empa-447323

エナジードリンクでカフェイン中毒?

なんか、エナジードリンクの常用者がカフェイン中毒で死亡したってニュースを聞いたが。エナジードリンクと言えばレッドブルしか思い浮かばないが、そんなに一般的な商品ジャンルだったのか。

カフェイン中毒で国内初の死亡者 エナジードリンクを大量摂取

個人的には買ったことないけど、レッドブルって1本200円ぐらいしたような記憶があるが。Amazonだと250ml×6本で1698円で1本当たり283円って、こんなに高いのか。

レッドブル・エナジードリンク 250ml×6本

新品価格
¥1,698から
(2015/12/22 20:03時点)

死亡した方は、24時間営業のガソリンスタンドの夜勤をしてたみたいだが、よくそんな金あったな。レッドブルってIT系の派遣社員とかがデスマーチに飲んでるってイメージだったんだけど。

レッドブル飲み放題

ちなみに、貧民には縁遠いレッドブルを意識したのは、都内でレッドブルの宣伝カー見てからかな。それ以降、それまで気にもとめなかったテレビCMとかも、あの車の奴かと認識するようになったんだが。

後は、テレビで福利厚生レッドブル飲み放題の会社を見た時か。どこの会社か覚えてないが、ググったらそれらしきとこが見つかった。

株式会社フリークアウトの求人・転職・採用情報 | レバテックキャリア

【福利厚生】
フリークアウト社には、フリードリンクやフリーランチ、フリースナック、フリーフルーツの制度があります。黒ウーロン茶やレッドブルが飲み放題、うまい棒など駄菓子もあります。もちろん健康的な食事もご用意!スタッフが気持ちよく働ける環境の整備に努めています

やっぱ、この手の福利厚生が充実してるのはIT系企業が多いな。他にも、会社訪問みたいな企画でオフィスを紹介してる記事があったけど、日本の会社とは思えねえ。

株式会社フリークアウト に行ってきた!

レッドブル創業者の孫

それと、レッドブルと言って思い出すのが、創業者の孫ひき逃げ事件かな。

レッドブル創業者孫のひき逃げ、タイの「エリート免責文化」浮き彫り

タイといえば、リタイア後の海外移住や外こもりとかの候補地として人気が高いみたいだけど。個人的には、司法の独立が守れない国では安心して暮らせないと思うんだけど。

余談だが、この事件を知ったのは「シックスサマナ」という電子書籍雑誌の「ザビエル古太郎のBKK発・ハイエナニュース 」で読んだからなんだが。そのコーナーだけまとめたのも電子書籍になったんだな。再録記事+αの割に高過ぎると酷評してるレビューもあるが。

野獣知るべし バンコクハイエナニュース

ちなみに、シックスサマナ「クーロン黒沢」という名前に興味を惹かれるなら、Kindleオーナーライブラリー対象なんで、プライム会員ならそこそこお勧め。ただ、オーナーライブラリーは購入じゃなくレンタルなので、読むだけじゃなく残しておきたいなら買わないとダメだけどね。

シックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ!

個人的には、全号オーナーライブラリーで読んだけど。来月以降、新刊でない月は何読めばいいのかが悩みの種だな。

今回の感想

そんな訳で、貧民はエナジードリンクには手を出さないほうがいいな。これ1本に数百円払うぐらいなら、その分食費に回したほうがいいんじゃね。タバコとかもそうだけど、嗜好品だからって収入に分不相応な支出はすべきではないな。

今回の件で、亡くなられた方はお気の毒としか言いようがないが。とにかくご冥福をお祈りします。

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply