hippo-895963

イソジン

なんかイソジンの販売明治から塩野義に変わるみたいだけど。元々イソジン開発したのってムンディファーマって会社で、明治はそこと提携して日本でイソジン販売してたのか。それで、今度は塩野義がムンディファーマと独占提携するから、明治からイソジンが出せなくなるわけか。

イソジン製品に関するムンディファーマへの製造販売承認移管のお知らせ

「イソジン」ブランド製品販売提携のお知らせ [PDF]

けど、明治は明治でイソジンの代わりに「明治うがい薬」を販売するみたいだが。どうやら、イソジンの名前が使えなくなるだけで、中身はイソジンと変わらないみたいだな。

50年以上にわたる普及実績と知見により「明治うがい薬」新発売

そうなると、塩野義イソジンは今まで売ってた明治イソジンとは味とかが違う可能性が高いな。実際、何種類かイソジンもどきの同等品を使ってきたけど、メーカーによってだいぶ差があるからな。

結局どのうがい薬買えばいい

まあ、塩野義からイソジンが出ようが、安い互換品のコサジンガーグル使ってる私には関係ないんだけど。今まで明治イソジンが高かったのが、単にムンディファーマにブランド代払ってたからなら、その分安くなる可能性もあるだろうが。長年のブランドイメージもあるし、安売りはしないだろうな。そんな強気な価格設定で大丈夫かと思ってたが、やっぱり高い本家イソジンは売れ行きが落ちてるみたいだな。

イソジン販売、明治から塩野義製薬へ カバくんは残留

ただ、2001年のピーク時に約100億円あったイソジンの売上高は、安い競合品などに押され、半分以下に低迷。

塩野義も当然安売りする気はないだろうし、貧民的にはどうでもいい話だな。そんな訳で、うがい薬買うならドラッグストアで「イソジンと同じ成分」とか書いてある安い互換品でも買っとけ。個人的には店売りよりコスパ高ければ、通販でコサジンガーグル買っとけばいいと思うが。

【第3類医薬品】コサジンガーグル「TY」 500mL

新品価格
¥754から
(2015/12/10 19:34時点)

最近はAmazon.co.jpでも売ってるけど。単品買いじゃなければ、まとめて買うなら楽天の即納 金太郎shop(4本で送料無料まであと200円)とかサンドラッグe-shop(4本で送料無料)の方が安いな。

まあ、冬に風邪予防で一時的に使うだけなら高いイソジンでもいいだろうし。病気になった時にしか使わないなら、病院行って処方される奴にすればいいんじゃね。私みたいに口内炎予防もかねて年中使ってるなら、ポンプ付きで安いコサジンガーグル以外は考えられないが。

コサジンガーグルについては↓
コサジンガーグルを買った -うがい薬はカゼ予防以外にも使えたりする-

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.