セミリタイヤ論

なんか、cub氏がブログで最新のセミリタイヤ論を発表したみたいだが。実際にセミリタイヤを成し遂げたcub氏のお言葉だから説得力はあるはずだが、前途ある若者が参考にするのは少し問題かもしれない。

【セミリタイヤ論】セミリタイヤに必要なことは「投資」「ローコストライフ」「小銭稼ぎ」の3つを身につけていれば大丈夫。

以下、いくつか気になった点についてツッコミを入れてみる。引用の際、一部のアフィ教本で推奨されてる、1行おきに改行入れるのは修正してる場合があります。

若い時は貯金などせず、経験や自己投資にしよう!などという人が多いですが、私は反対ですね。
若い時こそ少しずつでもいいので貯金と同時に投資を始めましょう。
まずは、貯蓄グセをつけることです。
これは収入より少ない支出で生活することです。
若い時に貯金が出来ない人が三十代・40代になって突然貯金ができるはずがありません。
そして、はっきりいいます。収入は関係ありません。

収入の範囲内で生活することは当然としても、金を貯めるのに収入が関係ないというのは信じない方がいい。いくら支出を減らしても、稼いだ以上には貯められないんだから、一番重要なのは収入の多寡

投資をしてれば運用利回りが期待できるが、損益は投資家の常で必ずしも儲かるとは限らない。そもそも、cub氏の言う投資はインデックス投資だから、損益は市場次第。まあ、リタイヤ資金の目標額と達成期間がcub氏ぐらいなら、気長にやるのもいいと思うが。

自己投資は平均以上の人がやれば効果があるかもしれませんが、私みたいのはあまり効果がなかったですね。

cub氏ほど忍耐強くないなら、出来るだけ早くリタイヤ資金を貯めるためにも、社会人になる前に自己投資か親から融資してもらった方がいいんじゃね。大学入学後や就職先次第では、cub氏の書いてるような意識高い系の金がかかる自己投資は無駄かもしれんがね。

これに日本の維持費や税金・社会保障費、それに旅の費用を含めると月15万円ぐらいで生活できます。

海外の基本生活費は月7万円ぐらいで意識しています。

日本の拠点を残しながらの外こもりだと、cub氏が謳っている月7万以上に金かかるんだよな。もっとも、拠点と言っても実家と思われるので、おそらく親が家賃払ってると思うけど。

貧BP氏も在りし日には、外こもりには日本の住所を維持するのが課題とかブログで書いてた気がする。まあ、貧BP氏と違ってcub氏はいざという時は住民票を移して日本脱出まで視野に入れてるっぽいが。ちなみに貧BP氏の場合、住民票は抜かず低所得者として日本に寄生するつもりぽかったから悩んでたみたいだが。

ただし何度も言いますが一つの収入源に頼りっきりにならないことです。
無収入になった時のダメージがでかいですから。

貧BP(wow360)氏の事かw

そんな時の為に収入源の保険、リスクペッジとして技術や資格を生かした職種を事前に取得しておくのも良いと思います。
私の場合はそれは介護職です。介護福祉士とケアマネの資格を所有してリスクに備えています。
今は60歳過ぎたおばさんでも一夜勤26,000円貰える時代です。いいですね〜

ここでcub氏のお得意の介護職押しキター!

介護の仕事は楽では無いと思うんだが、まあ実際に介護職を経験してるcub氏の方がよく分かってるだろうし。この辺は、元貧BP氏の運び屋を生かした世界中でThinkPad X1 Yogaの使用レポート書くみたいな、cub氏にとってのフェイバリットホールドなんだろうな。

もっとも、介護の資格とってもいきなりcub氏の紹介するような高時給案件に回される事はないみたいだし、本人のレベルと現場によってはイージーモードからハード通り越してヘルモードまでいろいろあるみたいだが。

他にも、中嶋よしふみ氏推薦の看護士とか、ニュースで話題の宅配便の配送とかも、この先人手不足が解消するとは思えんからセミリタイヤ後のバイトにはいいかもしれんが。

1000万円の奨学金を抱える元SEALDsの学生と、それを逆マウンティングで批判する人達の勘違い。

そんな状況でブランクも関係なく、そして地方であっても確実に高い給料を貰えるのは二年制の専門学校でも資格を取得できる看護師だ。

ただ、介護含めてどれもガテン系のきつい肉体労働だと思うけどね。そう考えると、一千万貯めて外こもりするつもりだったのに中途半端な金額しか貯められなかった元貧BP氏と比べるまでもなく、cub氏って精神力・体力はかなり恵まれてそうだな。

まあ、元貧BP氏はその後アフィリエイトで一山当てたから、人生万事塞翁が馬だけどね。

今回の感想

そんな訳で、中嶋よしふみ氏みたいに、例えいい大学に入れたとしても一流企業に入社できるのはそのごくわずかなんだから、Fラン以下の大学しか行けないバカは看護士専門学校行けってアドバイスは理に適ってるな。

それはともかく、cub氏がマンセーする介護職は、ぶっちゃけ中高年からでもチャレンジ出来るので、若い人が目指す職業としては避けた方が無難だと思う。一生安定して働き続けるなら、手に職つけるなり需要がなくならない職種を目指すのもいいが。短期間で稼いで逃げ切りたいのなら、個人的にはIT業界目指した方がいいと思うよ。

介護や看護と内容は違うが、長時間勤務や三交代で土日祝日どころか盆と正月すら休めない可能性もあるけど。若ければ未経験でも採用されるし、スキルアップして上流に上がれれば、セミリタイヤするより働いて結婚とか目指したくなるかもしれんし。仮に下流のまま派遣切りになったとしても、その時はハローワークで失業手当もらって、職業訓練とか受けて介護職でも目指せばいいんじゃね。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply