Posts tagged ‘さくらインターネット’

アスリアレンタルサーバという会社がサービス終了したらしい。今現在はすでにサイトへのアクセスが出来ない状態になっている。

サービス終了の理由は、管理者の緊急入院とか、借りてるデータセンターから著作権・不正行為の問い合わせ・改善要求があって借りれなくなったとか、管理が追いつかなくて警察からも問い合わせを受けるようになったからだって。なんか、個人運営のサービスみたいな感じだな。

それにしてもおっかねー。独自ドメイン+レン鯖(ドメイン取得者は無料のだけど)利用者としては、人事ではないよ。それ考えると、複数年払いは要注意だな。まあ、最初から信用の出来る業者を使うのが一番か。

さくらとロリポでいいじゃん

レン鯖も、最低限の機能のとこなら、ロリポップとさくらインターネットといった有名所でも、月105・125円から契約できるんだよな。だったら、この2社以外はよほどのメリットがないと、利用する必要なくね。ロリポはの運営会社、株式会社paperboy&co.はGMOの子会社でJASDAQ上場さくらインターネット株式会社は東証マザーズ上場だし。

お名前.comもあるけど、ここは値段がお高いので除外しとく。ドメインだけなら安いんだけど。念のため書いとくと、お名前.comはGMOインターネット株式会社のサービスで、GMOといえば東証一部上場企業

閑話休題。前述した2社の最安プランだと、MySQLが使えないとか、色々制限があったりする。WordPressみたいなCMSサイトで運用したければ、上位プランを選ぶ必要があるけど。まあ、上位プランでもロリポは月額263円(6ヶ月以上の契約)。さくらは月額500円(年間一括だと416.67円)だけどね。ここまで払えない人なら、ロリポ・さくらの最安プランぐらいの料金で、WordPressとか使えるところを借りるしかないかもね。

ちなみにこのサイトは、独自ドメインでWordPressを使ってる。上のような事を書いてる割には、契約してる会社はロリポでもさくらでもなく、スタードメイン(ネットオウル株式会社のサービス)だったりする。新参の会社で規模的には小さいし、ドメイン更新費用の支払いが有効期限の2ヶ月前ぐらいと、多少心配な面はある。それでも、ここで契約したのは、よほどのメリットがあると思えたから。

スタードメインはレン鯖にあまりお金がかけたくない人向け

記事中で紹介したスターサーバープラスは、2013年9月30日で新規受付を終了するのでご注意を。それより前に申し込んだ人は、受付終了後も継続して使えます。詳細は「『スタードメイン』無料サーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付終了について」を参照してください。

20130801a

というのも、今まで挙げた料金は、あくまでレンタルサーバーの料金のみ。実際の契約には初期費用も必要になる。さらに独自ドメインならドメイン代もかかる。それなので私は、独自ドメインを取得すれば無料でレンタルサーバーを借りられるスタードメインで契約したわけだ。無料で使えるWebサーバー機能(スターサーバープラス)は、WordPressは使えるけどいくらか制限があるので注意は必要だが。

これなら初期費用不要で、年に一度ドメイン管理費を払うだけでレン鯖が持てる。ちなみに、comドメイン・レジストラeNomでかかる費用は、年間950円。それなので、個人が趣味でホームページを持つ場合、有料サービス使うなら下手にレンタルサーバー借りるよりは、スタードメインでドメインとって無料のレン鯖借りるのが一番だと思ってる。けど、それに該当しないケースが二つあるとも思ってる。一つは、より高機能なWebサーバが必要な場合。もう一つは、メール機能を重視してる場合。

メールだけならさくらのメールボックス

スタードメインの無料サーバーはメール機能が含まれてない。私は他社のメールサービス(Liveメール)を使って、独自ドメインでのメール受信をしてるけど。Webと同様、メールも重視するのなら、選択肢はさくらインターネット一択じゃないかな。

けど、さくらでドメイン取るのは勧められない。さくらだと、com・org・netだけでなく、info・bizでさえ新規・更新1800円と、他社に比べて割高なんだよね。スタードメインなら、ドメインは680円から取得できるし。

Webが無料サービスのスターサーバープラスで事足りるなら、メールはさくらのメールボックスを利用するのが一番。これはメールサーバー機能のみを提供するサービス。年額1000円一括払いで月額換算83.33円と低コストなだけでなく、初期費用がかからないというメリットがある。この2社を組み合わせれば、独自ドメインのWebとメールが年間2000円未満で済む。

Webもさくらにするなら

スタードメインの無料Webサービスに不安があるなら、いっそさくらのレンタルサーバにするのも悪くない。これならレンタルサーバにメール機能(さくらのメールボックスよりは多少制限あり)も付いてるし。初期費用は1000円かかるけど。

この場合、スタードメインの無料Webがいらないなら、ドメインはお名前.comで取ってもいいかも。会社の信用・規模もさることながら、キャンペーンだと他社を圧倒する挑戦的なプライスを付けてることが多いし。

例えば、現時点だと、スダードメインの最安値は、infoで680円。これがお名前だと280円で取得できる。いずれもキャンペーンで、更新料金は通常料金に戻って、おなじ920円だけどね。スタードメインは、無料のレン鯖利用で鯖代の節約が目当てでなければ、上場企業のサービス相手だと分が悪いね。私はそれ目当てだからあえて契約してるけど。

スタードメインとさくらインターネットを利用した感想は↓でも書いてます。
Posts tagged ‘スタードメイン’
Posts tagged ‘さくらインターネット’

連休中にさくらインターネットからハガキが来てた。内容は、こないだ契約したさくらのレンタルサーバーの、住所確認手続きについてのお知らせ。
20130507a

住所確認の為とはいえ、わざわざ面倒なことをするなあ。ネット関係のサービスでここまでやるのは、プロバイダー除けば、Yahoo以外記憶に無い。土日祝日休みとはいえ、フリーダイヤルの電話サポートまであるし。この体制は非常に安心できる反面、採算がとれるのか心配になったりする。私の契約してるライトなんか月額だと125円だというのに。

というわけで、ハガキに記入されてる手順に従い、お知らせ番号を管理画面から入力した。これで契約完了だよ。

先月末に申し込んだ、さくらインターネットのさくらのレンタルサーバライトの試用期間がそろそろ切れる。この1週間ぐらい、契約するかどうかの判断の為に、メール機能を中心に検証してた。

今のところ、迷惑メールフィルタ機能が、プロバイダのフィルタと比べると劣るのが難点。さくらでもフィルタから漏れたのを学習していったが、使い始めて1週間ぐらいだからな。それでも実用に問題はないと思い、本契約した。

そんな、さくらのレンタルサーバーのメール機能がどんな感じか、簡単に紹介してみる。

メールアドレスの管理

メール機能の設定は、サーバーコントロールパネルから行う。「メールに関する設定」には2つの項目がある。まずは「メールアドレスの管理」から。

20130502a

右側にある機能を上から順に見ていく。

ウイルスチェック

ここでは全メールアドレスのウイルスチェックの有効・無効を、一括変更できる。

メールアドレス一覧

追加したメアドの一覧。変更ボタンを押すと個別アドレスの設定が可能。

20130502c

設定可能なのは、メールアドレスの説明・容量制限・パスワード・メール転送・ウイルスチェック・メールアドレスの6項目。

メールアドレスの追加

新しいアドレスを作る時はここから追加する。希望のアドレスとパスワードを入力して、追加ボタンを押すだけで出来上がり。

メールアドレス毎の設定

続いては「メールアドレス毎の設定」

20130502b

といっても。これといって設定できる項目はない。各アドレスのメール容量・容量制限・メール数が一覧で見れるぐらい。

ウェブメールのリンクを押せば、ブラウザからメールの確認が可能。ちなみにこれは、さくらのレンタルサーバ・さくらのメールボックスコントロールパネルと同じ。管理画面からだと、コントロールパネルと違ってパスワードなしでも閲覧可能。

ウェブメール

20130502d

これがウェブメールの画面。メインのメアドからの転送設定を解除したので、メールが1通もないけど。個人的にはウェブメールからメールチェックすることはほとんどない。なんせSSL/TLSでメールの送受信が可能なんだから。迷惑メールを学習させる為に仕方なくは使ってたけどね。

さくらのメアドのお勧めの使い方

まずは、メールソフトで受信するメインのメールアドレスを一つ作成。このメールは誰にも教えないようにするのがポイント。その後、必要に応じてアドレスを追加する時は、メインのアドレスへの転送専用に設定。これを使い分ける事にする。

捨てアドとして

例えば、あまり信用のおけないサイトとかに登録したいけど、メアドは知らせたくない時など。新規に作ったメアドで登録する。一つのサービスにつき一つのアドレスを使うようにしとけば、その後迷惑メールが来るようになれば流出元が分かる。そんなスパムまがいのサービスと縁切りしたいなら、アドレスを変更するか削除すれば済む。一種の捨てアドとして使える。しばらく使って問題なければ、信用のおけるサービス用のメアドに変更すればいい。この場合も念のために、転送用のを使う。そうすればメインのアドレスにはスパムとかが来ることもなくなる。

プロバイダージプシー用に

最近のプロバイダーだとコストを下げるためか、メールアドレスを提供していないところがあったりする。そんな時にさくらのメアドがあれば重宝する。メールサービスを別会社にするのは、コスト的には不利にみえるだろうが、プロバイダを乗り換える事を考えてみよう。

メールアドレスを登録してる全てのサービスで、アドレスの変更作業をしなければならないんだぞ。私だったら、楽天とかアマゾンといった通販サイト、銀行・証券会社・FX会社、ドメインやブログをはじめとするネットサービス。いったい、いくつのアドレスを変更すればいいのか、考えただけでもぞっとする。

評価

というわけで個人的には利用価値のあるサービスだと思っている。年間1500円で一元管理できるメールアドレスと5GBのWebスペースが使えるんだから。もっとも、キャンペーンが終了したから、私が契約したさくらのレンタルサーバーライトだとその他に、初年度は初期費用が1000円かかってしまうが。

ウェブは絶対に使わない、無料サービスで十分、独自ドメインで検討してるなど、メールサービスさえ利用できればいいって人なら、さくらのメールボックスがお勧め。初期費用無料で年間1000円のコストしかかからない。

結局、さくらのレンタルサーバに申し込んでしまった。プランは一番安いライト。2週間はお試し無料で使えるから試すだけ試して、問題なかったら本契約することにしよう。

とりあえず、メールの設定とWebをざっといじってみたので、その雑感。

メール機能

メールアドレスを追加するには、アドレスに使用したい文字とパスワードを入力するだけで簡単に行える。メアドは、サーバーの管理に支障をきたさない範囲なら、無制限に作れる。メールの送受信は、初期ドメインなら暗号化にも対応してるので安心。ウェブメールにも対応してるから、ブラウザでのメールチェックも可能。

とりあえず、メインのメアドから全て転送する事にした。ウイルスチェックと迷惑メールフィルタ機能を有効にしているが、何件かの迷惑メールはフィルタに引っかからなかった。メールフィルタ機能にはブラックリストって設定があるけど、メールアドレスしか登録できないようだ。こういうのは地味に「迷惑メールとして学習」させていくしかないか。まだ使いはじめだし、学習が進めば精度も高くなると期待しよう。

メールサービスは上位のプランとの差が、メーリングリストとメール自動返信の有無ぐらいしかない。それを考えるとライトのコスパは高い

さらに安く済ませたいとか、メーリングリストもやりたいなら、さくらのメールボックスがある。今のところ常時初期費用無料で年額1000円(月額約83円)のみ。メーリングリストもスタンダード並の最大10まで利用できる。でも、ビジネス以上のプランで用意されてる、メール自動返信とメール振り分け転送は未実装。

ウェブサーバー機能

Webは日記・カウンタ・メールフォーム・掲示板サービスは、クイックインストールで簡単に設置できる。カウンタ以外は試してみた。

掲示板は次の4種類が用意されている。「Tacky’s Room – 書き込み隊」「KENT WEB – LIGHT BOARD」「Tacky’s Room – マルチゃん」「KENT WEB – WEB FORUM」。インストール先や掲示板の設定などを入力・変更して、インストールボタンを押すだけで何の苦労もなく設置が終了する。一番安いライトプランでも独自CGIに対応してるから、お仕着せの掲示板が気に入らなければ自分で用意するのも可。

つづいてメールフォーム。「KENT WEB – POSTMAIL」がクイックインストール可。どうやらインストール可能なウェブアプリケーションは、フリーのCGIを利用してるようだな。これも気に入らないなら独自CGIが…以下略。

最後は日記。「tDiary」というWeb日記システムが用意されてる。ブログに慣れた人だとシンプルに感じるかもしれないが、テキストベースで日記書いてる人ならこれで十分な気がする。文章記入する時、プレビューはあるけど、WYSIWYGエディタじゃないのは不便かも。また、記述方法が独特な点もマイナスか。ブログのWYSIWYGエディタだと、ワープロで文章作成するみたいに書けるからな。

なお、クイックインストールとは別に、オプションでさくらのブログが利用できる。URLは別(○○.sblo.jp)になるけど。

ウェブ機能は、上位プランとの差がかなりある。容量以外にも、データベースがSQLiteのみでMySQLはなかったり、CRONやシェルログインがないので、凝った事をやろうと思っても出来なかったりする。確かに、ライトは機能制限厳しいけど、独自CGIは使えるし、言語もPerl・Ruby・Python・PHPが利用可能だから、趣味サイトの運用ならそんなに困らないだろう。

それでも、WordPressとかのCMSツールをインストールして、本格的なサイトの構築を検討しているのなら、スタンダード以上のプランが必須になる。そうなると、月額がライトの125円から500円にまで上がるからな。ライトと同じ年額一括払いなら1500円と5000円(月額約416.7円)で、差は縮むけど。

なお、さくらインターネットでは、契約した後でプランの変更は出来ないので注意。

結局、さくらインターネットってどうよ?

まだ、使い始めたばかりなので、サービスの評価は保留するが。2週間はお試し無料だから、興味ある人は初期費用無料(4/24(水)15:00まで)のうちに試してみるのがいいんじゃないかな。次にいつキャンペーンやるか分からないし。ライトなら、年額1500円でさくらインターネットが存続する限りは、一生変わらないメールアドレスにおまけでWebスペースが付いてくる。

独自ドメインウェブあればメールサーバー不要の場合は

メールはプロバイダやGmailがあるので不要とか、独自ドメインでのホームページさえあれば他の機能はいらないって場合だとスタードメインはお勧めできる。実際にこのサイトは、スタードメインのドメイン契約者が無料で使えるサービスで運用してる。具体的には、スターサーバープラスに簡単インストールからWordPressを設置。今のところ9ヶ月ぐらい経つけど、これといった不満はないよ。

スタードメインでサイト引越しだよ -ドメイン取得したら無料のレン鯖がついてきた話-

さくらのレンタルサーバが4/24(水)15:00まで、初期費無料キャンペーンをやっている。

ちょっと申し込もうかどうか悩んでいる。レンサバというよりは、一生使えるメールアドレスが欲しいだけなんだが。プロバイダのアドレスだと、乗り換えたらそれまでじゃん

そういう目的なら、独自ドメインメールが一番いいんだろうが、流石に”hatarakitakunee.com”なんてふざけたアドレスは使いたくねえ。 …やっぱドメインはもう少しまともなのにしとくんだったか。もっとも、まともなドメイン名でも.comだとちょっと信頼性にかけるかなって気もする。だからといって.jpドメインを取る気にはなれん。高いから

そこで色々調べていたが、メインのメアドにしても大丈夫そうな会社となると、やっぱさくらインターネットかなって気はする。最大手だし。しかも、さくらにはその目的にぴったりの、さくらのメールボックスというメールサーバー専用サービスもある。

ただ、メールのみのサービスってなんかもったいなくね、とか考えてたわけだ。年間1000円ぐらいで迷うなって気もするが、さくらのレンタルサーバライトなら、年間1500円でメールサービスに加えて容量5GBのホームページが付いてくるんだよね。けど、初期費用がかかる。ちなみにさくらのメールボックスは初期費用無料。

ここまで書いたら分かると思うが、今回はまさに千載一遇のチャンス到来キターって感じ。だから悩んでいるんだよね。