20160524d

SSD+外付けケース

最近、SSDUSB3.0対応の外付けケースを買ったんだが。最初は、外付けSSDでも買おうかと思ったが、選択肢が少ないのと内蔵ドライブの素性が分からないのと値段が高いのがネックなんで、バラバラに買って組み合わせることにした。

ちなみに買ったのは、外付けケースがORICOの2599US3

【日本正規代理店】 ORICO 2.5インチ HDD/SSD 外付け ドライブ ケース SATA対応 USB3.0対応 リムーバブルケース 工具不要 簡単 着脱 人肌のような手触り 2599US3 ブラック

新品価格
¥1,299から
(2016/5/24 21:56時点)

買った理由は、この外付けケースはAmazonで一番売れている。だからAmazonで一番いいケースに決まってるだろ。真偽の程はともかく、Amazonでどこのメーカー買うか悩んだ時って、こういう選択することがままある。

SSDはSanDiskのSDSSDA-240G-J25にした。ちなみに買ったのはAmazonじゃなく、ソフマップ.com。本当は楽天市場店で買いたかったんだけど、同じモデルの120GBはあったがコスパが高い240GBは取り扱いないんだよな。多分、売れ筋商品を寺銭取られる楽天で売りたくなかったんじゃないかと推測する。

SanDisk SSD PLUS 240GB [自社製MLCメモリー搭載] [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J25

新品価格
¥7,388から
(2016/5/24 21:57時点)

ちなみに、このSSDはAmazonで一番売れてるSSDではない(現時点で3番目)のに買った理由は、1番売れてるCrucialのCT240BX200SSD1はTLCだったので避けた。もっとも、最近の普及価格帯のSSDはMLCからTLCに移行してるみたいだから、つまらんこだわりかもしれんがね。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 内蔵 SSD 2.5インチ BX200シリーズ ( 240GB / 国内正規品 / SATA / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) 自社製TLCメモリー搭載 CT240BX200SSD1

新品価格
¥7,170から
(2016/5/24 21:57時点)

ORICO 2599US3

extssd001

続いて各商品の雑感。まずはHDDケースから。中身は下のように、隙間がほとんど無くきっちり商品が詰まってる感じ。上がHDDケースで、下にケーブルとシール付スポンジと取説類。スポンジは、薄型ドライブ使用時に中で動かないようにする為らしい。ケーブルはコネクタ合わせても55cmぐらいで、ちょっと短め。

extssd002 extssd003

続いてケース本体。材質はプラスチックだが、表面にラバーっぽい滑りにくい加工が施されている。見た目は非常にシンプルで、表はロゴとLEDインジケーターがあるだけ。裏はスライドしてカバーを外せる。ゴム足とかはなく、小さいポッチが4つ付いてる。コネクタはUSB3.0のみで、電源もここから供給される。まあ、2.5インチだとそんなに電力食うデバイスは取り付けられないからUSB給電で十分なんだろう。

extssd004 extssd005 extssd006

カバーを外すとこんな感じ。カバー側のスポンジは最初から貼り付けてある。本体側にはSATA端子。ちなみにケース外すのは、最初かなり力が必要だった。Amazonの写真みたいな持ち方だと開けれなかったので、両手でコネクタ側を持って親指で押した。

extssd007 extssd008

SanSisk SDSSDA-240G-J25

extssd009

今度はSSD。パッケージは非常にコンパクトで、ストレージというよりフラッシュメモリっぽい。中身はSSD本体と取説関係と、7mmを9mmに対応させるスペーサ。なお、SanDisk自社製MLCメモリー搭載してるが、生産はMADE IN CHINAだね。

extssd010 extssd011 extssd012

PCにつないでみた

とりあえずHDDケースに取り付けてみたが。サイズ的にはかなりぴっちりで、コネクタ差し込む前はケースのスペースに余裕がない状態だった。下の2枚目は差し込んだ後の写真だが、それでもミリ単位ぐらいかな。

extssd013 extssd014

一応このままでもSSDは固定されてるが、構造上中で逆さ吊り状態になるのでSSDのスペーサとケースのスポンジ両方使った。貧乏性なのでどっちもシール剥がしてないが。

使用感

PCにつなぐと、LEDが青で点灯。アクセス時は紫っぽく点滅するが、なんか青が紫に変わるんじゃなく、青の下の別のLEDが付いてるように見えるな。難点は、「NS1066の取り外し」で取り外せる状態にしても、紫っぽいLEDが点きっぱなしなとこかな。動作上の問題はないんだろうが、精神的にはちょっと気になる。

ベンチ

最後にベンチマークの数字。

20160524a

Core2DuoにエアリアのUSB3.0拡張ボード突っ込んだPCでのベンチ結果はこんな感じだった。USB3.0のポータブルHDDよりはいい数字だが、3.5インチHDDと比べると思ったほど劇的な差は出てないかな。

エアリアのUSB3.0ボードについては↓
USB3.0のPCI Express増設ボード SD-PEU3R-2EL2が届いたよ

ちなみに、オンボードでUSB3.0対応してるPCでもSSDとHDD両方のベンチもとってみたら。こっちはHDDと比べると3倍近いスピードになってるな。

ポータブルHDD

ポータブルHDD

SSD+HDDケース

SSD+HDDケース

古いPCでSSDを活かすなら、SATAで繋がなきゃあんま意味ないのかもね。

今回の感想

そんな訳で初SSDなんだけど、OS用のCドライブで使ってないから速度の恩恵は今のとこあんま受けてないかな。HDDに比べて耐久性とかは気になるけど、ベンチの圧倒的な差を見ると、次はCドライブを換装したくなってくるな。流石にそうなると、同じSanDiskでも普及価格帯のじゃなく、10年保証のExtreme PROにしたくなるが。

SanDisk SSD Extreme PRO 240GB [国内正規品] メーカー10年保証付 SDSSDXPS-240G-J25

新品価格
¥11,580から
(2016/5/24 21:57時点)

まあ、480GBが今の240GBぐらいの価格帯に落ちてからの話かな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.