Posts tagged ‘投資信託’

うざい証券会社のCM

証券会社のCMって、なんかうざく感じるのが多い気がするんだけど。その代表格が、日本を代表する証券会社の野村證券なんだけど。こんな非効率きわまりないやり方見せつける意識高い系のCM見て喜んでるのは、電通や博報堂ぐらいじゃね。

それと同じぐらいうざいのが、「うふふ♪ ま・つ・い 」松井証券なんだが。最近、ここがファンドラップに対抗した「投信工房」を売り込みたいのか、こんなCMを流してるんだが。

低コストの理由 | 投信工房 | 松井証券

「楽ラップ」や、楽天の後に似たようなサービス開始してるのに大胆なネーミングの「マネラップ」とかだと、投資信託の信託報酬とは別に金取ってるのに、これらと同じロボアドバイザー採用してるみたいだけど、ロボットをただ働きさせてるのかCM通り、その分のコストを上乗せしてないんだよな。実質コストがこの通りになるかは不明だが、それでもロボ分の追加費用に関しては、無料を貫く方針でいいんだよな。

※投信工房の記載は、想定コストが最も高いモデルポートフォリオに基づいて算出しています(2016年11月28日サービス開始時点)。また、税抜で算出しています。
※合計コストは、基準価格が年間平均3%上昇し、分配金は0円、信託報酬は年度末に支払うものとして計算。
※それぞれの商品に応じて異なった費用(信託財産留保額、監査費用、組入有価証券の売買委託手数料など)が別途生じる場合があります。

なお、マネックスは最低1万円、松井は500円からの積み立て運用に対応してる点は、楽ラップより優れてるな。というか、ラップ口座がおよびじゃない小金持ちのカモじゃなく、ある程度の金融知識と定職のある人を対象にしてそうなんだけど、楽ラップだけ積立ないんだよな。山崎元氏が関わってる割に、詰めが甘いよな。

今回の感想

そんな訳で、楽ラップやマネラップと比べると、松井の投信工房はなかなかやるんじゃね。「それぞれの商品に応じて異なった費用」に一般的な投資信託の手数料以外が含まれてなければだが。それだと、ラップサービスやる意味ないんじゃねって気がするけど、それでも投資信託の残高が増えれば薄利多売でおけって考えなんだろうか。

気になるのは、このサービスで採算がとれるかどうかなんだけど。別に、証券会社の懐事情なんて気にする必要はないのだが、儲からなければサービス撤退リスクが上がるからな。特に、松井証券は一度投資信託から撤退してるみたいだし。まあ、投信から撤退したのは儲からないからじゃないみたいだが。

【経済】投信の大変革がこれから始まる【松井道夫氏インタビュー(前編)】~雑誌「ネットマネー2017年2月号」より

【経済】投信の大変革がこれから始まる【松井道夫氏インタビュー(後編)】~雑誌「ネットマネー2017年2月号」より

社長のインタビューを読むと、顧客ファーストでこれならサービス撤退リスクは低そうだと感じるが。松井証券が、これから競合サービスが激化するネット証券業界で、どこまで顧客優先の手数料無料を貫けるか、私気になります。

以下どうでもいい余談。

ライフパートナーズ株式会社

松井証券の投信工房に対して、どっかのブログが取材してるのを見つけたんだが。このステマっぽいヨイショ記事を読んじゃうと、投信工房の信頼性が一気に低下する気がするんだが。

松井証券さん取材レポートその1~投信取り扱い開始の経緯と『投信工房』の紹介

90年代末から、手数料の引き下げを試みていたというのは知りませんでした!今の投資信託を取り巻く環境は、松井証券さんが理想としていたものに、やっと時代が追いついたという感じですね。

ついでにこのブログ、どこかのインデックス投資系ブロガーのサイトかと思ったが、なんか「ライフパートナーズ株式会社」って法人が運営してるんだが。気になったんで会社名から業務内容を調べてみると、複数の情報サイトっぽいのの運営と、代表の著書しか見当たらないんだが。多分AppBankみたいに、他人のふんどしで商売してる感じなのかな。

会社概要|ライフパートナーズ株式会社

事業内容 株式投資、株主優待、投資信託、住宅ローン等、情報サイトの運営

ついでに会社所在地も調べたが、なんか名古屋のマンションっぽかったんだが。

CSP NAGOYA/愛知県名古屋市中区の物件情報|SUUMO物件ライブラリー

これだとすれば、そこそこ広いからオフィス利用でも大丈夫そうだな。それに、賃貸だと家賃コミコミで10万超えるから、下手なレンタルオフィス借りるよりランニングコスト高いんじゃね。社員数10名いて、福利厚生もスペック的にはしっかりしてるし。AppBankの時も思ったけど、この手の商売って意外に儲かってるんだな。

ただ、「主に、弊社が運営するウェブサイトの原稿・記事作成をお願いします」な、外部提携スタッフも募集してるな。おそらくこれは、労働基準法適用外の業務委託での請負契約だろうけど。

募集要項|ライフパートナーズ株式会社

まあ、クラウドソーシングじゃなく自社で直接募集してるだけマシなのかね。

しかし、ここまで関係ない長文が続くと、証券会社のCM並にこの余談もかなりうざいな。

ワリート分配金

それじゃあ、今月もワールド・リート・オープン分配金が確定したから定例報告してみるよ。分配金は先月に引き続き5,000円と変わらないって事は、全額特別分配かよ。

現在のドル円状況でこのざまって、円高に振れたらどうなんだろこれ。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

今度は、ワリートEXE-iグローバルREITの比較もいってみるよ。まずワリートの方は+11.05%と先月より若干の下げ。

EXE-iも下げて+18.68%と振るわない。で、ワリートと差は7.63%と、またEXE-iが広げたか。

今回の感想

そんな訳で、今月もワリートは棺桶に片足突っ込んだ人向けの商品って定説を裏付けるどころか、年取ってもEXE-iみたいな低コスト投信の方がいいんじゃねって宗旨変えしたくなりそうな結果になったな。

現時点だと、金持ってるのは年寄りが多いってイメージだから、毎月分配型投信のシェアが高いけど。今後、NISAとかiDeCoとかのCMに吊られた人や、ネットのインデックスブロガーの影響受けて投資を始める人が増えると、この手の低コスト投信が逆転する可能性もあるな。そう考えるなら高コストファンドのワリートは、適当なとこで乗り換えた方がいいかもしれんな。まあ、EXE-iの資産残高が増えて、唯一の懸念の運用終了リスクが減ればの話だが。

お便りコーナー

web拍手からの転載です。メッセージありがとうございます。

ワリート・ラリートの減配は痛いですよね
リートと毎月分配の相性は良いはずだから、トランプが消えるのを待つしかないのか
より投資先が見つかったら晒してください

再投資の複利効果を無視すれば、システム的には毎月分配型のインデックスファンドが該当すると思いますが。私の知る限り、その類はゆうちょ銀行専売DIAM世界リートインデックスファンドですが。これは販売手数料かかる上に信託報酬1%弱の、ゆうちょ銀行リアル店舗にホイホイやってくるカモへのはめ込み商品ですし。

例えば、SMTグローバルREITインデックス・オープンあたりに、毎月分配型を追加してスイッチング出来るようにすればいい気がしますが。多分、これ買ってるような客層は「毎月分配型」と聞くだけで拒絶反応起こしそうだから、やっぱり無理っぽい気もします。

ワリート分配金

今月のワールド・リート・オープン分配金が確定したんだけど。とうとう、ワリートも分配金70円から50円に引き下げられたか。さらに、トランプリスク発動のせいか基準価額下がって、全額特別分配転落したよ。

まあ、ワールドREIT関連の毎月分配型投資信託が軒並み引き下げしてたから、ある程度予想してはいたけど。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

気を取り直して、マネックスと楽天証券で買ってるワールドリート投信のパフォーマンス比較。ワリートの方は約+12.29%と若干の下げ。

一方、EXE-iグローバルREITファンドも19.70%と下がってるが、ワリートよりはマシなのでパフォーマンス差は7.41%とまた広がってる。

今回の感想

そんな訳で、トータルリターン的にはプラスだから、まだあわてるような時間じゃないけど。再び買い場が訪れた時は、毎月分配型投信からは手引いた方がいいかもしれんな。

それにしても、理屈では税金と信託報酬の差額の分だけ低コスト投信の方がパフォーマンスがいいのは分かってはいたが。複利の効果もあるといっても、1年程度でここまで数字が違うなんて、なんか計算方法とかミスったのかなあ。それとも、まじでここまで違うのか。

ワリート分配金

今年最初のワールド・リート・オープンの分配金報告なんだが。先月に引き続き全額普通分配で、所得税と地方税1072円・350円抜かれた手取りは5578円だったよ。

最近は、ワールドREIT投資信託で分配金引き下げが続いてるのに、ワリートは70円維持したか。ワリートより資産総額が多いラリート(ラサール・グローバルREITファンド)も60円から40円に引き下げてるけど、いつまで続けられるんだろ。

海外REIT型投信、アセマネOneなど分配金引き下げ

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)|日興アセットマネジメント

ワリート対EXE-iグローバルREIT

次は、世界リート投信のパフォーマンス比較をしてみる。まずはワリートから。分配金出したから口座上の損益はいまいちだが、トータルリターンだと約+14.82%とまずまず。

一方、EXE-iグローバルREITファンドの方もこれまた好調で、約+21.63%と購入以来最高水準か。その点はワリートも同じなんだが、それでもパフォーマンス差が6.81%とこれまた過去最高に広がったか。

次に全世界リートに投資する時は、ワリートは外してもいいかもしれんな。

いつものマネックス

以下余談。ワリートを買ってるのはマネックス証券なんだけど。年明けからシステムがリニューアルされてまた使いにくくなったんだけど。まあ、この辺は慣れもあるからしたないと思うけど。ログインしないと見えないけど、現在「買付可能額が正しく表示されない不具合」が治ってないらしい。年末年始を潰されたエンジニアの呪いか、単なるやっつけ仕事か手抜き作業だったのかは知らんが。まあ、マネックスの場合なんか新しいことすると毎回のようにトラブル起こしてる気がするから、いつものことだろ。

どうでもいいんだけど、マネックスってザラ場中にログインすると毎回のように「コールセンター電話が繋がりにくい状態」みたいなメッセージ出るんだけど、よっぽど人足りてないんだろうな。どうせ外注の派遣だろうけど、ネット証券に電話しなきゃならない状況になるより、出来る限りWeb経由のやり取りで済ませられるよなシステムにすべきだよな。まあ、苦情関連はマネックス社員じゃない非正規の外部丸投げだろうと、直接電話で言いたいってのも分かるけど。

ワリート分配金

そんな訳で、今年の最後のワールドリート・OP分配金が確定したんだけど。今回は全額普通分配で、所得税と地方税が1072円・350円引かれて、手元に残ったのは5578円。まさか、年内に普通分配復帰できるとは、トランプ様様だな。

ちなみに現在の口座上の損益は、+9000円と含み益になってる。一見するとショボいが、受取分配金6万弱含んでないからな。全部普通分配じゃないとはいえ、分配金出る度税金取られるの考えるとやっぱ痛いか。特別分配は税金なしとはいえ、タコ足配当だからこっちはこっちで痛いが。

それはともかく、結局今年のワリートは紆余曲折あったけど、分配金引き下げ無しだった。まあ、毎月分配ファンドでそれやると分配金絶対もらうマンの資金流出するおそれがあるからな。運用会社も一種のチキンレース感覚なんだろう。

ワリート対EXE-iグローバルREIT

続いて、ワリートEXE-iグローバルREITファンドのパフォーマンス比較だが。ワリートの方は約+13.3%と4月につぐ好成績だったが、EXE-iは約+19.24%と今年最高の成績を出してパフォーマンス差を5.94%とこれまたかつてないほど広げてる。

いくらなんでも広がり過ぎじゃねえかと思うので調べたら、両者の基準価額のチャートの動きがだいぶ違うのに気づいた。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型) | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

SBIアセットマネジメント [ ファンド情報 ]

EXE-iのチャートは激しく動いてるけど、それに比べればワリートの方はあまり変化がない。まあ、毎月分配してるから分配なしのファンドより上昇が抑えられるのは当然だが。さらに、EXE-iの現時点の基準価額は今年買って以降の最高値圏に近い。こういった上昇相場だと、分配金受取で一部がキャッシュになってるより、全額フルインベストメントの分配してない方が有利ってことなんじゃね。

余談だが、ワリートの方の「基準価額(分配金再投資)」のチャートは信用してはいけない。分配金再投資で毎月分配型投信を買ってる場合、分配金(特別分配除く)があるたびに引かれる税金が考慮されてない、WiMAXとかLTEでいう広告宣伝用の理論値なので。

基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。

こういうコスい事してるから、毎月分配型投信は詐欺とか情弱が引っかかるとか言われるんだよな。もっとも、1年弱パフォーマンス差を比較してみたところ、理論的にも実際にもまったくその通りかもしれんな。

今回の感想

そんな訳で投資の定石通り、毎月分配型投信は現在の税制的には分配なし投信よりも不利なことは確かだな。ワリートに関して言えば、アクティブファンドだからインデックスの低コストREITファンドを上回るパフォーマンスを叩き出せるなら、高い信託報酬の払いがいがあるとも言えるが。現状だと、インデックスに対する優位性があるとは思えないからな。投資信託は、客が買っても負けても一定の信託報酬が入る楽なお仕事ってのは、確かにその通りかも。

とはいえ、ワリートも税引き後で13%以上のプラスになってるからな。そう考えると、どうしてEXE-iとここまで差が開いたのかはホント謎。ついでに書くと、EXE-iはインデックスファンドじゃなく、ETF(現在は2銘柄)に投資する変態ファンドなんだよな。今後の展開はどうなるかは不明だが、日本に上場してない低コストETFに投資したいけど、米国株の口座開いたり手数料払うのは財布に厳しい貧乏人にはこういうファンドはありかもしれんな。あとは純資産残高がもうちょっと増えてくれれば。