に劣る香りはかなり劣る。けど

味については好みもあるけど、やっぱ普通に入れたお茶には負けるかな。もっとも、葉っぱでも最初水出しで何回か入れて飲んで。味しなくなったら、お湯入れてさらに何回か抽出して飲むのと比較すれば、最初の方には負けるけど後の方には一応勝ってるかな。お茶っ葉をこういう貧乏くさい方法でいれなければ別だろうが。それでも粉末茶の場合、味が一定になるのはメリットか。

香り

香りについては、これはどうしようもないと思う。例えるならコーヒーも挽いてある奴より豆で買って自分で挽くと香りがぜんぜん違うみたいな感じじゃね。そうなると、表面積が大きい分劣化も早くなりそうだな。家族でがぶ飲みするんでなければ、1パックに大容量入ってる奴は考えものかも。

いれ方

べにふうきだと、花粉症に効果があると言われるメチル化カテキンをより抽出するために熱いお湯が必要だが。水でも大丈夫な商品だと、コップに粉末茶と水入れてかき混ぜて氷いれて終わり。夏場とか大量に消費するなら、大きめの容器でまとめて作ってもいいし。ホットの場合は、面倒くさいならコップに水入れてレンチンして粉末茶投入で済むし。

その他

それ以外で気になる点は、粉末茶だと細かすぎて最初のうちは袋開ける度に粉が舞ってもったいなく思うとこかな。さらに、最後の方になると袋の裏で薄っすらとこびりついてたりして取りにくい。まあ、ラストは貧民らしく、袋に水ちょっといれて全部使いきったけどね。

今回の感想

お茶いれるのやゴミ出るのが手間だけどお茶飲みたいって人なら、味と香りに妥協できるなら粉末茶おすすめ。一度粉末茶に慣れると、もうまともなお茶をいれるのには戻れなくなるぐらい楽。

お茶は嗜好品でこだわりがあるとか、いれるのが趣味とかなら別だが。日常のルーチンワークの一つと割り切ってる人には粉末茶でいいんじゃね。

silhouette-936715

楽天撤退

なんか、楽天が欧州の通販事業から一部撤退するらしいんだが。英語公用化とかのグローバル戦略の話は聞いてたが、実際にもやってたのか。さらに、ちょっと前には東南アジアからも撤退してるんだ。

楽天が欧州事業再編 英でリストラ、仏独は事業強化

楽天、3月にアジア3カ国のサイト閉鎖 競争激化でネット通販事業見直し

通販事業だから、海外でも日本の楽天市場みたいにテナント募集してショバ代取るビジネスなんだろうか。日本だと楽天はネット通販のトップみたいだが、世界的にはこういう仮想ショッピングモールって主流なんだろうか。

楽天ネット通販、成長鈍化 迫るヤフー・アマゾン

インターナショナルオーダー

楽天市場のビジネスモデルだと、世界に展開するには各地域に拠点作る必要がありそうだが。そうなると、国内の優位性てまったく関係なさげだな。よほど、展開先でも名前がブランド化してるならまだしも、一から現地の店子を勧誘するのは素人的にも大変に見える。

もっとも、Amazonみたいな直販メインでも、日本に物流拠点作って乗り込んでくるとこもあるが。これは大量の人物金を投入しないと無理だろうから、よほどの覚悟と資金力がないと無理だろうが。

そうなると、iHerbみたいに拠点一つで世界中に売ったほうが効率良い気はする。少なくとも、米国から日本まで送料4ドルで5日間ぐらいで送られてくるなら、利用者的には国内通販と大差ないからな。まあ、初期不良とか製品不具合があった時の対応を考えると、壊れやすい精密機械とか高額な商品なんかは日本国内で買いたくなるが。

iHerbについては↓
iHerb | 年間120万円生活 -働きたくねぇ.com-

今回の感想

そんな訳で、楽天の海外進出って他の国でも楽天市場を作りたかったんだろうか。個人的な印象だと、楽天って日本で楽天市場で稼いだ金で他業種を買収して1代で巨大な楽天経済圏を確立したってイメージなんだけど。

現在の収益構造を見てみると、6割弱が通販で4割弱がフィンテック関連なのか。収益の柱の2つって、なんか日本発で世界に通用するのは厳しいんじゃないかと思うような分野なんだが。

楽天株式会社: セグメント別業績 | 財務・業績情報

海外通販事業の苦戦はニュースの通り。クレジットカードは楽天経済圏じゃないと使うメリットないから、世界的ブランドにするには海外事業が成功しないと魅力ないし。銀行や証券とかも、ネット専業じゃどう考えてもドメスティックだよな。だったら、シンガポールやタックスヘイブンで会社作ったほうがいいんじゃね。今は時期が悪そうだが。

そう考えると、国内でこれだけの巨大グループに成長したのに世界を目指すのは、ある意味必然的なのかもしれんな。

kitchen-1085990

ケンコーコム

こないだ石けんがなくなりそうになったので、ついでに他の日用品も買ったんだが。納期的にはAmazonの方が早いだろうが、楽天のケンコーコムが3000円以上から使える300円引きクーポンなんてのがあったので、これ使って買い物したんだけど。そしたら、土曜からお買い物マラソンかよ。もうちっと待てばよかったか。

【楽天市場】買えば買うほどポイントアップ | お買い物マラソン

まあ、ちょい前に難消化性デキストリンがなくなってきたんで、フランス産の1.7kg 2個買ったし。そもそも、マラソンでも何店舗も買いまわりとか出来ないからどうでもいいか。

難消化性デキストリンについては↓
フィットライフコーヒーが買えない貧乏人はインスタントコーヒーに難消化性デキストリンを混ぜれば安上がり

セルロースクロス

ちなみに、今回新たに買ったのはセルロースクロス。その名の通り、セルロースとコットンが原材料なので紙みたいな感じ。

20160420a 20160420b

パストリーゼ77

それと、パストリーゼ77というアルコール度数77%の除菌スプレー

20160420c 20160420d

除菌なら、無水エタノールを薄めてもいいんだけど、水道水やブリタの水使うのはどうかと思うし。かといって、精製水買っても使い切れないし。まあ、消毒用アルコールならこれより安いのもあるけど、パストリーゼなら食品にも使えるってのが購入の決め手かな。

シンクの水滴対策と除菌

セルロースクロスとパストリーゼのコンビだけど、主な使い方はシンク周りの水滴とかの拭き取りと除菌を予定してる。

昔は普通に布の台ふきんを使ってたが、これだと雑菌を広げるとか聞いたんで、代わりに水滴をとるにはキッチンペーパー、除菌はアルコール入りのウェットティッシュにしてたんだけど。消費量が激しいし、吸水性に難ありなんでどうしようかと思ってググったら、セルロースクロスが再利用できて便利という情報が見つかった。

そう言えば、だいぶ前に変な動物柄のスウェーデン製の奴を買った気がするが。値段の高さでリピはなかったが、スコッチブライトだとドイツ製で半額ぐらいなんだよね。それでも高いと言えば高いが。

雑菌の繁殖については台ふきんと同じだろうが、セルロースクロスの方が乾くのが早いから多少はましらしい。ちなみに、紙っぽいけど煮沸消毒も可能。

使ってみた

続いて、実際に使ってみた感想。

セルロースクロス

最初はセルロースクロス使用後、なかなか乾かなかったんだけど。これは、乾燥防止のために湿潤剤が使用されてるせいみたい。取説通り良くすすいでから使ったが、それでもまだ足りなかった模様。しばらく使ってるうちにちゃんと乾燥した。

そうなると問題は、完全に乾くと固くなって拭き取りには使いにくいとこかな。取説だと、使う前に濡らして絞れと書いてあるが、水気を取るのに先に濡らすのってどうかと思う。それを除けば、片手で絞った湿った状態でも、充分吸水性あるから使いやすいけど。なんか、納得できんな。

ちなみに、食器の水切りとかで敷いて使うなら固い状態でも使えるというか、完全に乾燥させた方が乾きは良さそう。それだとセルロースクロスはそってるが、濡れれば平らになるし。

雑菌の増殖については、まだ使い始めなので匂いとかでは判断できないかな。耐久性についても同様で、結果は使い続けてみないと分からんな。

パストリーゼ77

パストリーゼ77については、普通にアルコール入の除菌スプレーって感じ。まあ、実際に除菌できてるかは顕微鏡で調べでもしないと分からんが。匂いについては、アルコール度数が高い割にはそんなに強くないと思う。カテキンが入ってる事も、使った感じでは実感できん。

値段もかなり高いけど、無水エタノールはもっと高いからな。中にはこれより全然安い製品もあるけど、そういうのってアルコール度数を公表してないから信用出来ないんだよね。その点、これなら77%と明記してるから安心して使える。

この後使ってみて問題ないようなら、次は詰め替え用でデカイ奴にするかな。多少は単価安くなるし。

今回の感想

そんな訳でケンコーコム久しぶりに使ったけど。前にみたいに、条件なしのポイント10倍乱発してくれれば、利用頻度がここまで下がることもなかったんだが。今回はまだ、3000円以上とクーポン利用のハードルが低かったからここで買ったけど。次はAmazonで買うかもしれんな。ぶっちゃけ、パストリーゼはAmazonの方が安いし。

ただ、コスパの高い5Lとかの大容量はAmazon本丸だと取り扱いないのが難点だな。

ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml

新品価格
¥756から
(2016/4/20 19:41時点)

セルロースクロスはケンコーコムの方が安いけど、無地のタイプならAmazonの勝ちか。消耗品に見た目はいらないって人なら、見た目より値段だろうし。

スコッチブライト ふきん セルロースクロス 2枚 CCL-PB

新品価格
¥355から
(2016/4/20 19:41時点)

値段の事言ったら、100円ショップでも売ってるらしいけど。そっち試してからにしても良かったが、100円ショップだと店によって取扱商品も違うから行ってもないかもしれないし、レビューだと耐久性に難ありとかいう話もあるみたいだし。その点、スコッチブライトなら3Mだしドイツ製で良さ気だしな。

a0002_004132

マウスウォッシュ

マウスウォッシュに使ってる、コンクールFが最後の1本になったので新しいのを買おうと思ったんだが。どこで買おうか値段調べてたら、オーラルクールCHXとかいう商品を見つけたんだけど。

オーラルクールCHX

商品説明見る限り、コンクールFの後発品みたいだな。商品の形やパッケージは、スタバに訴えられてロゴマークの色を緑から青に変えた、エクセルシオールみたいな印象を受ける。まあ見た目はともかく、有効成分は似たようなものだし、何よりコンクールFよりそこそこ安いからな。それなんでとりあえず、送料込みの3本セットを買ってみた。

値段的には、Amazonマケプレの方が安いけど。送料別だから、トータルでは送料込みの楽天の方が安いな。まあ、関東は送料70円と安いから、1本だけ買うとかならこっちの方が安くなるかもしれんが。

オーラルクールCHX (100ml) 3本セット

新品価格
¥1,840から
(2016/1/10 13:48時点)

オーラルクールCHX 1本(100ml)

新品価格
¥690から
(2016/1/10 13:49時点)

デンタルフィット

ちなみに、今回買った歯科医院専売品のデンタルフィットってとこは、会社概要見るとciメディカルの関連会社らしい。

【楽天市場】歯科医院専売品のデンタルフィット [会社概要]

当グループで開発されたオリジナル商品『ci歯ブラシ』シリーズは、おかげさまで年間販売数量1600万本を超えました。(2010年売上実績)

調べてみたら子会社だったよ。

沿革| Ciメディカル

平成20年10月 株式会社デンタルフィットを子会社化

楽天はまだしも、Amazonマケプレだとたまに訳の分からない業者とかも入ってるけど。メーカーの子会社なら直販相当だから、詐欺とか偽物掴まされる心配はないだろう。

そんな訳で、コンクールより関連会社が開発したオーラルクールを売りたいのは分かる。だから、コンクールを冷遇して単品より割安な3本セットがないのも理解できる。だがしかし、コンクールとオーラルクールのセット販売ってのはどういう意味なんだろ。商品に自信ないのか。

オーラルクールは試したいけど、安全のため保険も書けたい人はこっち選んだほうが手堅いかな。けど、せっかくだから俺はコンクールを選ぶぜって人だと、お口の専門店がセールやってる時を選んだほうがいいのかな。

楽天のお口の専門店のセール逃したり割引がしょっぱかった時は、Amazonのマケプレで買った方が安いかもね。

ウエルテック コンクールF 100ml ×2 本 医薬部外品 [ヘルスケア&ケア用品]

新品価格
¥1,650から
(2016/1/10 13:50時点)

しかしデンタルフィットもお口の専門店も、なんで楽天とAmazonで微妙に値段変えてくるんだろ。調べてたら、どっちで買おうか悩んで時間潰しちまったよ。と言っても、数十円からせいぜい数百円ぐらいの差額だからな。私みたいな貧民ならともかく、平均年収以上稼いでる人なら時給単価考えると、Amazonでも楽天でもポイントとか利便性で先に使うとこ決めて、無駄な時間浪費せず、とっとと買った方が有意義かもしれんな。