money-501613

マイナンバー汚職

なんか、マイナンバー導入の際に賄賂を受け取った、元厚生労働省の佐中安一幸被告の裁判で有罪判決が出たんだが。「国家の施策に対する国民の信頼を大きく傷つけた」割に、懲役は1年6ヶ月なのに執行猶予つけてるんだよな。まったく公務員は犯罪犯しても、「反省してまーす」の一言で執行猶予で済むんだから楽でいいよな。

厚労省元補佐に懲役1年6月=マイナンバー汚職―東京地裁

裁判員制度

殺人事件とかより、こういう公務員の汚職事件こそ裁判員制度で裁くべきだよな。そしたら、市民感覚にそったもっと妥当な判決になるんじゃね。もっとも、裁判員の判断が気に入らなきゃ判決くつがえされる意味のない制度だけどね。

裁判員の死刑判決破棄2件、無期確定へ 最高裁が支持

ちなみに、陪審制度だと量刑は判断しないんだな。

陪審制や参審制とは違うのですか。

川崎中1殺害

そいや、川崎中1殺害事件も、「凄惨(せいさん)で手口の残虐性は際立っている。犯行の主導者として最も重い責任がある」とか言ってる割に、求刑より軽い判決だったな。けどこれ、裁判員裁判なんだよな。意外にも、裁判員の中に「被告は必ず反省して、服役後には更生してもらいたい」とか言ってる人もいるとは。

中1殺害「残虐性際立つ」19歳に懲役刑 裁判員が会見

18歳選挙権と少年法

もうすぐ選挙権年齢が18歳に引き下げられるけど、だったら少年法も18歳未満にまで引き下げるべきだよな。個人的には、殺人等の凶悪事件に関しては年齢制限は必要ないと思ってるけど。

もっとも、仮に少年法が18歳未満だったり、犯人が成人だったとしても、日本の裁判的には一人しか殺してないから死刑はないんだろうが。

今回の感想

そんな訳で、タイトルと内容が一致しないような気もするが。結論としては、裁判官は判決文と量刑が一致するように、日本語の使い方を市民感覚に合わせるべきだよな。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply