昨日WBSで知ったけど、楽天がモバイル通信事業に参入するらしい。ってもイーモバイルと提携するだけみたいだが。
楽天スーパーWiFi
楽天 モバイル通信事業に参入 WBSの動画

本家や他事業者と比べてどうよ

気になる料金は2年縛りのLTEプランが月3880円との事。本家と変わらん値段だが楽天独自の特典が付く。あいかわらず楽天のページはでかい画像とキャッチーなコピーばかりでメリットしか強調してないが、下に小さく書いてあるのと別ページのトラップ事項についてチェキしてみた。

※2 「楽天スーパーWiFiにねん+アシスト1600」プランに2年契約でのご加入が必要となります。契約期間中に解約された場合、その経過期間に応じて契約解除料がかかります。契約事務手数料(3,150円 税込み) が別途かかります。
また、ユニバーサルサービス料(3.15円/月)が別途かかります。
通信品質確保を目的とし、利用通信量が特に多いお客さまに対して通信速度制御を行います。
詳しくはこちらをご覧ください。

リンク先の通信速度制御を見てみると「24時間ごとのご利用通信量が特に多いお客さまに対して、ネットワーク混雑時間帯に通信速度制御を行ないます。なお、通信の切断は行ないません。」 具体的には「24時間ごとに300万パケット(366MB)以上のご利用」に「当日21時~翌日2時」まで。

さらに「2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末までの通信速度を制御します。」

といってもイーモバ本家と同じだから楽天だけが劣るというわけではない。GMOとくとくBBも同様。
「EMOBILE通信サービス」における通信品質確保を目的とした対策について

参考までにネット接続をイーモバイルに依存してる私の場合、約一週間で約8.5GBぐらい使ってる。別に動画サイトを見まくったりP2Pをやってるわけでもない。PCを普通に使ってるだけでもこれぐらいはいく。だから、楽天スーパーWiFiのある生活、みたいな事をしてるとあっという間に帯域制限かかる。

こういう用途なら現時点ではWiMAXの方が向いてる。電波さえ届けば。

楽天独自の特典はどんなもん

楽天独自特典の契約中2年間ポイント3倍も見てみる。

※ 通常楽天市場でのお買物金額に対して1%分付与されるポイントが、楽天スーパーWiFiご契約中は、特典としてさらに2%分、合計3%分付与されます。(キャンペーンで付与されるポイントがさらに3倍にはなりません。)
※ 楽天市場での毎月3万円までの購入分を対象上限とさせて頂きます。詳しくはポイント付与条件詳細を必ずご確認ください。

ポイントが「お買い物の翌々月20日頃までに期間限定ポイントではなく、通常ポイントとして付与されます。」となるのは良い。ただ例外もいくつかある。

※楽天ブックスや楽天トラベル等、楽天市場以外のサービスは対象外になります。
※koboのコンテンツ(本やコミックなどのダウンロードコンテンツ)は対象外です。
※ポイント付与時点で1商品ごとの購入金額が100円(税抜)に満たないお買い物や、キャンセルされたお買い物は対象外となります。
※送料・ラッピング料は対象外です。

3倍ではないが元ポイントに対して2倍にはなるからそこそこのサービス。
後は今ならkobo touchか5000ポイントがもらえるらしい。5000ポイントは悪くない。しかも「『楽天スーパーポイント5,000ポイント』 のプレゼントをご選択頂いた場合は、ご契約開始月の翌々月20日頃までに期間限定ポイントではなく、通常ポイントとしてプレゼントします。」との事。

GMO株主で楽天プラチナ会員的にはどうよ

とりあえず楽天会員なら本家で契約するよりはメリットあるかな。
けどGMOとくとくBBと株主優待コンボと比べると移行するほどではない。

なお、本家と楽天の場合2年縛りは最初だけでなく、契約更新するとまた2年縛りが発生するので注意。GMOだと最初の2年過ぎた後の縛りがないので、2年目以降はいつ解約しても違約金とかは発生しない。これはGMOの大きなメリット。

まあ今GMOで契約してるイー・モバイル42Mの縛りが切れた後に移行するサービスの選択肢が増えるの歓迎。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply