abstract-1486103

貧困ビジネス

ユニティー出発という、貧困ビジネス生活保護受給者からピンはねした金を脱税した疑いで逮捕された団体がある事を、現場を体験したライターによる本の紹介記事で知ったんだが。

潜入 生活保護の闇現場 (ナックルズ選書)

新品価格
¥1,080から
(2016/7/19 23:38時点)

生活保護を食い物“貧困ビジネス”が行政と癒着? 生活困窮者には申請拒否の一方で詐欺集団の受給申請はすぐ認可

これが「貧困ビジネス」の実態…「無料・低額宿泊所」劣悪環境と抜け出せぬ仕組み、自治体も“もたれ合い”

貧困ビジネスに搾取される人たちには“グータラ病”が蔓延している【生活保護の闇現場】

個人的には、ユニティー出発の問題は脱税に関する点のみだと思う。記事を見る限り、貧困ビジネスに関しては合法化した方がいいと思った。ぶっちゃけ、生活保護受給者に対する支援はユニティー出発をお手本にした方が効率的じゃね。

ユニティー出発

もう少し細かくユニティー出発の環境を検証してみるが。

住宅

住居はプレハブ住宅に共同生活で、個人スペースは2~3畳ぐらいと広くはないが、必要最低限ならこんなもんじゃね。しかも、時間制限があるとはいえエアコンとテレビが付いてるんだから。むしろ、限度額までなら全額家賃補助がある現行の生活保護の方が間違いだろう。

食事

食事はレトルトとか簡素なものみたいだが。写真では、ご飯に納豆と味噌汁におかずとかの時もあるな。働き盛りの若者ならまだしも、中高年ならメタボ対策にも粗食でいいんじゃね。

お小遣い

生活保護費は大半がピンはねされるから、入居者の手元に渡されるのは月2万ぐらい。食費含んでないから全額自由に使えることを考えれば、十分過ぎる金額だな。不満ならユニティーから出て働けばいい。

就職活動禁止

この施設では就職活動が禁止されてるが、これは素晴らしい。ここに来るような人たちは、イオンがいらないと言ってるスキルも管理職経験もない中高年男性なんだろうから。行政が手間暇金かけて指導したり、本人に就職活動させるのは無駄。

行政との癒着

最後に、ほんとうに困ってる人は生活保護が受けられないのに、こういった貧困ビジネス団体のサポートがあれば簡単に受給できることについて、行政との癒着の可能性を指摘してるが。

まあ、浮浪者の服来て申請に行くようなテクニックを使われると、流石に公務員嫌いの私も担当者には同情するが、それでもすぐ許可出しちゃダメだろ。どうでもいいが、着る方はもっと大変だよな。さらに申請が受理された後も、ケースワーカーの業務が楽になって喜ばれるから、公務員様にはありがたがられてるみたいだな。

生活保護

そんな訳でユニティー出発は、はたから見れば劣悪な環境に見えるが、あくまで生活保護だからな。このぐらいの生活水準なら妥当な線じゃね。

「1食100円でいいだろ」とすごみ…生活保護費を搾取する「貧困ビジネス」

「生活保護というのは最低限の生活だ。1食100円でいいだろ」

これは他の貧困ビジネス団体がナマポに言ったものだが、この台詞はすべての五体満足な生活保護受給者に贈るべきだと思う。しかも、こっちだと食事なしで週5千円の生活費しか渡されないんだから、それと比べればユニティ出発は神対応じゃね。

いっそもう生活保護のハードル下げて、申請受理されたらユニティーぐらいの待遇で一人当たり月7万ぐらいで集中管理できる民間施設に丸投げすればいいんじゃね。働かなくていい、飯と住むとこの心配はないし、お小遣いももらえるんだから「健康で文化的な最低限の生活」は送れるだろ。なんせ、今の生活保護だとこういう人にさえ月12万円も払ってるんだぜ。

“5年間無職の40男”のお宅を拝見。運気の悪い部屋に住み続けること18年…

職歴が外食業界の40代でマネジメント経験なしという、正社員が絶望的なのは言うまでもなく、低賃金労働では控除内で収まる主婦や学生に負ける。前述したように、イオンがいらないと言ってる中高年男性で、ぶっちゃけ企業から見れば産廃クラス。

しかもこの人「6回目の職業訓練にでも通おうかな」って、こんなのに5回も職業訓練受けさせるだけ税金の無駄。さらに「就職試験での弱点ですか? 自分にマネジメント経験がないことです」と言ってるが、そこまで現状を理解してるのに就職できないのは、ブラック企業とかに万が一でも雇われないようにわざと書類選考すら通らないとこしか応募してないからじゃね。

今回の感想

昔、Appleのセールストークで、「AppleはPersonal computerだけど、IBMはpersonal Computer」ってのがあったって話をどこかで聞いたと思うが。さしずめ、今までの日本の生活保護は「健康で文化的な最低限の生活」だけど、これからは「健康で文化的な最低限の生活」を目指すべきだと思う。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.