Posts tagged ‘プライム・ビデオ’

バック・トゥ・ザ・フューチャー

なんかAmazonのプライム・ビデオの新着動画に、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが三部作とも入ってるんだけど。しかも、字幕版と吹替版両方とも対象になってるよ。これが無料で見られるとはありがたい。

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

けどなんで今頃なんだろう。作中で未来に来た2015/10/21までに対象になってれば、かなりの宣伝効果が見込めたはずなのに。けどよく考えたら、30週年でDVDとかが発売されてたから、プライム・ビデオで無料で見られるとなるとそっちの売上に影響があるって判断なのかな。

バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション DVD-BOX

新品価格
¥3,614から
(2015/11/11 18:04時点)

もっとも、プライムビデオとかで見て満足するような人なら、最初からセルDVD買ったりしないでレンタルやテレビで満足するだろうから。勢いでもそういうの買う人は、ある程度の収集癖があるか作品のファンだと思うのでそんなに影響あるとも思えんが。

プライム・ビデオでPart1見てみた

20151111a

とりあえず、Fire TV Stickで字幕版の1を見たけど。こんなUSBメモリみたいな端末だけで2時間弱の映画が普通に再生されるのも驚きだな。

Fire TV Stickeについては↓
Amazon Fire Stick使ってみた

作品については、何度も見た映画だけどやっぱ面白いなぐらいの感想しかないんだけど。今回あらためて見て、今までまったく気づかなかったが、やけにペプシフリーが画面に出てくる事に気づいてしまった。

キン肉マン

ちなみに、こういった作中に商品とかを登場させる広告をプロダクトプレイスメントというらしいが。実は、子供の頃から知らずのうちに仕込まれていたりした事にも最近気づいた。

プロダクト・プレイスメントの元祖!キン肉マン – モンバーバラの獅子舞

リンク先のインタビュー記事も読むと、森永キン肉マンがアニメ化された時もスポンサーになってるんだな。流石はシンボルマークがエンゼルなだけの事はある。こういう事を知っちゃうと、つい吉野家とくらべてしまうな。

『キン肉マン』の作者が異例のコメント「吉野家さんを嫌いにならないで」

これを見る限りどう贔屓目に見ても、吉野家のやってるのは塩対応にしか見えんな。

吉野家

一応吉野家のフォローもしとくと、前にComicWalkerで「マンガ・うんちく吉野家」が無料連載されてる時に公開されてた全話読んだんだけど。

マンガ・うんちく吉野家 – 無料コミック ComicWalker

これを読むと、吉野家ってお客と社員思いのなんて立派な企業なんだろう、ブラックすき家とは大違いだぜと思えるエピソード満載なんだけど。ただ、ComicWalkerだとこの漫画の作者は「室井まさね(著者)」しか書いてないけど、Amazonで見てみると「室井 まさね (著), 株式会社吉野家 (監修)」なんだよね。

マンガ・うんちく吉野家

新品価格
¥1,078から
(2015/11/11 18:05時点)

まあ、そういうことだ。マンガだと「PR」とか入れなくても問題ないんだな。

続報については↓
Amazon Fire Stick使ってみた

AmazonがKonozamaじゃなかった

なんか今朝になって、「Amazon.co.jp 「Fire TV Stick」の発送」ってタイトルのメールが届いたんだが。ああ、予定が早まって発売日発送になったのかと思ったら、今日到着した。1980円や980円だからとりあえず注文したけど、後になって使い道ないと気づいた人がキャンセルして繰り上がったんだろうか。

firetvstick001

そんな訳で予定外だが、開封して動作確認してみる。

Fire TV Stick開けてみた

まずはパッケージの開封から。外箱はビニール袋に包まれている他、紙の箱にも封印シールが貼ってある。封印を剥がして中身をスライドさせると、見た感じちょっと高級っぽい内箱が出てきた。

firetvstick002 firetvstick003 firetvstick004

箱を開けると上の段にFire TV Stick本体リモコン、下の段に取説USB電源ケーブル・アルカリの単4電池電源アダプタと、ケーブルの下にHDMI延長ケーブルが入ってる。

firetvstick005 firetvstick006 firetvstick007

続いて中身について。取説はインターナショナル仕様じゃなく、日本限定版らしく日本語しか書いてない。本体は見た目より安っぽい。特にリモコンはむちゃくちゃ軽くてオモチャっぽい。まあ、電池入れたらちょうど良くなったけど。

firetvstick008 firetvstick009

本体にはMicro-USB端子があるけど、これは電源専用なので給電にしか使えないらしい。逆に言うと、使用にはUSB経由で電源を取る必要があるので、本体はコンパクトだけど取り回しは結構うっとうしい。ケーブルの方は電源ケーブルとなってるが、見た目はKindle Fire HD 8.9付属のと同じに見えるな。

firetvstick010 firetvstick011

単4アルカリ電池はAmazonベーシックのが裸で入ってた。ちなみに、取説には「電池を新しく交換する際は、必ず新品の1.5Vアルカリ電池、または1.2V充電式ニッケル水素(NiMH)電池を使用してください」と書いてるから、エネループとかの充電池も問題なく使えるようだな。動画再生にしか使わなければ、普通のテレビ並には持つだろうからアルカリでもいいかもしれんが。ゲームとかアプリの操作でリモコン酷使する人なら、エネループの方がいいかもしれん。

firetvstick012

おそらく、テレビとの接続にFire TV Stickを直接繋ぐ人はあんまいないだろうから、HDMI延長ケーブルは必須だと思うが、これはちょっと短い気がする。事実、家のPC用モニタやテレビに繋げたところ、本体が斜めになったり宙ぶらりんになった。可動部分はないから、ケーブルや端子にストレスかからないように気を使えば問題ないとは思うが。

firetvstick013

ACアダプタはKindle Fire HD 8.9のよりはコンパクトだな。けど、同じサイズのをコンセントに横に並べてはさせないと思うので、もう少しスリムにはして欲しいかな。

firetvstick014

Fire TV Stickセットアップしてみた

続いて、Fire TV Stickをテレビ(PCモニタ使用)に繋げてみる。説明書通り、ACアダプタとUSBケーブルと本体を繋いでからHDMI延長ケーブルでテレビに接続。モニタの電源入れてHDMI表示に切り替えるとセットアップ画面が映った。

firetvstick015 firetvstick016

画面の指示に従ってリモコンで操作する。言語・Wi-Fiの設定をしてネットワークに繋がると、今度はAmazonのアカウント設定に。既存のアカウントがプライム会員なので、それで登録して完了。作業自体はたいした手間じゃないはずだが、リモコンでWi-FiとAmazonのパスワードとかを入力するのが手間だったな。初回のみの辛抱だが。

firetvstick017 firetvstick018 firetvstick019

セットアップが終了すると、チュートリアルの動画が流れる。これはいいアイデアかもしれんな。ペラペラの紙のマニュアルに金をかけるより、製品の性質上ストリーミングで動画で操作方法教えたほうが分かりやすいだろう。これを見終われば、普通の人なら最低限の使い方は分かるんじゃね。

firetvstick020 firetvstick021

ただこれって、デフォルト設定だと一度アカウント登録したら、パスワードとかなしでAmazonのコンテンツにアクセス出来るんだよな。それを考えると機能制限で商品購入に関しては、PINの設定しといたほうがいいな。

Fire TV Stickでプライム・ビデオの動画を見てみた

とりあえずプライム・ビデオの動画を見てみたら普通に見れたけど、画質が悪かった。もしかすると、モニタのHDMI入力HDCPに対応してないのかもしれない。そこで、普通のテレビに繋いで試してみたら画質が改善した。もっとも、回線状態が悪くなると、やっぱり画質が落ちるけどね。

回線状態さえ良ければ、HD動画なら小型の家庭用テレビなら地デジと遜色ないぐらいには映った。けど、大画面テレビだとどうなんだろ。

Fire TV StickでYouTube動画も見てみた

Fire TV Stickは、YouTubeとかHuluといった動画サービスへの対応も売りにしてるが。これはFire TV Stick単体の機能ではなく、各サービスのアプリをインストールしてアプリ経由で対応してる。それなんで、YouTubeのアプリをインストして試してみたが、こっちも地デジ並の画質で見れた。

YouTube

新品価格
¥0から
(2015/10/28 20:27時点)

画質はネット回線次第なんだろうが。

Fire TV Stickの気になるところ

現時点で気になるところは、本体が結構熱くなるところかな。動画視聴でストリーミング再生を行うとなると、長時間の連続運用になるし、当然ずっとネットに繋ぎっぱなしになるからな。本体がどのぐらいの負荷に耐えられるのか、気になります。

もう一つは電源の切り方。設定やホームボタン長押しからメニューは出るが、スリープはあっても電源オフにする項目がないんだよね。一応Amazonのページ見て解決はしたんだが、電源引っこ抜くしかないんか。

Fire TV Stickハードウェアの基本情報

Fire TV Stickをオフにするには、USBケーブルを端末または電源から抜きます。

一応、スリープにすれば電源オフにする必要ないと言ってるけど、アップデートとか自動受信するってことは待機電力以上の電力消費するんだろうか。

注: 使用後にFire TV Stickをオフにする必要はありません。Fire TV Stickは、省エネのために30分後にスリープモードになるように設計されています。スリープ中も、重要なソフトウェアアップデートは引き続き自動で受信されます。

使い勝手的には、リモコンにボリュームがないのはかなり不便だと思う。HDMIで接続するデバイスだと、どれもボリュームは接続元のテレビやモニタで調整するみたいだけど。おかげで、テレビのリモコンも手放せないんだよね。これが日本の家電メーカーなら、HDDレコーダーみたいにレコーダーのリモコンでもテレビの最低限の操作は出来るようにするよな。しかも、設定で主要メーカーの製品に対応できるようにもするよな。

今回の感想

とりあえずファーストインプレッションは、動画再生目当ての人なら、4980円でも使用目的がマッチしてれば悪くないように思える。例え、Amazonのプライム会員でなくても、YouTubeとか別のサービスにも対応してるし。

Fire TV Stickは動画プレイヤーというよりは、スティック型Androidデバイスの機能限定版という感じだから。色々なアプリを入れて遊べることも考えれば、1980円ならよく出来たオモチャだと思う。別売りのゲームパッドとか使えば本格的なゲームも出来るみたいだが、そういった使い方だとスペック的にちょっと不安だが、1980円なら期待はずれでも笑って済ませられるな。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/10/28 20:27時点)

けど、3000円引きとか4000円ギフト券みたいな割引なしで買うなら、もうちょっと詳しい使用レポートが上がるのを待ったほうがいいかもね。

購入時の記事は↓
Fire TV StickをAmazonの策略にはまって買っちまったよ -プライム会員なら3000円割引で1980円だからな-

Fire TV Stick

なんか、Amazonの動画見放題サービスプライム・ビデオについて調べてたら、Fire TV Stickという、HDMI端子にぶっ刺すだけ(別途電源は必要だが)で、Wi-fi経由して動画が見れるデバイスが予約受付中なんだけど。それで、プライム会員だとクーポンで3000円OFF、無料体験中だと後でAmazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンをやってるんだが、それが9/26までなんだよね。

【Fire TV上陸記念】プライム限定Fire TVシリーズがクーポンで3,000円OFF! 9/26まで

それなんでとりあえず予約しといた。特に使いみちがあるわけではないが、1980円なら話の種ぐらいにはなるだろう。

Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2015/9/26 21:46時点)

ただ、現時点だと発売予定日は2015/10/28なんだけど、お届け予定日は11/5-11/7と発売1週間後以降にずれ込む見込みなんだよね。もうちょっと早く決断すべきだったか。

20150926a

Fire TV

冷静に考えるとFire TV Stickより、上位機種のFire TVの方がmicroSDスロットついてたりUSB2.0がある上、スペックも高いんだけど。3000円オフでも9980円だから、貧民がいきおいで買える金額じゃないんだよな。

Amazon Fire TV

新品価格
¥12,980から
(2015/9/26 21:45時点)

ちなみに、Kindle Fire HD 8.9でプライム・ビデオで無料の「スティーブ・ジョブズ」をオフラインで見るため最高画質でダウンロードしようとしたら、「空き容量の不足」と言われてダウンロード出来ず高画質で落としたんだけど。それでも、2時間7分の動画で2.5GBぐらいになった。それ考えると、光とかの高速な固定回線がないけど、高画質動画をダウンロードして見たい人は、ストレージを増やせないFire TV Stickは安くても地雷かもね。もっとも、光だとしても、Amazon側が混雑でHD動画の帯域確保できないこともあるかもしれんな。今後プライム会員が増えて、プライム・ビデオの利用者が多くなれば。そうなると、microSD 128GBに対応してるのは、Fire TVのかなりのアドバンテージだな。

今回の感想

そんな訳で、届くまでまだ1ヶ月以上もあるから当分先のことだけど。例え何が起ころうとも、1980円の出費なら後の人生に影響をあたえるほどの痛手にはなるまい。

なお、この3000円OFF・4000円Amazonギフト券は9/26までらしいので。それにしても、既存のプライム会員も3000円じゃなくAmazonギフト券にそろえて4000円OFFにしてもらいたかったな。それ差し引いても、プライム・ビデオのサービスや今回の割引といい、貧民でさえプライム会員になって良かったと思えるのはAmazon恐るべし。

Amazonプライム・ビデオ

確か8月下旬ぐらいに発表した、Amazonの動画見放題サービスAmazonプライム・ビデオだけど。9月下旬開始のはずが音沙汰なかったんだけど、今日メールでサービス開始の連絡が来たので早速見てみたよ。何タイトルぐらいあるか分からんが、やけにAKB関連が多いな。しかも独占配信なのか。

AKB48ほか200本以上のLIVE動画一挙配信開始

Kindle Fire HD 8.9で見てみたが、かなり画質悪い。もっとも、規制前とはいえ回線がイー・モバイルの3Gだからな。流石にHD動画のストリーミング再生に3G回線はきつすぎたか。HD動画の画質確認するには、ダウンロードして見ないと無理だな。

動作環境

このサービスAmazonタブレット専用かと思ってたら、結構対応機種が多いな。PCやiOS・Androidデバイスはもちろん、ゲーム機や一部のテレビ・BDプレイヤーにまで対応してるのか。けど、この中で動画のダウンロードに対応してるのはiOSだけだが、HD画質は不可か。その点、KindleタブレットをHDでもダウンロード可能にして差別化を図ってるのかな

Amazonビデオ対応デバイスと機能

ただ、PCでHD動画を見るためにはHDCPに対応してないとダメなのか。家のPCは切替器使ってモニタに繋いでるんだけど、これD-SUBなんだよな。そんな訳でPCでの視聴の場合、こんな感じでHD動画が利用できない。

20150924a 20150924b

まあ、今時D-SUB使ってるやつなんか少数だろうが、該当する人は注意。

タイトル数

肝心のサービス対象タイトル数だけど、これは開始直後だからかそんなに多くはないな。今のところ、検索結果を見ると1513件。おそらく、ドラマとかアニメは1話ごとじゃなく1タイトルにしてると思うが、字幕と吹替は2タイトルになってるかもしれんな。

そんな中、後で視聴予定のタイトルを忘れないように書いておく。

藤子不二雄アニメも何点かあるな。「エスパー魔美」と言えば、「作品のオリジナリティーを尊重」されてるかが興味あります。

「ゲームセンターあらし」はkindleと楽天Koboで電子書籍版のコミックを揃えたぐらい思い入れのあるタイトルなので、これだけでもプライム会員になったかいがあるかな、ないかな。マンガと違って、当時でもテレビだと権利関係がデリケートだったらしく、オリジナルのゲーム画面が変更されたり別物になってたらしいので、視聴時はそういうとこもチェックしとくか。

タイトルをざっと確認したところ、どういう層を狙ってるのかいまいち分からんラインナップだが、これもその一つ「宇宙刑事ギャバン」。他にもシャリバンとシャイダーもあるぞ。どうでもいいが、ギャバンはオープニングだけバージョンも用意して欲しい。可能ならノンテロップバージョンの。そしたらKindleに保存しとくんだけど。

次は「仮面ライダー」か。V3もあるけど、古いのはこの二つぐらいだな。ここはネタでもアマゾンが欲しかった。

最後は「スティーブ・ジョブズ」 自伝を読むぐらいは興味のある、スティーブ・ジョブズ氏をモデルにした映画。時間のある時に見ときたいかな。

今回の感想

そんな訳で、結構興味のあるタイトルはあるから、すでにプライム会員の人には悪くないサービスじゃねと思えるけど。プライム・ビデオの為に、1年間プライム会員になる価値はあるかと聞かれると、まだ開始初日だからAmazonプライム・ビデオの活躍にご期待くださいって事で、今後のラインナップ次第としか言えないかな。

まあ、月1冊貸本サービスのKindleオーナーライブラリーと比べると、だいぶ自由度は高いと思うし。何より、対象タイトルの検索がものすごく楽。というか、Kindleオーナーライブラリーの検索しづらさだけは、まじでなんとかしてくれ。