子どもを路頭に迷わせない方法?

なんか、中嶋よしふみ氏の「子どもを路頭に迷わせない方法。」って記事を読んだんだけど。これが意外に現実的なアドバイスだったんで驚いた。しかも、やることは下記3点のみ。

子どもを路頭に迷わせない方法。

1・子供が就職した後も実家に住まわせる。
2・実家に住まわせる条件として、生活費は1円も入れなくていいから毎月10万円の貯金を強制する。
3・2の約束を守れない場合は家から追い出すと約束する。

うまい、実にうまい。家に金を入れるのではなく、自分の将来のための貯金なら子供も受け入れやすい。強制貯金の一部をiDeCoでインデックス投信の積立にでも回せば、ついでに世界分散投資ができるな。

問題は、これを実戦するには都心部にある程度広い実家が必要ってとこか。おそらく、賃貸なら一ヶ月の家賃20万前後かかるんじゃね。中嶋氏の顧客ならそれだけの経済力があるか持ち家の親だろうから問題ないだろうが。

まあ、流石は中嶋氏だけあって当然そのことには気づいているが。

この強制貯金が実現出来ないケースは、実家から勤務先まで距離があり、子どもが一人暮らしをする場合だ。残念ながらこれについて解決策は無い。強制貯金を優先させて無理矢理実家近くの会社に就職させる、となると本末転倒だ。

貧乏人地方・田舎暮らしには解決策なしかよ。

せめて、自宅通勤できる範囲の看護士地方公務員を目指せぐらい書いてもいい気がするが。ただ、高齢化が進む日本で看護士の需要がなくなることはないだろうが、地方公務員は財政悪化すると、上級国民とか忖度されるようなエリートじゃなければ、官製ワーキングプアの非正規労働で搾取されるだけかもしれんが。

今回の感想

今回の記事は、恵まれた家庭なら参考になる内容だな。もっとも、中嶋氏のプランを実戦するのに必要なのは、まずは安定した高収入。次に資産価値の高い持ち家。定年まで勤めあげられ、かつ多額の退職金を貰える職業なら賃貸でもいいのかもしれんが、世の中何が起こるか分からんからな。結婚したなら、健康で稼げる家に家買って団信入って死ぬのが、嫁と子供にとってはベストエンディングかもしれんな。

参考に以前に書いた記事も紹介
シェアハウスでバイトして漫画家目指すぐらいなら実家に寄生した方がマシじゃね

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply