Fire タブレット 8GB到着

昨日注文したFire タブレット 8GBが届いたんだけど。今回はAmazonいつものダンボールだったな。それはともかく、パッケージはFire TV STickみたいに、ビニール袋に紙の箱が入ってた。箱自体はKindle Fire HD 8.9と比べるとチープだな。

firetablet8GB002 firetablet8GB003

中身は本体と、取説・ACアダプタ・USBケーブル。USBケーブルは60cmぐらいと、短めで使いにくいか。個体差かもしれんが、ケーブルコネクタがきつめなのか、着脱にかなりの抵抗があるのが気になる。

firetablet8GB004 firetablet8GB005

ACアダプタはFire TV Stickのよりスリムだな。これなら横に2つ並べられそう。Fire TV Stickのもこれにして欲しかったか。

firetablet8GB006

向かって右がFireタブレット、左がFire TV Stickのアダプタ。Fireタブレットの表面がテカってるのは、保護フィルムみたいのを外してないから。

取説はイラストのみで異常に簡素。もう一つは保証内容が多国語で書いてある。

firetablet8GB007 firetablet8GB008 firetablet8GB009

詳細についてはWebで見ろってスタンスかな。

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire (第5世代)ヘルプ

本体は軽量でも薄型でもないと思うけど。普段、重量級のKindle Fire HD 8.9使ってるから、かなり軽く感じる。ただ、背面ラバーコーティングみたいなKindle Fire HD 8.9と違って、プラスチックっぽい素材のFireタブレットはかなり滑りやすいと思う。一応、多少ざらついた加工はしてあるが、外での使用がメインなら滑りにくいカバーがあった方が安心だな。

firetablet8GB010 firetablet8GB011

ボタンはプラスチックで、いかにも安物って感じ。microSDのスロットカバーが耐久性なさそうなのは仕方ないか。できるだけ大容量のメディアを用意して、抜き差しを最低限に抑えたほうがいいだろう。まあ、この値段でカバーあるだけマシって考えたほうがいいかな。

電源入れてみた

そんな訳で、充電しながら電源入れてセットアップ。言語設定して、モバイルルータのパスワードとか無線LANの設定すれば、Amazonのアカウントとひも付けされてたみたいですぐ完了した。この時点での内部ストレージの空き容量は4.51GB。ちなみに、8GBのうち使えるのは5.63GBみたい。

firetablet8GB012

プライム・ビデオ

とりあえずプライム・ビデオで、ストリーミングじゃなくダウンロードして動画を見ることにした。今回試したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 」の吹き替え版。1時間48分のSD画質でファイルサイズは593MB。

firetablet8GB013

例によって動画中のキャプチャは画面真っ黒になるので画像は出せないが、ローレゾ液晶にもかかわらず画質の劣化はあまり感じられなかった。SD画質なら解像度は720×480でアスペクト変更してるんだと思うけど、だとすれば液晶に合わせて引き伸ばしてるから通常ならぼやぼやになるはずだが。7インチ液晶という小ささが幸いして、気にならないんだろうな。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (吹替版)

新品価格
¥300から
(2015/11/26 20:44時点)

Prime Music

続いてPrime Music。これも普通に使えた。一旦音楽再生した後に電源ボタン押せば、画面が消えたまま再生したり、他のタスクに切り替えてバックグランドで流せたり出来るので、音楽プレイヤーとしての最低限の機能はあるな。ゲームとかアプリで音楽流す奴と一緒でも再生されるから、パズドラやりながらPrime Music聞くこともできるぞ。需要があるかはともかく。

音質も、思ってたほど悪くはない。ドルビーもないモノラルスピーカーだけどまあまあ聞けた。それにしても、楽天レンタルでまだ借りてない堀江由衣の「ワールドエンドの庭」がPrime Music対象になってるとは。あっちだと準新作扱いなんだぜ。これでレンタルしなくて済んだな。

ワールドエンドの庭

新品価格
¥2,500から
(2015/11/26 20:44時点)

microSD入れてみた

今回microSDカードは注文してなかったけど、動作確認のため手持ちの2GBのをとりあえず入れてみたが。低速だから「性能に支障をきたす可能性があります」とか警告されたよ。

firetablet8GB014

流石に、本体内蔵メモリ未満のmicroSDカードを使うつもりはないんだが。それなんで、外部ストレージ追加するのは内部が足りなくなってからでいいかな。Amazonプライム会員なら、トランセンドとかのメディアなら当日お急ぎ便対応だしな。

動作的には、FireタブレットからはES ファイルエクスプローラーでアクセスできるし。USBケーブルで繋げば、PCから内部ストレージ同様、microSDカードの中身も読み書きできる。特別なソフト必要なしで、PCとファイルのやり取り出来るのはAndroid系のメリットだよな。というか、iTunes必須のiOS系がうざいだけか。

Fire タブレット 8GB現時点での感想

とりあえずファーストインプレッションは、意外にサクサク動いてローレゾだけど画面はきれい。液晶は流石にIPSだけあって、この値段とは思えない。個人的にはノングレアの方が好みだけど。ただ、画面の明るさ、最低にしても結構明るい。省電力的にはこの辺はマイナスかな。

バッテリーの持ちに関しては、まだ使い始めだからなんとも言えんが。600MB弱のファイルをダウンロードして、1時間50分の動画視聴の後で100%→80%だから、この程度の負荷なら公称7時間は余裕で持つんじゃね。

現時点だと、8980円ならどうかは分からないが、4980円ならよほど致命的な欠点でもなければ良い買い物じゃね。まあ、スマホやタブレットを1台も持ってなくて、これが初めてとかならお勧めはしないが。2台目以降のサブ機としてなら、アマゾンのサービスに魅力感じるならお勧めできる。当然、プライム会員登録は必須だけどね。

Fire タブレット 8GB、ブラック

新品価格
¥8,980から
(2015/11/26 20:45時点)

関連記事


ブログランキング にほんブログ村

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.