planetarian

なんか、「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」アニメがAmazonのプライム・ビデオ対象になってるのに気づいたんだけど。

ロボットの花束

新品価格
¥0から
(2017/6/6 22:00時点)

そういえば昔、これのアニメだか劇場版だかを制作ってニュースを聞いた気がするが、その後どうなったのか忘れてた。調べると、他にも「planetarian~星の人~」ってのがあるんだけど。どうも、上のはWeb配信用のアニメで、こっちのは劇場版で別タイトルっぽい。まあ、Amazonプライム対象じゃないから、映画はとりあえずスルーでいいか。

planetarian~星の人~

新品価格
¥500から
(2017/6/6 22:01時点)

それにしても、アニメになったと思ったらWeb配信と映画の並行制作とか、いみわかんない売り方してるな。大人の事情は良く分からんが、この作品もつくづく数奇な運命にあるというか。まあ、すべてはオリジナルのゲーム版が、当時としては斬新すぎたダウンロード販売のみで、しかもYahoo!BBユーザー限定だったのがけちの付き始めか。

planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 – Wikipedia

今回の感想

planetarianと言えば、以前にもらったAmazonコインで買ったけど、まだプレイしてなかったな。原作が先かアニメを先にするか、迷うとこだな。

アプリダウンロードで 100 Amazonコイン プレゼントキャンペーンの700コインが付与されたよ

それはともかく、このplanetarian原作シナリオ書いたと言えば、涼元悠一氏なんだが。確か、小説家目指してたけど、ある日プレイしたゲームに感銘してそこの会社に入社して、planetarianが初のメイン担当だったような。それなのに、ゲームが通常のパッケージ版じゃなく、まるで市場調査の試験販売なみの売り方されて、自サイトで「新作がLDオンリーで出たみたい」とか愚痴ってた気がするが。

それが原因かどうかは不明だが、その後はライバル会社に転職したんだよな。

とはいえ、始まりは不遇だったけどその後のPCパッケージ版から、音声追加で家庭用ゲーム機への移植。さらに、曲芸商法で家庭用からPC版への逆移植されて、骨の髄までしゃぶるが如くのスマホ対応。こうした経緯があったからこそ、12年目のアニメ化なんだろうから、本人的には満更でもないのかもしれんな。

おまけの追加

なんか、以前のアニメ制作発表の時に下書き書いたけど未完成の文章があったんで、今更ながら公開しとく。一応、文章の体裁整える程度には加筆修正しといた。一部、上に書いてるのと被ってるとこがあるけど気にしない。

当時は気づかなかったが、元のニュース記事を読むとネット配信と劇場版の二本立てって書いてあったのか。個人的には、作品より作者の涼元悠一氏の方に興味を引かれてたかので見逃してた。

以下当時の下書きから

planetarianアニメ化発表会原作者の涼元悠一氏がいないのは、とっくの昔にKeyを退社してるからなんだろうな。おそらく、Key在籍時代に書いた成果物だから会社が権利持ってるんだろうけど。

Key原作「planetarian」のアニメはネット配信と劇場版! スタッフ登壇で製作発表会開催

一応、原作シナリオって事で、公式ページのスタッフロールには名前が載ってるんだな。

配信・劇場アニメ「planetarian(プラネタリアン)」公式サイト

この作品は当初、通常のパッケージ販売じゃなくダウンロード販売だった事に対してシナリオ担当の涼元悠一氏が、初の単独デビュー作がVHDゲームだったかLDゲームといったマイナーフォーマットのみで販売されたようでショボーンみたいな発言をしてた気がする。

まあ、その後Windows版のパッケージが出て、家庭用ゲーム機に移植され、震災関連のチャリティーに利用されたりといろいろあったから。涼元氏のコメントの「ややこしくも息長く続いてきた」というのは、実感のこもった重い言葉に思えるな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply