Posts tagged ‘さくらインターネット’

20160720a

さくらのレンタルサーバ初期費用無料

なんか、さくらインターネットさくらのレンタルサーバ12周年記念でキャンペーンやってるんだけど。おかげで、珍しく初期費用無料になったと思ったら、スタンダートプランのみ対象なんだよな。年額1543円のライトこそ、初年度の鯖代2/3ぐらいの初期費用無料のお得感は絶大なんだけど。

さくらのレンタルサーバ スタンダード

今回の感想

そんな訳で、滅多にやらない初期費用無料キャンペーン中だから、さくらのレンタルサーバ スタンダードでの契約を検討してた人にとってはいい機会かも。なんせ、さくらは廉価版のライトとメインのスタンダードの差が、青銅と白銀じゃなく青銅と黄金ぐらい違うからな。

まあ、アクセス数が少ないサイトなら、ライトでSQLite Integration(ja)+WordPressでやるのも貧民ぽくっていいかもしれんが。

さくらのレンタルサーバ ライトでWordPressインストール覚書 -SQLite + SQLite Integration-

ちなみに、このサイトはさくらじゃなくミニバードで運用してます。個人的には、便りのないのは良い便り的な無難なサービスだと思ってるので、レン鯖に月額270円ぐらい払う気あるなら初期費用が無料になってる時はお勧め

スターサーバープラスからミニバードに移行したよ

wordpress-588495_640

SQLiteとSQLite IntegrationでWordPress

タイトルのとおり、さくらインターネットさくらのレンタルサーバ ライトWordPressをインストールした時の記録を残した。自分用のメモなので簡単に。

さくらのレンタルサーバライトにWordPressをインストール -SQLite + SQLite Integration-

詳細は上記リンクを参照してもらいたいが、かいつまんで話すと。MySQLが使えないさくらのレンタルサーバ ライトで、SQLite Integrationを使ってMySQLをSQLiteで代用してWordPressを動作させている。

個人的にはWordPressを使うなら、レンタルサーバーの予算を増やして、MySQLが使えるところと契約したほうがいいと思うけど。もしくは、無料でWordPressが使えるサービスを利用するとか。例えば、このサイトが利用してるミニバード・スタードメインの運営元、ネットオウルWPblogウェブクロウなら、条件付きだが無料でもWordPressが使える

WordPress無料レンタルサービス!WPblog
無料で使えるホームページサービス! ウェブクロウ

さくらのレンタルサーバ ライトならさくらのブログもある

こういう記事は書いたけど、さくらのレンタルサーバ ライトでWordPressを運用することについて勧めてるわけではない。単に、ブログ形式のサイトが作りたければ、さくらのレンタルサーバ契約者なら、さくらのブログというサービスが無料で利用できるので、そっちを使ったほうが手っ取り早いだろう。ちなみに、ライトでも他のプラン同様50個は作れる

それでも、すでにさくらのレンタルサーバ ライトを利用してるなら、とりあえずWordPressがどんなものか試してみる分には、今回紹介した方法はいいんじゃないかな。ただ、WordPressをインストールして動作は確認したけど、実際に運用はしてないのでどのぐらい実用性があるか分からないが。

以前に、キャンペーンで初期費用が無料だったから、さくらのレンタルサーバ ライトを契約したけど。今のところ使っているのはほとんどメール機能だけなんだよな。それなので、本来ならSQLiteで動いてるWordPressのアドレスを公開するべきなんだろうが、ちょっとできないんだよね。メールの方は、結構クリティカルな用途で使っているので。

まあ、本気でさくらのライトでWordPressサイトを構築しようと考えているのなら、2週間はお試し無料だから、実際に自分で試してみるのが一番だね。そんな訳で、あまり役に立たない結論になってしまった。

ミニバード

20140409b

実は、先月末に駆け込みで、ミニバードの申し込みをしていたんだ。別に、無料のスターサーバープラスに不満はなかったけど。スタードメインでドメイン取得してると、ネットオウルポイントが貯まるんだよね。これ使うと、初期費用半額やってた3月なら、ポイントで初期費用ゼロに出来たので、つい。まあ、14日間のお試しがあるから。いざという時はキャンセルすればと思っていたが。

なお、ネットオウルポイントは、初期費用には全額適用可能だけど。ミニバードの月額費用の場合は、最大25%までしか充填出来ないので注意。

ちなみに、ポイント含まない場合は、初期費用(税込価格)が半額だったので788円、月額料金は12ヶ月契約だから3156円(263×12)で、合計3944円。次の更新からは、消費税8%が当然適用されるので。6ヶ月だと1620円(月額270円×6)、12ヶ月なら3240円(270×12)になる。これ見て分かるとおり、ミニバードは6ヶ月と12ヶ月契約なら、1ヶ月当たりの料金は同じになる。通常なら6ヶ月で契約した方がいいだろう。今回は、3月中の申し込みなら消費税が5%で済んだので、あえて12ヶ月契約にしたけど。

まあ、ネットオウルポイントが貯まりすぎて、6ヶ月契約だと使い切れないとか。都度支払が面倒なので、年1回で済ませたいなら別だが。また、最小契約期間は3ヶ月で、972円(324×3)と割高になるので、通常は選ぶ意味はないと思う。

あと余談だが、スタードメインで上位レジストラをNetowl以外の契約で更新時期が近いと。管理画面にログインする度、Netowlにすると安くなるって案内が毎回出てくる。これなんとかならんのか。二度と表示しないってオプション欲しいな。普段ならともかく、契約直後で設定や動作確認の為に何度もログインしてると、かなりうざい。

20140409a

ミニバードってどうよ

有料のレンタルサーバーを契約するのは、まず無料サービスで試してみてから判断した方がいいと思う。満足すればそのまま。めぼしい無料サービスを試した後、不満があってから有料サービスに契約しても遅くない。まあ、独自ドメインには金を払っても損はないと思うけど。

有料レン鯖借りるよりドメイン取得して無料鯖使った方がいいって記事は↓
4月の消費税増税を前に有料レンタルサーバー契約をすべきか

それを踏まえたうえで、他サービスとの比較をしてみる。さくらインターネットのライトとロリポップのコロリポプランは、価格帯が下で機能的に劣るから。比較するなら、ロリポのロリポプランかな。初期費用、6ヶ月以上の月額利用料金が同じだし。さくらのスタンダードはちょっと高いので除外した。

ディスク容量MySQL独自ドメインサブドメインメールアカウント
ミニバード50GB5個50個1000個500個
ロリポ50GB1個50個独自ドメイン1つごとに300ずつ無制限(負荷次第では制限される可能性あり)

基本的な機能に絞ったが、ロリポと比較するとミニバードは悪くないように見える。ディスク容量はや独自ドメインの設定数は同じだし、他も実用上は大差ないだろう。何より、ミニバードのMySQLデータベースの数が5個ってのは大きなメリット。ロリポの1個って、月額100円程度でMySQL対応してる、激安サービス並でショボ過ぎないか。

まあ、ロリポはネームバリューのせいか、同価格帯のサービスの中では低機能な方だと思うが。それでも、ロリポにあってミニバードにないサービスもあるけどね。例えばミニバードでは対応無しのメーリングリストとか。簡単インストールに対応してるソフトも一番多いし。

ミニバードの感想

今のところ不満は、ファイルマネージャーが低機能なところかな。なんせ、ファイルのコピーや移動が出来ないんだよね。これはFTPなら、クライアント次第である程度対応できるけど。もう一つの不満は、リモートでファイルの圧縮・解凍が出来ない事。これについて詳細は、WordPress移行の記事を書くときに話すけど。それさえ出来れば、移行がもっと短時間で出来たんだけど。

それを除けば、今のところ問題はないかな。WordPressで構築してるここを、ミニバードに移行して1週間以上経つけど。サーバの基本機能やパフォーマンスには、不満を感じる事はないかな。有料鯖に移ったのに、心なしかちょっと反応が良くなった程度で、劇的な変化は感じてなかったりするのが微妙だが。それを考えると、無料のスターサーバープラスっていいサービスだったんだな、と再認識してしまった。

そんな訳で、ミニバードは、月額税込270円ぐらいの予算でレン鯖借りようとしてる人には、可もなく不可もないサービスだと思う。広く万人にお勧めというよりは、スタードメインでドメイン取得してる人が、有料レン鯖借りるなら最初の候補にするって感じ。前述したように、スタードメインでドメイン取得してると、ネットオウルポイントがたまり。これを支払に充填すれば、初期費用がある程度軽減されるので。ポイントは1ポイント1円で、ドメイン1つの取得・更新につき300ポイントもらえるので。もし、独自ドメイン取得して、ミニバードを契約しようと思っているなら。先にスタードメインでドメインとってからにすれば、ミニバード契約時に300ポイント使えるな。

けど今は、これといったキャンペーンやってないので、スタードメインでドメインとるだけにして、とりあえず鯖は独自ドメイン使える無料サーバーにしといて。初期費用半額キャンペーンとかが来るのを待ったほうがいいだろう。おそらく、3月にある程度駆け込みで申し込む人(私もその一人か)がいたので、4月は値下げする必要ないのかもしれんな。本当のとこは知らないけど。

などと書いてたら値下げキャンペーン始まりました(2014.04.11追記)
ミニバードが初期費用無料キャンペーンやってるよ -3月に契約した負け組み-

裏技的な事が好きな人には……

有料でレン鯖借りるなら、ミニバードみたいなマイナーサービスよりも。WordPressとかを使わなくてMySQLなしでもよければ、普通はさくらのレンタルサーバーライトか、ロリポップのコロリポのどちらか一択なんだろうな。ネームバリュー・会社の規模・コストを考えると、なんらかのこだわりがなければ他社で契約するメリットはなさそうだし

まあ、予算に月270円は出せなくて、月108円ぐらいに抑えなければならない上、MySQLが必要な場合だったらしょうがないけどね。その場合は、その値段でMySQL使える、激安レン鯖サービスにせざるをえないだろう。

データベース機能だけど、さくらのライトとコロリポは、MySQLは使えないけどSQLiteは使えたりする。それなのでWordPress以外の、SQLiteに対応したMovableTypeやbaserCMSとかfreoみたいなCMSならインストール可能だったりする。コロリポはMovableTypeとbaserCMSが簡単インストールに対応している。WordPressでなくてもよければいいのなら、そういうソフトを使うって手もある。ちなみに、さくらのライトだと、簡単インストール対応のCMSはないけど。baserCMS、freoは試しに手動でインストールしたら動作したよ。

などと書いてるが、実はSQLiteでもWordPressが使える方法もあったりする。

SQLite Integration(ja)

実際に、さくらのレンタルサーバ ライトで上のリンクの通り試してみたら、まじでライトでもWordPressが動いた。これなら年間1543円(月額約129円)で、さくらインターネットでWordPressサイトが構築できるじゃねえか。コロリポでも動けば年間1296円(月額108円)で済むな。もっとも、WordPressをMySQLじゃなくSQLiteで動かす事に、どれだけの違いがあるのか、なんらかの不具合やデメリットがあるのかも分からないが。少なくともWordPressの動作環境は、MySQL 5.0以上が必要な事は確か。それでも、SQLiteでWordPressを使うなら、あくまで自己責任。でも、使えないと言われたら、かえって使ってみたくなるよね。

a0002_001091

4月の消費税増税が近づき、駆け込み需要で買いだめしてるニュースとかを見かけるが。有料のレンタルサーバー利用を検討してる場合は、3月中か4月以降の契約どちらがよいのだろうか。各社の消費税8%後の対応を比較することにした。

さくらインターネット

さくらインターネットは、税抜き料金据え置きだから、消費税増税分の料金の値上げのみ。ただ3月中の契約でも、4月以降に増税分を後から請求してくる。しかも、日割り計算してきっちり。そこまでやらなくてもいいと思うんだけど。それなんで、ここは増税前に契約すれば消費税分得するとかがないから、駆け込みで契約する必要なないな。

消費税改正に関する弊社対応のお知らせ

ロリポップ

ロリポも3月中の契約でも、4月以降は8%請求に切り替わる。変更タイミングは1ヶ月単位みたいだな。多分、年間契約なら、最初の1ヶ月が旧税率で残り11ヶ月を新税率で計算するのだろう。

消費税法改正に伴う対応のお知らせ – ロリポップ!レンタルサーバー

ミニバード

ミニバードも増税分のみの値上げだけど。3月中の申し込みなら消費税5%で請求するだけ。となると、4月に契約するつもりなら、3月中にしといた方がいいかもね。といっても12ヶ月契約で、通常の初期費用45円と月額料金84円の合計129円分だけど。

消費税法の改正によるご請求金額の変更について

駆け込み契約する!?

レンタルサーバーサービスは、きっちり消費税増税分を価格に反映してる。けど、4月以降の料金を5%と8%、どちらの税率を適用するかは対応が分かれた

ただ、個人向けのレン鯖料金だと額が少ないから、増税の影響はそれほど大きくはなさそうに思える。それ考えると、サービス内容と価格に自分で納得できるところを、レン鯖借りたくなった時に契約すればいいんじゃね。まあ、何社かめぼしつけといた業者が、初期費用無料キャンペーンとかやってる時がねらい目じゃないかな。

WPblog

余談だが、ミニバードのネットオウルにはWPblogというサービスがあって、無料でWordPressが使えたりする。このサービスの前身だったPHP APPSから3ヶ月弱使っているけど、普通にWordPressが使えるよ。無料だとURLは、「http://アプリケーションID.wpblog.jp/」しか選べないけど。独自ドメインには対応してるので、ドメイン持ちなら独自ドメインでの運用が可。

WordPress無料レンタルサービス!WPblog

URLのこだわりさえなければ、独自ドメイン取得しないでWPblogのみ契約すれば、無料でWordPressサイト持ちになれたのに。なんで、貧民なのに独自ドメイン購入してるかというと、単にドメイン取得した後に開始したサービスだったので。まあ、独自ドメインのメリットは大きい割りに、維持費は月額100円未満だし。初期費用も不要だし。当時のスタードメインにはスターサーバープラスもあったし。

スタードメイン関連の記事は↓
Posts tagged ‘スタードメイン’

スタードメイン

それなので、WPblogを使う場合でも、独自ドメインはあった方がいいと思う。ドメインも消費税増税の影響あるけど、スタードメインはミニバード同様、3月中のなら消費税5%で取得できる。個人的には上位レジストラeNomで.comだから、次の更新時は税込み1080円だけど。そういったこだわりなければ、上位レジストラをNetowlにすれば、.comドメインが税込920円(4月以降は947円)。.netなら税込850円(874円)になるな。

ちなみにスタードメインだと、3/31 18:00までドメイン割引キャンペーンをやっていて。Netowlで.comドメインなら税込680円。.netだと税込580円で取得できる。だからといって、レンタルサーバー料金よりドメイン代の方が小額だから、増税前後の影響はより少ないし。この手のキャンペーンは結構頻繁にやってるし。なので、駆け込みで契約する必要はないと思うけどね。



お名前.com

ドメインだけならGMO本家のお名前.comもあるけど。普段なら弱小相手でも容赦ないキャンペーンやってるけど、今は.com・.netが700円と、めずらしくスタードメインに負けてる。もっとも、日本語.asiaドメインが180円とか、一部のドメインは突出して安いけどね。

ただ、お名前.comの4月以降の料金は、本体価格据置ってわけにはいかず、改訂されてるドメインもある。詳細はPDFファイルを見てもらうとして。主要な.comと.netが税込920円から994円と、増税分以上に値上げされてるよ。3月内の契約なら、消費税5%で旧料金だから。お名前で契約するなら、増税前にしといた方がよさそうだな。その場合、4月以降の更新料を確認して、他社との差額とお名前のブランドを秤にかけて判断した方がいいだろう。もしくは、激安ドメインを1年間限定で運用するとか。

お名前.com 料金変更(PDF形式:283KB)

今回の結論

そんな訳で、本題より余談の方に力が入ってしまったが。個人的に自分のホームページが持ちたいのなら、有料レン鯖を契約するよりは、独自ドメイン+無料レン鯖借りた方がいいんじゃねって、タイトル詐欺の結論になってしまった。

まあ、独自ドメインは後から設定できるし。無料で物足りなくなっても、WordPress使ってれば他社有料サービスへの移行でも、最低限ならバックアップログの書き出しと、画像ファイルの再アップロードすればいいだけだし。テーマーやプラグイン使用してれば再インストール、カスタマイズしてれば再設定は必要になるけど

無料でも潰しの利くWordPressが使える、WPblogはいいサービスだと思う。けど、有料のプレミアムプランはメリットないと思う。初期費用と月額費用がミニバードと同じだけかかるんだよね。だったらミニバード借りた方がいいじゃん。単に、無料の通常プランがお得すぎるだけか。

ロリポップでWordPress利用してるサイトが、不正アクセスを受けて改ざんされる被害が発生したらしい。

お知らせ – レンタルサーバーならロリポップ!

上記リンク先の被害状況によると、被害にあったのは「WordPressをインストールされている一部のお客様(8,438件)」との事。8438件が一部かよ、って突っ込みいれたくなったが。トップページには、お申し込み総数 124万9736人って書いてあった。確かに一部だな。

とはいえ、今回の件はかなり大事らしい。なんせ、親会社のGMOインターネットのトップページにまで、お知らせで載せてるぐらいなんだから。

paperboy&co.「ロリポップ!レンタルサーバー」ユーザーサイトへの第三者による攻撃について – GMOインターネット株式会社

まあ、起きた事は仕方ない。問題は原因追求と解明。その後の対応と再発防止の措置だよな。と思ったが、最初の原因追求でやばげな問題が発覚。しかも、GMOが被害を認識する前に、twitter・blogで注意喚起した人がいたんだけど。ロリポップの公式twitterアカウントから、2013年8月28日 – 21:27 に、「現在、ロリポップ!サーバーへのクラック等の事実はございません。つきましては、お手数をお掛けして恐れ入りますが、その旨を記事に追記していただくことは可能でしょうか」との返信。

https://twitter.com/lolipopjp/statuses/372697067308584961

2013年8月29日 – 0:09には、GMO社長自ら「現段階でWPの脆弱性は確認出来てますが弊社へのハッキングなどの事実は確認できません」とのツイート。

https://twitter.com/m_kumagai/statuses/372737835360858112

その後、0:20のツイートで関係者に再度確認の指示。なのに、9:24の段階でも、クラッキング等の事実は確認できてない。10:14でも確認中。11:20になって、2013年8月29日 – 11:10のGMOインターネットグループのアカウントの「「ロリポップ!」においてWordPress利用中のお客様のサイトが改ざんされる被害が発生しております」を含むツイートをRT。

ちなみにロリポップの8/28お知らせでは、脆弱なパスワードをつかれて不正ログインされる事例を多数確認してると発表。ロリポップサーバーへのハッキングの事実は否定

WordPress のログイン ID とパスワードに脆弱な文字列を使用している場合に、管理画面へ不正にログインされる事例を多数確認しております。
不正利用を防ぐために、下記2つの対策を必ず行ってください。

※ロリポップ!サーバーへのハッキングなどの事実はございません。

ロリポップ上でのユーザーページ改ざんの第一報は、2013/08/29 02:20。10:57での「大規模な攻撃によりWordPressをご利用中のお客様の管理画面から不正アクセスにより、データの改竄や不正ファイルの設置がされた」との認識。22:40で「WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用し、不正なファイルがアップロードされました」との新情報。

8/30になってようやく「2013/08/29 22:40 時点でのご報告において、改ざん手法を「WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用」として説明を行っておりましたが、その脆弱性を侵入経路として、「当社のパーミッションの設定不備を利用」されたことが原因であることを確認しております」と、ロリポップ側にも不備があったことを認める。「被害拡大の防止を最優先としており、本件の発表が今となりましたこと深くお詫び申し上げます」の言い訳つき。

なお、今回の件の経緯については、下記リンクが詳しいです。

ハッキングされてると教えた親切な人にGMO熊谷社長が「風説の流布」だとぶちギレた結果wwwwww : IT速報

今回の対応の問題点

個人的に今回問題だと思うのは次の2点

まずは、ロリポップのマンパワー不足。第三者からクラックの可能性を指摘されて、その事実に気づくのに時間がかかりすぎてる。それ以前に、当初はユーザーやWordPressに責任をなすりつけてたけど、実際はロリポップの不備が原因だったからな。どうりで、他社のレンタルサーバーサービスでは、ここまで大規模な被害を聞かないわけだ。ロリポップといえば、結構老舗で大手のレン鯖サービスのはずだけど。今回の一件で、同業他社より人的スキルが劣っていると言わざるを得ない。まあ、単にロリポの利用者が多いから露呈しただけで、同様なことが頻繁に起きてるかもしれないけど。

次に社長の対応。自社の関連サービスがクラックされたなんてツイートされたら、流石になんとかしないとならないけど。今回みたいに「風説の流布」だの「ハッキングの事実はありません」とか、最初から否定してかからなくても。淡々と、「ご指摘ありがとうございます。現在事実を確認しておりますので、発表までしばらくお待ちください」とか、杓子定規のテンプレで返しとけばいいのに。

おそらく、件のツイート見て、社長も当然ロリポップにクラックの事実を確認させたと思うけど。ロリポップの担当者は、「なんかページ書きかえられてるサイトあるけど、デフォルトIDに適当なパスワード設定してたら垢ハックされたんじゃね」ぐらいの認識だったんだろう。その旨、社長に報告したらあんな感じでつぶやいちゃった。そう予想してる。

まあ、これは仕方ないかな。けど、最近は何かあるとすぐネットで拡散するから。twitterにしろFacebookにしろ、不特定多数の目に触れるところでの発言には、細心の注意を払った方がいいと思うよ。特に、社会的に高い地位についてるような人は。「お客様は神様です」扱いとは言わないが、常に第三者の目を意識して、周りを味方につけるような言動をとるべきじゃないかな。

最後に

実は、このニュース見た時は、正直身の毛がよだったよ。WordPress利用してるサイトへのクラッキングなんて、まじで人事じゃないし。それを考えると、レンタルサーバー会社の選択は大事だな。この事件で、ロリポップの評価はちょっと微妙になったかも。今後の対応によっては、個人向けの趣味サイトでもお勧めできなくなるかもしれんな。

ロリポップの利用者で、他社への移行を考えている場合。独自ドメイン取得の有無で、移行の難易度が変わる。独自ドメインを取得してれば、ドメイン管理してる会社と移行先のレン鯖サービスの設定を変更すれば、URLを変更しなくても移行できる。だが、ロリポップが提供するドメインを使っていた場合、引越しちゃうとURLが変わってしまう。メールもロリポップドメインで、頻繁に利用してたとしたら、最悪だな。その場合は、ロリポップが改心して引っ越さなくて済むように祈ってた方がいいかもしれん。

となると、やっぱり個人でホームページ持つなら、独自ドメインは取得しといた方が無難かな。ちなみに私は、何度か書いてるけど、ドメインはスタードメイン。Webサーバはスターサーバープラスを利用している。2013/9/30までに契約するなら、スタードメインはお勧めできる。それ以降は現時点だと、月500円か年5000円払えるんなら、もはやさくらのレンタルサーバのスタンダード一択か。WordPress使えなくていいなら年1500円で、やっぱりさくらのライト一択。

さくらのレンタルサーバーライトに申し込んでしまった -初期費用無料キャンペーンは大きい-

さくらのレンタルサーバー本契約したよ -ウェブは当面使わないんだけどね-

WordPress使いたいけど、年5000円は払えない場合。さくらインターネットほど、会社の知名度が高くなくてもいいなら、ネットオウル株式会社のミニバードかな。私が利用してるスタードメインのスターサーバープラスの上位サービスで、月315円。6ヶ月契約以上だと1ヶ月当たり263円。機能的には、さくらのスタンダードやロリポップのロリポプランとだいたい同じ。私は、無料のスターサーバープラスで満足してるから、実際に使ってるわけじゃないけど。流石に有料なんだから、無料サービスに劣る事はないよな。

ミニバードのメリットは、スタードメインでドメイン取得するなら、利用料金で貯まるネットオウルポイントが使えるとこ。ただ、初期費用は100%だけど、月額料金は25%までしか充填できない。今なら、9/30 18:00まで初期費用半額で、月額料金が申し込み月無料と1ヶ月無償延長で、最大2か月分が無料になるキャンペーンやってる。けど、今月末までなら、スタードメインでドメイン取って、来月には申し込めなくなるスターサーバープラスを利用した方がいいかな。

スタードメインでドメイン取得したら無料で使えるサーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付が2013/9/30で終了するのかよ

まあ、どっちにしろ自分のホームページやブログを持ちたいのなら、独自ドメインは取っておいた方がいいと思うよ。