Posts tagged ‘バイラルメディア’

反LINE運動

去年の大納会のあいさつで、2016年IPOの大型上場の例としてJR九州と共に名前を挙げられ、時価総額1兆円を超えるほどの大企業になったLINEだが。

そんなLINE帝国に、たった一人の写真家が反旗を翻してるのが一部で話題になってるんだが。

「広告会社はNAVERまとめへの広告配信を停止してください」 NAVERまとめに写真をパクられた写真家がネット署名開始

Yahoo!をはじめとする広告配信サービス会社は NAVERまとめへの広告配信を停止してください

世間的には、昨年末のLINEの株価を見る限り、さすがゴッグだレベルでどうってことなさそうな瑣末事っぽいが。

LINE(株)【3938】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

今後、この件がNHKのニュースとか民放のワイドショーレベルまで取り上げられたらどうなるんだろうね。

旅するフォトグラファー 有賀正博

この件については以前にも書いた通り、キュレーションメディアとかに自分の写真を無断転載された写真家の有賀正博氏が、パクったとこに請求書を送ったことから始まったんだが。で、1社を除いて快くかどうかは知らんが使用料を払ってくれたらしい。もちろん支払いに応じなかったのが、韓国系企業傘下で天下のLINEが運営する最強最悪の著作権侵害サイトと名高い、NAVERまとめなんだが。

LINEも「DeNA・サイバーエージェントがやられたか」なんて余裕ぶっこいてられなくなるかも?

前回記事執筆時点では、その後の対応を検討してたけど、詳細はリンク先を読んでもらえば分かる通り、一個人の力ではにっちもさっちもいかない状態になって、今回のネット署名運動に繋がった模様。

NAVERまとめ対策 | 旅するフォトグラファー  有賀正博

LINEに宣戦布告するなら少額訴訟?

まあ、NAVERまとめの悪行については一旦置いといて。LINEに関しては、自分たちに都合の悪い真実も検閲してない懐の広さは評価したい。

著作権侵害を助長するNAVERへ未だに広告出稿する倫理観の低い企業のまとめ

LINEがNaverまとめの著作権侵害やめないならBLOGOSへの転載とメルマガを止めようと思う

後者のリンクでは、NAVERまとめにパクられたらLINEに少額訴訟起こしちまえと、LINEが運営するBLOGOSに転載された記事で勧めてるが。少額訴訟は相手が拒否すれば通常の裁判で争うことになるんだが、そこまでの覚悟はあるんだろうか。LINEの写真家の人へのなめた対応を見れば、LINEなら当然少額訴訟を拒否するんじゃね。

裁判所|これから少額訴訟を利用しようとする方へ

なお,相手方が希望する場合や,相手方が行方不明の場合,裁判所が少額訴訟で審理することが相当でないと認めた場合などには,通常の民事訴訟手続に移行しますが,簡易裁判所では,移行後の民事訴訟手続においても簡易な手続により迅速に紛争を解決することを目指しています。

他にも永江一石氏は、少額訴訟を起こしまくればLINEが泣きを入れてくるみたいなことを書いてるが。

訴訟を起こす裁判所は、LINEのある渋谷区である必要はなく、あなたの住む場所の裁判所でかまいません。訴訟を起こせばLINEの担当者は顧問弁護士と一緒にその地方まで出向かねばならず、来なければ一発で勝訴です。全国で同時多発で次々に少額訴訟を起こせば良い。たとえ負けてもどうせ払われなかった金だし、いいじゃないですか。これが全国で何百件も起きれば、間違いなく横柄なLINEの担当者は家に帰れなくなり、全国行脚の旅です。弁護士費用も莫大です。

裁判は原則相手側の住所の管轄の簡易裁判所らしいが。

裁判所|訴え(少額訴訟)を起こす方へ…

原則として,相手方の住所地を管轄する簡易裁判所です。
事件の種類によっては,ほかの簡易裁判所にも訴えを起こすことができます。

仮に少額訴訟に応じるとしても、弁護士と一緒に行く必要もないんじゃね。だとすれば、訴える方も弁護士いないと不利だし。実際は、少額訴訟だと金にならないから弁護士はやりたくないみたいだが。それでも司法書士ぐらいなら依頼してもいいのかもしれんが、金銭的に割に合わないかもね。

弁護士に断られた少額裁判

裁判手続|滋賀県 大津市 司法書士 社労士|やました司法書士社労士合同事務所

まあ、本人訴訟ならたいして金かからないみたいだから、起こすだけ起こしてもいいとは思うが。

余談

永江氏の記事を読んでなんか引っかかったのでググってみたら、以前にYahoo!ニュースに転載された自分の記事を「Yahoo!Japanの佐野氏」「しょーもない記事だ」と言われてYahoo!ニュースから手を引いた人らしい。

ソーシャルは難しい。わたしはこれでYahoo!個人に投稿するのをやめることにしました

ちなみに、「しょーもない」と言った人は、Yahoo!を休職して大学院に行ってるのか。Yahoo!もネット広告ではLINEの著作権侵害の片棒担いでると批判されてるが、「勉学休職制度」があったりYahoo!ニュースのオーサーを一人やめさせた人を許容するとは懐広いな。

世にも奇妙な上司の話 – 数学を学び直すために勉学休職を選んだ異色のiOS開発者・佐野岳人インタビュー

ついでに、「しょーもない」事件の前に永江氏に意見した人が見つかったんだが。

自称コンサルの永江一石氏に申し上げる。あなたは本当にコンサルか?

永江氏の少額訴訟に関する認識や、上記ブログへの反応を見ると確かにこの人なんだかなあーって感じはするが。

ただ、永江氏に意見したブログ主のプロフィールを見ると。

私について | shizu-navi.info

Webでは、2010年12月からガジェット系ブログ「shizu-navi.info」を運営。また、2013年2月より、大手IT系メディアサイト・ガジェット速報(閉鎖)にて勤務。2014年8月~12月まで大手VIP系2chまとめサイト運営会社に在籍。

NAVERまとめにパクられたらLINEに少額訴訟起こせと勧める人と、まとめサイト会社で働いてた人。こりゃ、相性最悪だな。

今回の感想

去年のWELQ事件以来、DeNAサイバーエージェントリクルートとかもキュレーションメディア絡みで叩けば埃が出そうだと疑われてたが、しまいにはDMMが、過去にまとめサイトを買収して運営してた事実まで明らかになったが。

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も (1/5)

ちなみに、DMMの売却先の株式会社インサイトはこんな過去があるらしい。

はちま起稿を買収した株式会社インサイト、あの悪質な「2chまとめ風広告」に手を出していた

閑話休題。キュレーションメディアにパクられた人は、最悪裁判起こすぐらいの手間暇金をかける覚悟があるなら少額訴訟してもいいと思うが。そこまで労力かけたくない人は、有賀氏みたいに署名活動したり、SNSに助け求めるなりする方がいいんじゃね。それか、クラウドファンディングで訴訟費用集めるのもいいかもしれんね。

Spotlightやばくね

なんか、BuzzNewsを潰したよっぴー氏がWELQ事件と飛び火した一連のキュレーションメディア公開停止などを受けて、この問題の根本的な原因はDeNAサイバーエージェント銭ゲバ体質だと指摘する記事を読んだんだが。しかも、WELQが炎上する前からパクリメディアと認識したサイバーエージェントのSpotlightに対して、BuzzNews同様に特攻かけていたらしい。しかも、戦局は法的措置にまで発展しかねない状況っぽいな。

炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは

BuzzNewsと違って、Spotlightの運営元のサイバーエージェント東証一部上場企業だからな。その上、課金ガチャゲーのCMでテレビにバンバン広告費出してるし。そうなると、どっかの議員が「保育園落ちた日本死ね」みたいに取り上げるなりして、テレビのワイドショーネタまでいかないとネット的に有名レベルで終わりそうだな。

一番やばいNAVERまとめはどうよ

仮にDeNAやサイバーエージェントとかのキュレーションメディアが淘汰されたとしても、通話無料アプリで釣ってITリテラシーの低い学生から個人情報を集めまてシェアを拡大した、あのLINEが運営する最悪最強のパクリサイト「NAVERまとめ」が残ってるからな。ここの黒幕はDeNAやサイバーエージェントと違って、日本じゃない韓国企業だからそういった意味でも一筋縄ではいかないし。

LINEは予想以上に韓国色が強かった…上場資料から浮かび上がった驚きの実態 (1/3)

ちなみに、下記サイトでは写真を無断使用したパクリサイトに料金を請求してるけど、唯一支払いに応じないのがNAVERまとめらしい。

キュレーションメディアに写真をパクられたら請求書を送ることにした

コメントによるとNAVERまとめについては、運営元が責任なすりつけてるトカゲのしっぽライターの情報開示請求を準備してるらしい。日本のメディアも、広告バンバン買ってくれるガチャゲー業界は上得意だから、この件は及び腰かと思ったが。DeNAに関してはかなり大事になったからな。韓国系のLINEはまだしもサイバーエージェントについては、今後の対応を間違うとグラブってる場合じゃねえトラブってるだろとか突っ込まれそうだな。

今回の感想

そんな訳で、サイバーエージェントにしろLINEにしろ、どちらも系列キュレーションメディアの著作権侵害については、「書いた奴を嫌いになっても、運営のことは嫌いにならないでください」的な対応だな。韓国資本のLINEだけでなくサイバーエージェントの方も、プロバイダ責任制限法にのっとって発信者開示請求してライター個人訴えればって感じだし。これが通用するかどうかは最高裁まで行かないと分からんが、心情的にはよっぴー氏や有賀氏を応援したいかな。

curtain-1404508

Spotlight悲しみ隠して

なんか、DeNAWELQ炎上事件のとばっちりか、サイバーエージェント系のキュレーションメディア「Spotlight」とかでも、記事の削除や非公開が行われてるらしい。

キュレーションメディアで記事の削除・非公開化続く 「Spotlight」「by.S」でも一部記事を非公開に

SpotlightもWELQ同様に、盗用疑惑のパクリ記事の寄せ集めてたような感じだな。DeNAみたいにトップ含めた組織的な関与があったり、クラウドソーシングでサクラライター集めて書かせてたかどうかまでは不明だが。

サイバーエージェントのバイラルメディア「Spotlight」に写真盗用記事 著作者の抗議にライター「傷ついた」と“逆ギレ”

さらにさかのぼると、コピペがバレないように改変した上SEO対策して手間暇金かけてまで確信犯的にGoogleを欺いたWELQと違って、まとめサイトの記事をそのままコピペする濡れ手に粟のやっつけ感満載の手抜き作業までしてたらしい。

サイバーエージェントのバイラルメディアSpotlightが2ちゃんまとめアルファルファモザイクの記事を丸パクリ

盗用がバレないような裏工作をちゃんとクラウドワークスとかのコピペライターに指導してるDeNAは、他人のインターネットコンテンツにタダ乗りしようという本気度がうかがえるが。サイバーエージェントの方は、顔採用の喜び組でもできそうな雑な仕事ぶりだな。

Amebaはパクられても文句は言えない?

今回、Spotlightの件で調べたリンク先を色々読んでいると、サイバーエージェントのブログサービス「Ameba」の利用規約には、利用者がアップロードした画像含めた情報をほぼ自由に利用できそうな条項があると指摘してる記事があった。確かに利用規約を見てみると、Amebaに投稿した記事内容はサイバーエージェントの胸三寸でどうとでも利用できそうだな。

Amebaヘルプ|Ameba利用規約

2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

将来的には、サイバーエージェント系列のキュレーションメディアへパクリもとい転載しても文句言われないように、ユーザーの投稿したコンテンツを自由に利用できるように規約を強化するかもね。それとも、現在の規約でもすでにノープロなのかな。だとすると、DeNAと違ってAmebaからSpotlightへの盗用じゃなくて転載なら、利用者がガタガタ抜かすのは筋違いってことになるのか。

無料ブログはパクられても文句は言えない?

ちなみに、この手の条項は無料ブログサービスならたいがいあるみたい。

(追記あり)アメブロで著作権や肖像権を主張するのはお門違い

このブログは、livedoorブログ・FC2ブログを経て有料レンタルサーバに移行したけど。無料サービス利用当初はそういうこと気にしてなかった。自分では結構しっかりものだと思ってたけど、まだまだ修行が足りなかったか。なお、このサイトはミニバードで運用してるけど、このサービスの運営元ネットオウルにもウェブクロウWPblogというブログにも使える無料サービスがあるんだが。利用規約ざっとチェックした感じでは、ユーザーがアップした情報を利用できるような事は書いてないな。

ウェブクロウ利用規約

WPblog利用規約

しかも、有料無料問わず禁止事項に「バナーやリンク、他のサイトからの文章の引用または転載、キーワードの羅列などの、転載行為が主となる記事を掲載する行為」があるから、WELQみたいなパクリサイト作ると規約違反になってしまう。

それはともかく、普通にブログはじめるなら現時点の規約的にはメジャーな無料サービスよりは、マイナーすぎてサービス終了するかもしれないが、WPblogあたりでWordPress使ってはじめるのがいいんじゃね。将来的にも続ける気満々なら、サーバは無料でも有料でドメインとっといたほうがいいとは思うけど。

このサイトで利用してるサービスの関連記事は↓
スタードメイン
ミニバード

しかし、ドメインも高くなったな。もう、年間3桁では済まなくなったか。マイナードメインだとキャンペーンで安いのもあるけど、更新時はメジャーな.com・.netより高くなるのでやめといたほうがいいと思う。どうでもいい話だが、スパムとかマルウェア仕込んでそうな詐欺メールって、この手のキャンペーンで釣ってるドメインから来るのがほとんどな気がするのは気のせいか

今回の感想

そんな訳で、上場してるような大手IT企業でも、著作権的にやばいキュレーションメディアやバイラルメディアやまとめサイトとかを運営してるところがあるからな。その中でも一番影響でかそうなのが、Line「Naverまとめ」あたりか。DeNAは医療と言ったヤバゲなとこにまで踏み込んだせいで炎上までしたけど。NAVERまとめみたいに、ネットでググった情報をコピペ盗用した程度だと、サノケンみたいな大型案件でもなければそこまで話題にはならないか。

ただ、新聞・テレビと言った旧来のメディアからしてみれば、ネットの情報は胡散臭いと大衆にアピールする良い機会だから大きく取り上げる可能性はあるかも。まあ、テレビは課金ガチャゲーのCMとかバンバン流してるから、この件には触れたくないかもしれんけどね。

あと、パクったのが企業や有名人なら訴訟リスクがあるかもしれないけど、一般人ならその心配は限りなく低いな。そう言えば漫画家の冨樫義博氏が「幽遊白書」の単行本のコメントで、「マイナーな人からパクればオリジナルと思われる」みたいな事を書いてたな。

閑話休題。とはいえ、中には行動を起こしてパクったサイトの運営会社の代表に、弁護士同伴で直接ゴラアする人もいるが。

悪質バイラルメディアにはどう対処すべき? BUZZNEWSをフルボッコにしてみた

ちなみに、以前の記事で書いた「盗用が原因で閉鎖したパクリサイト運営会社」がこのBUZZNEWS「WebTechAsia」なんだよな。しかも、DeNA社長はその事を知っての確信犯

DeNA守安氏「認識が甘かった」——WELQに端を発したキュレーションメディアの大騒動

Personal Blocklist

Googleの検索結果にこの手のパクリサイトやまとめサイトといったノイズが多くて辟易してる人は、Googleが提供してる「Personal Blocklist」というChromeのプラグインをインストールすると解決できるかも。

Personal Blocklist (by Google) – Chrome ウェブストア

大雑把に説明すると、匿名掲示板の専用ビューワーで使われてるNG機能みたいに、検索結果に表示したくないURLをブロックしてくれるプラグイン。これ入れて、ググって邪魔だと思った検索結果があればURLを登録しとけば排除できるので便利。このプラグイン結構前からあったんだけど、WELQ事件起きるまで知らなかったよ。もしかしたら、これが今回唯一の収穫かな。

watercress-882103

WELQ

なんか、WELQとかいう健康情報提供してるサイトが色々問題あって公開停止してるらしいが。このページでも、健康関連の話題で参考にしたり引用してるサイトはあるけど。リンク先については、安倍首相がトランプ氏を信頼するような節穴判断じゃなく、ある程度は内容が正しいと思えるサイトにしてるつもりだし。信頼性に疑問がある場合は、その旨書いてあるはずだが。少なくともWELQに関しては、ニュースで名前出るまで正直記憶にないんだけど。そんなに有名だったのか、ここ。

信頼性なき医療メディア「WELQ」に揺れるDeNA、MERYを除く全キュレーションメディアを非公開に

現時点ではまだ公開されてる、MERYも問題抱えてるみたいだな。

DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除 「外部サイトを無断転用した可能性」

WELQに関しては、盗用が原因で閉鎖したパクリサイト運営会社の元社員が関わってるだけじゃなく。記事内容もユーザーが投稿できるという触れ込みだけど、実際はクラウドソーシングで集めた素人に書かせてたらしいが。それって、みのもんた以下の信頼性じゃね。

クラウドワークス

WELQの片棒担いたからかどうかは知らんが、クラウドワークスの株価が冴えないことになってるな。この件に関しては、クラウドワークスとかの関連性についてはあまり取り上げられてない気もするが。元ネタのWELQが、一般紙やテレビニュースでも報道されたはずだけど、それほど話題にはなってないかな。喜んで取り上げるとしたら、せいぜいWELQの運営元のDeNAのライバル、サイバーエージェント系列のAbemaTVぐらいだろう。

となると、 クラウドソーシングのピンハネ会社にまで話題が飛び火するまでは、藪蛇にならないようにだんまり決め込むのが正解だろうな。

DeNA運営「WELQ」の発注先だったクラウドソーシング、大手2社の対応は?

今回の感想

オリジナリティのないパクリサイトの大量発生で、ネットの検索結果がアタリショック化してる現象は結構前から問題になってる気がするが。それに拍車をかけてるのが、クラウドソーシングで記事を外注するサイト運営元とライターとピンハネ業者なんだな。もっとも、サイトの内容の真偽が判断できない読み手にも問題はあるが。ひろゆき氏の「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」という言葉は、本当に先進的だったな。

以下余談。

リンクするサイトの選定基準

そんなこと言っても、医療とか薬とかの専門知識に関しては、素人にうそをうそと見抜けなくても仕方ないってとこはあるよな。そんな訳で、当サイトで健康関連の記事で引用したり、参考にするサイトの選定基準について書いてみる。

基本的に一番信用性のあるのは、政府機関などgo.jpドメインのサイト。次が新聞社やテレビ局が運営してるサイト。医療情報に関しては、病院のサイトや医師・看護師などの医療関係者の個人サイトも信用力は高いが。個人サイトの場合、記事を書いてるのが本当に医療関係者かどうかの判断が難しいのが難点。後は製薬会社ヘルスケア製品の会社のサイトぐらいかな、信頼できそうなのは。

それ以外だと、ぐっと信用度が落ちるかな。個人の体験談的なものは、客観的なデータや実際の治療とかは十分参考になるけど。脚色してなければだが。また、主観的な感想についてはあくまで、テレビショッピングでよくある「個人の感想」レベルだからな、当然「効果には個人差があります」だしな。

で、そういった玉石混淆な記事を集めたまとめサイトは、ソース参照しなきゃ判断できないので二度手間だし。とはいえ、ソースのリンクがあるならまだマシだけど。WELQみたいに、記事内容をキメラった寄せ集め文章にいたっては、ノイズが増えるだけだから百害あって一利なしだな。