以前の記事に書いたが、公共のスポーツ施設を利用してるが通うのが面倒くさい。というわけで自宅でもトレーニング出来る何かいい手はないかと探してみた。そこで白羽の矢が立ったのがトレーニングチューブとトレーニングバンド。

バンドの方がかさばらないし取り回しも楽そうだけどいくつか難点が。以前実物触った時、強度が低い方の奴だったが、あんまり負荷がかからなかった。チューブより値段が安いのもあったが、たいがい長さが1.2mぐらいで使いにくそう。定番らしいセラバンドだと2mあるがこれまた高い。

そんなわけでチューブにしてみた。今回買ったのは、サクライ(SAKURAI) プロマーク トレーニングチューブ レベル4 立花龍司監修 TPT0053。セラチューブの方が有名らしいが、値段が高い。というわけで一番安かったこれにした。けど買ったときより値上がりしてるな。ちなみにプロマークとセラチューブのスペック上の違いは、前者が合成ゴムで後者が天然ゴムなところ。使い比べてないから違いは不明。

商品説明には「マニュアル付き」と書いてあるが、6ページの簡易マニュアルか小冊子程度なのであまり期待はしないように。トレーニングも8種類(実質5種類)しか載ってない。しかもトレーニング部位が最初の5つが肩のインナーマッスル、残り3つが下半身・上腕裏・後背筋と偏ってる。それなので実際にトレーニングするには書籍やWebを参考にする必要がある。ネットを検索すると結構見つかるので、購入を考えてる人は一度検索してみた方がいい。

実際の使用レポートについては次回以降気が向いたら書く予定。多分。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply