cameramucyugirl482_tp_v

キャバクラゲームショウ

なんか、ゲーム会社の社長が自社も参加した「東京ゲームショウ2016」を、「キャバクラゲームショウ」と呼んで非難したらしいが。

「”キャバクラゲームショウ”やめませんか?」 ゲーム業界から苦言

リンク先の元記事の方も読んでみたが。

盛況でしたねー!東京ゲームショウ2016!

言わせて下さいよ。

ゲーム業界のひとりの人間として。

“いつからゲームショウは露出の高いコンパニオンさんで
人を集めるようになったんですか?”

“我々が作っているのはゲームソフトで、その発売前の最新作
を入場料を払ってまで来場してくれるお客さまにお披露目する
場所だったんじゃないんですか?”

ピコピコ少年だった身からすると、今の、タバコ・麻薬やギャンプルまがいのスマホゲー隆盛のゲーム業界の人間が、そういうこと言っても説得力無いかな。

“我々が作るゲームソフトはそんなにも頼りないですか?
ゲーム以外の目的を作らないと人に注目してもらうことが
できないんですか?”

どんないいゲームでも知られてなければ存在しないのと同じだから、お色気や炎上だろうが話題になる戦略は間違ってない。本当にゲームの内容に自信があるなら、ゲーム以外で注目を集めたとしても、一人でも多くの人にタイトルが知られるようになったら喜んでいいんじゃね。まあ、ゲームじゃなくコンパニオンの方ばっか取り上げられるってことは、所詮その程度のゲームだったと判断すべきじゃね。

サイバーコネクトツー

ちなみに、「キャバクラゲームショウ」を嘆いているのは、株式会社サイバーコネクトツー松山洋社長みたいだが。サイバーと名はついてるが、くおえうえーーーるえうおおお「けんさくけんさく~」の会社とは関係ないみたいだな。

閑話休題。ここの開発したタイトルのパッと見の印象は、なんかIP(版権)物が多いって感じ。主に家庭用ゲーム機向けを作ってて、スマホゲーとかは開発してるがパブリッシャーは別みたいだな。だとすると、マネタイズ関係には手を染めてないのかな。

例えば、アカツキなんかはド「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「テイルズ オブ リンク」はバンダイナムコとの共同開発で、バンナムのタイトルとして公開されてるけど。一部で有名な「千メモ」とかは自社の看板しょって出してるから、ガチャの搾取体制糞ゲームバランスとかはアカツキの方針だけど。サイバーコネクトツーだと、例え自社開発ゲームがユーザーを雑巾扱いしようと、それはパブリッシャーの方針で開発側は関与してないと言えるな。

今回の感想

そう言えば昔F1ブームの頃、レースクイーンについて「会社がやばいほど水着の角度がきわどくなる」って説があったな。それはともかく、サイバーコネクトツーも昔はこういうことやってたみたいだが。

イベント盛りだくさんの「GFF2014」ご参加された皆様ありがとうございました!!(イベントレポート)

CC2サマーキャンペーン本日(8月10日)スタート、OPイベントで松山社長が“あのプロジェクト”の続報を発表

まあ、サイバーコネクトツーちゃんのコスプレしてるのは、プロのコスプレイヤーとか外注の派遣コンパニオンではなく、「広報兼Webデザイナー」だから社員みたいだけど。水着じゃないから恥ずかしくないからいいのか。

余談だが、ゲームショウの撮影についてこんなつぶやきがあるんだけど。

サイバーコネクトツーも、ゲーム画面は撮禁だったんだろうか。まあ、昔のハングオンとかスペハリやギャラクシーフォースみたいな体感ゲームの筐体なら、撮影する意味ありそうだけど。普通のゲームの画面だけとってもなあ。VRゲームの画面ならいいかもしれんが、あれってゲーム画面の撮影は無理だろうし、プレイしてるとこ見ても面白くないだろうし。そう思ってたけど、これはこれで人によっては結構見栄えするな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply